« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

お金よりも 大切なのは 彼との時間

やっと 会えたね・・・

世の中 クリスマスのイルミネーションだらけ

でも

私の仕事は これからが忙しい

先週から 大忙しだ!!

会いたい・・・

淋しい・・・

そんな気持ちでいっぱいだった

『無理はしないでな! 約束してな!!』

彼は  心配して言うけれど

お金だけは 受け取れない

そんな関係は イヤだ

そりゃあ 病院代もかかるし

支払いだって あるけれど

そこまで 甘えたくはないのだ

お金よりも 大切なのは 彼との時間

しかし 今は 会えない日が多い

だから

何よりも欲しいのは ”時間” なのだ

今日 久しぶりに 彼の腕の中で イイコ イイコされた

幸せだった~っ!!

ホンワカ ホンワカ 暖かい

疲れきった体には 一番の特効薬だ

明日も これで 頑張れるよっ!

ありがとう

会いに来てくれて

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

割り切るなんて みんな出来るのだろうか?

割り切った関係とかいうけれど

割り切るなんて みんな出来るのだろうか?

私は 出来ない・・・

不倫も ひとつの ”愛の形” だと思うんだけど

私も 不倫の経験者

その人に抱かれるたびに ”罪悪感” など消えてしまう

それは

その人を好きだからじゃないかな?

私の場合は 元夫と別居中に ”不倫”してた

最初は 割り切る事出来るかな?って思ったけれど

自分の性格は 自分が一番知っているのだ

それを 覚悟して 不倫に突入したけれど

夫への罪悪感よりも

彼へ会えない苦しさの方が辛かった・・・

私は 思う

二人の人を同時に愛せるわけはないと・・・

絶対に ”抱かれたい” とか ”会いたい”とか思う相手を

愛してるんじゃないかな?!

心の中じゃあ ”一番大切な人” が わかっているはず

私は ”一番大切な人” を選び 離婚した

”愛情” から ”愛” が消えた ”情” だけの関係から抜け出す事だけだった

例え 選んだ人との別れの後でも

元夫との離婚は正解だったと思う

不倫も ”恋” だよね

大切に 大切に 育てようよ

苦しい事も 淋しい事も 沢山あるのも わかってる

でも

会えた時 抱かれた時 

そんな苦しみも 忘れちゃうでしょう?!

情だけでつながってるよりも

きっと 素敵だと思うよ

もちろん

不倫には 覚悟は必要だけどね

これは あくまでも 私の考えだけれど20061127

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

”大切にする” の言葉に嘘はなかった

彼からのメールの数が1500通を越えた

携帯からのメールは 含まれていないので

すごいなぁ~って 思っちゃいました

最初の頃のメールを読み返すと 照れてしまう・・・

呼び方も メールの内容も 敬語だ

でも

優しい言葉 思いやりは 変わらない

いつも 私だけのことを思う メール

もうすぐ 一年になるけれど

何一つ 変わらない 愛

今までの恋愛と違うのは

私を 初めて抱いた日から 愛が深くなった彼

”大切にする” の言葉に嘘はなかった

束縛もしない 怒らない 

いつも 広い心をもち 遠くから見守っていてくれる

私は 何処へも行かないよ

行けるはずないじゃない

こんなに 愛されてるんだもん

こんなに 幸せなんだもん

”愛してる” が言えないけれど

私の気持ちは きっと 彼に届いているはず

一番 彼が わかっているはず

もう 薄っぺらな 愛はいらない

私が欲しかったのは ”真実の愛”だから

今 感じてるよ

真実の愛を

この体中で・・・

Photo_19

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

『他に女の人いるの?』そんな言葉が なかなか言えなかった・・・

去年の今頃 私は 一度死んだ

元彼が私を抱いたホテルで翌日別の女を抱いていた

心も体も ズタズタになった

それを知りながら 毎日 一緒に仕事

目に付くのは ホテルのライター 長い髪の毛

それを気付かれないように 車の窓から投げ捨ててた

『他に女の人いるの?』

そんな言葉が なかなか言えなかった

やっと 言えた瞬間

『お前 何様か!!女房気取りするな!!』って

車から引き摺り下ろされた

もう 家の中にも入れず 車の中で泣いてた

その時 彼に電話をしたんだよね

何も言わずに 抱いていてくれた

その時の腕の傷は まだ 残っているけれど

心の傷と共に 消えていく

彼と遊んだ海岸での思い出の日焼けで 消えていくPhoto_18

なぜ あの時 彼に電話をしたのだろう?

それも ”運命” なのかな・・・

| | コメント (0)

”してあげた!” じゃなく ”してあげたい!” だよね

僕は ストレートすぎるから・・・

そんな言葉を彼は言うけれど

私には 嬉しいんだ

『抱きたい』とか『声聞きたい』とか言われると

ドキドキするんだ

だから 私も 自然になれる

言葉も オブラートに包まない

全てが 自然体

その 自然体の私を愛してくれるから

こんなに 幸せなことは ない

相手を思いやることは とても 大切だけど

今までは いつも 無理してた

彼の 言葉も 優しさも 思いやりも 全て ストレート

だから

私も まだまだ 彼のようにはなれないけれど

自然に ”彼のために 何かをしてあげたい!!”って気持ちになる

不思議だね・・・

彼も私も 心も体も どんどん変化していくんだよ

この頃 言わなくても 聞かなくても

お互いの”気持ち”がわかっちゃうんだ

いつまでも こんな風にいれたなら

最高に幸せだろうね!!

いつまでも 忘れちゃいけないのは

やっぱり ”思いやり”なんじゃないかな

”してあげた!” じゃなく ”してあげたい!” だよね

それも 自然にねPhoto_17

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

抱かれることの意味 抱くことの意味

昨夜のブログを読んでくれた方には信じられないような過去がある

私は Hが好きじゃなかった

むしろ 嫌いでした・・・

これだけ生きていれば 恋愛経験も多いし 結婚もしてた

けれど

一度もHで”愛”を感じた事はなかった

Hは 仕方のない事 男の処理の為

そんな事しか思っていなかった

気持ちが良いなんて思うはずないH

ただ 終わるのを待つだけ

苦痛でしかなかった

それには 子供の頃 いたずらされた過去がある

夜道にレイプされた事もある(助けられ未遂でしたが・・・)

だから 

Hは男の処理の為としか思えなかった

今まで 付き合ってきた人にも そんな過去を話してきた

私を知って欲しいから・・・

もちろん 付き合ってから ある程度してからだけど

でもね

きちんと 話し合う事もしなかったし

正直 聞きたくなかった話だったのでしょうね

その話には 一切ふれなかった

”気持ちの良いフリ”のHでしかなかった

自分から求めるなんてこともない

避けたい事でしかなかったから・・・

でも

彼は 違った たった ひとりの人

私の為のH

抱かれることの意味 抱くことの意味を教えてくれた

彼の愛情は 大切に育ててくれた両親似た ”愛” で

私を変えた

そう 心も体も・・・

だから

ここから ”女” になるの

いつまでも いつまでも 愛されるように

『いい女』 になるの

20061119_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が ”女” になれる時

私が ”女” になれる時

それは

彼と 激しく愛し合う時

普段は とにかく 甘えん坊

だから 彼も 子供扱い

でも 

激しく愛し合う時は ”男” になる彼

ドキドキする

もっと もっと 愛して欲しいと思う

激しく愛し合った後の私は20061121

また 子供になる

彼の腕枕でスヤスヤ眠る

彼は ずっと 髪を撫で続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

この笑顔は あなたがくれたプレゼント

淋しい夜

雨音だけじゃあ 眠れない・・・

彼の温もりが欲しい

毎日 今迄なかった感情への戸惑い

メールがくれば 声が聞きたくなる

声を聞けば 会いたくなる

会えば 抱きしめて欲しくなる

メールだけじゃあ 話したい事沢山あるんだもん

朝がきちゃうよ・・・

顔が見えないと

あなたの優しい眼差しがなければ

eipyonは キラキラ輝かないよ

この笑顔は あなたがくれたプレゼント

楽しかった事を真っ先に伝えたいよ

あなたの優しい眼差しの中で

あなたの温もりの中でPhoto_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

抱きしめてあげたい・・・

彼は大変な仕事を終えて帰ってきた

『早く帰って 体休めた方が良いんじゃない?』

『もう eipyonの家の前だよ!!』って 彼

仕事着のまま 疲れた顔して 立ってた

『汚いから・・・』

そんなの関係ないよ!!

男の人の戦ってきた姿

カッコイイよ!!

汚いなんて思わないよ

汗臭くたって 汚れてたって 良いんだよ

そんな姿は一番 ”男” を感じるんだから

あなたの一生懸命になる性格を知っているから

疲れた顔見ると 抱きしめたくなる

『おかえり!お疲れ様でした』

そんな言葉しか かけられないけれど

そんな時 傍にいれたら

今度は eipyonの腕の中 沢山 かしてあげるよ

両手広げて 待っててあげるよ

喜びも 苦しみも 悲しみも 

いつも 一緒だよ

Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

彼の腕の中の安心に代わる場所など何処にもない

寂しいとか 傍にいて欲しいとか 会いたい 

なんて思うんだね・・・

こんなに 毎日 会って メールしてるのになぁ

彼の腕の中の安心に代わる場所など何処にもない

どんな時も eipyonの全てを 受け入れてくれる

旅行先でのトラブルにも

嫌な顔や疲れた顔も見せず

ずっと eipyonの事 支えてくれてた

eipyon 甘えん坊になっちゃったよ・・・

彼に出会って

本当の優しさを知ったような気がします

本当の”愛”を知ったような気がします

彼の温かい眼差しは まっすぐにeipyonだけに向けられている

その眼差しで ”愛”も”優しさ”も”安心”も

全て 感じるんだ

この体 全身にね

幸せ

本当に 幸せ

このまま ずっと 幸せ でいたいなぁ

Photo_14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

夢をもう一度・・・

緊張と不安の中での旅行

家族と親戚と彼と9人での 大イベント

パニック障害の予期不安と戦いながら

みんなの夢 eipyonの夢 叶える為に出発!!

現地に到着

目の前には 大好きな 海

”来れたんだ~!!”

彼と姪とeipyonで

海岸で遊んだ

ホテルで念願の温泉

”気持ち良い~!!”

さぁ 宴会だぁ

アルツハイマーの父の誕生会

父と母の結婚50周年記念

イトコ夫婦の結婚10周年記念

”おめでとう!!!”

父がローソクを吹き消し大喜び

ワイワイみんなで楽しい食事

その瞬間

父が倒れた

息してない!!

動かない!!

ホテルから救急車で病院へ

父は心臓が一瞬止まった

でも

みんなが叫んだ

”爺!!起きてーっ!!”

病院で 父の意識は戻った

今回の旅行の計画は全て消えた

けれど

父が生きていてくれれば良い

姪との約束も守れなかったPhoto_12

ほとんどの時間を病院で過ごした旅行

また いつか 夢叶えたい

もう一度 チャレンジしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

パニック障害になってから3度目の旅行へ挑戦

明日から、パニック障害になってから3度目の旅行だ

今回は、家族全員での旅行

もう、こんな機会はないと思う

母の願いを叶えたかった

子供達(甥と姪)に思い出を作りたかった

アルツハイマーの高齢の父に思い出を作りたかった

車椅子を持ち 甥の心臓病やてんかんの薬を持ち

そして

私自身、大量の薬を持っていく

この数日間は、予期不安との戦い

自分自身を支えることで精一杯

たかが、60キロあまりの道のりが怖い

この緊張は、止めようにも 止まらない

頻繁に起こる過呼吸

手の震えと、流れる汗

でも、負けない!!

きっと、楽しい思い出になるから

きっと、涙が出るくらいの感動が待っているから

家族がいる

彼もいる

大丈夫!!!

いってきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

上手く羽ばたけない・・・

どうして そんなに優しくなれるの?

どうして eipyonのために そこまでするの?

今のeipyonは すごくワガママだよ・・・

感情の起伏が激しくて

強い口調 勝手な行動 自分本位

なのに

いつも笑って『自然体で良いんだよ』なんて

人を愛する感情を思い出させてくれたのに

折られた翼を修繕してくれたのに

eipyon上手く羽ばたけない・・・

何処へ行ったら良いのか わからない

”愛”の次に訪れた感情は

不安 嫉妬 etc・・・

勝手だよね

情けないね

素直になれない私

今 迷子だから 泣いてる

でも

何を探してるんだろう?

Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

夜が長いよ・・・

夜が長いよ・・・

怖いよ・・・

いつもだったら まだ一緒にいるのにね

健康な体が欲しいよ

悔しいよ

悲しいよ

苦しいよ

せっかく会えたのにダウンなんて・・・

発作は いつ 何処で 起こるかわからない

何で こんな病気になったんだろうね

甘えられる場所が出来たから 気が抜けたのかな

せっかく時間を作ってくれたのに

ごめんね

大丈夫!!!

負けないから!! 絶対に!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼からのコメント

今日 彼からのコメントが入った

eipyonのブログ読んだら嬉しかったんだって!!

『ブログを始めたら?!』

そんな彼の一言で ブログを始めたのですが

『見て良いの?』と聞いてきた

『読んでツライ事もあると思うけれど 見て良いよぉ~』って言ってたんだ

ここに書いてある事はeipyonの気持ちそのもの

悲しみも 苦しみも 喜びも 幸せも

全部 本当の気持ちだから

『嘘』 がキライな私だからね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

私の中の 『苦しみ』も『憎しみも』 消えた

今までの涙も 苦しみも 憎しみも

全て あなたに出会うためのもの

だから

もう 私の中の 『苦しみ』も『憎しみも』 消えた

今ある この笑顔は あなたがくれたプレゼント

沢山泣いて 沢山苦しんだ事を知る友人は

『やっとeipyonらしくなったね 本当に良かった』って

自分の事のように喜んでくれる

そうだよね

時間問わず 何時間も話を聞いてくれたもんね

仕事中でも 寒い外でも 真夜中でも

ありがとうネ☆

『彼に 幸せにしてもらいなさい』って言うから

『うん。今 すごく幸せだよぉ~』って答えた

『・・・・・ほんまに 良かった』って 自分の事のように

友人は涙声だった

私 幸せだよね

こんなに 素敵な彼氏がいて

こんなに 素晴らしい友人がいるんだもん

あ り が と う !!Photo_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

無償の愛

恋は、求めるものだと言う

愛は、与えるものだと言う

愛は、見返りを求めず

その人の為を思い、惜しみなく尽くす事(自然にね)

無償の愛

今のわたしはの感情は、どっちなんだろう?

いつも、彼の事を考え

彼の為に何が出来るかを考える

けれど、見つからない・・・

私は、彼に甘えてばかりだ

心配ばかりさせている

私の事を自分の事のようにしてしまう

優しい彼を知っていながら・・・

そんな私までも受け入れてくれる彼の素晴らしさが”愛”だと思う

ごめんね

そして

ありがとう Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »