« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

もう 私を幸せに出来る人は あなたしかいないから・・・

今 彼から電話がきた

あなたの優しい声に 安心した夜

あなたの低い声に 愛しさ感じた夜

あなたの大事な親友に 

『今度 一緒に食事でもって誘われたよ!』って

嬉しそうに 報告する彼の声は 弾んでいた

その 親友の方は そういったことを言わない方だと・・・

だから

なおさら 嬉しかったって

弾んだ声 嬉しくてたまらない顔の彼が浮かぶ

私も すごく 嬉しかった

親友の方に食事を誘われた事は当然だけど

彼が 本当に嬉しそうに話す事が

とても とても 嬉しかった

彼と私は ”一心同体” なんだもん

笑う時も 悩む時も 泣く時も・・・

幸せ感じる瞬間も 愛してるって思う瞬間も

いつも いつも 一緒だもん 

こうなるまでには 沢山の話をしたし

お互いの意見を ぶつけ合った時間があったからこそだよね

あなたじゃなかったら 

こんなに 心通じ合えるは事なかったよ

きちんと 聞く耳を持ち 一度は受け入れる

けれど

きちんと 自分の意見も伝えてくれる

だから

二人の心が通じ合うんだよね

当然 お互いに 思いやることが 出来るようになってきた

それも 自然にね・・・

今のような関係が続いていけば

きっと 私の”夢”が叶う時がくると信じています

もう 私を幸せに出来る人は あなたしかいないから

あなたしか 私の”夢”叶えられる人いないから

そして

あなたを幸せにしてあげられるのは”私”しかいないって

思われるようになりたいな・・・

20070131

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

言葉ひとつに 気を使わせてしまう過去がツライよ・・・

  何も 高望みなんかしてないよ

eipyonは 普通の恋がしたいだけだよ

彼に 気を使わせたくないよ・・・

言葉ひとつに 気を使わせてしまう過去がツライよ・・・

eipyonは 普通の暮らしがしたいよ

込み合ったデートスポットだって 温泉旅行だって 

海外旅行だって 行きたいよ・・・

でも

電車もバスも乗れないんじゃあ 話にならない

何で パニック障害になんか なったんだろう・・・

元彼の女の私への”束縛”が 仕事への”束縛”に変わったから

また 身動き取れないよ・・・

いつ休みかも いつ仕事が入るかもわからないから

完璧なOFFなんて ほとんどない

だから

ゆっくりと眠る時間なんてない

電話が鳴る度にビクビクして メール届く度に息苦しくなる

けれど

働かないと 生活できないんだよ

悔しいけれど・・・

中途半端な仕事 達成感のない仕事 不満ばかりだ

普通の仕事がしたいよ・・・

今日 やっと休めたのに

母が転んで腕を負傷したあげく 風邪引いて寝込んだ

せっかく気晴らしして帰ってきたら 現実しか見えない

汚れた食器の山 洗濯物の山

それを片付けながら 夕飯作って 父と母にに食べさせる

慌てて 片付けて アルツハイマーの父がウロウロしないよう

各部屋の明かりを消して 寝かせた

そして

彼のもとへ飛んで行った

けれど

そこでも 空回りだった・・・

普通って 大変な事なんだね

200701301518000

| | コメント (0)

今 ここに あなたがいたら・・・

今日も あなたの暖かい手の温もりを感じられた

今日も あなたの暖かい唇を重ねた

今日も あなたの優しい眼差しの中で 私は輝いた

けれど 今 こんなにも あなたが恋しい・・・

こんな夜は あなたから届くメールに涙する

”好き”って気持ちが 止まらないんだ

今 ここに あなたがいたら

きっと ペッタリくっついてるだろうね

顔見るたびに キスしてるだろうねDscf0074

『両手広げても足りない位にeipyonが好き!!』って彼

私は・・・

世界中で一番 彼が好き!!

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月)

彼が そこまで 私に気遣ってくれてる事が 情けなかった

いつものように『おはよう いってきます』のメールがきた

だから

彼は 仕事だと思ってた

私は 今日の仕事がハッキリしないので身動きとれない

でも

彼が休みだったらと思ってたから

昨日 元彼に『明日 休みたい』って言ってたんだ

私の仕事は 突発で入るので 完璧なお休みが不明

だから

彼には伝えてなかった

そして

彼は ボロボロになった 疲れ果てた姿を昨夜見たので

”体を休ませてあげたい”という思いで

自分がお休みだと私に言わなかった

お互いに 思いやる気持ちが空回りしちゃった・・・

それでも

オーディオの入れ替えで困っている事を伝えたら

飛んできてくれた

冷たい手をしてた・・・

実は 私 体の不調で イライラしてた

言葉遣いも最低だし

彼が そこまで 私に気遣ってくれてる事が 情けなかった

本当は 彼の安らぎの場所でいたいのにって・・・

ノーメークで ジャージ姿で 散らかった部屋に彼がいる

本当は 一番 キレイな私でいたかったのに・・・

何だか 全てが 空回りの一日だった

ワガママだと知りながらも ワガママを言う私に

一切 怒らない彼

『体調悪いのに 無理矢理行って ごめんね・・・』なんて

違うよ!!

ごめんねは 私だよ・・・

今 泣きながら 彼がくれた 小田和正さんのCDを聴いています

今日 せがんだ”キス”を思い出しながら・・・Nec_0161_06127

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土)

大事だからとバックアップとっても 消せない彼からのメール

今日は 仕事が忙しくて 彼に会えなかったよ・・・

心にポッカリ穴があいたよ・・・

寂しくて 心細くて 珍しく 仕事中にコッソリ隠れてメールしちゃった

きっと 彼も 忙しかったと思う

けれど

短いメールの返信が嬉しかった

『大丈夫か?』

その言葉に どんなに心がこもっているかを 私は知っているから

今日は 病院の日なのを 彼はわかってるから

余計に心配したのだろう・・・

病院も 途中で行って 注射して 次の仕事へ入るのは

正直 ツライのだ・・・

今度 いつ会えるのかな・・・

昨日 会ったのに なぜか 恋しい 彼の温もり

この1年以上もの間

彼は 何ひとつ変わらない

優しさも 愛情も 私を見る優しい眼差しも

毎朝の『おはよう』のメールも『仕事終わったよ』のメールも

そして

『愛してる!』のメールも

毎晩届く ラブレターのメールも

もうすぐ 2000通になる

大事だからとバックアップとっても 消せないメール

彼と私の歴史なんだもの200701261622000_1

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金)

彼の顔が ずっと ずっと 浮かんできてた・・

今日 仕事の合間に 新しくできた デートスポットへ行った

そう 

仕事中だから 元彼とね・・・

綺麗なが見えた

綺麗なが見えた

カワイイお店が沢山あった

私は 心の中で 彼の名を呼んだ

彼の顔が ずっと ずっと 浮かんできてた

お店で カワイイもの見つけては

彼に名を言いそうになる

でも

そこには 彼はいないんだなぁ

悔しい 悲しい 寂しい・・・

彼だったら こんな時 父親の顔になって

『買いなさ~い!!良いんだよ~ッ』って

きっと 自分の物なんて 買わないんだよね・・・

私ばかりが こんなに綺麗な景色を見てるんだって

心から 楽しめるはずがない

彼は 今頃 一生懸命に働いてるのにって・・・

だから

ひとつ お土産を買った

彼が好むような物を探し回った

高価な物ではないけれど

彼は 喜んでくれた

いつも、何処に行っても僕の事思っていてくれて、ありがとう!!』って

本当は 複雑な思いだと思うんだ

だって 元彼と行くんだもん

でも 決して 怒らない・・・

『今度は 一緒に行こうね』って

私は 素直に言うよ

『eipyonは 一緒に行きたいのは・・・』って

もう少し 暖かくなったら 手をつないで 歩うこうねNec_0154

連れて行ってね

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

会えない日が続くだろうと思っていたら・・・

会えない日が続くだろうと思っていたら

彼が 会いに来てくれました

車の中で 少しだけ 一緒の時間が出来た

疲れているのに 疲れた顔も見せずに・・・

そんな時でも 優しい眼差しで包み込んでくれる

仕事では 男になり

家では ママになり 大黒柱になる

気の休まる場所など 彼以外ない

唯一 心安らぐ場所であり

唯一 女でいられる場所であり

唯一 そのままの私でいられる場所である

二人 触れ合っていれば 安心

疲れた彼に イイコ イイコ

私も イイコ イイコ される

何気ない時間だけれど

二人にとっては とても大切な時間

大声で笑う彼の顔見てると

心安らぐ

『eipyonと会わないと一日が終わらないんだ!』

そう言って 会いに来てくれた彼

ありがとう

また 明日から 頑張れるよ!!

沢山のパワーをもらったからね

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

今の教育への悲しい現実・・・

私は 一昨年 急死した姉の子供2人の子育て奮闘中ですが

仕事もあり なかなか 子供達とゆっくりした時間がもてない

しかし

問題が起これば 学校へも行く

去年の夏も 下の子(姪)が”イジメ”にあっているのが発覚した

毎日届く 姪への手紙の内容は ”死ね!”

姪は 小2で 自分の母の死を目の前で見ていた

お骨になった母親の姿を目の前で見ている

その子に対して ヒドイ言葉だった

私は 初めて 仕事の長期休暇を頂いた

学校へ行き 先生と何度も話し合った

いじめている子の母親とも 何度も話し合った

もちろん いじめている子供本人とも

そんな中で 明らかになる事が多かった

やはり

その子供達の家庭環境の複雑さだ

ある子供の母親は 心を病んでいた

誰にも 言えなかったと涙した

”自分の子供が愛せない”と苦しんでいた

そのせいで 自分のせいで 自分の子供が悪くなっていると

自分を責めていた・・・

その母親に 私ができる範囲でのアドバイスをした

”一日 一度で良いから ギュッて抱きしめてあげて欲しい”

”大人だって 好きな人に 抱きしめられたら 安心するでしょう!”

”苦しくなったら いつでも来て下さい 一人で悩まないで!”

そんな 会話を 延々とした

沢山の涙で その母親は 帰っていった

学校の先生は 気付かないのだろうか?

なぜ その子が 問題ばかりを起こすのかを・・・

おせっかいかもしれないけれど

私は 内密にと言う事で 先生や学童の先生に伝えた

”フォローしてあげて下さい 決して 育児を放棄した訳じゃないから”と

何もしらないで 産みっぱなしだとか言わないで

もっと もっと 心の悲鳴を察して欲しいです

勉強に対しても 疑問を感じるこの頃です

”授業に追いついていけないから 塾へ・・・”

それって 変ではないでしょうか?

わかるまで 教えるのが 先生の仕事ではないでしょうか?

”自分の教え方”へ なぜ 疑問を感じてくれないのでしょうか?

私が子供の時は 追いついていけない子には

きちんと 先生が 時間をつくり 教えてくれた

その時間で 先生とのコミニケーションもとれてた

”宿題は?” ”勉強しなさい!!”

そんな言葉は 我が家では 一切聞かされていなかった

昔と違い 今は 生徒数も少ないのだ

もう少し ひとりひとりに 気遣いが欲しいものだ

学校は 勉強をする場所

学校は 大人になった時に必要な 規則を教える場所

何だか 悲しいです

今 私が姪に出来る事は 時間をつくり 一緒に宿題をすること

泣いても 逃げられないことだと しっかりと教えていくこと

ママは仕事 彼女の仕事が”勉強”だということだ

わからないから逃げる なんてことは 許さない

負けることだ

一生懸命にやることに意味がある

頑張って欲しい・・・

彼女も戦っているけれど

ママも一緒に戦っているんだよ

優しいあなたの性格も知ってるし

自閉症のお兄ちゃんの面倒も良く見てくれてるもんね

ママは 沢山 あなたの良いところ わかってるからね

一緒に 頑張ろうね

| | コメント (0)

私だけは 安らぎの場所でいてあげたいな

彼の仕事が 急に忙しくなった

私の仕事は 今 落ち着いている

彼の仕事が落ち着く頃は 私の仕事が忙しくなる

これから しばらく 会えない日が多くなる

『頑張って 働くから!!!』って 彼は電話で言うけれど

きっと きっと 疲れきっているのだろう・・・

昨日 仕事を終えて 会いにきたけれど

すごく疲れた顔してた

寒そうな顔してた

そんな彼に何もしてあげられない

ただ ただ 見守るしかないのだ

ありきたりの言葉

『お疲れ様』 『大丈夫?』 『怪我しないようにね・・・』

そんな言葉しか かけることが出来ない

無力だ・・・

私は 彼に支えられてばかりなのに

何も 出来ないよ・・・

せめて

会いたいよ

いつも 彼がしてくれる イイコ イイコ してあげたい

彼は 決して 弱音を吐かない人だから

彼は 決して 手を抜ける人ではないから

せめて20070122_1

私だけは 安らぎの場所でいてあげたいな

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

”幸せになりたい”と願った数だけ ピアスの穴

今 私の耳には 5コのピアスの穴がある

それは

”幸せになりたい”と願った数

反対に言えば

”苦しさから逃げたい”と願った数

だから

それぞれのピアスの穴には思い出がある

ほとんどが その時 付き合っている人の浮気に気付いた時だ

苦しい気持ちを 相手にもぶつけられないから

もう一度 振り向いて欲しくて ピアスの穴を開けてた

綺麗になれるはずなんてないのに

こっちを向いて欲しくてね・・・

今 思うと 変だけど

その時は 真剣に考えてるんだよね

笑えるのが20070122

ピアスの穴が増えた事さえも 別れるまで 気付かない人もいた

だから もう ピアスの穴は 増えないと思う

きっと・・・

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

思うままに 感じるままに ・・・

また 彼の突然のお誘いだった

でもね

ちゃんと 下着替えてたんだぁ~っ

何となく 予感はしてたのだっ!!

いつものように

ゆっくり 二人でお話タイム

そして

一緒にお風呂タイム

彼が きれいに体を洗ってくれます

そのうち 気持ち良くて ウトウト・・・ ヤバッ!!

熱めのお風呂に入り お話タイムの続き

ソファーでイチャイチャしてるうちに 火がついた

がむしゃらに 求め合うの

思うままに 感じるままに ・・・

恥ずかしいとか 何にも考えないで 求め合うの

彼のHは いやらしさを感じないの

優しい眼差しも 私を包み込む大きな手の温もりも

普段と変わらないの

今まで  男の為だけのHの経験しかないんだけど

彼は 自分よりも 私を気持ち良くさせる時間の方が

断然 長いのだ

私を抱く時も 決して 握った手を離さない・・・

”愛”を感じるHは 彼だけ

汗を流した体をお風呂で洗って

髪を整える私の後ろへ彼が近寄ってきた

何するんだろう???

彼は 私の髪を ブラシでとかしながら きれいにしてくれる

こんな幸せあるなんて 思わなかった

会えないと 不安になるけれど

会えば HAPPY なのさ

20061109

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日)

愛する人が 他の女の人を抱く事 許せますか?

浮気されたこと ありますか?

浮気したこと ありますか?

私は 両方の経験があります

なぜ 浮気をされるのでしょう?

考えてみた

私は なぜ 浮気をしたんだろうか・・・

寂しかったのは 確かだ

Hがなかったのも 確かだ

でも

一番の原因は 好きになっちゃったんだよ 他の人を

だから

浮気じゃなく 本気だったんだよね

浮気と本気の違いは 何?

私は 浮気をされた時 許す事が出来なかった

その時 

悲しい気持ちが 憎しみなった 

その時の彼じゃなく 相手の女がね・・・

そんな自分が 嫌いだった

責める勇気もなかった

ただ ひたすら 我慢した

そしたら 私に 大きな傷が出来た

見てはいけないもの見るようにした

浮気を確実なものにする為にね

自分で 自分に 言い聞かせるように・・・

大好きな人が 他の女を抱くことが 許せるものなのでしょうか?

私は 許せないし 割り切れないよ

私の浮気は 自分の中で終止符をうってから

だって 自分が割り切れるような性格じゃないからね

隠し事出来ないし・・・

もう 心が痛まないような 恋したいなぁ

もう 裏切りとか 憎しみとか イヤだから

これが 最後の”恋”にしたいな

そして

いつまでも いつまでも 彼にとって”女”でいたいな

女房とか 家庭のにおいをさせないような”女”でいたいな

彼の言葉

『eipyonへの優しさは特別なんだよ』

その言葉を信じて・・・

Dscf0058

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

どんな女の人だって 彼の優しさにには 惚れるよね

彼は 男友達に言われるらしい

”女には ものすごく優しいからモテる” って

そうなんだよね

彼の優しさを一番知ってるのは 私なんだよね

どんな女の人だって 彼の優しさにには 惚れるよね

そんなことを 今 気付くなんて・・・

ふと 不安が襲ってきた

私は パニック障害だし

変なトラウマを沢山持ち続けてるし

彼も 男の人だから 浮気するのかな・・・

信じたいけれど

信じて裏切られるのは もっと怖いよ

私を優しく抱くように

他の女の人を抱くのかなぁ

そんなことを考えてしまうのは 彼が好きだから

もう 止められない感情

幸せと不安を繰り返していくんだろうな

きっと これからも・・・200701191555000

| | コメント (2)

2007年1月19日 (金)

彼を失いそうになった あの時の光景を忘れないように・・・

彼を思う気持ちが強くなればなるほど

不安が増すのは ”恋の病”なのでしょうか

彼が 好きで 好きで 仕方なくて

でも

その感情は どこまで増していくのだろうか・・・

感情は 誰も止められない

私は 彼がいなくなったら どうなるのだろうか・・・

愛されるって こんなにも 素晴らしい事だと知ってしまった私

この体も この心も どうなってしまうんだろう・・・

時々思い出すんだよね

彼を失いそうになった あの時の光景を

元彼に抱かれて帰ってくる私さえも待ち続けた彼の限界の言葉

『もう、イヤだ!!!』

その日 私は はじめて元彼の誘いを断った

そして

元彼と別れた

その別れは 簡単ではなかった

午前中から夕方遅くまでの話し合いだった

その間

彼との連絡は 取れない

何度も鳴る電話にも

何度も届くメールにも

答えられなかった

彼は もう 元彼に抱かれていると思ったらしい

彼は 車で家へ帰る途中

私は 話し合いを終え 急いで 彼の職場へ車で向かう途中

偶然にも すれ違った

けれど Uターン出来ない!!

慌てて 電話しようとした瞬間

私は 反対車線へ車を突っ込んだ・・・

その後 どうやって 私は彼のもとへ行ったのかが わからない

彼は 今でも言う

『あの時のeipyonの顔が忘れられない』って

もしかしたら

あの時 すれ違わなかったら 

今の私は いない

それからも 色んな事があったよ

今は こんな風に 幸せだけれど

実は 私 彼と別れようとしたんだ

元彼と別れて 彼とも別れて 一人になろうと思ったんだ

だって

彼みたいに 精一杯愛してくれる人を 愛せないかもしれないって

苦しかったんだ

だから 別れを告げたんだ

彼 自分を失った 

意識も朦朧として 歩く事も 立つ事も出来なくなった

『僕は eipyonがいなくなったら 生きている意味ないよ』

その言葉が 私を迷わせた

今 こんなにも幸せに見える私達にも 沢山の涙があった

どんな時も 歩み寄ってくれた彼

どんな私も 受け入れてくてる彼

愛とは 深く 強く 素晴らしいものだと教えてくれた彼

優しい眼差しも 低い声も 時々チクチクするお髭も 大好き

ワガママ言って 困った顔も 変な事言う私に 大笑いする顔も

全部 大好き

どうか どうか この好きが 永遠に続きますように・・・

彼が言う ”いつまでも カワイイ女” で いられますように・・・

Dscf0060

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

彼の顔を見てると 涙が出ちゃう・・・

昨夜 突然の彼のお誘い

ん?!下着が・・・

コンビニで買い物してる時 彼にポツり言う

『下着が・・・』

彼は 笑って言う

『良いよ やめようか?』

違うよぉ~!!! eipyonも抱っこして欲しいよぉーっ!!!

ホテルで のんびりお話タイム

そして

一緒にお風呂タイム

彼に 全身キレイに洗ってもらって 気持ち良いーっ☆

抱っこされて お湯につかりながら 肩もみされて

・・・やってしまった

気持ち良くて 寝ちゃうんだな~っ

彼は コックリして 溺れそうになるeipyonを 

赤ちゃんをお風呂に入れるように 耳を手で押えてくれてる

彼は言う

『ごめんな 疲れてるよな・・・』って

違うよ~っ!!

やっと 安心したんじゃんかぁ~~!!

ベットの中で 抱っこされて イイコ イイコされて

彼の優しい眼差しと温もりを感じながら

彼の顔を見てると 涙が出ちゃう・・・

何で ”こんなに 好きなんだろう” って

また 愛されて もっと もっと 彼を好きになる・・・

苦しいくらいに

また ”いつも一緒のマーク”のキスマークをつけた

でもね

いつも 3コなのに 2コしかつけられなかったの

eipyonの唇が痛くなっちゃったの・・・

悲しくなっちゃったから 泣いちゃったら

彼は 笑いながら

『かわいいなぁ~っ!!2コついたでしょう!大丈夫だよぉ』って

ギュッて抱きしめて イイコ イイコ してくれた

幸せだよねDscf0066mm21

大きな愛 見つけたよ

| | コメント (0)

2007年1月15日 (月)

私よりも 私を大事にしてくれるのは 彼だけ

今日 久しぶりに 彼に会えた

この2日間は 大変な仕事で 限界を超えた私

家へなだれ込むように帰宅した

パソコンを打てない程 腕が上がらなかった

私の仕事は 男の人がする仕事

肉体労働そのもの

時に 命も奪われてしまうような事もしなければならない

彼は 何度も 何度も 転職を勧めた

けれど

家の事情や病気の事があるし

何よりも 今の仕事が好きなんだ

”怖いもの知らず”だから 何でも 挑戦する

女だから・・・なんて言われたくないから

男の人と同等に仕事しなきゃ 気が済まない

そんな私を彼は見ていて怖いと言う

『辞めろとは言わない 仕事への情熱がわかってるから』と諦めてる

でも

今日の一言は ズシンときた

私は 波乱万丈の人生を乗り越えたから

死ぬ事が怖くないと 良く言う

けれど 今日言われた 怖い顔されて・・・

『eipyonが死ぬの怖くなくても 俺が怖いんだ!!』って

涙 出そうだった・・・

良く彼に言われる言葉

『怪我だけは しないでな』

だから 怪我すると 心の中で 『ゴメンナサイ・・・』って言っちゃうんだ

痛いのに 泣きそうな位痛いのに・・・

私よりも 私を大事にしてくれるのは 彼だけ

この世で 彼だけ

でも

私は このまま仕事を続けます

生活の為に 私を必要としてくれるお客様の為に

そして

生きる為に

だから

見守っていて下さい

Nec_0132

| | コメント (2)

2007年1月12日 (金)

あなたに愛されて あなたを愛した 幸せの涙だよ

最近 彼に 『寂しい』 と言うことが多くなった

決して 冷たくされているとか 何日も会えないとかじゃなく

ただ ただ ”彼の傍にいたい” という気持ちが増えているんだ

彼は 何も求めない ただ ただ ”愛” だけをくれる

全ての過去を消して

彼と出会いたい

そして

もう一度 彼と一緒に全てをやり直したい

大恋愛をして 

ウエディングドレスを着て 沢山の人の祝福を受けて 

彼の優しい眼差しの中でバージンロードを歩きたい

そして

温かいご飯を用意して『おかえりなさい』ってキスをしたい

そして

彼の子供を産み

彼と私の沢山の愛を その子に注ぎたい

今 彼から 素敵な曲が贈られてきた

小田 和正さんの ”タシカナコト”

彼からの2度目のプロポーズのような曲だった

その歌詞の一部に こんな素敵な言葉がある

”君にまだ言葉にして伝えてない事があるんだ 

それはずっと出会った日から君を愛しているという事”

最初のプロポーズの時

『もう 人を愛せないから 無理だよ』って答えた

でも

今は こんなにも 愛してるんだよね

大粒の涙

でも これは 悲しい涙じゃないよ

あなたに愛されて あなたを愛した 幸せの涙だよ200701111

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

変わったのは 彼に出会い 彼に愛されたから・・・

昨夜は なぜか とても寂しくて 彼が恋しくて泣いた

気付くと 朝だった

泣きすぎて 目が充血してた

一日中 頭痛に悩まされた

昨日 家でも 色んなことがあった

だから

彼の温もりが 恋しくて 恋しくて 仕方なかったんだ

今日 彼が仕事を終えて急いで来てくれた

『ただいまぁ~』って

車の中で ずっと 手をつないでた

久しぶりに ショッピングに出掛けた

彼の眼差しは いつも以上に 優しい眼差しだった

沢山甘えた 沢山抱っこしてもらった

でもね

また 泣いちゃったの・・・

彼は 『寂しいの?』って 抱っこしてくれる

彼は ハンカチで 私の目からポロポロこぼれる涙を拭きながら

『泣かないよ・・・』って言うんだけど

止まらないんだ 涙

『ハナちーん しなさい』

なんて・・・

やっぱり 私は まだ子供

でも それは 彼の前だけ

今日 パニック障害の治療で 病院へ行ったけれど

先生がビックリする位に私の顔が変わっていたらしい

先生 涙ぐんでた・・・

『良い顔してる 優しい顔つき 自然な笑顔だ・・・』って

変わったのは 彼に出会い 彼に愛されたから

愛は 切なくて 苦しいけれど

二人の思いは同じだということを 今日 わかったんだ

さっき 彼からメールが届きました

『ブログ読んだよ ごめんな・・・ 僕は 何処へも消えないよ!!』って

彼は 私の全てを受け入れてくれる

これは 彼の ”愛の形” だと思う

あなたを好きになって良かった

ありがとう

沢山の愛を ありがとう

20070109

| | コメント (2)

2007年1月10日 (水)

誰よりも 誰よりも あなたに会いたいんだよ・・・

何だか 二人の思いが 空回りしてる

お互いに忙しくて なかなか会えない・・・

不調を抱えながら仕事へ出掛けて行く私を気遣う彼

彼が仕事を終えて会いに来てくれることを待つ私

でも

電話をくれた時

待ちくたびれて 疲れきって 寝ちゃった

『疲れてるから可哀想で寝かせてあげたかった・・・』って彼

疲れているからこそ 会いたいのに・・・

あなたの好きなパンを買ってきたのにな

誰よりも先に あなたに伝えたい事があるんだよ

誰よりも 誰よりも あなたに会いたいんだよ

会えないと 

ちっぽけなことで ヤキモチやいたり

ちっぽけなことで 不安になったりしちゃうんだ

私が好きになったあなただから

あなたの優しさを沢山知っているから

あなたが どんなに素敵な人かを知っているから

不安なんだよ

怖いんだよ

突然 何処かへ消えてしまいそうで・・・

私 自信ないんだ

ずっと 愛される自信なんて ないんだ

私には 何もないんだもの

あなたを困らせるだけで

あなたに 何もしてあげられないんだもん

お願いだから

今夜は 泣かせて下さい

明日 笑顔で会えるように・・・

20070107

| | コメント (3)

2007年1月 9日 (火)

早く この薬指に飾りたいよぉ~っ!!

私の宝石箱には 色んな指輪があります

もちろん

自分で買ったものなど ほとんどない

そして

その中の指輪たちは 私の指に つけられることのない指輪たち

元彼たちからのプレゼントや元旦那からの婚約指輪や結婚指輪

別に 捨てたくなるように憎んでいる人からの物ではないので

大切な思い出として 大切にしています

例え つけることがなくても・・・

みなさんは いったい どうしているのでしょう?!

今 彼とのペアリングの購入を考えています

付き合って1年目の記念に

でもね

彼 アレルギーで その上 サイズが大きいんです・・・

早く この薬指に飾りたいよぉ~っ!!

20070108_

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

おでこにキス! 頬にキス! 唇にキス!

昨日 体の不調で動けない私を見た彼は

私が 今日 仕事を当然休むと思っていたらしい

でも

朝 私は いつもと変わらないメールを彼に送った

『いってきます!!』

そのメールを読んだ彼は かなり心配をしていたらしく

『ただいまぁ』のメールを送るまで どうしようもない位心配してた

そして

照れくさそうに 会いに来てくれた 

どうしても会いたいって

『心配したよぉ~っ!大丈夫だったのか?そんな体で頑張ったなぁ~』

”はじめてのおつかい”に出掛けて帰ってきた子供を迎えるように

ギュッって抱きしめられて

イイコ イイコしてもらって

頬ずりする彼

そして

おでこにキス! 頬にキス! 唇にキス!

心配させて ごめんね・・・

どうしても 負けたくなかったんだぁ

仕事で穴をあけるなんてこと したくなかったの

これも 本当の私なんだ

Dscf0059

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

私の大好きな花束を抱えて・・・

寒い中 彼がお見舞いに来てくれた

私の大好きな花束を抱えて

そして

スーパーの袋いっぱいに詰められた食べ物の差し入れ

朝方から 彼に ”苦しい” ”もうイヤだ・・・” なんてメールしてしまった

仕事で疲れて寝ているのがわかっていながら

何度も 何度も メールした私

真っ暗の部屋で 涙を流しながら ただ 携帯だけ握り締めてた

一睡もしないまま 朝が来た

どうにか 救急車呼ばずに済んだ・・・

もう 手術しなきゃダメかなぁ

去年の手術の時 麻酔の使えない私は麻酔なしで

悪い腫瘍だけ取り除いた

仕事で付いて行けないと 彼は母に頭を下げた

『僕が行かなければ行けないのですが・・・』って

そして 

そっと 手術代も渡してくれた

あの時も 彼は 毎日お見舞いに来てくれた

花束を抱えて

心配させちゃいけないと思うのですが

痛みとの戦いは もう 疲れた・・・

ごめんね

本当に ごめんね

そして

ありがとう

頑張るから!! 負けないから!!20070106

| | コメント (0)

2007年1月 5日 (金)

あなたが好きすぎて 泣いています

恋することが 愛することが こんなにも 切ないことだったんだ

会えない夜に涙する私

その涙は 温かかった・・・

彼からPCにカードが届いた

『僕は 待っているから!!』って

去年の大晦日に一緒に洗車するのに

彼が待つ 彼の職場へ行った

そこは とても寒くて ビックリした

こんな寒い所で 私をいつも待っていてくれていたんだって

いつも 電話で言ってたんだよ

『寒くないよ・・・暖房あるし!!』って

違うじゃん 全然違うじゃん・・・

私は 寒くて 1時間もいられなかったよ

洗車も 彼がしてくれた

冷たい水で 一生懸命に

私が 『会いたい・・・』って言ったら

何時間でも 寒い中 待ち続けてしまうような 純粋な人

私は そんな きれいな心を持ち続けている 

あなたが大好きです

あなたが好きすぎて 苦しいです

あなたが好きすぎて 泣いています

20061227_1

| | コメント (2)

2007年1月 4日 (木)

そんな元彼と なぜ 一緒にいられるのか・・・

今日も 元彼と一緒

それは 彼も知っている事

約6年間付き合ってきた人だけれど

好きだったの? 愛していたの? って聞かれたら

『・・・・・わからない』

確かに 素敵な思い出はあるけれど

ほとんどが 苦しみだったんだよね

そんな元彼と なぜ 一緒にいられるのか・・・

別れる時に 何日も話し合ったんだけど

今まで 思っていた事  苦しんだ事 全部吐き出したから

それでも 元彼は 『仕事だけは 続けて欲しい』と頭を下げた

そんな事 出来る訳ないじゃん!! って思っていたけれど

出来ちゃってるんですよ・・・

元彼は 本当に 変わった

付き合っていた頃の姿は ないんです

”ごめんね” や ”ありがとう” なんて言われた事なかったのに

仕事を終えた時など 『ありがとう。よく頑張ってくれたな!』って

正直 最初だけかなぁって思っていたのですが

本当に 変わってくれました

だからと言って 元に戻る気はありませんよ

今は 仕事の相棒として 大切にしていきたいんだ

もう 怒鳴られる事もないから ビクビクする事もない

浮気の心配する事もない

だから 何でも言えちゃう 

『お前 変わったなぁ~!強くなったなぁ~っ』って言われるけれど

これが 本当の私

元彼が見ていた私は 元彼が作り上げた私

そんな私は もう 何処かへ消えた・・・

まさかの展開に 彼も驚いたけれど

今は 『安心して送り出せる。彼だから・・・』って言ってくれる

そんな彼も 寛大だと思う 感謝してる

私は 彼に 全て報告します

だって 隠す事ないんだもん

こんな パターンは 珍しいと思うけれど

それも 良いかなぁ~

20070103

| | コメント (4)

2007年1月 3日 (水)

ガラス細工に触れるように 優しく抱いてくれた夜

1月2日は 大切な記念日

あなたに初めて抱かれた日

あの日だけは あなたは無言のままホテルへ車を走らせたよね

ホテルの駐車場で あなたは聞いてきたよね

『後悔しない?無理しなくて良いよ・・・帰る?』って

あの日 実は 私もあなたに抱かれたかったんだよ・・・

緊張したけれど 勇気も必要だったけれど

あの日 あの時 あなたに抱かれたことを 悔やんだ日などありません

ガラス細工に触れるように 優しく抱いてくれた夜

『壊れそうだ・・・』と言っていたけれど

今日の私の体は どうでしたか?

今にも 折れてしまいそうな キャシャな体は もうないでしょう?

女らしい体になったでしょう

そう

あなたが 私を 『きれいだ・・・』って 抱くたびに

私は 体も心も変わっていった

自分で戸惑うほど・・・

色々トラブルがあった 記念日だったけれど

一緒にいられる事が 一番のプレゼントなんだよ

だから もういらないよ

”ごめんね”の言葉は・・・

20070102_

| | コメント (0)

2007年1月 2日 (火)

この言葉が どんな風に 私達を変化させるのだろう・・・

2007年がスタートしましたねぇ

今年も ”愛”への幸せや 不安をブログに書こうと思います

ここに書くことは 私の心の中の感情そのものです

女でなければ わからない感情なのかもしれません

きっと 彼も読むことでしょう

このブログを読んで もっと 私を知ってくれれば良い

彼は きちんと どんな形でも 受け入れてくれる人だから

私は 昨夜 二度と言えないと言っていた言葉を彼に伝えた

『愛しています』

この言葉が どんな風に 私達を変化させるのだろう・・・

少し怖いけれど 不安だけれど

私は 彼を信じたい

もう 偽者の”愛”は いらない

200701011415000

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »