« 今日は キスは禁止!!! | トップページ | 困らせてしまうとわかってるけれど・・・ »

2007年9月23日 (日)

パニック障害 & 過呼吸で苦しんでいる方へ そして ご家族へ ・・・

友達から 連絡があった

eipyonと同じような 過呼吸で苦しんでいる方のご主人が

友達のところへ来て とても辛そうだったと・・・

友達は eipyonのパニック障害という病気を知らなかった

話した時に 詳しく説明した

インターネットでも 調べてくれた

良き友です






そんな友達の職場へ たまたま用事で行った時に

その 過呼吸で悩んでいる ご主人にお会いした

その後

友達が その方に eipyonのことを 話したことで

悩んだ末に 友達の所へ 来たときに 話し出したらしい

真面目な友達は eipyonに話してきた

eipyonも 人事とは思えなかったので 

色んな話をしました






以前のeipyonのブログの”心と体”というカテゴリの記事を

読んでいただけたら 少しは理解していただけると思いますが

eipyonは パニック障害ということは 誰も気付きません

見た目は 少し痩せてるけれど 日焼けして 健康そのもの





でもね

決して 治ってはいません

けれど

理解してもらえない 旦那との離婚によって

仕事をするようになって

外出への恐怖と戦う勇気が出ただけ

自分ひとりで 生きていかなきゃいけないということで

必然的に 外へ出ることになるだけで

いまだに起こる発作は 怖い・・・






eipyonの場合は 元旦那との結納を終えた直後に

嫁姑問題で 追い詰められ

それに対して 我慢してくれという旦那

初めての発作で カッコ悪いと髪を摑まれ 駅の改札を

引きずられた・・・

その時のショックから 過呼吸は 毎日続いた

食事は 全く取れなくなり 一気に15キロ以上体重が落ちた

もう 歩けない 

入院と言われたけれど そんな余裕などないし

姉が総合失調症で 子供の面倒を母だけで 見られないし

実家の会社が 実兄の借金で倒産して 裁判の事もあり

入院など出来なくて 毎日 通院で点滴治療

苦しい・・・

何で ワタシばっかり・・・

毎日 毎日 泣いた






そんなeipyonに対して 旦那は ”大丈夫?” の言葉もなく

病院へ送っていく事もイヤだと言い出した

eipyon 自分が食事出来なくても 旦那の食事は

必ず 作って待ってた

でも そんな事は 当たり前

食事をして すぐに自分の部屋へ行き テレビゲーム

夫婦とはいえ 

全てにおいて 一方通行だった

その事も 何度も 何度も 伝えた

”ワタシは 家政婦じゃない!!こんな一方通行じゃあ 夫婦じゃない!”

それでも 変わってはくれなかったし 

旦那は 仕事もしなくなり eipyonを追い詰めていった






収入がないので eipyonは内職を徹夜で頑張った

内職も 手伝ってくれず ただ 毎日テレビゲーム

そうなれば ケンカばかり

旦那は 何かにつけて 自分の実家へ帰ってしまう

二人の時間なんて なかった・・・

いつも eipyonは 心細くて 不安で 甘えたかったのに・・





発作で辛くても 高熱が出ようとも 

『今日は 休んで 傍にいて・・・』

そんな言葉に返ってくる言葉は

『仕事休めるわけねージャン!お母さんにお願いしろよ!』

違う・・・

eipyonは 母じゃなく 旦那に傍にいて欲しいのだ

結婚したら 

喜びも 悲しみも 苦しみも 

二人で乗り越えていきたかったんだ

苦しい時 他の誰でもなく 旦那に甘えたかった・・・






過呼吸は 半端じゃなく苦しい

息が出来ない

そのうち 意識が遠のき 倒れる

だから 外出も出来なくなる

あの苦しみが また 襲ってくるのではないかと思うと

外出前から 心臓が飛び出ちゃう位に緊張して

外出前から 呼吸が苦しくなる





でも その苦しみを理解できるのは 経験者だけ

”甘えてる” だとか ”なまけもの” だとか

散々言われたし 親にさえ 今も 理解されてない

これが 現実・・・






eipyonは 友達に話を聞きに来た ご主人の事を聞いた時

正直 羨ましかった・・・

だって

本当に その奥様は 幸せだとおもったから

ご主人は その苦しみを理解できなくても

しようと努力してるのですからね

自分のことのように 心配してたらしいので

eipyonは 奥様は 治る!!!

そう思いました






辛いよね

苦しいよね

でも 一緒に悩んで 立ち向かってくれる人がいるんだよ

心強いじゃないですか!!






最初の一歩から 始めたら良いと思う

焦らなくて良いから 

一進一退を繰り返しながらかもしれないけれど

まずは 一歩 踏み出して見てください

ほんの少しの勇気で 何かが変わると思います






自分が 安心するように 薬があれば それをお守りに持ち

素敵な旦那様と キレイを感じて下さい

お花や空 キレイですよ






決して 自分を責めないで下さい

そして

何で 自分ばかりと思うと 苦しくなるので

それを乗り越えられるからこそ 与えられたことだと思って

必ず来る 

明るい未来を信じてみて下さい



そして もうひとつ

これだけは 伝えたいのですが

早期治療をして下さい

ひとり心に何でもしまい込んでしまうのは ダメです

そして

理解しようとしている旦那様に 何でも言って下さい

迷惑を掛けるとか 心配させるとか 考えずに・・・

今の自分を知ってもらうことで かなりラクになります

言わなくてもわかる人などいません

『ワタシは こんな風に苦しいのよ・・・』

『こんな事が 怖いの・・・』

小さなことでも 伝えていく事で 心がラクになると思います






今 eipyonは そうやって 彼ちゃまと安心して

遠くへ出かけることが 出来るようになりました






ほんの少しのアドバイスしか出来ませんでしたが

ご参考までに・・・

|

« 今日は キスは禁止!!! | トップページ | 困らせてしまうとわかってるけれど・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

☆オスさんへ☆

失った時

その大切さに気付くものです。

後悔しないように

精一杯

一日一日を大切に生きていきましょうね☆

投稿: オスさんへ | 2008年9月15日 (月) 02時26分

私もやっと来週から汗水流すことができそうです。

人は当たり前になれると贅沢を言い出します。そして新しい次元に(欲に)心を駆られて、その篝火に引き寄せられ、病的に欲し、
大事な人を誘ったりしますが
篝火に吸い寄せられる蛾の気持ちは
その篝火が見えている本人にしかわからないもの。
ある物をみて私もちょっと過去にあったちょっとしたことを思い出しました。
とても好きだった人の為にマンネリで
変わり栄えのない場所にいつも友達も一緒で
通っていました。
確かに、もうそこで起きる真新しい事も刺激もないし
一人だと退屈で、その人やみんなが来るのが
心待ちでいないときは、いつ来るのかキョロキョロしていました。
でもある日、高校時代の時、友達がいなくて
学校をさぼってゲーセンにいた私に、
(ちゃんと放課後の時間帯に入ってからですけど)
声をかけてくれた先輩が、私に退屈しているのだったらいい場所があると誘ってくれました。
戸惑いながらも新しい場所が気になり、
その人と一緒にいけたら、もっと楽しい
新しい思い出が作れると、懸命に説得しました。
でもその人はその場所には興味がないといってどうしてもついてきてくれませんでした。
それを聞いた私は、数ヶ月前から逆に私に
別の場所に行きたいからここにくる時間は
減るかもしれないといわれた事を思い出し

カッとなって喧嘩して、その先輩に誘われた場所に一人でついていきました。
でもそのあとは、結局前の居場所の方が良かった点をぐちりはじめ、新しい所での人達や、
先輩にいい加減にしろと呆れられ、
結局、一番の新しい所と前の場所の違う…前の所が良かった理由は他のなんでもない、
あの人の存在そのものや、退屈な日々でも、望むものがなくても、一緒に笑ってくれる人達がいた事だったんだと。
しかし、後悔して多少ムリをしてそこに戻っても、その人はいませんでした。
ただ一人、よく一緒に話した人が残っていましたが、
そんながっついた目の私にあの人を会わせても、またケンカになると、ひきあわせてもらえませんでした。
ただ最後に聞いたのは、
私がいなくなってから、その人は
来はするものの、来てもずっとぼーっとしているだけだったと伝えられました。
それからその場所は数年後無くなり、
今は私は好きな場所に行っても
どこにもなじめず、距離を自然に置くようになりました。
まぁもううわついた歳じゃないですけど。
今はただ、昔からちょこちょこ続けてきた物を作ることばかり、何をするときでも
考えてしまうので、それを生きがいに生きてます。
(転々としはじめてからのストレスと、なれた会社に、
ある日からシャキッとしないとなとガラでもなくビシッときめようと
つけはじめた整髪料が…まぁドジでつけすぎて
あっという間に前髪がかなりなくなったのもありますけどね…)

投稿: オス | 2008年9月13日 (土) 20時40分

☆オスさんへ☆

こんばんわ

人間関係って
子供の時から生きていく上で
一番難しいですよね・・・。
私は女ですから、男社会のことは
わかりませんが、社会っていうとこは、上下関係やネタミやウラミ
何処にでもあるのが現実です。
そこを上手くスルリと交わして行く人が沢山いるんですよぉ~っ
それが、上手な生き方なのかもしれないけれど、オスさんのように
相手の一言一言をストレートに受け止めちゃうと、今の世の中だと
ライバルも作るのかな?なんて思います。私もそうですから・・。


私のブログを読んで頂ければ
わかるかもしれませんが、私も
小学生の時にイジメられっこでしたよ。雑巾を絞った水を飲まされたりetc・・・。
それを母が先生に言いに行ったら
「いじめられる側にも原因がある」と言われたり・・・。
子供の頃から、人に合わせてまで
友達いらないって感じでしたから
誰かと一緒じゃなきゃダメだとか
仲良しグループになんて入らないでいました。


でも
本当の友達が欲しいなって思うことがあり、自分を変えなきゃって
思って、高校に進学した時に、飾らない自分で一緒にいられる友達作ろうと思って張り切っていたのですが、女子高で陰険な世界で失敗。その後、専門学校で大成功になってね。
それからが私の青春でした。


本当の自分をさらけ出せる人
きっと何処かにいますよっ
私は、そう思います。


世の中
納得いかないことだらけ。
”間違い”も”正しい”と上の人が言えば正しくなっちゃうような世の中です。
悲しいけれど・・・。


明るい未来が欲しいですね


とにかく
今は、一日一日を大切に
無事に終えることが100点と考えていきましょうヨ


ちなみに
今日の私は、仕事も汗水流して
頑張ったし、怪我もせずに一日無事に終えたので100点デス


ファイトッ

投稿: オスさんへ | 2008年9月 4日 (木) 00時04分

う;随分大変な所まで追い詰められてらしたんですね;
自分の傷がものすごくかすり傷にみえてきました。

仕事で泣いたっていえば…
経験者だったはずの転職が
大企業からだったゆえに
一部の年輩しか最先端の機械をさわらせてもらえず
(機械の台数も多いから全部変える予算がすごいんでしょうね)
次の同系統の職場に結局未経験者扱いで入ったものの
雇ってしまったからという感じで
なにかと指揮している人に
休憩や仕事中にも
うまくいってるときでも
「調子のってんじゃねーぞ」と胸倉をつかまれたりして
他の作業者に休憩中にグチってたら
涙ぐんでて「何泣いてんのw」と
言われた時は悔しかったです。

それからは結局何でも未経験者で
派遣やパートを転々です。

トラウマが邪魔して、どこにいっても
人の反応楽しんだり
個人的に嫌いという感じで
最初から態度をガラリ変えて
仕事の引継ぎをするある意味
「子供」な人がいたりするので
…まぁ気にしている時点で私も
まだまだ未熟なんですけど。

派遣はムショの強制労働所と
少しだけ似た雰囲気な気がします。
(経験は当然ないですけどね^^;
信じられないくらい勝手な人もいますし。
大企業にいて普段ラクしていたところが
ほとんど派遣によって汚い部分を
尻拭いさせていたこともわかりましたし。

国のことですが
道徳の撤廃も信じられないけど
不正金隠しの無駄遣いする予算があったらもっと
医療や勉強したい人を育てる事に使ってほしいです。
私腹肥やしより国民育て?
不正したぶんなんらかの形で国民に
とばっちりがいってるんだろうから。

投稿: オス | 2008年9月 3日 (水) 08時03分

☆オスさんへ☆

こんばんわ(o^-^o)

>男なのに情けないとかそんな風に思われそうで少し不安でした。

そんなことは、全く思いませんよ
同じ苦しみの中、戦っているのですから・・・。

”発作”の怖さは、思い出すだけで怖い位ですからね。


>薬は…私は精神的にいつも誰かに依存していないと
すぐ逃げ出したがるので欲しいとは
思いますけど、タダじゃないので

確かに、病院代は金銭的負担になるけれど、自立支援の手続きとか
色んな制度があるから、出来れば
病院嫌いでも、治療して欲しいなって思います。
発作も起きにくくなるし、精神的にラクになるからね。


私も、長年薬を飲んでいますが
今の薬になるまで、自分に合う薬がなくて、色んな薬を試したんだよ。この薬を飲む前は、ほとんど寝たきりでしたよ。食事も受け付けない位衰弱してね。点滴で生きてた~って感じでした。
とにかく、外へ出ることが怖くて一歩外出ただけで、過呼吸・・。
本当に悔しかったです。


心療内科の治療と薬で少しずつ
外出出来るようになり、離婚を決めてからは、泣きながら仕事して
発作が起こりそうな時の対処方法を覚えたり、ある程度は自分でコントロール出来るようになりました。発作は、長時間起こってるわけではないので、一緒にいることの多い人に、ある程度起こったときの対応を知らせることも大切だと思います。
そうすれば、あせって救急車呼ばれることもないでしょうし。


私も、救急車のお世話にもなりましたし、ホームや改札口で何度も発作を起こして座り込んでいましたよ。
だから、いまだに電車やバスにも乗れないし、決まった車しか乗れないし、それでも、遠出になると予期不安で過呼吸になったり。


この病気には、緊張や不安が一番悪いみたいですね。
オスさんも、リラックスできる場所がひとつでも増えると良いなって思います。


”トラウマ”には、私も散々泣かされています。苦しくて、苦しくて、自傷行為に至ることもあります。
ダメなんでしすね。
どうしてこんな風になってしまったんだろうって思っちゃうんです。


オスさん

ゆっくり
ゆっくり
一歩一歩
前へ歩いていこうよ

一進一退でも
そのうち
二進一退になり
三進一退になれるように


ファイトッ

投稿: オスさんへ | 2008年9月 2日 (火) 22時59分

連コメすいません;
ただ、私はいつもてんぱったり
長いこと喋ったりしてると
しびれてきたり、フッと言葉が続かなくなったりして
文章がおかしくなったりするので

お返事頂けた事がとてもうれしいです。
男なのに情けないとかそんな風に思われそうで少し不安でした。

薬は…私は精神的にいつも誰かに依存していないと
すぐ逃げ出したがるので欲しいとは
思いますけど、タダじゃないので
派遣男の一人身にはきついです;
やりたい夢はあるんですけどね。
何をするにも、売り込むにも
住む所が必要なので。(寮なので)

病院には、初めてつらい過呼吸に陥った時、
怖くて、その症状がなんなのかもわからず
足が張ってきたので、救急車を呼んだら
隊員が唖然としてましたね。
血流れてたりあからさまに死に掛けてなきゃ
呼んじゃダメなのかって思いましたけど。
たぶん都心だったからタクシーがわりの
悪用と勘違いでもされたんですかね。

あげく夜だったので看護婦しかいなくて
「何重病ぶってんの」みたいな対応をされて
白衣の天使が黒衣の悪魔に見えました(笑)

てんかんで倒れたときも、意識がハッキリしないのに
医者がキレてまで何度も住所とか確認してきたので
私は病院が嫌いです。
性格が普段のんきすぎるので
ある日いきなり焦って過呼吸になる方です。

今朝も余裕がなかったので
横になっていたら寝てしまい、
今片頭痛が治まってきたところです^^;

ここ数年は当たり前のありがたみを
もっとかみ締めながら生きることで
思いやりをもったりしているのですが
気がつくと具合悪くなるまで
のほほんとしていたりしていて
まだまだわかってないなぁと痛感します。

心が温まりました。
やっぱり人は誰かとつながってないと
生きれない存在だとつくづく思いました。

投稿: オス | 2008年9月 2日 (火) 16時05分

☆オスさんへ☆

はじめまして。
コメント有難う御座います。

同じ過呼吸やトラウマで苦しんでおられるんですね・・・。

発作は、本当に怖いものですよね。いつ起こるかわからないし
不安が大きくなっていけば余計に発作が起こるものです。

慣れない環境の中で働いたりすることって、普通の方でも不安なものです。私の場合は、そんな時
スーッって自分が消えていくような感覚になり発作が起こります。
そんな自分がわかっているから
迷惑をかけることがイヤで・・。


オスさんは、病院へは通っていますか?
私は、常に薬を飲まないとダメなのですが・・・。

>人って結構大事な人や大事な事って痛い目にあわないとそのありがたみがわからないものですよ。

そうですよね。
健康な時には当たり前だった事が出来なくなった時の落ち込みは半端じゃありませんでした。
だからこそ、今頃気づくんです。
何もかも当たり前と思っちゃいけないってね。

オスさん

あせらずにいきましょう
私も、あせらずに凹みながらも
頑張っていきます。


また、遊びに来て下さいね☆

投稿: オスさんへ | 2008年9月 1日 (月) 23時11分

なんかよくわかるなぁ…;
男だけど;
先輩やその時頼りになる人に
相談したりするけど、結局スルーされて
社会から、仕事から三歩引いた所にいるね。
とまで言われて、不安なものは不安なのに
稼がなきゃ明日が無いときに
新しい現場の仕事の当たり障りを
先に聞くのが贅沢だ。説明した所で何がわかるの?
飛び込んでみろ。とか言われて。
結果として同じ内容だとしても
もうちょっと言葉のふしぶしに
きつい表現を避けるとか
飛び込む勇気が出る気遣いがないのかなって
ありますよね。
甘えるなと言われても人によって
同じ事でパニックになってしまうことが
あるわけですし。
確かにうちら男もきついけど
大事な人に日常が支えられている事と
こっち(そっち?)だって
生きているし、同じ仕事に勤めてなければ
大変なこと、不安になることがなく、
気楽だなんて思わないでほしいとは思いますよね。
具体的な事がわからないから
こんな変なたとえになりますけど。
人なんて、健康なときは強がったり
ハメをはずしたり、ムリして残業したり
できるけど、家に帰って自己管理もしなきゃいけないわけだし、
ぶっちゃけ一人じゃいくら男でも、
カメみたいにひっくり返ってしまえば
二人じゃいつもの大したことない事でも
一人じゃ下手すりゃ死んでしまうことも
あるわけですしね。

うちは父に色々な事をがんじがらめにされたひきこもりの長男と
厳しかった父が他界して
母だけという中で上京し、後に引けない
状況です。中学からいじめにもあい、トラウマの都合で
高校の時から過呼吸になりました。

人って結構大事な人や大事な事って
痛い目にあわないとそのありがたみが
わからないものですよ。

人によって苦痛な事が違うのと
それが冷たいくらい理解されがたいのが
生きていて歯がゆいと時々思います。

投稿: オス | 2008年9月 1日 (月) 16時43分

☆もこさんへ☆

はじめまして。

eipyonのブログを読んでくれて
ありがとうデス。

もこさん

辛かったね・・・。
でもね
もう、ひとりで悩まなくて良いよ。
苦しくなったら、ココへ来て♪
ひとりで抱え込んじゃうと、体も心も
悲鳴をあげて、色んな不調になって
現れてしまうんだ。
だから、抱え込まないで・・・。

もこさんは、本当に旦那様が好きなんだね。そして、目標というよりも”夢”に向かって、一生懸命だったんだよね。

eipyonも、今まで、2度妊娠しました。元旦那の子供です。
一度目の妊娠の時は、子宮外妊娠。
排卵がないと言われていたし、生理不順だったので、妊娠に気付かぬまま、仕事をしていました。その時の手術で命を落としそうになりました。そして、卵巣の摘出を宣告されました。
2度目の妊娠で、以前のブログにも書きましたが、eipyonの病気を抱えながらの出産は、旦那さんの協力が必要と医師から言われ、相談したら『協力できない!』と・・・。

自分のお腹に新しい命を宿した感覚は
男の人には、絶対に理解出来ない!
そして、その命が消えた時の悲しみも
わからないよね!

もこさんは、多分、完ぺき主義なんですよね。
だから、自分を責めちゃうし、弱音吐きたくないんじゃありませんか?
赤ちゃんの事、旦那様に話せても、濁してたって言うけれど、その理由は聞いてみた?
まずは、そこから、気持ちをスッキリしてみませんか?

ウツ病と診断されて、3ヶ月。
早期に治療していれば、まだまだ、諦めないでも良いんじゃないかなぁ・・。
そのかわり、今、きちんと治療して下さい!!!

まだまだ、夢が叶わないなんて思うの
早いよ~っ!!!

それに、ウツだから・・・なんて思わないで良いんだよ。
確かに、体、しんどいよね。きっと、自分の体じゃないみたいになってると思うんだ。今まで出来た事が出来ない、焦りや悔しさが、繰り返されて、どんどん落ち込んでいくんだよね・・・。
そんな状態で、自分を追い込んで、過呼吸の発作が出てるんじゃありませんか?
どうか、これ以上、自分を責めないで!

もこさんが、大好きな旦那様なんだよ。
もこさんが、選んだ旦那様なんだよ。
怖くないよ。
話してごらんよ。
まずは、それが、第一歩のような気がします。


eipyonは、この世に生まれてこれなかった赤ちゃんに”ごめんね”を言います。そして”ありがとう”も。
もし、自分の子供がいたら、お姉ちゃんの子供の子育て出来なかったから・・。

パニック障害になったことも、今までの嫌な事も、苦しかったことも、今を生きる為に必要だったんだと考えるように心がけています。

やっぱり、時には、落ち込んだり、うつ状態になったりしちゃうけどね(^^;

もこさん

今は、ウツの治療を先決にして治そう♪
それから、また、夢見つけてはいかがでしょうか?!
焦っても、良いことないから、ゆっくりと・・・。

もこさんには、大好きな旦那様が傍にいてくれるじゃん♪
沢山、甘えちゃえーーーっ!!!
安心させるために・・・なんて考えないで、良い妻なんて考えないで、頑張らないで、素直な気持ちを旦那様に伝えて
一緒に乗り越えて。

そして
これは、eipyonからのお願いです。晴れた日は、空を見上げてキレイを感じて♪家の中にいて考え込まないようにして下さい。
人ごみイヤだったら、夜でも良いから
旦那様とでも、散歩に行ったりして欲しいなぁ。

ごめんね。
こんなアドバイスしか出来ないんだけど
eipyonは、ここにいますから、いつでも、遊びに来てください♪

投稿: もこさんへ | 2007年9月29日 (土) 21時47分

初めまして。主人にeipyonさんの事を教えてもらっておじゃましました。

うつと診断されて3ヶ月です。最近は過呼吸も起こすようになってしまいました。
診断されたときはうつに対して偏見があってなんで!?と自分が怠け者のようにも思ってしまうこともありました。
でも体はそうそういうことを聞いてくれず、これが病気なんだとやっと最近自覚しています。

仕事も辞めることにしました。
今は体を一番に考えたいと思います。
主人には感謝しています。でもいつ治るか不安になってしまいます。

私がうつ病になった原因の一つに流産があります。
すごく子供が欲しかったです。でもこの半年で2度流産。
そして今うつになって、いつ治るんだろうか、いつ妊娠できる体になるんだろうか。
そんなことばかり考えてしまいます。
主人は主人から見て元気になってからと言いますが、いつ元気になるんだろうか。
考えて考えて、ただ考えることしかできずに疲れて嫌になってます。

今の仕事を続けて妊娠して・出産してまた仕事に復帰するのが私の夢であり、目標でした。
早く大好きな主人の赤ちゃんを生みたい。
20代で一人子供を生みたい。結婚してからずっとそう思っていました。
でも今は病気になり、仕事をなくし、子供を授かることもできません。
20代で赤ちゃんを生むこともできなくなりました。
結婚してからこういうことが私の生活を占めていたような気がします。
いつでも妊娠できる体制でいたかったので婦人科に通い、基礎体温をはかり、ヨガに通ったり、サプリメントとってみたり、整体に通ってみたり、赤ちゃんのことに気持ちが集中しすぎました。

でも当時の主人はまだ赤ちゃんの話をしても濁すので、あまりそういう私の気持ちを主人に話さずにいました。
一人で抱え込んだ結果がこれです。
今も話しても濁されるので、話すのが怖いです。

投稿: もこ | 2007年9月29日 (土) 19時24分

☆みるくさんへ☆

どうしたん?

>今日、わたしは正直に夫に
「一緒にいると大変だ。」
と告白されました。
ああ、もう、疲れたんだなと思いました

みるくさん、一緒に居るのが大変だって
いうのは、旦那様が、その時感じた言葉ではありませんか?!
確かに、大変なのは、確かだよ。

でもね、みるくさんの受け止め方が違うかもしれないよ!!

自分に自信がないこと、良くわかってるけれど、みるくさんを、そんなに簡単に手放せたのならば、今、夫婦でないよ!

今のみるくさんは、全て、マイナス思考になってるよね・・・。

みるくさんにも、必ず、明るい未来があるから、大好きな旦那様とお子さん達と一緒に、キレイを探してごらんよ。
毎日、天井ばかり見ていても、何も変わらない。

eipyonは、みるくさんへも伝わったらなぁ~って願うよ。

>みなさんがそんなふうにはならないように祈ります。

eipyonは、みるくさんのこと祈ってるよ!!
中途半端な気持ちで、いつも、コメントの返事書いてるんじゃないよ!!!
思ってるからこそ、キツイ言い方になるけれど、きっと、みるくさんの旦那様もそうかもしれないよ。
それに、旦那様、埼玉の事で、疲れてるんだよ・・・。そのことだけは、わかってあげて欲しいなぁ。
だって、夫婦なんだもの。

いつも言うけれど
”話し合い”ですよ。
こんな時は・・・。
冷静にネ♪

大丈夫!!!

投稿: みるくさんへ | 2007年9月23日 (日) 23時52分

すてきなことですね。
今日、わたしは正直に夫に
「一緒にいると大変だ。」
と告白されました。
ああ、もう、疲れたんだなと思いました。
理解しようとしてくれたなあとは思います。
でも、疲れ果てさせてお互いの愛まで消してしまうようになるなんて。
みなさんがそんなふうにはならないように祈ります。

投稿: みるく | 2007年9月23日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は キスは禁止!!! | トップページ | 困らせてしまうとわかってるけれど・・・ »