« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

今まで 感じた事のない 未知の快感・・・

一昨日の夜 彼ちゃまとバイバイした時に

『eipyon 明日 お召し上がりたいんだけど・・・』 と言われて

昨夜 彼ちゃまと 沢山 愛し合ってきましたよ

彼ちゃまの仕事が終わるまで eipyonは 大忙し

髪の毛染めたり ペディキュア塗ったり etc・・・

下着も 先日買った ちょっとセクシーな物に 着替えてみた

でも その下着ったら すごーくキツクて eipyonのおっぱい窒息しそう

彼ちゃまお迎えに来てすぐに

『ブラジャーきつい~っ!!早く脱がして~っ!!』 と 騒ぐ

『わかった! すぐ脱がせてあげるから』

ホテルに着くと とにかく セクシーな下着を見せたいから

eipyonは ヌギヌギ 

『あ~っ すっごいキレイだね 』 と 彼ちゃまは 写真撮影

eipyonは グラビアモデル気分さっ

食事して 一緒にお風呂に入って 気持ち良いのなんの!!

彼ちゃまの背中を洗っている時 すごく 男を感じるeipyon

たくましい背中を見ながら ”この人だったら 必ず 守ってくれる”

そんな風に思っちゃうの

eipyonも 彼ちゃまに洗ってもらうけれど

大事な所は 恥ずかしいので いつもは 先に入り 自分で洗うが

昨日は 彼ちゃまが先に入ったので 彼ちゃまは 洗おうとするの・・

『ダメーーーっ!!eipyonが洗うから ヤダーーーっ!!』

『恥ずかしいの?もう 見てるんだから平気でしょ?』

『イヤーーーっ!!』

それでも 彼ちゃま 洗おうとするので 逃げ回る

『わ・わかった・・・』

やっと 諦めてくれたらしい・・・

それから ベットで 沢山 愛し合ったの

すごーく気持ち良くて 彼ちゃまに ずっと しがみ付いてたよ

彼ちゃまのHは ほとんどが eipyonへの愛撫

長い時間をかけて eipyonの感じる部分を 愛してくれる

ひとつになったとき eipyonは もう トロトロになっちゃってる

eipyonは 膣で ”イク” ってことが 今まで経験した事がない

彼ちゃまとのHで 始めて感じる エクスタシー

今まで 感じた事のない 未知の快感

気持ち良くて その気持ちよさが ずっとなので ”イク” が わからない

それくらい 気持ち良いの・・・

だから eipyonには 終わりがないの・・・

彼ちゃまの坊やも 頑張るけれど eipyonには 勝てないらしい

幸にも 彼ちゃまの坊やは ずっと元気でいてくれるので

ずっと ひとつになってるの

帰る間際に また一緒にお風呂に入り 湯船で抱っこ

でも 昨日のeipyonは まだ 人肌が恋しくてね・・・

チェックアウトを済ませてから 彼ちゃまへ飛びついて

『抱っこ 足りない~っ!!』

『そっかぁ~ 』

笑いながら 彼ちゃまは 抱っこして イイコ イイコ してくれた

部屋から出ると 数人のおばさんたちが 待っていた!!

おそうじ隊だ

おいおい もう少し 待っててよぉ~っ!!

| | コメント (2)

2007年4月29日 (日)

”嫉妬” や ”不安” なんて 感情 どこかへ消えて・・・

昨夜 彼ちゃまは 会った時 なぜか 落ち着かなかった

でも 本人は 気付いていなかった

バイバイして おやすみのメールの時に その事を告げたら

彼ちゃまは 『ごめんね』を 繰り返した

どうして そのようになったかを きちんと説明してくれた

けれど

eipyonは そんな状態の時に 無理に会わなくてもと思った

だから

今日は 『色々あって疲れているみたいだから 真っ直ぐに帰って』

そう伝えたのです

でも 彼ちゃまは 『会いたい!!』 と 言いました

それでも eipyonは YESとは 答えなかった

彼ちゃまは 優しいから 心配させまいとして 聞くまで言わない

でも わかっちゃうのよ・・・

『会いたくないの?』 って 彼ちゃま 聞いてきたから

eipyonは 素直に 『会いたくない訳ない さみしい』 と 答えてしまう

仕事を終えて 会いに来た 彼ちゃまと 話し合いをしました

彼ちゃまの気持ちを eipyonに 話してくれました

そして 

『ごめんなぁ』を 繰り返しながら eipyonを抱きしめ イイコ イイコ

eipyonは 彼ちゃまを好きになればなるほど

小さなことでも 不安になる

”嫉妬” という 醜い感情が 生まれてしまう

それを 心の中へは しまってはおけないのだ

だから

”こんなんじゃダメだ” って思いつつも 

不安に押しつぶされそうになって 言葉にして 彼ちゃまへぶつける

けれど

伝えたからと言って その時の不安が消えても

また 同じような不安に襲われてしまう

その度に 『ごめんな 気を付けるね』 と 

彼ちゃまは eipyonの全てを受け入れようとしてくれる

なんで そこまで優しくなれるんだろう・・・

『ごめんね eipyon言っちゃいけない事まで言って 悪い子だよね』

『そんな事は ないよ 良い子だよ』

そう言って 抱きしめる彼ちゃまの温もりを 信じたい

”嫉妬” や ”不安” なんて 感情 どこかへ消えて・・・

彼ちゃまを 信じてるのに 

どうして eipyonの心の中へ入り込んでくるの?

お願い 邪魔をしないで・・・

20070428

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

”香り”の記憶・・・

今夜は なぜか ”香り” を 楽しみたくなった

久しぶりに お香に癒されています

シャンプーも 普段と違うものを使ってみました

”香り” で思い出すのは やはり 香水でしょうかね・・・

みなさん 香水って どんな風に決めるんでしょう?

どうやって 好きな香りに たどり着くんでしょうかねぇ?

私の場合は 

まだ ミニスカートで ブティックなんかで働いていた時は

シャネルやら ディオールやら かなりキツイ香りの物を使っていました

(今 その香りを嗅ぐだけで イヤになりますがね)

その後 海外旅行で見つけた ”Sunflwers” が 好きになりました

でも

元彼と付き合ってから なぜか 元彼の愛用していた香水を

無理矢理 使わされるようになりました

シャンプーも 同じ物を使わされるようになりました

さて なぜでしょうか???

そうなんです

二股かけてたので ”香り” で バレないように

もう一人の彼女と私の ”香り” を 元彼と同じにしていたんですよ

それに気付いたのは 別れた後なんてすがね・・・

そんな細かい所 気を付けてても なぜか 元彼の車の中には

ホテルのライターや 私には使わないゴムがあったのは 笑えますがね

もちろん 今は その香水は 使っていません

嫌いじゃないし 好きな香りなんですが イヤなこと思い出すから

使いたくないんです・・・

女って 意外と香りに敏感なように 思えるんです

そして

”香り” は 記憶として いつまでも 残るような気がします

すれ違った男の人の香りが 好きだった人の香りだったら

ドキッってしませんか? 思い出しませんか?

”懐かしい香り” って・・・

だから

”香り” って 大事にしたいと思うんです 私

海には 海にしかない ”香り” があるように

山には 山にしかない ”香り” があるように 

私にも 私にしかない ”香り” を 見つけたいなぁ

なんて

お香を楽しみながら 考えてしまった夜でした

| | コメント (2)

2007年4月27日 (金)

濡れないで 帰ってこれたことが ない・・・

今日は 仕事がハードで 疲れた~っ!!

いつもなら 彼ちゃまと会えば 元気になって帰れるのにな・・・

仕事の移動中に 彼ちゃまから メールが届いた

『腰は 大丈夫? 良いお天気だから 空の写真お土産に待ってるね』

たった それだけの メールなのに 嬉しくて でも 淋しくなった

だって 彼ちゃまの顔 思い出しちゃったんだもん・・・

それに eipyonのおっぱいが バンバンに張ってきちゃってぇ~(^^;)

夕方 遅くに 彼ちゃまが 電話くれたんだけど

話してるうちに またもや おっぱいが 破裂しそうになっちゃってさぁ

『おっぱいがぁ~っ!!張ってきて 破裂しそうなんだけどぉ~ッ』

『えーーーっ?!電話で話すだけで?どーしちゃったんだぁ~ッ』

『わかんないよぉ~っ!!!』

この頃 eipyonの体は とても敏感なんだよね

彼ちゃまのお髭が ちょっとでも eipyonの耳元に触れるだけで

ビクビクってなって 濡れちゃうの・・・

濡れるって事は ”したくなっちゃう” ってこと

毎晩 いつも キスして 抱き合って からまってるから

濡れないで 帰ってこれたことが ない・・・

ってことは???

毎日 ”したい” って ことになるのかしら・・・ (--;)

eipyon 正直 ”したい” なんてこと 思ったことなかったのよ

でも 先日のHは eipyonから誘ったようなものだったの

用事があるって言う 彼ちゃまに 

『戦いの日 終わったよぉ~っ!!』って

彼ちゃま ビックリしてね

用事あるのに 時間を作ってくれたの

『eipyonから 言ってくれたからビックリしたし 嬉しかった』 って

『女だからとか Hは恥ずかしい事とか はしたないとか思わないで 正直に言っても良い事なんだよ 俺は いつでも正直に”したい”って言うし・・・』

そんな お話をしました

Hって 快楽だけじゃないってこと 彼ちゃまが教えてくれたから

やっと やっと トラウマが消えつつあるの

Hの最中に 思い出していた 嫌な感覚が もうないの・・・

だから

eipyon 遅いけれど 

これから になっていくんだっ

誰の為じゃなくて

彼ちゃまの為に キレイになるんだ~っ

200704261828

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

彼ちゃまの協力を得て 模様替えしました~っ♪

今日は 念願かなって お部屋の模様替えしましたぁ~っ

父が朝9時にデイサービスへ行ってから

子供達が帰る2時までの時間が 限られた時間だ

昨夜 部屋で 朝4時まで 物を整理しだして

朝起きて すぐに 動き出したが 間に合わない!!

昼休み 彼ちゃまから電話がきた

おいおい 大変そうだなぁ~っ!大丈夫か?』

『もうダメ~っ!途方に暮れてるよぉ~っ!』

『お腹は大丈夫?腰は?』

『大丈夫だよ~っ』

『eipyon 仕事終わったら 行くから!!』

『うん・・・』

その後も モクモクと作業するeipyon

疲れ果てた頃に 彼ちゃま登場!!

お腹空いたので 食事の支度してる間 彼ちゃまは チビの宿題教える

チビと彼ちゃまの会話を聞いてたら 

ん?????

eipyonと話す時と 同じジャン・・・

eipyon 小学生と同じ レベルなのね (--;)

宿題を終えてから

チビも一緒に夕食タイム

何だか 家族みたいだったよ 嬉しかった

食事を済ませてから 彼ちゃまは PCのケーブルと奮闘してくれた

線がカラマリ eipyonは 配線がわからず そのままにしてたから

彼ちゃま 汗だくで 格闘してくれた

疲れきって eipyonは 口調が荒くなるのに

彼ちゃまは 笑って オチャラケテくれる

ちょっとのすきに おっぱい触る お尻触る

『何 してんのぉ~っ!』 と 怒られる  彼ちゃま

『ゴメンナサイ・・・』 ポリポリ (^^;)

そんなこと 繰り返しながら どうにか 模様替え第一弾は 終わったぁ~っ

『良く頑張った!今日は 疲れているんだから 早く寝なさい』

そう言いながら 抱きしめて チュッ♪

こんな時間があるから 頑張れるんだよね

この頃 思うんだ・・・

いつでも 一人で抱え込んで 頑張ってきたけれど

”今は 一人じゃないんだぁ~っ” って

その分 弱くなっちゃったけれど これで 良いのかな~ってネ

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

女に生まれてきて 本当に良かった・・・

今日 愛の再確認をしました

こんなに 人を愛せるんだなぁ~っ って ビックリしました

今 思うと 彼との出会いは 本当に偶然でした

店員とお客さん

ただ それだけ・・・

あの時 商品の説明が出来なくて困っていたeipyon

その時 その商品に詳しい彼が現れた

『もし また わからなければ 教えて頂けますか?』って言ったら

快く 電話番号とメルアド教えてくれた彼

その日から eipyon困ると 相談してた

でも 一切 プライベートの話なんて しなかった二人

何年かしてから eipyonは 元彼の浮気で精神的に限界がきて

彼に ポロリ言ったら 彼は eipyonが傷つかないように

『大丈夫だよ・・・』って言いながら

ずっと ずっと 心配してくれてたんだよね・・・

元彼の浮気が確実になり ボロボロになったeipyonは

彼に 真っ先に電話して 飛んできてくれた日から 

彼は 始めて 男として eipyonを支えてくれた

どんな事があろうと

いつでも 優しい眼差しで eipyonを真っ直ぐに見ていてくれた

eipyonの投げやりの生活も 言葉も 全て 受け入れてくれた

泣き喚こうが 暴れようが しっかりと eipyonの手を掴んでいてくれた

傷ついた心 折られた翼を 少しずつ 少しずつ 

”愛”で 修繕してくれた

今日 彼に抱かれて 心から思ったの

”女に生まれてきて 本当に良かった・・・” って

愛する人に抱かれる事が こんなにも 素敵な事なんだって

eipyonを抱く腕も 愛撫も 全てに ”愛” を 感じたの

そして

何度も 何度も 抱き合い ”お互いの愛” を 再確認したの

心も体も 愛で満たされていく中で 彼の名を呼びつづけてた

彼は eipyonを抱きながら 

『愛してる・・・』 を 繰り返す

お互いに 激しく求め合う中で 彼は eipyonの体を気遣う

『呼吸 苦しくない?腰は?子宮は?』って

そんな 彼が eipyonは 大好き

いつでも どんな時でも eipyonを 大切に思ってくれてるんだもん

いつものように 一緒にお風呂へ入って 湯船で抱っこされ

『愛してる・・・』 って キスをくれた

『eipyonも 世界中で 一番 愛してるよ』 って キスをした

彼 eipyonを見つめて 真剣な顔

何を言うのかと思ったら・・・

『eipyon 本当に ありがとう』 って

eipyon 本当に 幸せだと思う

『素直で 優しい eipyonが 大好きだよ』って

そして

今 彼から 届いたメールには

『eipyon 素敵だった』 って

彼が eipyonの体を 見つめながら いつも 言うの

『eipyonの体って 本当に キレイだ・・・』 って

でもね

彼に出会わなければ 

今のeipyonの この体も 心も こんな風には ならなかった

体も 心も 人生も みんな 彼が変えていったのだと思うんだ

彼に出会えた事も 彼がeipyonを見つけてくれたことも ”奇跡”

その ”奇跡” に 心から

ありがとう

20070424122

| | コメント (4)

2007年4月24日 (火)

ワガママまでも 受け止めてくれる彼が好き・・・

彼ちゃまを待つ時間ほど なが~い時間は ない

あっ!メールだ~っ と喜んでたら

『もう少しやる事あるから 終わったら電話するね』

えっ? えーーーーーーーっ?! (T0T)

eipyon お腹空いてるのに・・・   眠いのに・・・

そんな時 普通は きっと 待ってるんだろうけれど

eipyonは 違った

『お腹空いたよぉ~っ! 眠いよぉ~っ!』 と 送信しちゃいましたぁ

すぐに 彼ちゃま 電話してきた それも 笑いながら・・・ 

『eipyon お腹空いたのかぁ?もう少し待てる?』

『どれくらい?1分で終わる?』

『そ・そりゃあ 無理だなぁ~っ』

『うん わかった・・・お家でご飯食べて待ってるよ・・・』

『わかった 今 行くから 20分だけ 待っててくれる?待てる?』

『うーん 努力してみるぅ~っ』

『ハハハ・・・ 待っててなぁ~っ』

そう言って 彼ちゃまは 急いで来てくれた

eipyonは ワガママだと 自分でもわかっています

でも 今日は 早く会いたかったんだもん・・・

お腹もペコペコだったんだもん・・・

そんなeipyonに 彼ちゃまは いつも以上に 優しい

『お腹空いたかぁ 何食べたい?』

『お腹すいたーーーーーーっ!!』

『わ・わかった!! とりあえずコンビニで買おうかっ!!』

急いで コンビニに行くと 品数が少なくて 

『何もないよーーーっ!!』

『これは?』

『いや・・・ これにする~っ!!』

二人で 秘密の基地へ行き 食べる

モクモクと食べるeipyonの顔を 彼ちゃまは 笑いながら見る

お腹いっぱいになったら 超ご機嫌のeipyonは ハシャグ

そんなeipyonを 彼ちゃまは 大笑いしながら 抱きしめる

いつものように 時間を忘れて 話に夢中になる二人

人目も気にせず ずっと ずっと からまってる

『さぁ 帰ろうか』 と車から降りる彼ちゃまは 財布を落としていった

eipyonは その財布を持って 車から 逃げ出した!!

彼ちゃま 慌てて追いかけてくる

『eipyon おいでぇ~ッ』 

『バイバーイ!!』

『eipyon たのむよぉ~っ!!』

二人で ハァハァ 息切れするほど 走ったよっ

腰痛いの忘れて 走って ズキズキしちゃったけど

楽しかった~っ

ワガママだとしりながら ワガママを言うeipyonも

彼ちゃまは 受け止めてくれる

さっき 彼ちゃまに メールを送った

『ごめんね ワガママ言って・・・ 』 

彼ちゃまからの返信は

『お腹空いてたんだもんね ごめんね 僕もお腹空いてたから』って

そんな優しさが eipyonを メロメロにするんだなぁ~っ

今日の嫌な事 全部忘れられたよ・・・

これで また 明日から 頑張れるよっ

ありがとう☆

Photo_2

| | コメント (3)

2007年4月23日 (月)

時間は 誰もくれない・・・

時間が足りない・・・

仕事を中心に生活すると 明日が見えない・・・

それでも 

行かなきゃいけない

人間って どんどん ワガママになっていくのかなぁ~っ

一日は 24時間しかないのに

彼ちゃまとの時間が欲しいし

子供達との時間も欲しい

でも

eipyonは 仕事へ行かなきゃいけないから

仕事以外の時間を 家の片付けや 買い物へ行く

たまに 時間に余裕があれば チビとの時間

夜は 大好きな彼ちゃまとの大事な時間

お休みの日は 病院とかで 終わってしまう・・・

週に3日は ヘルパーさんが来るので 家にいても 身動きとれない

だから

どんどん やる事がたまって 頭の中が パニックしてイライラしていく

今 部屋の模様替えをしたくて 準備しているけれど

急に仕事が入ったりして 限られた時間を仕事へまわすと

eipyonの時間は ない・・・

父の時間に合わせると 夕方5時過ぎには 寝てしまうので

それ以降は 出来ない・・・

彼ちゃまは 手伝ってくれると言ってくれたけれど

日曜は eipyon仕事だし 父がいるから 出来ない

そんなストレスがたまると eipyonは 車で出掛ける

今日も かなりのスピードで 走ってきた

高速などは 発作が起きると怖いので

一般道を ひたすら ガンガン飛ばして 走ってくる

よく 彼ちゃまに怒られるけれどね

最初は 彼ちゃまeipyonの運転見て ビックリしてたなぁ~っ

『おいおい 飛ばしすぎだよぉ~っ!』 ってね

でも

最近は 諦めたようです (^^;)

時間は 誰もくれない

自分の時間 限られた時間の割り当てが 出来なくて

eipyon 今日は 壊れた・・・

早く 彼ちゃまに会いたいなぁ~っ

こんな気持ち みーんな 忘れさせてくれるんだもん

| | コメント (0)

二人で 繰り返してた セリフは・・・

彼ちゃま 両手広げて 待っててくれた

eipyon仕事で いつ帰ってこられるか わからないのに・・・

仕事へ行く前に 電話くれたんんだ

『ちゃんと待ってるから 急がなくても 待ってるから』 って

だから

eipyonに何が 出来るかを考えたの

仕事の帰りに 急いで買い物して 帰って 

お弁当を作ったの

温かいうちに 渡したくて 車飛ばして 彼の待つ場所へ

『ただいまぁ~っ!!』

『おかえり~っ 早かったねっ!!』

『ご飯作ってきたよぉ~っ♪』

『疲れてるのに・・・ ありがとう』

思いっきり 抱きしめて イイコ イイコ してくれた

eipyonも 思いっきり 抱きついた・・・

そこは とても温かくて 心地良くて なかなか離れられなかった

そんなことしてたら お弁当冷めちゃった (><)

でも 彼ちゃまは 残さず食べてくれたよっ

その後も ずーーーーーーーーーーっと ピタッ してた

いっぱい チュッ しちゃったっ!!

そしたら

坊やが・・・・・ 元気になっちゃったぁ~っ (^^;)

彼ちゃま どうにか 坊やをなだめるけれど

eipyonは 意地悪なので 坊やで遊ぶのだっ

不思議なんだもん・・・

eipyonには ないから 不思議でしょうがないんだなぁ~っ

意地悪したら 今度は 彼ちゃまの 攻撃がぁーーーーーーっ!!

きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

でも でもね eipyonは まだ ”戦いの日” 終わらないのよぉ

『したくなっちゃうよぉ~ッ』

『我慢 我慢』

二人で 繰り返してた セリフ・・・

今度 たっぷり 愛してね 

200704221342000

| | コメント (4)

2007年4月22日 (日)

本当は 弱虫だったんだね・・・

今日は 久しぶりの仕事へ行ってきましたが

”戦いの日”の痛みは薄れたものの 貧血でフラフラだった

治療中の腰も テーピングで支えたけれど

思うように この体は動いてはくれなかったよ・・・

情けなくて 悔しくて 帰ってきた時には 力尽きた

eipyonは 家族には弱音は吐かない

弱った自分も見せない

eipyonの弱いところを見せられるのは 彼だけ・・・

でも

今は 彼も 仕事が忙しくて 疲れもピークで 体調も悪い

だから

決して 言わないようにと 思っていたんだけれど

ダメだったよ・・・

eipyonの状態を 彼は わかってた

『本当は 辛かったんだろう?!心配させまいとして・・・』って

そんな風に言われたら

もう ダメよ・・・

こんな事を言ったら 彼は 自分を責めてしまうのに

また バカな事を言っちゃったよ・・・

彼の体のことを 考えて 今日は 会わない事にしたのに

本当に eipyonは ダメだよね

”いつも一緒” の ペアリングがあるのに

仕事中に握っていたのは 携帯電話だった

キツイ仕事の時 精神的に追い詰められていた時に 彼に言われた言葉

『いつでも 電話しておいで  何処へでも迎えに行くから!!』

あの日以来 苦しい時は いつも携帯握ってた

ペアリングをプレゼントされて

『今度は 携帯じゃあ なくなるね』 って言ってたんだけど

今日も ずっと携帯電話握ってたeipyon・・・

いつでも 彼の声が聞けると思うからなのかなぁ

安心するの

何だか だんだん 弱いeipyonになっていくよ

何でも 一人で突っ走っていけたのにな・・・

甘える場所が 出来ると 弱くなっちゃうのかなぁ~

弱虫eipyonなんだね

本当は・・・

20061222

| | コメント (4)

2007年4月21日 (土)

父の愛に とても似た ”愛” に 出会いました

今日も ”戦いの日” が続いています

とにかく 眠りたい・・・ そんな日でしたが

朝6時には アルツハイマーの父が TVの音量をガンガンにして

何が おかしいのか ワッハッハ と 笑いっぱなし

その声は 家中に響き渡る

普通ならば 『うるさい!!!』 と 怒鳴ってしまうけれど

父の脳は破壊されている 病気なんだと思えば 仕方ない・・・

アルツハイマーが どんどん進んでいく中で 躁鬱が激しくなる

ここの所 ”躁” の状態 なのかなぁ

しっかりしている所もあれば 妄想の世界へ入ってしまう時も・・・

それでも 父にとっては eipyonは いつまでも 子供

仕事へ出掛ける時も 

『気を付けるんだぞぉ ケンカするなよぉ』 (スミマセン 喧嘩っ早いもので)

『はい! いってきまーす』

そんな父ですが 仕事へ行っているのにも関わらず お土産を待っている

ですので eipyonは 仕事へ行っても なるべくコンビニで買ってくるのだ

『ありがたい ありがたい』

そう言いながら 美味しそうに食べる父の顔見てるのが 好き

そんな父を 受け入れられなくて 泣いていた日々もあったけれど

生死をさまよう父を何度も見守っきて 思ったのよ

”どんなに手がかかろうと 生きていて欲しい”って

eipyonは 父が年を取ってからの子供で 良く ”孫” だと思われてた

それは それは 大変な可愛がり方をされて 育てられました

でも 学校を休む事だけは 許されませんでした

人様に迷惑を掛けるような事は 絶対に許されませんでした

そんな事をしたら 流血騒ぎでした

でも 父は 沢山の愛 をくれた 

レイプ事件の後は 

毎日 仕事から帰るeipyonを 歩いて迎えにきてくれました

雨の日も 雪の日も 台風の時も・・・

帰り道 一緒にレストランで 食事をしたり 

パチンコへ行ったりして 楽しかったんだぁ

そんな思い出があるから 父の ”愛” を たくさん もらったから

今 こうして 受け入れられるんだと思う

そして

その 父の愛に とても似た ”愛” に 出会いました

同じ眼差しで 見つめてくれる人へ 出会いました

何度も 何度も 恋愛に傷つき 泣いたけれど

やっと eipyonの前に 

父と同じ 優しい眼差しで 真っ直ぐに見てくれる人に 巡り合えました

eipyonの ”幸せな顔” わかってくれてるかなぁ~?!

今日も 彼ちゃまに たくさん甘えてたから 帰りが遅かったeipyonを

『まだ 帰ってこない!!』

母に 怒ってたらしい・・・ 父上様

『帰ってきたよ』 と 母に言われ 安心して 眠ったらしいが・・・

もう 大人なんだけどなぁ~っ (^^;)

父上様

eipyonは 父上様の方が 心配よ・・・

雨の日でも 寒い日でも 突然 お外へ出ちゃうから!!

いつまでも いつまでも 長生きしてね

20070420

| | コメント (2)

2007年4月20日 (金)

彼ちゃまの 優しい言葉を たくさん たくさん もらって 涙・・・

昨夜から 『戦いの日』 が 始まった

明け方 痛みとの戦いが始まり のた打ち回った

『おはよう』の 彼ちゃまからのメールが届いたけれど

今日は 唯一の気晴らしのゴルフへ行く 彼ちゃまへは

『戦いの日』を知らせなかった

遠くまで運転していくのに 心配して 事故でも起こしたらイヤだし

『戦いの日』を告げたら eipyonは 『痛い・・・』と メールをしてしまう

そしたら

せっかくの気晴らしを だいなしにしてしまうから

我慢・・・

今日は お兄ちゃん(甥)の 家庭訪問だから

寝込むわけには いかなかったから

横にならないで 動いて 痛みを紛らわせるしかなかった

お兄ちゃんは 自閉症とてんかん そして 心臓病

養護学校へ通っています

毎日 行く事もイヤがらず 頑張っています

今日の家庭訪問で お兄ちゃんの成長ぶりを聞いて 涙・・・

お兄ちゃんの事を語る先生の顔には ”愛” を感じました

将来の事を考え 自立の道を みんなで考えていかなきゃいけない

養護学校は とても 愛が満ち足りている場所

eipyonは 毎年 運動会で 沢山の ”愛” を感じ 涙して帰ってくる

甘やかす事ではなく 手を出すのではなく 手を広げて 見守る先生たち

そこには 親以上に ”愛” があった

養護学校に かなり年配の男の先生がいるのですが

”色々な事に挑戦される” のである

その為に 色んな道具を 自分で作り 生徒に教えていく

今回は 編物だったが お兄ちゃん 上手に作ってた

今 編みあがった色とりどりの ランチマットのようなものは

eipyonのキーボードのカバーにしています

お兄ちゃんは 幸な事に 暴れる事も 奇声をあげる事もない

見た目は 普通だけれど 大きな声で 言葉で伝えられない

人の目を見れないし 慣れた人にか 心開けない・・・

でも

優しい 澄んだ心を持ってる

チビが生まれてから すっかり 小さい子を守る事をおぼえたらしい

学校でも 小さな子の面倒を見てくれてるって お礼を言われた

たっぷり2時間 先生とお話を終えた時には eipyonはダウン寸前

我慢できず 痛み止め飲んで 眠った・・・

彼ちゃまから 『今 帰ったよ これから 反省会』 とメール

その時 始めて 『戦いの日』 を 伝えた

『どんなに遅くなっても 声聞かせて』 と 送信した

それから 数時間後 彼ちゃまから 電話がきた

『ごめんなぁ 遅くなっちゃって・・・大丈夫か? 痛いのか?』

『うん・・・』

『そんな体で 働かせてしまってて 本当に ごめんなぁ 俺がもっと助けなきゃいけないのに・・・ 俺がちゃんと守らなきゃいけないのに・・・』

涙声の彼ちゃま

『ちゃんと 精一杯してくれてるよ』

『俺 頑張るから!! もっと頑張るから!! eipyonの方が 頑張ってる』

『どんな仕事だって お金をもらうんだから ラクじゃないよ 大丈夫だよ』

『そうだけど 体も限界だろうに・・・ 』

『次の仕事は 専業主婦だから それまで頑張るから』

そして

彼ちゃまの 優しい言葉を たくさん たくさん もらって 涙・・・

何度も 何度も 『じゃあね おやすみ』 を言いながら 

電話が切れない二人・・・

『明日 遅くなっても 必ず待ってるから 会おうなぁ』

『ごめんなぁ』

そんな言葉を 繰り返す 彼ちゃま

恋しいよ・・・

温もりが 恋しいよ・・・

Photo_43

| | コメント (8)

2007年4月19日 (木)

ママとして 女として・・・

明日は 大好きな彼ちゃまは ゴルフ

だから

今日は 絶対に 少しの時間でも会おうねって・・・

eipyonは 腰を悪くして 休養中でしたが 急遽 お仕事へ

幸にも 仕事は早く終わり 帰宅しましたが

すぐに チビが帰宅

『ママ 宿題忘れてて・・・』

『忘れてたんじゃないんでしょう!! 遊んでただけでしょ?!』

『・・・・・』

プリント出してきて

『わかんないのぉ~っ』 (T0T)

『毎日 やらないからでしょう?九九だって そうでしょう?!』

チビ 目にいっぱいの 涙・・・ (これが カワイイんですがね)

『ほら ママ一緒にお菓子作ろうと思って 用意したんだよ』

祖母だったら 泣いて逃げられるが ママは逃げられない・・・

涙声で九九を言い始める

『ちゃんと 言えるじゃん!!さぁ 割り算始めようかぁ』

ぷりんと3枚 一生懸命頑張ったよ

それから 二人でお菓子作り♪

ママは ボウルに材料計って入れる

チビ まぜまぜする

型に チビが一生懸命に 流しいれていく

ママ 蒸し器の準備

プクプク フアフア ふくらんでいくのを見せると

チビの目が キラキラ

さぁ 出来た!!

今日は 中華風蒸しパン マーラーカオの出来上がり~っ

出来たての蒸しパンを チビが食べる ニコニコ だぁ~っ

普段 蒸しパン食べないのに 自分で作ると 美味しいんだよねっ

ママも 小さい時 そうだったよ

その 中華風蒸しパンは 実は 彼ちゃまが 食べたいって言ってたの

だから

今日は 昨日のパンに引き続き ビックリさせてきましたよっ

『うわぁ~っ!蒸しパンだぁ~っ! えっ? 作ったの???』

『うん 作ったんだよ チビとね』

彼ちゃま ウルウル・・・

『食べても良いの?』

『うん!!』

彼ちゃまの 嬉しそうな顔 幸せいっぱいの顔見てると

eipyonも嬉しい

顔を近づけてきて 『美味しいよ~っ!!』 を連発する

メチャ カワイイ顔

『もう一個 食べて良い?』

『うん!!』

本当に 美味しそうに 幸せそうに 食べてくれる

だから

疲れていても 出来ちゃうんだよね

その後は 『ありがとう・・・』 って

たくさんの イイコ イイコ 

たくさんの キス キス キス

抱っこされて 背中を トントン ポンポンされてたら

eipyon 眠くなって・・・

遠くで聞こえてくる 声

『eipyon eipyon 寝ちゃ 寝ちゃダメだよぉ~っ』

『うん・・・』

目が覚めない・・・

『眠いね 眠いね・・・』

また 抱っこされて 背中トントン・・・

ダメじゃん!! また 寝ちゃうじゃん!!

心地良い 雨音と 彼ちゃまの温もり

時が 止まれば良いのになぁ~

今日は ”ママ” と ”女” のふたつをこなした 一日でしたが

ママとしても 女としても 幸せな一日でしたぁ~っ

Photo_42

| | コメント (6)

2007年4月18日 (水)

幸せと 不安を 繰り返しながら 二人で成長したい・・・

eipyon忘れてたけれど 

この不安やイライラは ”戦いの日” が 近づいてるんだ

下腹部が重苦しくて 情緒不安定で ピリピリしたり ウツになったり

また 女性ホルモンの仕業か!!!

eipyon忘れてたのに 彼ちゃまが わかってたのには ビックリ

情緒不安定になることも 理解してくれてたの?!

そう言えば 排卵の時も 『お腹痛いんでしょう?!』って

気遣ってくれてた・・・

この間 言ってたんだよね

『eipyonの体の事 ちゃんと理解してなきゃいけない』って

以前は そんな事考えた事なかったらしいんだけど

いつも 二人で話し合うから 自然と理解してくれてるのかなぁ

彼ちゃまは いつもeipyonの話を ちゃんと聞いてくれる

そして 一緒に考えてくれる

eipyonが辛い時は 一緒に泣いてくれる

eipyonが 幸せな時は 一緒に笑ってくれる

今日も たくさん たくさん 一緒に笑った

今日は eipyon 彼ちゃまの大好きなパンを焼いて 渡したんだ

彼ちゃま 大喜び♪ (見せたい位の喜びようでしたよっ)

いつものように たくさんのキス と イイコ イイコ

彼ちゃまに 抱っこされる時 どうしても 彼ちゃまのお髭が 耳元に・・・

『うわっ!!』

『うぎゃーっ!!』

eipyon騒ぐ・・・

『な・なに???』

『だから~っ!! お髭がぁ~っ』

『で・でも お髭が好きって言ったじゃん・・・』

『うん!!大好きよっ!! お髭なくなったら マンマン濡れないよぉ~』

『ハハハ・・・ そりゃあ困るなぁ~』

そんな会話してたら 昨日の不安も 吹っ飛んじゃった

信じたいから 信じる

こうやって 幸せと 不安を 繰り返しながら 二人で成長したい

時に 泣きじゃくりながら ぶつかっていくことも あると思う

彼ちゃまを 戸惑わせる事も あると思う

それでも

もう eipyonの心の引き出しにしまう場所は もう ないから

全部 全部 彼ちゃまへ ぶつけていきます

作り笑顔は もう 見せない

不安を抱えながら 笑顔でいることなんて 苦しすぎるから・・・

もう イヤだから・・・

そのままのeipyonで いたいから・・・

Photo_41

| | コメント (2)

2007年4月17日 (火)

信じたいから 信じさせてね・・・

久しぶりの感情に 戸惑いを感じた日

自分にも こんな感情があったんだと 気付かされた日

彼を好きになればなるほど 不安も多くなる

人を好きになると その人を見つめる事が 多くなる

彼が好きな物が わかるようになる

食べ物も 飲み物も 一緒に買い物へ行ったり

食事に行けば どんどん わかるようになる

彼が 見つめる その先には どんなものが映っているのだろう?!

その視線を 追いかけてしまう・・・

そこには 見たくない 見てはいけないものだったりすることもある

そして

私は 失っていた ”嫉妬” という 感情が生まれていく

その感情の後は ”不安” の闇の中

自分で バカだなぁって思うんだけれど

信じるとか 信じてない とかの問題じゃなくて

怖いんだ

すごく すごく 怖いんだぁ

こんなにも 愛されてるのに どうしてなんだろう・・・

彼に その気持ちを 感情を そのまま伝えるけれど

その後 いつも 落ち込むの

”何で 言っちゃったんだろう・・・” ってね

今日 彼が心配してた

『俺 何か気にさわることした? どうしたの?落ち込んでるの?』って

『これは eipyonの問題だから あなたを好きになればなるほど 戸惑う感情が生まれてくるの これじゃあ ダメだから 反省するの・・・』

そんな私に 彼は いつものように 優しくしてくれる

『ヤキモチは 誰にでもある!! 二人で 話し合おうね』 って

私は 彼を好きになった すごく好きになった

それは 事実で この感情も 私の感情・・・

彼だけは 信じてみたい 信じようと思うから

余計に ピリピリしてしまう 感情・・・

彼だけは 違う!!

そう 信じたいから

生まれてくる感情・・・

例え そうだとしても

”違うよ!!!” って 否定してね

信じたいから 信じさせてね・・・

これが 私の最後の恋にしたいから

Photo_40

| | コメント (4)

2007年4月16日 (月)

抱っこされて お風呂に入り ご満悦の姫

今日は 彼ちゃまの たくさんの”愛”を 

この体で 心で 感じてきました

『腰痛めてるから 食事だけにしよう』

彼ちゃまが言うけれど

eipyonは 彼ちゃまに たくさん抱っこして欲しくて

『行きたい!!!』 と 駄々をこねました

いつものように ホテルで食事して 楽しい お喋り

いつものように 一緒にお風呂

『大丈夫?痛いんでしょう?』

腰には 思いっきりテーピングですから 驚くでしょうね

『こんなカッコのeipyonとするのイヤ?』

『イヤじゃないけれど・・・』

また 父の顔だぁ~っ!!!

『大丈夫!!』

ゆっくり 彼ちゃまに抱っこされて お風呂に入り ご満悦の姫

eipyonは 横になるのが 最初辛いので 先にベットへ・・・

彼ちゃま いつもならば すぐに照明消して 優しく愛撫なのだが

今日は 添い寝をして ずっと イイコ イイコ してくれてた

腰も スルスリ 擦ってくれてた

すごーく 優しい顔しながら・・・

でも でもね 

坊やが 元気になるんですよねぇ (^^;)

幾度も 幾度も キスを交わして

ゆっくりと ゆっくりと 優しく eipyonを愛撫

そして

eipyonだけが 気持ち良くなれるような Hだった

彼ちゃまは 何でも作れてしまう 手先の器用な人だから

eipyonは 洪水起こすほど 濡れてしまいましたデス・・・

ほんの少し 坊やが eipyonの中へ入って ひとつになった瞬間

幸せだった

汗を流しに 一緒にお風呂へ入り 出てから 

彼ちゃまは 鏡に向かい 笑う・・・

『俺ってさ 何でこんなに お肌ツルツルなのかなぁ?!』

『eipyonの栄養吸い取ってるから!!!』

『そ・そうかなぁ?!違うよぉ~っ!!だって eipyonの胸大きくなったし お尻も 体の全てが 変わったもんっ!!』

確かにネ・・・

彼ちゃまの車に乗り 彼ちゃまの横顔見てると 本当に スベスベなんだっよね

『何?痛い?』

『イヤぁ~っ 本当に 顔のハリとツヤが 良いんだけど・・・』

『うん この間の飲み会でも みんなに言われたんだよ!!』

そっかぁ~

やっぱり 愛し合う事は 大事だのね

これからも もっと もっと 愛し合おうね  

20070408_1

| | コメント (2)

2007年4月15日 (日)

幸せだって 不安にもなることって あるんだよ・・・

今 すごく すごく 幸せに見えるでしょう?!

幸せだよ

でもね

幸せだって 不安にもなることって あるんだよ

それは

eipyonの ”過去の恋” で 傷ついたことが 

今でも 怖いからなんだよ

みんなも きっと そうなんだと思うんだ・・・

大好きな人が 突然消えるってことの 恐ろしさは

何度経験しても 怖いんだよね

eipyonも 今まで 沢山の恋をしてきました

女の子が 夢見る ウエディングドレスも着たけれど

本当の幸せは この手で 掴めなかった・・・

だから

また 次の恋をした

まだ 既婚者のeipyonに 出会いがあった

かなり 年下の優しい男の子だった

その男の子は ある日 突然 現れた

自閉症の甥をつれて 散歩へ出掛けた時だった

電車を見せながら歩くeipyonに たった一言

『僕は ダンプには興味ないのかなぁ?』 って

そう

ダンプの運転手さんだった

『どうですかねぇ』 って 笑う eipyonに その男の子は

『乗せてみない?』

eipyon ?????

『何も 言わなくて良いよ わかってるから・・・』

その男の子は 甥の自閉症を見抜いてた

良いのかなぁ?! なんて思いながらも 良い経験かな?なんて思って

ダンプに乗る事に・・・

ダンプに砂利を積む作業  それを 運び 降ろす作業

ダンプを運転しながら 

『あのね 俺の姉ちゃんも自閉症なんだ だから 気にしないでね』

少しの移動時間の中で 色んな事話したんだよね

帰る時に 本当に感謝の気持ちでいっぱいになったんだ

心から 『ありがとう』 って 伝えたんだ

『明日も ここにいるから また 連れておいでよ!!』

照れ笑いの 男の子は そう言ってくれた

そして

翌日 甥を連れて お礼がしたくて ジュースを差し入れに行ったの

そしたら

ダンプで 家まで送ってくれたの

家族がビックリしてね 理由を言うと お茶でも・・・って事になって

我が家で お茶飲んで 色々 知的障害者の事とか 話してくれて

意気投合して メルアドの交換したの

そしたら

すぐに メールが届いて・・・

それから

毎日 何回もメールと電話で 楽しい時間を過ごすようになって

”今 eipyonの家のそばを通るよ” 

”今日は ○○行くよ” とか メールが届く度に ドキドキしてさ

その男の子の家は eipyonの家から 2時間半かかる 遠く

会えないって事で 安心してたのかもしれない

旦那さんといる時も 電話がくるようになって

ある朝 突然 電話がきたの

『これから 会いに行くから!!』 って

eipyonビックリしたけど 支度して 会ったんだぁ

パニック障害の事を伝えて 近場を走りながら 海見ながら

色んな話して すごく 楽しい時間を過ごしてた

その男のが 精一杯の勇気で 手をつないでくれた時

心臓が飛び出ちゃうんじゃないかと思う位 ときめいた

けれど

夕暮れと同時に 母から 電話が・・・

旦那が 早く帰ってきたと言う

『ごめんね ごめんね 旦那が・・・』

『いいよ また 会いにくるから!!』

そう言って 笑顔で バイバイしたけれど

それから

その男の子からのメールも電話もなくなった・・・

いくら メールしても 返信がない

いくら 電話しても 留守電

教えてもらってた会社へも伝言残してもらい

自宅にも 電話した

けれど

それから 電話もメールも ない・・・

毎日 泣いて 泣いて 旦那なんて どうでも良くなってた

いくら 泣いても 泣いても 忘れることなんて 出来なかった

数ヵ月後

eipyonは ”これで終わりにしよう” と 心に決めて 

受話器を握った

男の子が出たけれど

『・・・・・ ごめんな 俺 実家に帰らなきゃいけない』

涙声で そう言われた

『また 電話するから』

それが 最後の言葉だった

なぜ? どうして? 

そんな事ばかりを 考えて 泣いてた

そんな 恋の傷を引きずったままの状態で また 出会いがあった・・・

それも 悲惨な恋だと知らずに・・・

一時の優しさに気付きもせずに・・・

それが 元彼ですがね

今でも 怖いんだよ

”突然消えちゃうんじゃないか” って

だから

彼ちゃまと付き合う時に 真正面からぶつけたんだ

『突然消えない?』 って

約束する!!消えない!!』 って 言ってくれた

彼ちゃまは 約束は きちんと守ってくれた

eipyonが元彼と別れられなくても

ちゃんと 待っていてくれた

『もう 別れよう』

そんな言葉も 言われたよ

けれど

『約束だから・・・』って 言ってくれた

だから

怖いけれど 信じるの

彼ちゃまが 大好きだから・・・

Photo_39

 

| | コメント (8)

2007年4月14日 (土)

お髭が耳と首筋に触れただけで ビクッってなって・・・

今日は 一週間に一度行く病院へ行った

その後 腰を痛めたeipyonは 整体へ行きました

整体の先生とは仲良しだから 色々話すんだけど・・・

『eipyonさん 胸大きくなった!!女性ホルモンすごいんじゃあないですか?』

『うーん そうなのかなぁ~っ?!』

彼氏さんって すごーく 元気なんじゃありません?!』

うん!淡白だって言ってたんだけど 変わったって自分でも驚いてるよぉ~っ』

『やっぱりねぇ~っ Hって 男も女も 変えちゃうんですって!!』

女の体は Hがないと 衰えるらしい

子宮も 体型も・・・

フムフム 

確かに eipyonの戦いの日も 遅れることなく くるようになった

おっぱいも 大きくなった

お尻も ふくよかになった

やっぱり Hって 大事なイトナミなのね

彼ちゃまも 若くなったって言われてるみたいだし

坊やは 元気すぎるくらい 元気だし・・・

愛し合う事は 二人にとって 体にも 心にも 良いことなのね

整体の後 彼ちゃまと会ったのだけれど

eipyonは すごーく敏感になってしまってて ビックリさ!!

だって

彼ちゃまがeipyonを抱きしめた時 

お髭がeipyonの耳と首筋に触れただけで ビクッ ってなって

『キャーーーーーーーーーッ!!』って 感じさ・・・

彼ちゃま

『ど・どうした?! 何で こんなに敏感なの???』

『わ・わかんないよぉ~っ!!!』

その後 彼ちゃまが触れようとする度に ビクッ ってなっちゃってね

二人で笑い転げたよ

それでもeipyonは 彼ちゃまにベタッしてたくて ずっと くっつき虫

『俺は 俺は どうしたら良いんだよーーーーーーっ!!』

『ハハハ・・・』

でもね

今日も たくさんのキスをしたよ

おかげで 昨夜も 今夜も 二人とも濡れて帰るハメになったとさ・・・

07410_1

| | コメント (4)

2007年4月13日 (金)

キスは 恋人達が 最初に交わす とても神秘的なことだから・・・

この間 彼ちゃまと ”キス” について話したんだけど

キスって すごく愛情を感じる 一番最初に交わすことなんじゃないかな

eipyonは 挨拶のような気分のキスでも 出来ない人とは Hは無理

多分 手をつながれても 受け入れられないと思う

いくら ムードある場所や 良い車や 家柄etc・・・ 全てがそろっていても

絶対に受け入れられない

たかがキスって 思う人も多いかなぁ~っ???

でもね

キスって 一番大切なことだと思うんだ

Hは 目を閉じて我慢できるかもしれないけれど

キスは 出来ない・・・

キスは 恋人達が 最初に交わす とても神秘的なことだから

本当に 好きな人とのキスは 幸せ感じるんだと思うんだ

そんな事を考えてたら 思い出したんだけどさ

彼ちゃまとの”キス”は 付き合う前に 2度ありました

1度目のキスは 

彼ちゃまにPCの修理に来てもらった時に 駐禁されちゃったの

eipyonのせいだから 一緒に警察に行ってeipyon警官に喧嘩売ったの

もちろん そんなこと相手にもされなかったんだけどね・・・

その時 eipyonは 落ち込んで 彼ちゃまに 『ごめんね』を繰り返し

涙 涙 だったの

そしたら 突然 チュッ♪ って

本当に 軽いキスだったんだけど eipyonビックリしたよぉ~

この時の 彼ちゃまの心境を聞いたら

『僕のために 警官に突っかかっていくeipyonが 可愛くてね』 だって

2度目のキスは

元彼にヒドイ仕打ちをされて 家にも帰れず 車の中で泣き崩れてた時

いつもならば 何度も電話してこないeipyonが 何度も電話したから

何事かと思い すっ飛んで来てくれたんだけど

優しく抱いて イイコ イイコ してくれたんだよ

『もう いいよ・・・こんなに苦しんで・・・』 って チュッ♪

ん???

ち・ちがうなぁ~っ!! かなり濃厚なキスでした

この時の彼ちゃまの心境は

『もう あの時は 愛しくて仕方なかった』 です・・・

さて

彼ちゃまとお付き合いする前のキスを

なぜ eipyonは 受け入れていたのでしょうねぇ

それは すでに ”恋” が始まっていたんだよねっ

そして

今日も 彼ちゃまのキスで トロトロにされた eipyonでしたとさ 

Photo_38

| | コメント (7)

2007年4月12日 (木)

そんな正直な人だから きっと 好きになったんだよね・・・

今日は eipyonは お留守番

彼ちゃま 会社の人との飲み会へ・・・

行く前に eipyonの家の前まで来てくれた

eipyonの大好きな食べ物 届けに来てくれた

『いってらっしゃい!!』 って チュッ♪ して 送り出したよ

それから お口の痛いeipyonは 卵かけご飯食べて

腰が痛いので 横になったら 気絶・・・

起きたら 時計が8時

朝になっちゃったかと思って 飛び起きたよ~っ!!

それから

彼ちゃまのいない夜を不安にならないように

彼ちゃまを 思い出さないように 過ごしていたけれど

さすがに 夜11時を過ぎたら 限界・・・

我慢していたメールを送信しました

そしたら

彼ちゃまから すぐに電話が来た

あまりお喋りも出来ないeipyonに 彼ちゃまは

『怒ってるの?』 って

モツ鍋屋さん行って 会社の人の知り合いのお店でカラオケと お寿司屋さんへ行って 今帰ることだよ でもね 女の人と手もつながないよ・・・本当だよ!!』

eipyonは 怒ってるんじゃないのに・・・

ただ 不安になるだけなのに・・・

だから 

大好きな 彼ちゃまを思い出さないように 夜を過ごすことにしたのに

想像させるようなこと 言わなくても・・・

正直な人

確かに 嘘つく人は 大キライだけどさ

そんな正直な人だから きっと 好きになったんだけどね

07410

| | コメント (2)

2007年4月11日 (水)

久しぶりに 笑ったよっ♪

今日は 病院に提出する書類をもらいに区役所へ行きました

それから 心療内科へ行きましたが

近くの公園の駐車場に車を止め 歩いていたら キレイなお花

思わず 携帯で写真撮影

そしたら

知らないオバァちゃんが近寄ってきて

『お姉さん お姉さん こんなの撮っちゃダメよ!! こっち こっち!!』

そのオバァちゃんは 急ぎ足で eipyonを連れて行ってくれた先には・・・

キレイなお花が色とりどり 咲いていたの

『キレイでしょう!! ほらっ こっちも!!』 って 嬉しそう

eipyonも キレイなお花を見て 感動したよぉ~

『うん すごくキレイだねっ ありがとう☆』

その後 そのオバァちゃんは 買い物していたらしく

『に・にもつが 重いわぁ~っ』 って 我に返り 去っていったが

eipyonは しばらく キレイなお花に囲まれ 幸せな気分に・・・

お花って 心を和ませてくれるんだよね

ちょっと落ち込み気味のeipyonでしたが 

おかげで 笑顔で診察を受けられましたよっ

気分良く帰宅して

彼ちゃまの帰りを待っていた

『今 終わりましたぁ~っ!!』

『お疲れ様』

『お腹空いた?何か食べに行こうか!!』

『うん!!』

『何 食べたい?』

『んーっ お口に しみないもの・・・』

『そっかぁ~っ 何があるかなぁ?!今から そっち行くね』

『はい 気を付けてね』

彼ちゃまの登場!!!

『ただいまぁ~っ!!』

『おかえり~っ』

車に乗ると 手をつなぎ 優しい眼差しをくれる

コーヒーが飲みたいという彼ちゃまと一緒にコーヒーショップへ・・・

そこの店員さんは 目立つ私達に 気さくに声をかけてくれる

eipyonは いつも言いたい放題だから 彼ちゃまは 汗かいてる

eipyonは 口内炎がヒドイので 食べられそうなパンを数種注文

上手く食べれないeipyonに 彼ちゃまは 父の顔で 

『eipyon ゆっくり食べなさい』

『うん・・・』 eipyonは 子供になる

『パンのみみ 固い』 と みみだけ 彼ちゃまに渡す

それ 食べる 彼ちゃまの顔は また 父の顔

帰りに 食材を買いに 二人で行きましたが

そこでは 二人の漫才が始まりましてね

二人で 大笑いも良いとこさ!!!

おかげで 腹筋痛くなったよぉ~っ

久しぶりに 笑ったよっ♪

そんな楽しい時間を過ごした後の バイバイは さみしい

『どうしたん?!』

『何でもない』

彼は 明日 会社の人と飲み会の事で eipyonが心配してると思ってた

『eipyon 大丈夫だよ 心配ないよ 信用してなぁ!!』 って

大丈夫さ!!

ちゃんと 良い子で お留守番してるから

多分・・・ ねっ

Photo_37

| | コメント (0)

2007年4月10日 (火)

どんな痛みがあろうと 愛する人に抱かれたいよ・・・

昨日のHの後の卵巣の痛みは 何だったんだろう・・・

実は ずっと 左の卵巣が痛む日が多かったのですがね

癒着を起こす事は 判明してるのです

最近 婦人科へ行く事 避けてたんだな eipyonは・・・

怖いんだ すごく

行くたびに 『子宮の全摘出をした方が良いですよ』 って言われるから

先生は 簡単に言うけれど eipyonはイヤだよ

行くたびに 子宮筋腫の数が増え 大きくなっていくことを知る

貧乏人には キツイ出費に加え 落ち込んで帰ってくるのも

もう イヤだ・・・

これ以上 病気増やしたくもない

漢方薬も効かなかった

子宮筋腫の手術したら 治ると思ってたから

頑張って 麻酔なしの手術にも耐えたのに

戦いの日の痛みも 排卵の時の痛みも 何ひとつ 改善されない

あげくの果てに 愛する人との 大切な時間までも 失うの?

eipyonは どんな痛みがあろうと 愛する人に抱かれたい

やっと やっと 愛し合う事の意味を 抱かれることの幸せを

この体で 感じる事が出来るようになったのに・・・

彼ちゃまは

『誰が悪いんじゃなくて 二人のことなんだから 考えていこうね』 

そう言ってくれるけれど

今日だって ずっと ずっと 心配して

『お腹 大丈夫? eipyonは我慢するから・・・心配なんだよ』 って

そんな優しさが痛いよ・・・

『eipyon ごめんねは いらないよ!!』 って言うけれど

やっぱり   ごめんね・・・  

Photo_36

| | コメント (2)

2007年4月 9日 (月)

Hの後の悲しさ・・・

今日は 久しぶりに 彼と明るいうちに 会えましたよ

先日 二人のドジで行けなかったショッピングをして

お寿司を買って ホテルへ行ったんだけど・・・

いつものように 彼ちゃまにペタッして 沢山のキスをして

一緒に お風呂入って 楽しく過ごしたよ

それから ベットで沢山の愛撫

eipyonは トロトロになったよ 気持ち良かったよぉ~っ

しっかりと 彼の坊やをeipyonは 受け入れて

彼ちゃまの愛の再確認をしたんだけどね・・・

その直後に eipyonの左の卵巣に激痛

何が 起こったの???

別に 激しいHしたわけではないのに・・・

彼ちゃまも疲れていて いつもよりも 淡白な愛し方だったのに・・・

それでも eipyonは 様子を見ようと 彼ちゃまとソファーでお喋り

でも でも 痛みが増してきた

『お腹痛い・・・』

彼は ビックリして 

『何処が痛いの?! ずっと痛いの我慢してたの?』って

お腹を擦り続けながら 

『ごめんなぁ ごめんなぁ』 って・・・

その顔見てたら

涙が ポロリ ポロリ

こんなに彼ちゃまをeipyonは求めてるのに 自分の体が憎くなった

『ごめんね ごめんね こんな体で・・・』

もう そんな言葉しか出なかった

せっかく 二人の休日が一緒で 楽しい1日になるはずだったのに

今日の 最後の最後で 彼ちゃまにイヤな思いをさせてしまった

こんなに愛し合ってるんだから 激しく求め合いたいよ・・・

いつも eipyonの体を気遣ったHなんて して欲しくないよ・・・

『eipyonの痛みの半分をもらってあげられるのなら良いけれど 出来ないんだよ!eipyonだけがリスクを背負うのは イヤだよ・・・ これから気を付けるから ごめんなぁ』

卵巣の痛みよりも 心が痛いよ・・・

彼ちゃまへ

ごめんね・・・。

eipyonは 無理もしてないし 抱かれたいんだよ

この体で あなたの愛を感じたいんだよ

感情のままに・・・

20070408

| | コメント (0)

2007年4月 8日 (日)

今夜は いないんだよね ここに・・・

今夜のeipyonは 泣いています・・・

疲れている彼のために 何が出来るかを考えて

今朝 彼にメールしたんだ

『おはよう 仕事での無理は仕方のない事だけど eipyonには無理しないで!!今日は家に帰って 体を休ませて』

ってね

それなのに 今 涙が止まらないの・・・

今日に限って 仕事で嫌な事だらけだった

無言での仕事最中に 空を見ながら 後悔したよ

”あんなこと言わなきゃ良かった・・・” って

いつもだったら こんな時は 彼が抱きしめてくれるのに

イイコ イイコして 『頑張ったね!』 って言ってくれるのに

今夜は いないんだ ここに・・・

自分で決めた事なのにね

弱虫になっちゃったみたい eipyon

昨夜 別れ際に 彼が言ったんだ

『坊やは元気なんだけど 疲れが取れなくて・・・』 って

彼が 疲れたと言うのは 珍しいことなんだ

だから

eipyonは Every Little Thingの ”また あした” を歌いながら

今夜会うのは 我慢しようと決めていたの

でも

こんなに涙が出るなんて ダメじゃん!!

泣いてる間に 彼からメールが届いた

『大丈夫!!僕はここにいるから 明日必ず会おうね』

ウェーーーーーーーーーーーーーーーン (;0;)

ずっと ずっと 強がって生きてきたのになぁ~っ

もう ダメだね・・・

20070407

| | コメント (4)

2007年4月 7日 (土)

『愛する事』 『愛される事』 『愛し合う事』 この全てを教えてくれたのは 彼・・・

今日は 一週間に一度の病院の日

先日受けた”乳癌の検査”の報告をしてきました

『マンモグラフィーよりもエコーが痛かったし 乳首をゴリゴリするから立っちゃったよ!!何で あんなにするの???』 って 先生に言うと

『・・・・・』 (^^;) 看護婦さんは大爆笑してたっけ・・・

待合室に かわいい赤ちゃんがいたよ

病院混んでいて 抱っこ紐着けるのに席がなくて困ってた

eipyonが 『ここ使って下さい』 と言うと お母さんは喜んでくれた

そのお母さんが会計済ませてる間 赤ちゃんと遊んだけれど

懐かしいニオイがしたよっ! ミルクのニオイ

3ヶ月の女の赤ちゃんは 赤ちゃん語で たくさんお話してくれた

そのお母さんは 帰るまで お辞儀して 

『ありがとうございました』って言ってたけれど

eipyonは 赤ちゃん大好きだから 幸せな時間だったんだぁ

病院を終えて 買い物して帰宅してから 彼と会ったんだけど

今日の二人は ”何やってんだかなぁ~” って感じ

二人で洋服買いに行ったんですよぉ

でも 少しお腹空いたからって お弁当屋サン寄って買ってね

洋服屋サンの駐車場で食べてたの

話がはずんで 時間も ここがどこかも 二人で忘れてた・・・

『さぁ 買い物行こうかぁ~』 って 車から降りて お店に向かうと

な・なんと!! ”閉店” しておりましたぁ~っ!!

二人で 大笑いしちゃったよっ (^0^;)

何て 二人とも ドジなんでしょうねぇ~っ

お弁当食べに行ったんかい???

ここで 笑えてしまうことが 仲良しの証拠

どちらかが 『お前のせいだ』 なんてパターンも多いと思うの

でもね

二人で納得しちゃってるんだよね

ほとんど毎日会っていても 話が尽きないし

いつも くっついてるし

今 同じ位の”愛”を与え 受け止めてる

こんなに素晴らしい事は ないと思う・・・

eipyonに こんな未来があると 誰もが思っていなかったと思う

そう 彼も・・・

『愛する事』 『愛される事』 『愛し合う事』

この全てを教えてくれたのは 彼だけ

その素晴らしさを教えてくれたのも 彼だけ

ありがとう

楽しい日々 幸せな日々をありがとう

eipyonらしく生きていられるのは

ちゃんと 話を聞いてくれる あなたがいるから

そして 受け止めてくれる あなたがいるからこそ

素直な自分になれるんだよね

そんな 飾らないeipyonを好きになってくれて ありがとう

今度は ちゃんと 買い物しようねっ

Photo_31

| | コメント (4)

2007年4月 6日 (金)

自分の服も 欲しい物も買わないでいるのに・・・

今日は 彼の仕事が大変だったようで 少しの時間会った

近所に買い物一緒に行って バイバイしたんだけれど

その後 なんか 彼が恋しくてね・・・

彼の疲れた顔 

珍しく 『疲れたから・・・ごめんね』 の言葉

そんな彼を引き止める事は 出来なかったよ

疲れた顔の彼に eipyonは 何もしてあげられなくて

悔しかった・・・

『ごめんね 無理させて  邪魔してごめんね』

『そんな事 言っちゃダメだよ ごめんねは いらないよ』

彼は 何でも一生懸命な人

手を抜かない まじめな人

一生懸命に働いて 疲れ果てて帰ってきても

eipyonの財布の中身気にしてくれてた

自分の服も 欲しい物も買わないでいるのに・・・

eipyonここの所 病院代にお金を使っているのを心配してる

eipyonは 仕事を1日休めば 収入がその分なくなるからだ

でもね

先月 『何があるかわからないから』 と手渡されたお金 まだ持ってるのよ

特別な事がない限り 彼から渡されたお金は使えない

どんな思いで 仕事をしてるのかを知っているからね

時に 危険が伴う事もある 命までも 奪ってしまうような危険な仕事

そんな思いで 一生懸命に稼いだお金を 簡単には使えないよ

『eipyonにあげたのだから 好きなように使えば良いんだよ』

『eipyonは ちゃんとわかってくれてる人だから』 

そんな風に言うけれど・・・

苦しくても なかなか使えないよ

だから いつも小さく折りたたんだお札が eipyonの財布にある

月末に 苦しくなった時に使っちゃう時もあるけれど

大事にしたいんだ

何でも 当然と思っちゃいけないと思うの

今 自分が見を削って 働くようになったからこそ わかるんだと思うの

だから 彼に感謝もできるんだと思うの

彼の疲れた顔を見た夜は 

こんな事を考えてしまった夜でした・・・

20070404

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

そんなことしてたら 二人とも濡れちゃったっ・・・

さっき 彼とバイバイしたばかりなのに 何だか淋しいなぁ~

eipyonの仕事は今日で一段落

不慣れな早起きと 仕事量の多さで 限界を超えてた

お休みをもらっても ほとんどが 病院通いの日になり

体を休める休日じゃなかったな・・・

それでも 負けなかったよ!!

毎日 心配して 待っていてくれる彼がいたからね

疲れた顔のeipyonに きっと 我慢してくれたんだと思う

本当は 引き止めたい気持ちもあったと思う

でも これがeipyonだと 彼は しっかりと受け止めてくれてた

その上で 彼も仕事で忙しいのに 帰宅するeipyonに

サイコーの笑顔で 『おかえり』って 言ってくれた

たくさん イイコ イイコ してくれた

マッサージもしてくれた

仕事途中に 『大丈夫か?』 って 心配してくれてた

そんな支えが eipyonを乗り越えさせてくれた

気が抜けて 今日 仕事を終えて 彼の帰りを待っていたら 爆睡・・・

『終わったよ・・・』 って 電話くれた時 自分で何を言ったのかも

憶えていない・・・

『疲れてるなぁ 今日は会うのよす?』

『・・・・・大丈夫 ・・・・・・』 (--)zzz

『eipyon もう 今日は寝てた方が良いんじゃないか?』

『イヤだ~っ!お腹空いたよぉ~』

『じゃあ 今行くから』

『うん 今何処?』

『すぐ近くにいるよ 慌てなくて良いからね 待ってるから』

彼のお迎えの車へ向かう足取りは 千鳥足・・・・・

『おいおい 大丈夫かぁ~?』

『うん・・・』

『少し 眠りに行く?って 眠らせないもんなぁ~っ 俺が・・・』 (^^;)

eipyon 大きくうなずく 

『ハハハ・・・・・冗談だよぉ!!』

簡単にコンビニでお弁当買って 車の中で食べた

楽しいお喋りの後は・・・

キス攻撃!!

彼の手は eipyonの胸へ・・・ そして・・・

彼の坊やも当然 元気いっぱいだぁ~っ!!

eipyonは 彼の坊やが元気になっていくまでが 楽しい

坊やと遊ぶの好きなんだ

でもね

あんまり遊ぶと 彼が叫ぶの

『やめてーーーーーーーーーーーーーっ!!』って

そんなことしてたら 二人とも濡れちゃったっ (^^;)

eipyonの体の中で 女性ホルモンが活発になってるように

彼の体も 活発になってるようです

『春だからかなぁ・・・』 

『違うよ~っ 1年中じゃん!!』

『ハハハ・・・ ハイ!!』

そんな楽しい夜でした

でも 本当は 行きたかったのかなぁ??? 

ホテル・・・

0743

| | コメント (7)

2007年4月 3日 (火)

胸のしこりの原因は・・・

今日 行って来ましたよ!!

勇気を出して ”乳がんの検査” を受けに

普通の人ならば こんなに緊張しないんだろうけれど

eipyonは 始めて行く場所 未知の世界へ飛び込む事は

かなりのプレッシャーがかかってね・・・

運転する手も アクセル踏む足も 震えてた

病院へ着いて 色んな物書かされたよ

待つ事30分・・・ 名前が呼ばれた!!!

ドキドキ ドキドキ

まず eipyonは 何があっても良いように 

自分が”パニック障害”だという事を医師に伝える

そうすると 必ず 医師は気を付けてくれるからだ

『胸のしこりと痛みがあり 内科で乳がんの検査をと言われました』

そう伝えてから 別室に入り 洋服を脱ぎ ブラも取る

まずは しこりのない右の胸を丁寧に診察して

今度は しこりのある左の胸を・・・

『痛い!!!』 と体をひねる

『しこりがあるねぇ』 と医師は 真剣な顔

eipyonの心臓は バクバクだった きっと 医師にも伝わったのだろう

『大丈夫?』

『はい でも痛いです・・・』

そして カルテを持たされ エコー室の前で待つが・・・

呼吸苦しい・・・

薬飲んで 目を閉じる

名前呼ばれた!!!

また 洋服もブラも脱いで 横になる

生ぬるいゼリーを塗られ 痛い所ばかり グリグリされた

血が引いていく・・・

eipyon ここで倒れられないゾ!!

左手で左の太もも抓る

方胸に10分以上かかったよ

でもさ 乳首だけは ゴリゴリしないでよぉ~っ

寒さと ゴリゴリで 乳首がビンビンじゃんかぁ~っ (><)恥ずかしい・・・

エコーが終わると 次は マンモグラフィーだぁ

医師も 看護婦も

”痛いから 駄目な時は言って下さいね 無理しないで”

そんな事 言われちゃって 怖い・・・

またまた 洋服もブラも脱いで 変な服着せられた

最初は おっぱいを上下から挟まれた

次は 横から おっぱい挟まれた

でも そんなに痛くなかった

エコーの方が メチャ痛かったよ

検査結果が出るまで 30分

診察室に呼ばれた・・・ ドキドキ ドキドキ

レントゲン写真見せられた

『若いから乳腺がしっかりしてますね 水泡が3個ありますが様子を見ましょう あまり痛みが強い場合は 本当はホルモン治療をしたいのですが 嘔吐恐怖症のようですから痛み止めを飲んで下さい 年に一度は 検査しましょう』

結局 『乳腺症』という 病名がつけられた

これって 何???

ホルモンバランスの関係みたいだけれど・・・

ネットで調べたけれど 成熟した女性に多いって書いてあるけどさ

帰宅したら チビがeipyonの好きな桜の花を缶いっぱいに拾ってきてくれてた

『ありがとう』    涙が・・・(;0;)

そして

仕事を終えて 彼ちゃまと会ったけれど 心配しすぎて胃が痛いって

疲れた顔してた

でも たくさん褒めてくれたよっ!!

『良く 頑張ったね!!』って イイコ イイコしてくれたよ

でもさぁ もしかして 彼ちゃまが大人の体にさせたのかしら???

ガリガリに痩せたeipyonの体が やわらかい 女らしい体になったって

彼ちゃまは たいそう喜んでおりますがね

やっぱり 女の体って Hで変わるのかなぁ~っ?!

”戦いの日”も きちんとくるようになったしね

そして

彼も 色々な変化が・・・

顔とツヤが良くなったって 言われるらしいよ

若くなったって 言われるんだって・・・

そうだよね

坊やだって 元気すぎるくらいだもん!!

『俺 どうしちゃったんだろう?????』

照れくさそうに昨夜も言ってたけれどね☆

入浴剤”とろ~り”を入れて 一緒にお風呂入ったけれど

『俺も eipyonにトロトロだぁ~っ!!』って 抱っこしてくれたっけ

でもね

eipyonも彼ちゃまに トロトロなんだよねぇ

大好きなんだもん 

心配させて ごめんね

20070402

| | コメント (8)

2007年4月 2日 (月)

両手を広げて待っていてくれた彼の片方の手には・・・手作りの指輪

彼が 昨夜の不調を心配しながら eipyonの帰りを待っていてくれた

両手広げて 待っていてくれた

そして

その片方の手には・・・

『出来上がったよ!!』 って 

象牙で作ったリングに 貝で細工してくれたんだ

”世界にひとつしかない 手作りの指輪”

eipyonは オドオド・・・

『ありがとう!!』って言うけれど

ビックリしすぎて 実は オドオド・・・

体調を崩しているから 会う事をためらった彼にeipyonは

『お風呂 一緒に入りたいよぉ~っ!』って おねだり

『わかった!!』

ホテルに入るなり 彼がeipyonを抱きしめて

『心配したよぉ~っ』 って たくさん抱きしめてくれた

イイコ イイコしながら

『良く頑張ったなぁ~っ!!』って 褒めてくれたよ

昨日から 彼に会うまで 食事も取れなかったけれど

二人でお喋りしながら たくさん食べてたよ

二人で 寝転んで ずっとお喋りしてたよ

いつも以上に 彼の眼差しは 優しかったよ 涙が出る位に・・・

一緒にお風呂に入って キレイに全身洗ってもらって 

それから

たくさんのキスと愛撫で eipyonは 頭の中が真っ白になり

いつも以上に激しく愛し合った夜

自然に 彼の名を呼び 

自然に 『気持ち良いよぉ~』って 口に出てしまう

『たくさん痛い思いをしてるんだから 気持ち良くさせてあげないとね』って

彼は eipyonのお腹を撫でてくれた

eipyon涙が出そうになった

”戦いの日”の痛みを ここまで理解してくれてるんだってね

eipyon幸せだよね・・・

いつまでも いつまでも この気持ち大事にしたいなぁ

さっき 明るい部屋で しみじみ指輪を眺めたら

ようやく 実感沸いてきたよ

”世界にひとつしかない 手作りの指輪” には 

彼の優しさが にじみ出てるって 気付いたの

象牙にキラキラ光る貝は 優しい輝きだったんだぁ

大事にしなきゃ!!

このリングも いずれ ペアリングになる予定なので

それまで 

いつも 持って歩こうと思っています

Photo_14

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

あなたの腕の中へ飛び込んで行くから・・・

昨夜は かなりハードな仕事で 帰宅後ダウン・・・

PCも見ていられなかったよ

激しい頭痛と吐き気で 薬も効かない

ただ ただ 仕事を終えることだけを祈り 一日をクリアした

そんな中 彼が心配で 何度もメールをくれた

けれど

返信も出来ないほどのツラさ

今朝 携帯に彼から何通ものメールが届いていた

そして

今日 彼が休みだと聞かされた・・・

eipyonは 今日もかなりのハードスケジュールだ

辛くても 行かなきゃいけない

これが eipyonの選んだ道だから 頑張るしかない!!

『何時になっても 帰ってくるの待ってるから 安心して行っておいで 』

『なにかあったら 電話してきなさい』

でも 本当は知っているんだ

eipyonは 彼が言いたい言葉を・・・ 我慢してくれたね

”体が大事!!休みなさい!!” そう言いたかったに違いない

ごめんね・・・

ここで 負けられないの

体中に サロンパスとピップエレキバンを貼って

頭痛薬飲んでも 行かなきゃいけないの・・・

頑張ってくるから!!

無事に帰って来れるように 祈っててね

1年で 一番忙しい時期に突入なんだ

ここで 稼がないと 先が見えない・・・

もう 空も見れないほど 忙しいんだ

ちゃんと帰ってくるからね

あなたの腕の中へ飛び込んで行くから

両手広げて 待っていてね☆

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »