« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

★体は スッカリ お・と・な になったのね

本日 eipyon 急に お休みになりました

昨夜は 朝方まで お部屋の片付けしていて

眠ったと思ったら また 怖い夢・・・・・

目の前の高層マンションから男性が飛び降り自殺

怖くて 起きた

また 眠ったら

今度は 彼ちゃまが登場したんだけど

彼ちゃまがカマってくれなくなって

喧嘩になって eipyon彼ちゃまの車から

飛び出した

でも 彼ちゃま 追いかけてくれなかった・・・









そんな

イヤ~な夢から起きた朝は ドンヨリ・・・









起きて 台所へ行くと

母が 珍しく揚げ物してた

その横で 父が eipyonの顔見て 百面相

eipyonが居る事が嬉しくて 色んな顔して笑わせる

eipyonは 遅めの朝食を取ろうと思い

ご飯と お吸い物を用意した

そこに 

母が 熱いうちに食べてと 揚げ物を出した途端

父が 一緒に食べると言い出し

母に まだ お昼まで2時間もあるからと言われるが

駄々をこねるので

eipyon 慌てて ご飯よそい eipyonのお吸い物冷まして

半ずつにして お茶も半分にして お水加えて冷まして

バタバタした

けれど

久しぶりに 父と一緒に食事なので

自然に 笑みが浮かんでた











美味しそうに 嬉しそうに 食事をする父

喉につかえないように 小さく千切って皿に盛ると

『上手いっ!』 って ニコッとするのだった

今朝も パジャマで徘徊したので 鼻水タラタラ・・

ティッシュを渡し 『鼻 チーンしなさい!』 なんて

もう 子供と一緒

でも 父には こんなに大きくなったeipyonが

まだまだ 子供なのでしたぁ~っ












そんな時間の後は 昨日の片付けの続き

でも

今日は 病院へ行かなければならないので

ちょっとだけ! な~んて思いましたが

部屋中 荷物でいっぱいになりまして

ドタバタのeipyonでありましたっ!!












夕方

慌てて 病院へ行き いつもの注射

そして

まだまだ残っているサボテンのトゲが 奥深く入り

膿んでしまったので 処理してもらいました









2008131 今日の空は

曇り空に 青空が時々見える 寂しい空













帰宅して

彼ちゃまからの電話を待っていたけれど

注射のせいで眠くて我慢できず 爆睡・・・

そしたら

彼ちゃまから 電話

『eipyon終わったよ~っ♪』

『お疲れ様♪』

『ん?寝てたん?』

『うん・・・』

『ご・ごめんなっ!今日は 例の友達の所へPC直しに行って来るからね!終わったら 電話するからね♪』

『うん♪わかったぁ~っ』

eipyon電話を切った後 また 爆睡・・・

そしたら

彼ちゃまから 電話

あれっ?そんなに眠ったのーーーっ???

『eipyon 今 駐車場に車置いてきたから これから友達の所へ行くネッ♪』

『ふぁ~い・・・』

『あれっ?俺 また起こしちゃった~っ???ごめんっ!!』

『ううん・・・気を付けてね♪』

『ハイッ♪また後で電話するねっ!!』







eipyon起きて ボケーッとしてたら

彼ちゃまから 電話

『今 終わったよ~っ!』

『早かったねっ!!』

『うん・・・落ち着かないし・・・』

『そうかぁ~っ!今日は疲れたでしょう・・・』

『うん・・・帰るね』

『はいっ♪』











そして

eipyonの長い 長い夜・・・











eipyon ”戦いの日” の前兆に突入のようです

子宮が痛いデス・・・

オッパイもバンバンです・・・

彼ちゃまに愛されるようになってから

すっかり

生理不順もなくなり

排卵もきちんと起こるようになった

女の体は スゴイなぁ~って思います

知能は 成長するどころか 彼ちゃまの前では 

すっかり お子チャマだけど

体は スッカリ お・と・な になったのね









20081312 愛し合うことの大切さを知った

eipyon・・・ 










彼ちゃまから さっき メールが届きました

”寂しいね・・・やっぱり会えば良かった・・・” ってね

そんな風に 一瞬でも思ってくれたなんて

嬉しくて 幸せです

| | コメント (4)

★”カッコイイ!” の後に慌てて付け加えたように言わないでよぉ・・・



ウキウキ

eipyon やーっと お休みでしたぁ~っ!

別に 休みだからといって グータラ一日中

寝てるわけでもなくて やりたい事が沢山あって

それが出来なかったので イライラしてました

だから

今日は 思いっきり 部屋の片付けしちゃいましたっ!

腰にベルトをはめて 電動工具片手に 汗だく・・・

チビも 学校から帰宅して すぐに お手伝いしてくれて

その姿見てたら 優しい気持ちになれて

頑張っちゃいましたっ!!

でも 一日じゃあ終わらないから

まだ まだ 途中ですが 一応 一ヶ所の片付けが終了!

う~ん

何か 気分が良いeipyonでしたぁ~っ









作業終了後は 用事を済ませに お出かけ

その途中 彼ちゃまから 電話が入りましたぁ

『eipyon 終わったよ~っ!』

『お疲れ様でしたぁ~っ!』

『あれ?今 何処?』

『今 外に居るんだ・・・すぐに帰るけれどね』

『そっかぁ~っ!eipyon 今日 仕事お持ち帰りなんだぁ』

『そうなんだぁ~っ!どうしたら良い?』

『うん・・・待ってるっ♪渡したい物あるし』

『わかったっ♪すぐ帰るね!』








電話を切った後

eipyonは 近くのコンビニに走って行った

彼ちゃま 家に帰って 食べながら仕事出来るように

彼ちゃまの好きな フライドチキンとか 買ってから

彼ちゃまの待つ場所へ ビューーーン!!









200801302149000 もう お外が 真っ暗じゃ~っ!

早く 帰らなきゃ~っ!!!










eipyonの駐車場の前に 彼ちゃまの車発見!

しかし

彼ちゃまが 見えない・・・

彼ちゃまの車に近寄ると 彼ちゃま 寝てました

だいぶ 疲れてる様子・・・

今日こそは 帰さなきゃっ!!!









彼ちゃまの車の窓をコンコン叩くと

彼ちゃま 目を覚まし 背伸びする

そして

彼ちゃまに渡そうとしていた チキンなどを

窓から渡そうとした瞬間

彼ちゃま ニコッって笑って 助手席を指差した

そんなぁ~っ

どうしよう???

でも・・・

『ちょっと待っててーーーっ!!!』 と 

自分の分のチキン車に取りに行ってしまった

eipyonでした・・・









彼ちゃま 秘密の基地へ行こうとするが

eipyon 一ヵ所買い物済ませられなかったので

お願いして お店の前まで連れて行ってもらい

買い物済ませてから 秘密の基地へ GO!!!











彼ちゃまは 疲れていても

いつものように 優しかったよ

今夜も 色んな話をしました

真剣な仕事の話

今 eipyonがハマってる カメラの話

そして

笑いの止まらなくなるような話も当然ありましたぁ







『ねぇ 彼ちゃまは eipyonがブログに掲載してる画像で妬かないの?イヤじゃないの?』

『ん?イヤじゃないよ・・・だって キレイだからね♪』

『そうなんだぁ~っ!でもさ・・・この頃 Hした後 言ってくれないよね・・・”今夜のeipyon素敵だったよ”って・・・』

『えっ???』

『この頃 言ってくれないから eipyonキレイじゃないのかと思って・・・』

『そんな事ないよ・・・う~ん 見慣れちゃったかなぁ~っ・・・って言うかぁ・・・』

『何困ってんのぉ!!!その 困ったポーズは 何?!』

『え・えーーーーーっ!!!ご・ごめん・・・』

『わかったっ!見慣れちゃったのねっ!じゃあ そのうち飽きるのね・・』

『ちがうよーーーーーっ!!!』









でも

その話は いつの間にか ごまかされてしまった

eipyonでした







200801302142000 彼ちゃま 太ももの感触が大好きなの

『Hの時触んないよぉ?!』

『だって 他に触ってるもーん♪』













今夜は 短い時間だったけれど

彼ちゃまの温もり感じられたし

たくさんのキスも もらえたし

何より 彼ちゃまの笑顔が見れたから

とっても嬉しいeipyonでした







200811a ペタッ♪

この幸せは 電話じゃあ感じられないもんね・・








200801302146000 手と手

いつまでも こんな風にいれたら 幸せ♪








彼ちゃま

”カッコイイ!” の後に 慌てて付け加えたように

”キレイだよ・・・” って 言わないで下さいなぁ~っ

eipyon 一応 女なんで 筋肉褒められても・・・
















| | コメント (6)

2008年1月30日 (水)

★ これからも 笑わせてあげるよん♪♪♪

本日も eipyonは お仕事・・・

冷たい雨の中の作業で御座いましたデス








明日 やっと 休みが取れそうなのですが

何だか力が抜けてしまい 

ドッと疲れが出てしまったeipyonが ここにいます








朝 彼ちゃまに

”今日は 仕事何時に終わるかわからないから帰ってね”

なんて メールしておきながら

彼ちゃまに渡したい物があり

仕事途中 トイレでコソコソとメール

”渡したいものがあるんだけれど・・・もうすぐ帰るから”

しばらくしてから

”了解!”

と 彼ちゃまからの返信








仕事を終えた彼ちゃま ちゃ~んと 来てくれました

でも

何だか 声に元気がない・・・

顔も 疲れた顔・・・

『元気ないね・・・』

『うん・・・疲れた・・・』








”じゃあねっ!!”
 って言おうとした瞬間

『eipyon 少し出れる?』

eipyon悩んだけれど

やはり

彼ちゃまの傍にいたいから

彼ちゃまの車に乗り 秘密基地へ・・・










彼ちゃまは 今日の仕事で精神的に参っていた

そんな時 

eipyonは 何もしてあげられないけれど

楽しい話 いっぱいしましたっ

そのうち

彼ちゃまの顔が 明るくなった

いつもの笑い声が聞けた








ふたりの会話が 
先日のホテルでの出来事 になり

オネムになった eipyonの機嫌の悪さは 最悪だと・・

『寒かったから シャワーのお湯が温かくなるまで一生懸命だったのに eipyon怒ってさ~っ! ”冷たいよーっ!もう良いっ!” って湯船のお湯かけ出してさぁ~っ!』

『え・えーーーっ???そんな事言ってないよ・・・』

『イイヤッ!!言ったよ~っ!!!このワガママ何だって思ったもん』

『・・・ごめん 憶えてない・・・』

『えーーーっ!憶えてないって・・・夢遊病かいっ!確かに 湯船で寝てたけどね・・・』

『うん・・・本当に眠くて 憶えてないの・・・ごめんね』

『うん♪良いよっ♪』

『でもね・・・これがeipyonなの・・・そのままで良い???』

『うん♪良いよ~っ♪そのままで・・・』

『ありがとっ♪』









そんな会話しながら

ふたりは いつものように ベッタリしてました

あまりにも 彼ちゃまの顔にeipyonがスリスリするので

帰る頃 彼ちゃまの頬が キラキラ ☆゚・*  していて

キレイだったよん









早く帰してあげるつもりが

またまた 駄々っ子してしまい

彼ちゃまを困らせてしまったけれど

彼ちゃまの笑顔が大好きだから

笑顔の彼ちゃまが見れて良かったデス







200801292100000 彼ちゃまの何処でも良いの

触れていたいの・・・








200801292104000 指きりしましたっ♪

『暖かくなったら 何処か行こうね!』







2008129kiss1 いつも 目が合うたびに

チュッ♪ の ふたり・・・











彼ちゃま

落ち込んだり イライラしたりした時も

eipyon たくさん 笑わせてあげるよ

でも

無理してるわけじゃなくて

これ

天然なんだも~ん



| | コメント (2)

2008年1月29日 (火)

★Hがしたいんじゃないのよっ!抱っこが欲しいのよ・・・

本日も eipyonは お仕事でしたぁ~っ!

目は充血してるし

目の下には クマ

体中痛いし

最悪でしたよ・・・







2008128 eipyonと同じ 曇り空・・・

移動中 睡魔に襲われ大変!!!










仕事から帰宅したのは 早かったので

月末の支払いに銀行へ行き

父の食べれるもの買ってきてと頼まれ

お買い物へ・・・

買い物途中 時計を見たけれど

まだまだ 彼ちゃまが帰ってくる時間じゃないなぁ

なんて思っていたら

な・なんと!!!

彼ちゃまから電話がーーーっ










『eipyon 終わったよ~っ!!!』

『えっ?まだ早いよ・・・』

『うんっ♪eipyon どこにいるの?』

『今 買い物して会計してるとこだよ!』

『そっかぁ~っ!今ね eipyonの家の近所なんだよっ♪』

『本当に!!すぐ帰る~っ!!待っててネ♪』

『うん♪待ってるから 慌てないで 気を付けて帰っておいで』










そんなこと言われても

やっぱり

早く会いたいもん・・・

eipyon 車 ぶっ飛ばす!!!










車を駐車場に入れて

彼ちゃま探すが いない・・・

電話したら

何処からか 彼ちゃま 登場デーーース









『eipyon ただいまっ♪』

『おかえり~♪』

彼ちゃまの車に乗ると

すぐに 彼ちゃまは 

eipyonの手を握り締めてくれた

そして

秘密の基地で 彼ちゃまは 

すぐに 抱きしめてくれた

『疲れたろう・・・良く頑張ったね♪』

オデコとオデコをスリスリしながら

キスを繰り返す









『eipyon・・・昨日は ごめんな・・・』

実は 昨夜 eipyonの帰りを待ってる間に

気絶してしまった 彼ちゃまだったのです

彼ちゃまは 朝早くから 仕事してるので

夜は 早く寝る

だから

辛いと思い eipyonは 待ってなくて良いよと

彼ちゃまに伝えていたのですが 

彼ちゃま 限界まで起きていたらしいのだが

布団の中で 連絡待ってる間に 眠気に襲われ

ヤバイと思い eipyonに 

”ごめんね・・・寝るね・・・”

メールを送信した後の記憶がないらしい








彼ちゃまは

”ごめんね・・・” を連発するので

『うん・・・寂しかったよぉ~っ!!!』 と叫んだeipyon

彼ちゃまは 反省モード

そんな 彼ちゃまに eipyonは 駄々っ子・・・

『抱っこーーーーーっ!!!』

『ペタッしたいーーーーーっ!!!』

そんな風に 叫ぶeipyonを 彼ちゃまは ギュッ









『彼ちゃま~っ♪』

『な~に?!』

彼ちゃまを見詰めるeipyon

『ん?抱っこ???おいでぇ~っ♪』

『あのね!eipyonはHがしたいんじゃないのよっ!抱っこが欲しいのよ・・・ わかる???』

『うん♪わかってるよっ!』

『じゃあ 坊やは?!』

坊やの確認・・・

ん?????  元気になってないっ!!!

『ネッ!!!』

『本当だぁ~っ♪eipyonも ジワ~ってしないもんっ♪』

『ハハハ・・・そうなんだぁ~っ!!』









体って

不思議ね・・・









『eipyon 実は 出張が7月にあるんだぁ~っ!3日間だけなんだけどね』

『・・・・・』

『おいおい!3日間だよ・・・』

『7月 海行けないジャン・・・』

『はぁ~っ?!海行けるよぉ~っ!!3日間だけだよ・・・』

『3日間なんて 長い・・・』

『で・でも・・・とても1日じゃあ 帰って来れないんだよぉ~っ』

『・・・・・』

『海 ちゃんと行けるよっ♪今年は いつもと違う海行こうかっ♪』

『うん♪ でも その前に 何処かへ行きたい・・・』

『そうだねっ!暖かくなったら 何処か行こうねっ♪』

『まだ先じゃん・・・』

『ん???来月にでもさっ!!』

『来月は 一番寒いじゃんか・・・』

『う・うん・・・そうなんだけどぉ~っ 暖かい日あるよぉ~っ!』

『そう???』









早く

暖かくならないかなぁ~っ!!!




20081282 彼ちゃまの大きな手

安心するんだぁ・・・

| | コメント (4)

2008年1月28日 (月)

★ 会いたい・・・


eipyon 今 帰りました





仕事は キツイ・・・

けれど

それ以上に 寒空の中 夜景がキレイで

横に あなたがいなかったことが悲しくて

何度も 何度も 涙を拭った






あなたの愛車と同じ車が止まった瞬間

『俺 一人でドライブしに行っちゃおうかなぁ~っ♪ソーッと見ていようかなぁ~っ♪』

そんな あなたの言葉を思い出したんだ

けれど

知らない人だったよ・・・









キレイを一緒に感じたかった

月がキレイだったよ

ベイブリッジの真上に 月が最高だった

夜景が すごくキレイだったよ

でも

そのキレイを感じる度に

あなたの事 思い出して 涙拭ってた















Img_0634 ひとりで 待機時間に写した夜景・・・








Img_0648 作業が終わり

ボーッと眺めてたよ・・・









会いたい・・・

抱きしめて欲しいよ・・・





| | コメント (2)

2008年1月27日 (日)

★ そこで 見守っていてね♪




只今 eipyonは 仕事から 一度目の帰宅をしました

今日は 夜11時からの仕事があり

一休みしてから

また お仕事へ出かけますデス・・・










今朝は 富士山がキレイに見えましたよ

しかし

eipyonの心は イラだっていて

相棒のワガママに ”またか・・・” と思いながら

移動中は ただ 外眺めてましたっ!!

救いは もう 彼氏じゃないので 喧嘩しても良いや~!!

爆発したら

『辞める!』って 言えば済むやぁ~っ!!

そんな風に考えてるので 

『ごめんなさい』 なんて 無駄な台詞は言わない

だって

eipyon悪くないんだもんっ!








2008127富士山がキレイに見えて

救われましたっ♪









相棒のイライラは 最後まで続き

eipyonに当り散らすという行為になり

eipyonの言葉も どんどん冷たくなっていった

もう 仕事だけ終わらせれば良いやぁ~って

考え方を変えた

そう

昔と全く違うeipyonですよっ!

下を向いて 涙を流し ごめんなさい なんて

言わない









そんな時

彼ちゃまから かわいいデコメールが届いた

”ここで 見守ってるから!!”

”応援してるからね!!”

返信することは出来ないけれど

嬉しかった

すごく すごく 嬉しかった









2008127_2 青空 太陽 雲・・・

もう少し 頑張ろうっ♪











今 彼ちゃまに ほんの数分会いましたっ

心配そうな顔

今日の仕事が決まってから

彼ちゃまは ずーーーっと 心配していたんです

この寒空で 夜間に仕事することを・・・

『eipyon ちゃんと温かくして行ってなっ!』

『いくら毎晩遅くまで起きてるとはいえ 仕事は違うんだから きちんと食べる事!!』

この数日は 毎日のように言われてきました

そして

今夜 そんな仕事が終わる






彼ちゃま

頑張ってくるからね!!

防寒の作業着で ちゃんと 無事に 仕事終えて

ちゃんと 帰って来るからね!

そこで

また 見守っていてね













| | コメント (2)

★ ヤ・キ・モ・チ




本日も eipyonは お仕事でしたぁ~っ!

やっぱり eipyonは 夏の子だから

冬は苦手だなぁ・・・









冷え切って 帰宅して 彼ちゃまの仕事が終わるまで

コタツに入って 体を温めていましたら

知らない間に 爆睡・・・

そして

彼ちゃまの電話で目が覚めたデス

でも でも 彼ちゃまは 用事を済ませてくるからと

まだ まだ 会えない様子

eipyon また コタツに入り ウトウト・・・

何で こんなに疲れてるんだろうなぁ~っ?!









用事を済ませた彼ちゃまから 電話が入り

『eipyon 終わったよぉ~っ!ね・寝てた???』

『うん・・・』

『eipyon・・・ちょっとだけ顔見たいなぁ~っ!!』

『うん♪お腹空いたぁーーーっ!!!』

『お・お腹空いたのかぁ~っ♪今 eipyonの家の前だよ♪』

『ちょっと待っててぇ~っ!!』

『はい♪』








彼ちゃまが待つ 玄関へ行き 車に乗ると

彼ちゃま 心配そうに イイコイイコ

顔が疲れてたみたい・・・

近くのコンビニに行き お弁当を買ってもらい

秘密の基地で ふたりで食べながら

楽しい会話や 真剣な会話を 途切れることなく 続く







今日は 良く ここへ来て下さる 

みみかきさんのコメントのことで 会話が始まった

”彼ちゃまはヤキモチ妬かないけれど そうなるには?”

みたいなコメントでしたから

ちょこっと 彼ちゃまに聞いてみましたっ









彼ちゃまは 上手く言えないけれどと 

こう答えてくれました






『もちろんヤキモチ妬かれて僕は嬉しいし 僕もヤキモチは妬いてるよ!ただ 性格の問題なのかなぁ~っ?!口に出しては言わないし男はヤキモチ妬くものじゃないって考えが自分にあるんだよね・・・それにeipyonが 散々犬のように鎖につながれてるみたいな生活してたから それもあるし・・・けれど 僕は eipyonを尊重していきたいと思ってる!そして 信じてるって言うか eipyonがわかってるから 絶対に危ない思いするような人とは会わないと思うからねぇ!ヤキモチは 妬き方も人それぞれ表し方も違うし ヤキモチ妬かれた方も 受け止め方が違ったら ヤキモチとは言わないしねっ!別に意識して こうしてる訳じゃないからなぁ~っ!!本当に危険だと思ったら 行かせないし!!』





フムフム・・・

そうなんですよねぇ~っ!!!

これが 彼ちゃまなんですよぉ~っ









ここへ来て下さる 男性の方は 

やはり 不思議みたいですが 

これが 彼ちゃまなんですよ

eipyonも 最初は 何で??? って 

正直思いました

eipyonばかりが 

ヤキモチ妬いてるのが 

悔しいと思った時もありました

何で 心配しないの??? って 

さみしい思いもしました

けれど

彼ちゃまは 彼ちゃまの中で きっと格闘したりして

そのままのeipyonを 受け入れ 守ろうとしてると

いつしか 思うようになったのです










彼ちゃまが 怒るのは ヤキモチという形ではなく

eipyonが傷ついたり 悲しい思いをするような時だけ

eipyonを守るために 怒るのです

それが  彼ちゃまの ”心配” なんです









eipyonは 今まで そんな男性に憧れていました

何が起ころうと ドンと構えていてくれる人

eipyonが 何をしようと 遠くから見守っていて

危ない時 何も言わずに ソッと手を差し伸べてくれる

そんな人が eipyonは 理想だったんです

正直 eipyonは 強くなければいけない環境でしたから

人に頼るのが下手で 自分で何もかも解決しようとする

でも

そんなeipyonを 会話を重ねながら 時間をかけて

彼ちゃまは 見抜いてくれた 初めての男性







”何があっても 守る!!!”

そんな 彼ちゃまの気持ちが 痛いほど感じるの









でも

反対に eipyonは 彼ちゃまを愛せば愛すほど

ヤキモチも妬くし 不安も増していく

それは

信じていないとかではなく

上手く言えないけれど

”大好きだから” なのかなぁ~っ









こんな ふたりだから 良いのかな?!

ふたりで ヤキモチ妬いて 

束縛しあう恋は 疲れちゃうもの









でもね

eipyonは 思うんだ

結婚しても 安心は ないと・・・

安心しきってしまったならば 

お互いに 成長しないからね

結婚しても 

キレイになる努力をしたりしていきたいし

”この女と結婚して 本当に良かった”

そんな風に 思われる奥さんでいたいし

そんな努力は 

”好き” や ”愛してる” って感情がなければ

続かないと思うの

結婚は ゴールじゃなく スタートだから

そこからが 愛をふたりで育てていくもの

お互いに 安心しきって 

胡坐をかいてるようじゃあ

成長はしない

男は 男を磨き 女を守る

女は 女を磨き 男を守る






これが eipyonの 理想の カタチ・・・










考え方は 人それぞれ

その理想が ふたり一緒ならば 

必ず 幸せになれると 信じています








2008126 彼ちゃまは この画像を ”キレイ” と受け止める

eipyonは ”キレイ” と思われるだけで幸せ

| | コメント (3)

2008年1月25日 (金)

★心も体も満たされてきましたっ♪ ②




本日は eipyon 病院行って来ましたっ

そして

何だか急に 髪を切りたくなりましたので

友人の経営している美容院へ行こうと思いましたが

そこまで時間もなくて 近所で探し 見つけて

ドキドキしながら入り 髪を切ってきましたっ

そして

何となく 気分を変えて見た eipyonでしたっ








*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*








さて

昨夜のブログ の続きを ど~ぞ 







彼ちゃまの待つベットへ入っていくと

彼ちゃまは 優しく抱擁してくれました

見詰め合い キスを交わし 名前を呼び合ながら

ゆっくりと流れていく時間・・・

髪を撫でられながら 軽いキスから 激しいキスになり

坊やが 元気いっぱいになる

普通ならば

そこから なのでしょうが・・・

eipyonは どうも 坊やが不思議で仕方ない この頃

『彼ちゃま~っ!何で 坊やが元気になったの?』

『したいの???抱きたいの???』

などなど

彼ちゃまに 質問攻撃!!!

彼ちゃまは 噴きだしそうな顔しながら

『うん・・・したいっ!!抱きたいっ!!!』

『興奮してるから 坊やが元気になるんだよん♪』

そんな風に 答えながら イイコイイコ してくれる

だから

eipyonは 元気になった坊やの研究熱心になるのでしたっ

そうなると

彼ちゃまの坊やも どんどん元気になり

eipyonは た~くさん 彼ちゃまに愛され

今までになく

eipyonの体が 感じまくり 

必死に彼ちゃまにしがみ付きながら

彼ちゃまの名前を叫ぶ

そんなeipyonを 彼ちゃまは しっかりと

抱きしめてくれた











愛し合った後

彼ちゃまに抱きしめられながら

彼ちゃまと見詰め合いながら

『彼ちゃま 見つけてくれて ありがとう』

そんな言葉を口に出してしまうほど

彼ちゃまが愛しくてたまらないeipyonがいました

彼ちゃまは 優しく微笑んで 

ギュッって eipyonを抱きしめてくれました











しばらく ベットで 幸せな時間を過ごしてから

『eipyon お風呂入ろうかっ♪』

『うん・・・』

『あれぇ~っ?!eipyon 眠いのかなぁ~っ?』

『うん・・・眠い・・・』

『じゃあ お風呂入ろうっ!ねっ!』

しかし

eipyonは まだ 体の力が抜けていて

ソファーに横たわってしまった

彼ちゃまは その横に座り キスをくれる

『eipyon・・・また元気になっちゃった~っ♪』

『何で?出したでしょう?何で元気になるの?』

『あのねぇ・・・』

『そっかぁ~っ!!興奮してるんだぁ~っ!!』

『そ・そうだよ・・・』

そして

そのまま またもや 愛し合ってしまう ふたり








eipyonは もう オネム・・・

お風呂なんて どうでも良いのですが

そんな状態で 彼ちゃまに お風呂に入れられ

抱っこされながら ウトウト眠りながら

温かいお風呂に入りましたが

起こされる度に 超不機嫌になり

彼ちゃまを困らせたのでありました










帰りの車の中

彼ちゃまは ただ眠いeipyonなのに

『eipyon・・・大丈夫か?具合悪いんじゃあないか?』

そんな風に 気を使ってくれた

本当に 優しい人・・・

eipyonは 困らせてると思いつつも

眠くて仕方なくて どうしようもなくて

家の前まで送ってくれた彼ちゃまに

『ごめんなさい・・・』

『いいえ!疲れてたんだもんなぁ~っ ごめんな!急に誘ってなぁ』

彼ちゃまは 寛大でした






20081242 シャボン玉で遊ぶeipyon

彼ちゃまは 父の顔して笑って見てたよん♪













20081243 ここのところ

仕事がキツかったので

筋肉も復活!!!












さぁ

愛を沢山もらったのですから

頑張らなきゃーーーーーっ!!!









| | コメント (10)

★心も体も満たされてきましたっ♪




眠いデス・・・

今 eipyonの中で 坊やが暴れています

心も体も満たされてきましたっ








仕事を終えたeipyonと彼ちゃまは

当然のように 今日会いました

そして

秘密の基地へ向う彼ちゃまが突然

『eipyon 明日の仕事は?』

『ん?明日病院だから仕事は お休みだよん♪』

『じゃあ お風呂入りに行こうかっ♪』

『うんっ♪』

『疲れてるよね・・・無理しなくて良いよっ!!』

『ううん!eipyonも 坊やが欲しいんだぁ~っ!行こうっ♪』






そして

いつものホテルに行ってきましたっ

この空間 

何だか 妙に落ち着く ふたりでした





2008124_2 いつもの和室ではなく

洋室のお部屋が新鮮でしたよん♪







お部屋は ふたりの家みたい

色んな会話をしながら ふたりで大笑い

ソファーでイチャイチャするのも 幸せ

でも でも 

そのイチャイチャがエスカレートしてしまい

お風呂入る前に ふたり洪水警報でありましたっ








20081245 『彼ちゃま~っ♪シャボン玉した~い!!』

『ん?そこに入ってるでしょう?!』









eipyon なぜか 急に シャボン玉遊び

彼ちゃまと ふたりでキレイを感じましたデス









『eipyon・・・お・お風呂入ろうかぁ~っ!!』

『うん♪』

でも でも 彼ちゃま また ソファーで・・・

『こ・これじゃあ いつまでもお風呂は入れないねっ!』

そんな風に照れる彼ちゃまが愛しいeipyonでした








さぁ ふたりで お風呂タイムです

のんびり 湯船に浸かりながら お喋り

入浴剤の良い香りと 彼ちゃまの抱っこで

eipyonは とても贅沢な時間を過ごしました







お風呂から出て

ふたりで歯磨き

先に 彼ちゃまがベットへ GO!!!

その後 eipyon 照れながら ベットへ入ると

『eipyon おいでっ♪』

そう言いながら eipyonを優しく抱きしめてくれます






ん~っ

久しぶりの彼ちゃまの肌の温もりだぁーーーっ!!






って

eipyon もう 眠くて限界・・・

この続きは 明日デス

| | コメント (2)

2008年1月23日 (水)

★ ”明日は 会いたいな・・・”そんな言葉が とても嬉しくて・・・ 




今日は なんと 雪が降りましたぁ~っ!!

朝 メチャ寒くて起きたら 

父が玄関のドアを紐で縛って 全開・・・

その上 デイサービスへ行くまで時間あるのに

雪の降る中 外へ行っちゃいました~っ!!

慌てて パジャマ姿で eipyon お外へ・・・








外へ行くと

チビと お兄ちゃんが 雪を見て嬉しそう

チビは 傘を逆さにして 雪を傘に入れて 楽しそう

お兄ちゃんは ソロリ ソロリ 雪を手のひらに・・・

そんな子供たちの姿を見てたら 

eipyonまで 雪でウキウキ







2008123 チビのランドセルには 雪・・・

待ちに待った雪だもんね♪








そんなことしてたら

寒くなり 慌てて家に入り

さぁ 仕事へ行く準備!!!

しかし

この雪の中 遠い現場となると

やはり

行く 行かないで 電話での打ち合わせ

結局 出発時間を遅らせ 

仕事へ 防寒着で GO!!!









現場まで行く間

雪が降ったり みぞれになったり 雨になったり・・

相棒が真剣に運転してる中

eipyonは 何だかウキウキ

だって

雪なんて見るの久しぶりなんだもの







2008123_2 『わ~い♪雪だぁ~っ♪』

『お前ねぇ・・・』







2008123_1 都心から 山奥へ向うと

雪が いっぱいでしたっ♪






2008123_2_2 彼ちゃまと

一緒に見たかったなぁ~っ!!!









しかし

こんな時間も 移動中だけ

作業は 雪や雨の中

傘がさせるわけでもなく 毛糸の帽子をかぶり

軍手を何枚も替えての作業

手の感覚などなくなる位 冷たかったよん 








今日は 遠い現場を2往復しなければならないが

もう 1回目で ズボンも靴も靴下も 

ずぶ濡れ・・・ 

だんだん 寒さで震える体を 

温かい缶コーヒーで 温めるのが精一杯

もう

2回目の作業は 相棒と二人 無言の作業・・

それでも 終えた!!! 無事に終えた!!!








帰宅して 

体の震えが止まらずにいたら

母が お風呂を入れてくれた

eipyonは 汚れた作業着を洗濯して

母に入れてもらった 温かいお風呂に

『ありがとう♪』 を言い

体も心も 温まりましたっ









お風呂から出たら

ゴルフに行った 彼ちゃまから メール

”今 帰りました♪これから飲み会行くからね♪”

寒いのに 大丈夫なのだろうかと心配・・

コタツで 体を温めてたら 彼ちゃまから 電話

『eipyon 今 終わったよ~っ!寒かったろ~っ!大丈夫か?』

『うん・・・寒くて大変だったぁ~っ!!』

『だろう・・・ゴルフも寒くてさ~っ!!何て 遊んできて言う事じゃないよなぁ~っ!ごめんな・・・eipyon大変な仕事してる時になぁ・・・』

『ううん・・・早く帰って 温まった方が良いよ~っ♪』

『うん!ごめんな・・・』







相変わらず 優しい彼ちゃまの声・・・






そして 

先程 彼ちゃまから メールが届きました

”大丈夫?風邪引いてない?体力消耗してる時だから・・・”

そんな言葉で 

eipyonは ”守られてるんだなぁ~っ♪” って

感じるんだなぁ~っ

そして

”明日は 会いたいな・・・”

そんな言葉が とても嬉しく 

そして

幸せを感じる eipyonでした



| | コメント (3)

2008年1月22日 (火)

★大人だって褒められたいんだよね・・・




今日のeipyon 二日間の引きこもりから 脱出!!

もう 足も腰もボロボロ・・・

思った以上にキツイ仕事でも

家に居るよりも ストレス感じなかった

遠い現場でしたから 怖かったけれど

久しぶりに 感じた 冷たい風が気持ち良かった








Img_05561 曇り空からほんの一瞬見えた青空

うっすら 夕陽に染められてた雲がキレイ・・









作業は 日が暮れるまで続いた

懐中電灯片手に この寒さの中で 汗かいてた

今日も 昼食抜きでの作業で お腹ペコペコでしたから

久しぶりに 夕食に 沢山ご飯を食べましたっ







Img_05621 帰りは

すっかり夜になりましたデス・・・









家では 何をやっても 無理しても

誰も 何も言わない・・・

いくら頑張っても 

『ありがとう』 も 『ごめんなさい』 もない

本当は そのひと言が大事なのに








疲れて帰宅したら

台所で ドスンと座ってテレビ見てる母

流し台見ると 山のように汚れた食器

eipyon帰宅したら 母は子供たちの家へ・・

もう クタクタなのになぁ~っ

知らない・・・ もう知らない・・・

そりゃあ 

子供の世話や父の世話で疲れてるのわかるけど

eipyonに言わせりゃあ 

テレビ見てる暇あるならば やれよっ!!

そんな風に思う









疲れた体で 汚れた作業着洗濯して

明日の作業で使う道具の充電したりして

さぁ お風呂入ろうと思い 風呂場へ行くと

掃除もしてない・・・

仕方ないので 掃除して お風呂入れてたら

母が帰ってきて

『入るの?』

eipyonは 無言でお風呂入って行った








だって 昨夜は 水で髪洗ったんだもん・・・

お湯のタンク空っぽだったんだもん・・・

いったいヘルパーさん 

何でそんなにお湯つかったのだろうか???

ブレーカーも 何度も落とされて PC壊れるよ・・

何年 この家に来ても憶えないのは なぜ?!

そこで 文句を母に言うと

『完璧求めすぎ!』

そう言われるけれど

これって そうなのかなぁ~っ???








そんなストレスがたまって

この家に 安らぎがなくなって

追い込まれていくのになぁ








でも

こんなeipyonに この世にたった一人だけ

『よく頑張ったね!!』

そう 言ってくれる人がいる

それは もちろん彼ちゃま

今日も 疲れて帰宅したeipyonに

『寒かったろ!よく頑張ったね!』

そんな言葉をくれた







たった ひと言

その ひと言で

救われるんだよ・・・







大人だからとか関係なく

頑張ったら 褒めて欲しいもの

褒めてもらえれば

子供は もちろん喜ぶけれど

大人だって 同じだよね

その ひと言で ”また 頑張ろう!!”

そんな風に 思えるんじゃないかなぁ~っ






言葉って

大切だよね

| | コメント (8)

★今度は ゆっくり 愛してね・・・

何で eipyon家に居て こんなに疲れてるんだろう

仕事よりも疲れてるんだけど・・・

でも

逃げられない現実なんだよなぁ~っ









そんな今日のeipyonのイライラは半端ではなかった

仕事を終えた彼ちゃまから電話がきても

もう 駄々っ子の連続・・・

『疲れた~っ!!!』

『お腹空いた~っ!!!』

『寒いから 外出たくない!!!』

『もうイヤだぁーーーーーっ!!!』

また また 壊れたeipyonでした








そんなeipyonに彼ちゃまは 笑って

『俺は・・・俺は どうしたら良いんだ~い???』

彼ちゃまの優しい言葉にeipyonは 感謝した

そして

彼ちゃまは eipyonの家に来る事になった








しかし

eipyonのイライラは止まらず

彼ちゃまへの言葉のキツイこと・・・

”eipyon何やってるんだろう・・バカッ!!!”

そんな事思いながらも イライラが止まらない







今日は 出前を取り 一緒に食べました

食べてる最中にチビが来て 

何だか 落ち着かない・・・

久しぶりに ふたり ダンマリの食事になってしまった








食事を済ませて eipyonの部屋に入った

彼ちゃま 何も言わずに 

抱き寄せて ギュッ  してくれた

eipyonは 

その一度の ”ギュッ” で 心穏やかになった

『風邪移したらマズイからな・・・』

彼ちゃま 軽いキスをeipyonにくれた

でも

そんなキスで終わるはずもなく

とにかく ふたり絡まりたくて

声出そうなほど eipyonは ”愛” を感じた





20081211 彼ちゃまは

eipyonのオッパイ攻撃・・・






20081212 彼ちゃまの坊や

元気♪ 元気♪








元気になった坊やをイイコイイコしながら

『ねぇ 彼ちゃま~っ!明後日のゴルフ これじゃあ重いよねっ?!』

『えっ???重くないよ~っ!!!』

『だって・・・溜まってるんでしょう???』

『・・・・・うん』

『これで 明後日大丈夫なの・・・飲み会行くんでしょう?』

『あのねぇ~っ!飲み会って言っても いつも言うお寿司屋さんで 変な店なんか行かないよぉ~っ!!』

『ふ~ん・・・』








そんな会話にながらも

彼ちゃまは eipyonを責めまくりまして

eipyonは ウッフ~ン になりまして

彼ちゃまも当然 坊やが爆発寸前でして

テヘッ 










彼ちゃまが帰る頃には 

eipyonのイライラは治まってしまいましたとさっ








しか~し

彼ちゃま帰った後

仕事のことで 電話が鳴りっ放し!!!

さぁ 明日と明後日は 地獄のようなハードな仕事

家に居るより良いや・・・

この家には やはり安らぎはない

頑張って 仕事へ行こうっと!!!








彼ちゃま

今度は ゆっくり 愛してね






2008121 そのままのeipyonを

受け入れてくれて ありがとう♪

| | コメント (2)

2008年1月21日 (月)

★もっと もっと 愛して良いのかな?もっと もっとが 増えて良いのかな?

本日のeipyonは 怖い夢で何度も目が覚め

ヌボーッとしておりました

一度目の夢 竜巻

二度目の夢 地震

三度目の夢 津波

とにかく怖かったデス・・・







そんなeipyonは チビに言いました

『チビちゃん ママをギューッして♪』

そして

チビは 最高の笑みを浮かべながら

『ギューーーッ!!!』

してくれましたっ

この頃

チビは 素直に eipyonに言うんです

『ママ~っ!さみしかったよぉ~っ!ギューッしてぇ~っ!』

って

そんな時 

ママは 素直に伝える事が出来るようになったチビが

嬉しくて 嬉しくて 思いっきり ギューッします

そんなチビですから ママの気持ち理解したのかな?

すごく 安心したママでしたっ







Dscf6659 チビの手

体が小さいのに ママと大きさが変わらない・・








彼ちゃまに ”おはよう♪” のメールを送った時に

夢のことを告げた

その後

昼休みなのか 彼ちゃまからメールが届いた

”eipyon 完璧に風邪ひいた~っ!!”

返信しようと携帯持ったら 彼ちゃまから着信

『eipyon・・・風邪引いちゃったよ~っ!!』

『あ~あ 大丈夫?!今日は早く帰らせてもらえるように ちゃんと言いなさいよっ!!』

『うん・・・でも仕事終わらせないとねぇ~っ!』

『彼ちゃまぁ 怖い夢だったよぉーっ!!』

『すごいなぁ~っ 何か強迫観念あるのかなぁ???』

『うん・・・ここのとこ体調悪いから怖いんだぁ・・・』

『そうかぁ~っ』






今晩から 雪が降ると言うが 

今 降ってるのかなぁ~っ






今日は eipyon一度も外へ出なかったな・・・

休みでも やる事は多々ありまして

掃除 洗濯 お裁縫 PCでのお仕事 etc・・・

色々動くけれど 頭がスッキリしない

eipyon ため息ばかり









午後3時過ぎに 久しぶりにホットケーキを焼いてみた

父と母と3人で 大きなホットケーキ2枚 

あっという間に食べ終わった

ホットケーキは 彼ちゃまの大好物

焼きながら 彼ちゃまのこと思い出してた

”このホットケーキ食べたら元気になれるかなぁ?”

なんて いつも彼ちゃまは eipyonの中にいる







仕事を終えた彼ちゃまから 電話がきたっ

『eipyon 今終わりましたぁ~っ!はぁ~っ』

『お疲れ様!大丈夫?』

『どうにかこうにか 仕事終わらせたよぉ~っ!』

『熱は?』

『わかんない・・・とにかく辛い・・・』

『今日は 早く帰って 温かい物食べて 寝なさい!』

『うん・・・昨日お風呂入ってないから入りたい・・・』

『う~ん 熱測ってからだよっ!なかったら 熱めのお風呂入って 出たら靴下はいて ちゃんと暖かくしなきゃね!』

『はい・・eipyonごめんね 今日は帰るね・・・』

『うん!ボーッとしてるんだから 運転気を付けて帰ってね♪お大事に』

『はいっ♪eipyon・・・eipyonに移してないか心配なんだけど・・・』

『大丈夫だよぉ~っ!!』

まったく!!!

eipyonのことばかり心配するんだからぁ~っ









そんな訳で

彼ちゃまダウンの為 eipyonは 彼ちゃまに触れることなく

今日が終わろうとしております









eipyonは 正直 体調不良が続き 凹んでいます

何だか また 引きこもっちゃうような気がしています

でも

こんなこと 何度も 何度も 乗り越えてきたんだもんね

自分で 抜け出さなきゃいけない!!!

そんな気持ちで 彼ちゃまにプレゼントされた

相田みつをさんの

”七転八倒” の言葉を 読み返してた








2008120 このプレゼントは 旅行へ行く際に

緊張していたeipyonへのプレゼントでした








彼ちゃまは いつでも どこでも

eipyonのこと 思い出してくれてる

そして

eipyonも いつでも どこでも

彼ちゃまを 思い出してる






それなのに

不安に思う心

さみしいと思う心

色んな感情たちが eipyonの中で暴れだす

そして

こんなに愛してしまったんだと気付く・・・









もっと もっと 愛して良いのかな?




もっと もっとが 増えて良いのかな?







☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆











昨夜

彼ちゃまのメールを思い出した

”eipyon 実は僕 ヤキモチやきなんだよ!でも カッコつけてるの!”

そんな 彼ちゃまが とても愛しくなってしまった

eipyonでしたっ






| | コメント (2)

2008年1月20日 (日)

★時には ”お前は 俺の女なんだよ!!” そんな風に思われたいのよ・・・

本日のeipyon 苦手な早起きして お仕事!!

仕事は 思ったよりもハードになり メチャクチャでした

忙しくて 昼食も抜きで バタバタ走り回り

もっと早く帰れると思ったのに 帰宅は夕方遅く・・

帰る頃には 車酔い状態でしたが 

このまま痩せ細るの事は避けたいeipyonは

強引に夕食済ませ帰宅







2008119 今日は キレイな飛行機雲が見れました♪

ツライ時は 上を向くんだっ!!






2008119_1 寒い日の空・・・

光が雲をキレイにしていくんですよね♪









帰宅して

彼ちゃまに すぐに ”ただいまぁ~っ♪” のメール送信

同時に 彼ちゃまから メールが届いてた

”今日は 帰るね・・・”

え・えーーーーーーっ!!!!!

eipyon 慌てて彼ちゃまに電話しました







『お疲れさま~っ!』

『今 帰ってきたの?』

『うん・・・』

『俺 まだ会社なんだけど eipyon忙しそうだから 慌てて帰ってくると可哀想だからメールしたんだ・・・もうすぐ終わるから電話するね♪』

『うん♪でも 無理しないでね・・・』

『はいっ♪』








eipyon 今日は会えないって思ってたから

コタツで冷え切った体温めながら

車酔いした体を休めてた

しばらくしたら

彼ちゃまから 電話

『eipyon 終わったよ~っ!』

『お疲れ様!!』

『出てこれる?eipyonの家の前なんだけど・・・』

『う・うんっ!ちょっと待っててくれる?!』

『はい♪』

さぁ 大変!!!

着替えて 髪の毛ボサボサなので 帽子で隠し

ドタバタ 彼ちゃまの待つ玄関へ GO!!!








『ごめんなさい!お待たせしましたぁ~っ!』

『いいえっ♪お腹空いてないんだよね?何処行く?』

『あのね・・・99ショップ行きたいんだけどぉ~っ』

『わかったっ♪』

しかし

彼ちゃま 元気ない・・・

怒ってる?????







『彼ちゃま・・・怒ってるの?勃起のことで・・・』



『ん?ハハハ・・・何で 勃起のことなんかで怒るのぉ~っ!eipyon・・・実は風邪気味みたいで 頭痛いんだぁ・・』

『えっ?何で言わないの・・・無理しないでって言ったのにぃ~っ!』

『うん・・・大丈夫だよ~っ!』

でも でも 彼ちゃまの笑顔が引きつってる

買い物サッサと済ませ 帰るのかと思ったら

彼ちゃま 秘密の基地へ・・・








『頭痛い・・・ボーッとしてるし 疲れてて・・』

『大丈夫?寝不足とPC修理してたから疲れたんでしょう・・・』

eipyonは 彼ちゃまの顔に手を当て ナデナデ

彼ちゃま ちょっとストレスになることがあったらしく

めったに言わない愚痴を言ってた

けれど

eipyonは eipyonらしく過ごした









『ねぇ 彼ちゃまは お友達だった頃eipyonの部屋に来る時ためらわなかったの?一応 女の部屋でしょう?!』

『う~ん 別に 困ってたから 問題を解決しに行ってただけで 意識してなかったからなぁ~っ!』

『そうかぁ~っ!eipyonが結婚してた事も 元彼と付き合ってた事も知らないもんね・・・あの頃 そんな話しなかったしね!』

『うん・・・知ってたら ちゃんと考えてたと思うよ!』

『ねぇ もしも 彼ちゃまに一人暮らしの女の人が困っていて SOS出されたら行くの?』

『う~ん その女の人との付き合いがどんな風なのかもよると思うよ~っ!』

『じゃあ 行く時にeipyonに言う?』

『もちろん!多分 そんな話が出たらその時に言うと思う』

『イヤって言ったら?』

『行かない!!』








『ねぇ じゃあeipyonが一人暮らしの男友達の所行くって言ったら?』

『その人がどんな人か聞いて 何の用事でかを聞くよ・・・それでeipyonが行くって言えば 良いよって言うよ』

『な・なんで・・・なんで 行かないでって言わないのっ!!』

『なんでって・・・前に何か言ったらeipyonは”そんな人じゃないもん!”って言ったじゃない・・・』

『う・うん・・・でも でも たまには心配してよぉーーーっ!!!』

『ハハハ・・・うん・・・』

『ヤキモチ妬いてよぉ~っ!!!体や怪我の事ばっかり心配しないで 父じゃなくて 男として eipyonを心配してよぉーーーっ!!!』

『ハハハ・・・父じゃなくてかぁ~っ!!!』

『好きじゃないんだぁーーーっ!!!』

『好きだよぉ~っ!!』

『じゃあ 行くなって言ってよ~っ!!!』

『だ・だって~っ!eipyon そんな人じゃないの知ってるし・・・』

『愛してないんだぁーーーーーっ!!!少しは心配してよぉ~っ!!!』

『ハハハ・・・愛してるよーーーっ!!!』










そんなこんなで

eipyonは 壊れてしまいましたとさっ








わかってるんだ・・・

散々 束縛され続けていたから

彼ちゃまが気を使ってることも

そして

eipyonが 友達を大切にしてるから

その友達を奪うことを元旦那にイヤだと言ったことも

みんな話してたからなんだよね








これは

eipyonのワガママだと知っています

でも

彼ちゃまは あまりにも 心配しなさ過ぎてたから

eipyonは さみしかったの







束縛され過ぎてもイヤだけれど

時には

”お前は 俺の女なんだよ!!”

そんな風に思われたいのよ

女心も複雑なのよん







200801192050000 いつも 

こうして 手を触れていたい程 好き



| | コメント (6)

2008年1月19日 (土)

★ 声聞いたら 会いたくなっちゃったんだもん・・・





今 過呼吸を抑える薬飲みましたデス・・・

この過呼吸は 1度起こすと 続く事が多いので

また 引きこもるのがイヤで 今日は自らリハビリ!








今日は 病院の日でしたので

その帰りに ちょこっと お出かけしましたぁ~っ

お金もないので ショッピング街をブラブラ・・・

別に 洋服見ても欲しいと思わないし

必要な物買って帰ろうと思ったら

彼ちゃまの好きな 洋楽のDVDが売ってて

即効買ってる自分 笑えました・・・

そして

彼ちゃまの好きなパン屋さんの前を通り

またもや

彼ちゃまの好きそうなパンを買ってる









帰る頃

彼ちゃま 仕事終わる頃かなぁ?! なんて

少しだけ 待っていましたが 電話が来ないので

eipyonは 渋滞の中 車を運転しながら

ボーッと 彼ちゃまの事を 考えていました






200801182222000 もう お外は真っ暗だ・・・

彼ちゃま 頑張ってるなぁ~っ








家の駐車場へ車を止めて

彼ちゃまに 

”昨夜寝てないから 今日は声だけ聞かせてね♪”

メール送信

実は 彼ちゃま 昨夜はPCの修理で ほとんど寝てない

彼ちゃまに買ってきたパンも無駄になるけれど

早く帰して 寝させてあげた方が良いと決断したのです








帰宅して しばらくしたら 彼ちゃまから電話

彼ちゃまの声 疲れてた・・・

でも でも 声聞いたら 会いたくなっちゃった

『あのねぇ~っ 今何処?』

『ん?まだ会社だよ』

『あのねぇ~っ パン買ってきたから 寄れる?』

『うん♪じゃあ行くねっ!!家の前着いたら電話するからね!』

『うんっ♪』

eipyon 彼ちゃま呼び出しちゃった・・・









eipyonは 彼ちゃまからの電話を待たずに

お外に 彼ちゃまを お月さん見ながら玄関にいました

寒いけれど お月さんがキレイで

その お月さんを見て ”キレイ” と思えるeipyonが

まだ いるんだって思ってた




ふと

見ると 彼ちゃまの車が見えた

急いで 近寄り 彼ちゃまにパンを渡そうとしたら

彼ちゃま 優しい顔して 車の助手席を指差した

eipyonは 嬉しかった

そして

彼ちゃまの車に乗ってしまいました










『eipyon 缶コーヒーでも飲もうか~っ♪』

『うんっ♪』

彼ちゃま 車を止めて 缶コーヒー買ってくれた

そして

近くの駐車場へ行き 

彼ちゃまは eipyonが買ってきたパンを

美味しそうに食べてくれました

『eipyon いつもありがとう・・・お金使わせてごめんな・・・』

『ううん!』

『病院は どうだったの?』

うん・・・先生がeipyonの話聞くだけで疲れるって!体の具合悪くなるのも当然だけれど 逃げられないのが現実だからって言ってたよ・・・』

『そうだよな・・・そう言えば サボテンのトゲは?』

『うんっ!今日は 昨日盛り上がってきてた長いの1本取ってもらったよ♪あと1本取れなかった・・・』

『痛いだろ・・・』

『彼ちゃまだって痛いでしょう!』

『まぁねっ!』

実は 

同じ右手の人差し指に彼ちゃまもガラスが刺さったまま

こんなとこまで 一緒なんです・・・








『彼ちゃまっ♪これ・・・』

買ってきたDVD渡したら

『何?えっ?』

『これ持ってる?見つけたから・・・』

『えっ?買ってきてくれたのぉ~っ!』

『うんっ♪』

『eipyonは 何か買ったの?』

『ううん・・・洋楽聴かないし・・・』

『・・・自分の物買えば良いのに・・・』

彼ちゃまは 目を潤ませてたけれど

いつも 

彼ちゃまは 自分の物我慢して eipyonの物ばかり

買っちゃうから これ位 eipyonは したいのさっ








200801182218000 やっと 安心した

昨日は 手もつながないで 帰っちゃったから・・






200801182219000 彼ちゃま

ピース   









長い時間ではなかったけれど

ふたりは 顔を見るたびに キスを交わしてた

甘えるeipyonを 彼ちゃまは 抱っこして 

またもや キス攻撃!!!

『彼ちゃま~っ♪愛してる???プッ・・・』

『おいおい!!愛してるって聞きながら噴くなってぇ~っ!』

『だ・だって・・・恥ずかしかったんだも~ん!!』

『ハハハ・・・うん♪愛してるよっ』

『どれ位?』

『いっぱい!!eipyonのブログの画像にあるでしょう!』

『うん♪』








彼ちゃま

ありがとう

| | コメント (2)

2008年1月18日 (金)

★ お気に入りのオッパイも 夢叶った途端 小さくなっちゃった・・・

何だか eipyonは体調不良の為 全てマイナス思考・・

昨年暮れに腰を悪化させてから 体重が減少

そして

”戦いの日” になり ホルモンバランス崩れ

過呼吸起こすことが多くなり

そこに 貧血が加われば 良いことなんて考えられるわけ

ないじゃん!!









仕事は 今 ヒマな時期

家にいることが多くなると

ストレスが溜まり 余計に過呼吸になる

そんなeipyonは 

今日はお庭でお方付けをして過ごしました









本当は 眠りたいんだよ・・・

グッスリと

誰にも邪魔されずにね





そんな元気のないeipyonに 

彼ちゃまは 新たな ”夢” を

今 少しずつ 作ってくれているのですが

また また 私たち すれ違っちゃっていてね・・・

どうも

彼ちゃまが忙しいときは eipyonがヒマで

eipyonが忙しいときは 彼ちゃまがヒマになる

だから

余計に ”夢” 叶った時感動が大きいのかなぁ

なんて思うのですがねっ









今年の ”ふたりの夢” は

eipyonがパニック障害になってから

怖くて乗れなくなった ”電車” に乗って

少し 遠くへ行く事なんですよん







この話 

実は eipyonから 彼ちゃまに伝えたんです

『彼ちゃま!eipyon電車に乗るのチャレンジしてみたいの・・・』

彼ちゃまは ビックリした様子でしたが

『そうかっ!じゃあ 少しずつ慣らそうか!最初はホームから慣れようか?』

『ううん・・・ホームにいたら余計怖くなるから 考える時間ない位急いで電車に乗ろうと思うんだぁ~っ!』

『わかった!楽しみだねっ!eipyon ”夢” 出来たねっ♪』

『うん♪』








でも

これは ”夢” だけじゃなく

eipyonの挑戦でもあるんだっ!

eipyonのパニック障害の発作は ”電車” で起こったから

それ以降 乗ることが出来なくなったからだ

電車に乗ると決まった時点で 発作は起こる

それは 予期不安だ

今まで 何度も 何度も 治りたくて 

チャレンジしては失敗に終わってた

でも

彼ちゃまだったら 守ってくれると思って

お願いしたんだ








『スゴイ顔しちゃうと思うし パニックしちゃうかもしてないけれどお願いします』

彼ちゃまに お願いしたら 彼ちゃまは 優しい顔して

『うん♪大丈夫だよ!』

そう言ってくれたんだ










早く 春が来ないかなぁ~っ







今年も 彼ちゃまと ”キレイ” を たくさん感じられると

良いなぁ~っ♪  









早く 元気にならなきゃ!!!

彼ちゃまの お気に入りのオッパイも

夢叶った途端 小さくなっちゃった・・・

もっと もっと ”夢” ふたりで作っらなくちゃっ!






ねっ!!

彼ちゃま 









2008115 春よ来い♪

はぁ~やく 来い♪





| | コメント (2)

2008年1月17日 (木)

★ 勃起=したい=浮気する そんな風に 考えてしまう・・・

本日のeipyon 貧血&過呼吸の中

仕事 頑張ってきましたぁ~っ!!

”そこから ちゃんと見守っていてね!”

そんなメールを彼ちゃまに送信して

”ここで ちゃんと見守ってるから!気を付けてね!”

そんな 彼ちゃまのメールに見送られ

何とか 薬と紙袋に助けられ 無事帰宅!!








☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆








さてさて 
昨夜のブログ の続きらしきものを

書きましょうかねぇ









ふたりは 

男と女の構造の違いや 脳の仕組みの違いについて

笑いあり 涙ありで 話しました

そこで

eipyonは ”勃起” は なぜ起こるのかを

真剣に聞きました

そして

『彼ちゃまは eipyon以外の女の人の裸見たら 坊や元気になるの?』

そう 彼ちゃまに質問しました

彼ちゃまは

『そりゃあ 元気になるよ~っ!』

『じゃあ 坊やが元気になるって事は したいの?eipyon以外の女と?』

『eipyon・・・男の脳は そう出来てるんだよ Hなものが目の前にあったら 坊やは元気になるんだよ・・・』

『・・・じゃあ 他の女としたいと思ってるんだ・・・』

『そうじゃないってぇ~っ!!』

『eipyon以外で 坊やが元気になるのイヤだなぁ・・・』

『う・うん・・・でも 見ないようにしたって 万一裸の女の人が目に前に現れたら なるに決まってるし 我慢できるかって言ったら わからない・・・ウソつくのイヤだもん・・・』

『イヤだ・・・ウソでも良いから しないよっ!って言えば良いのにぃ~っ』

『俺 イヤなんだよ・・・ウソつけないんだよ eipyonには ウソつけないの わかってるから・・・』

『eipyon以外の女の人見て 興奮なんてしないで・・・それって 他の女とも したいって事でしょう?!』

『違うんだよぉーーーーーっ!!』









eipyonは 彼ちゃまがそんな風になってるとこなんて

見たくないんだもん・・・

男だからなんて どうでも良いんだもん

彼ちゃまは 

今まで見てきた 汚い男たちと違うって 

思いたかったんだもん・・・








『eipyon 俺がHな雑誌で 一人Hするのと eipyonのこと思い出してするのと どっちが良い?』

『他の女はイヤだもーーーん!!eipyon思い出して してよ~っ!』

『そっか~っ!そう思うんだぁ~っ!』








eipyon 変かなぁ???








確かに

eipyonは ビクビクしてる

こんなに大切にされていても

”浮気” されるのが 怖くて 怖くて 仕方ない・・

今のeipyonは

勃起=したい=浮気する

そんな風に 考えてしまう











そんな考え おかしいのも わかってる

でも でも 怖くてね・・・








今まで 付き合ってきた男の浮気

元旦那の浮気

全て

”男だから仕方ない”

”本能だから仕方ない”

そんな言葉で片付けられてしまったら

この 深い傷は 無駄になる

汚らわしい男たちと同じような男だと

彼ちゃまを思いたくない

”理性” を失い レイプした奴

男だからと 当然の顔して H本見てる奴

そんな男たちと一緒にしたくない










私たちにとって

男と女の体の違いへの話し合いは

果てしなく続くことになると思う

けれど

eipyonは 彼ちゃまを信じたい

そして

こんな風に 誰とも話したことないような話を

彼ちゃまに話すことは 勇気が必要でしたが

やはり

信じたかったからなんです










eipyonだって

”仕方ないなぁ~っ!男だからね・・・”

そんな風に 割り切れたら どんなにラクになるか

そうなりたいんだよ・・・








2008116 今日も 彼ちゃま

eipyonのオッパイ攻撃して




20081162 坊やを元気にさせてたけれど

これは 嬉しいのですが・・・












女性の方





恋人や旦那様が 他の女性を見て

興奮して 坊やを元気になせてるところ見たら

ショックじゃありませんか?

自分以外の女性に興奮するのって

イヤじゃないんですか?

どんな風に思うのでしょうか?






| | コメント (8)

2008年1月16日 (水)

★熱い抱擁とキスを頂いちゃいましたっ♪

本日 eipyonは お仕事OFFでしたぁ~っ!

あまり体調も良くないので マイペースで・・・

な~んて思ってたら

母が買い物へ連れて行ってと言うので

彼ちゃまの会社の近くの大型スーパーへ行き

帰りに 園芸屋さんへ寄り道して

eipyonに不足していた

”青空” と ”キレイ” を 補充してきましたっ







20081151 やっぱり 空は青くなくちゃ!!







2008115 もう 春を感じさせるチューリップ

メチャかわいかったデス♪









帰宅してから

子供たちが 次々帰ってきたり

父がデイサービスから帰ってきたりと

インターホン鳴りっぱなしでバタバタ・・・

思いっきり眠りたいと体が要求していても

我が家には そんな時間はありませんでしたぁ








夕方

もうそろそろ 彼ちゃまが帰ってくる時間かなぁ?

なんて思いながら コタツで横になったら

ウトウト 寝ちゃいました・・・

そしたら

彼ちゃまから 電話がきたよん









彼ちゃま 何処かに食事でもって言うけれど

eipyonの家行こうかって言うけれど

eipyonは 彼ちゃまに 思いっきりペタッしたいから

いつもの秘密の基地へ行きましたっ









eipyonが思いっきり抱きつきたい!!

そう思ったら

彼ちゃまに先を越されてしまって

彼ちゃまから 熱い抱擁とキスを頂いちゃいましたっ

彼ちゃまったら

eipyonの弱い耳を攻撃してばかりで・・・

『感電しちゃうーーーーーっ!!!』 と

大騒ぎのeipyonでございましたデス

当然

彼ちゃまの坊やも 大きくなりまして

『彼ちゃま~っ!たまってるの???』

『う・う~ん・・・』

『まだ2週間しか経ってないよ・・・』

『うん・・・』

『彼ちゃまは 今 ”したい” の? ”抱きたい” の?』

『うーんとねぇ~っ・・・両方!!』

『何!!それっ!!』

『eipyon・・・抱きたいのは愛してるからで だから したいんだよ』

『・・・・・』

『出したいだけならば 誰でも良いんじゃない?!』

『・・・・・』

eipyonは ちょこっと 訳がわからなくなりましたデス







Dscf0005 長かった2日間

さみしかったんだよ・・・





Photo 彼ちゃまったら

ノーブラのオッパイが気持ち良いって・・

eipyonは 感じすぎるのにぃ~っ!








それから

ふたりは ”男と女の体や脳の構造の違い” やら

もう アダムとイヴが出てきちゃう位

真面目に 性のことを かなりの時間 話しました





こんな時は

彼ちゃまが先生になり

eipyonが生徒状態になり

まるで

保健体育の時間になるのですが・・・








この話しの続きは また 明日にします!!

だって

長くなりそうなんだもの・・・

| | コメント (2)

2008年1月14日 (月)

★ だって こんなに人を愛せるようになったんだもの・・・




今日は メチャ寒かった~っ!!

そんな日に限って お仕事のeipyon

朝から 時間変更されて バタバタで出発

しかし

体調は 最悪・・・

実は 昨夜は ほとんど寝ていません

”戦いの日” は 痛みだけではなく

eipyonを情緒不安定にさせるから

薬飲んでも 何しても 眠れないまま 

朝になってました







仕事は キツイしごとではなかったけれど

移動時間が長く 体調不良で薬に頼る1日でした

せめて

キレイな青空が見れたら良かったのに

今日の空は ドンヨリ曇り空

eipyonの心と同じでした







2008114第三京浜は 

渋滞がなくて 気持ち良かった・・






2008114_2 ドンヨリ曇り空に噴水は

何だか 自分を見てるようだった・・











*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*








昨日と今日は

彼ちゃまが用事があって 会えませんでした

たかが 2日間会わないだけで

こんな気持ちになるなんて

何だか 悔しい・・・

でも

そんな風に 思えるeipyonの発見は

なぜか

嬉しい・・・








だって

こんなに 人を愛せるようになったんだもの







さっき

彼ちゃまから

『eipyonさみしい思いさせてごめんね・・・』

なんて言われたけれど

eipyonは 正直に言いました

そして

『彼ちゃまの心にeipyonは いるの?』

そう 問いかけました

彼ちゃまの答えは

『僕の心の中は eipyonでいっぱい!!』








そんな彼ちゃまだから

こんなに好きになったんだよね・・・








明日は 
晴れるかな?

空も eipyonにも

青空見られるかな?

| | コメント (8)

★ 今 抱かれたい・・・ ”愛”が欲しいから



痛みと共に 不安になる心

そんな不安を忘れるために 

何となく 思うように動く事なんて出来やしないのに

動いてるeipyon







こんな日は

彼ちゃまと過ごした2年間を思い出す

そして

彼ちゃまとの楽しい時間を思い出す






このPCには

彼ちゃまとの たくさんの思い出が詰まってる

今日は 少し PCを整理した

彼ちゃまから届いたメールは 2500通位

そして

楽しかった ふたりの思い出の画像も 

このPCに 詰まっている

だから

必ず バックアップを定期的に取っている

けれど

バックアップを取っても

このPCからは 消せない・・・

eipyonにとって 大事な 大事なものだから







そんなことしてたら

ふと

先日 ふたりが交わした会話を思い出した

『どんな時にHしたくなるの?』

そんな問いを 彼ちゃまにした

そしたら

彼ちゃまは

『eipyon したい のと 抱きたいは 違うんだよ』

そんなことを言いました




したい時は 手をつないでも 話してるだけでも

坊やが元気になって 出したいって思うのだそうです

そして

抱きたい時は eipyonを愛しくなって 抱きしめたくなる

そう 

彼ちゃまが 答えたんです






その言葉を

eipyonは こう解釈しました



したい=下半身が欲しい

抱きたい=全身(心)が欲しい





女は Hに ”愛” 求めてる

けれど

出したいだけで 女を抱く男も多いのが

悲しい現実






でも

女だって わかるよね?!

抱かれてる時に 愛されてるかを

イクとか 気持ちの良さじゃなく

肌を合わせた時にさ!!






eipyonは 

それなりに恋をして

当然 Hもしてきたけれど

彼ちゃまに出会うまで ”愛” 感じたことなかった

我武者羅に求め合うことも なかった

それには トラウマも原因だったけれど

それだけじゃなく

”私だけじゃない・・・” 

そんなことが わかっていながら 感じるわけもなく

ただ ただ 天井見上げて 終わるのを待つ女だった

悲しくて ツライ時間





今のeipyonになるまで

彼ちゃまと 本当に良く話し合った

最初は 心閉ざしていたけれど

彼ちゃまは eipyonの傷ついた心を

一生懸命に 修繕してくれた

時には 一緒に泣いてくれた

時には 怒りまくり 

今にも相手を殴りに行くんじゃないかと思うほどだった





もちろん

話し合いは Hのことだけじゃなく

eipyonのこと全てなので

eipyonは 今まで 一人で背負ってきた

苦しみ 悲しみ 悔しさを 初めて 

人に話すことが出来た

そして

彼ちゃまに 閉ざした心全てを 見せることが出来て

今のeipyonがいる








そんな彼ちゃまだから

今 全てを本音でぶつけられる

飾らない言葉で・・・






今 eipyonは 抱かれたい・・・

”愛” が 欲しいから







Dscf0011 ただ ただ 

”愛” が 欲しい・・・

| | コメント (6)

2008年1月13日 (日)

★ ふたりの子宮だから  この痛みも ふたりで戦ってるんだよね・・・





さっき

『じゃあ またねっ♪』  って

彼ちゃまが 帰っていきましたよ







あんなに

楽しい時間を過ごせてたのに

あんなに

幸せな時間を過ごせてたのに

あんなに

痛みを忘れられたのに






”戦いの日” 
なんて

もう eipyonに必要ないのに

何で こんな痛みと戦わなきゃいけないんだろう・・

でも

彼ちゃまとの約束

”この子宮は ふたりのものだから 残したい”

この約束だけは 守る!!






彼ちゃまは

『eipyonが一番ラクになる方を選びなさい!これ以上苦しめたくない』

そう言ってくれたけれど

eipyonは 彼ちゃまに抱かれ 

この子宮で ”愛” を感じられるようになり

子宮の存在を 初めて気付かされたから

大事にしたいの

だから

この痛みと戦うことを決意したのだ









その気持ちが 彼ちゃまに伝わってるから

彼ちゃまは 今日も寒い中 疲れた体で

eipyonの家まで来てくれました

『こんな顔見せたくないよ・・・』

そんな事を言うeipyonに

彼ちゃまは 何度も 何度も

『eipyonの家に行くよっ!!』

と 彼ちゃま流の ”会いたい!” 

eipyonの傍にいてくれました









『何も作らないくて良いんだからねっ!!わかったっ?!何が食べたい?』

『うんと・・・ビーフシチュー♪』

『どこに売ってる?』

『セブンイレブンでもあるんじゃないかなぁ?』

『わかった♪買って行くから 待っててな!』

そして

冷たい手をして eipyonを抱きしめに来てくれた








2008112 この大きな手が

eipyonを守ってくれてるんだ







20081121 抱っこされて

お腹を擦ってもらうと 痛くなくなるの・・








彼ちゃまの膝の上に抱っこされながら

オデコをスリスリして キスを交わしたり

痛みで しかめっ面になるeipyonのお腹を

一生懸命にナデナデしてくれた

時々

イタズラする彼ちゃまだけれど

そんな時間も 痛みを忘れさせてくれた






2008112h
『何 ドサクサに触ってんの?』

『ん?ノーブラだから・・・』








彼ちゃまが 帰ったら また 痛くなるんだと思うと

なかなか帰す事が出来なかった

『そろそろ・・・』

その言葉を聞くたびに 涙が溢れてくる

そんなeipyonを 彼ちゃまは 幾度も 幾度も

『そんな顔しないの・・・』 って 目を潤ませて

抱きしめてくれた







そんな 彼ちゃまがいるから

この子宮を守れるんだよね

そう

eipyonだけじゃなく

ふたりの子宮だから

この痛みも ふたりで戦ってるんだよね








今夜は 

eipyonの手を 彼ちゃまの手だと思いながら

お腹を擦りながら 眠ろう・・・

| | コメント (6)

2008年1月11日 (金)

★ 大きくしたり 小さくしたりして遊びたいなぁ~っ♪




本日のeipyonは ”戦いの日” 突入で

泣いてます・・・







今日は 病院の日で 早目に行き

いつもの注射と 先日入ったサボテンのトゲを4本

抜いてもらいましたっ!!

彼ちゃま 一生懸命に抜いてくれたのですが

とても 刺抜きでは抜けないように深く刺さってましたぁ






そして


帰宅して あまりの不調で ダウンしましたぁ~っ








ウトウト横になってたら

仕事を終えた彼ちゃまから 電話

今朝の ”おはよう♪” のメールに

”戦いの日” が来たことを伝え

そして

珍しく eipyonは さみしさを我慢できなくて

彼ちゃまに ”さみしいよ・・・” と メールしてしまったので

彼ちゃまは 心配したようでした








『eipyon・・・大丈夫?痛いん?ごめんなぁ~っ!電話したかったんだけど 忙しくて・・・』

『ううん・・・すごく情緒不安定だから・・・』

『昨日 押したからだよぉ~っ!!まだ 早いんじゃない?』

『押したから 早く来て 早く終わるんだもん良いじゃん!!』

『そっかぁ~っ!!これから しばらくツライだろうけど 怪我だけはしないでなっ!!』

『うん・・・ツライから 代わって・・・』

『うん・・・代われるものだったらね・・・でも 男には耐えられないよ!きっと・・・』

『そうかなぁ~っ?1回位 この痛み味わって欲しいなぁ~っ!』

『eipyonは 次に生まれる時は 男が良いんでしょう?!』

うんっ!だって 面白いんだもん!坊やは 世にも不思議な生き物だもの・・・大きくなったり 小さくなったりしてさっ♪』

『そうだよなぁ~っ!』

『良いなぁ~っ!!彼ちゃま 坊やを持ってて!!』

『う・う~ん・・・』

『eipyonに坊やが1日だけあったら 大きくしたり 小さくしたりして遊びたいなぁ~っ♪』

『おいおいっ!!それ 変体に間違われるよ~っ!!!』

『ハハハ・・・』

『でもさ 女の人だって 不思議だよ!濡れるんだもん!』

『全然 不思議じゃないよ!eipyonすぐに洪水警報になるし・・・』

『うん・・・そうだねっ♪』

『やっぱり 坊やが欲しいなぁ~っ!!』







なーんて

何を 電話で話してるんだか 私たち








でも

そんな電話での会話で痛みもラクになる

時々

痛みで 話せなくなると

『痛いのかっ!!』 と 彼ちゃま 心配するけれど

電話を切ることが出来ないほど

eipyonは 心細くて 不安で ツラくて・・・

そんな気持ちが eipyonを駄々っ子にさせ

『彼ちゃまーーーっ!つまんないーーーっ!』

なんて 言葉になってしまう

彼ちゃまは 少しだけでも会おうかって言ってくれる

でも

この痛みの中 会ったら 彼ちゃまの手を離したくなくなる

だから

今日は eipyonは

『今日は我慢するぅーーっ!良い子にしてるーーっ!』

そう言って 

彼ちゃまと会いませんでした









明日から 世の中 3連休

eipyonの仕事もバタバタになりそう・・・

本当に ツイてない

この痛みと戦いながら 仕事で戦うのだ

でも

途中で逃げ出す事は キライだから

頑張ろう!!!









この戦いが終わったら

彼ちゃまと また 一緒にお風呂入るんだっ





A1 彼ちゃま

また 体洗ってね♪





Dscf7012 彼ちゃま

また シャボン玉で遊んでも良いよねっ♪






それまで

彼ちゃま&坊や 良い子で待っててね
























| | コメント (4)

★ 怒るのも ”愛” なのよね・・・

eipyon 昨日に引き続き

本日も バタバタ・・・

またまた 爆睡中に電話で起こされ

『仕事入ったよ!』と言われ

慌てて 支度してたら

『仕事中止!!』と・・・

時間がもったいないので 

頼まれたCDをCD数百枚を出し 探し始めたら

『やっぱり仕事!!』

キャーーーーーーッ

もう ドタバタ ドタバタ大騒ぎ

作業服に着替え 

チャチャッとメーク

キャーーーッ

もう 迎えに来ちゃった~っ!

慌てて バック持って 玄関出たら

携帯がない!!!

また 家に戻り 携帯持ち 出ようとしたら

ガンッ!!!

プリンターのトレイに目の上ぶつけたぁ~っ

痛い!痛いけど行かなきゃーーーっ!!







迎えに来てたトラックに乗ると

『お前・・・目の上から何血流してんだよぉ~っ!』

『えっ???ぶ・ぶつけたんだけど・・・血?』

『ほらぁ~っ!』

ミラー見せられて 初めて気付いたeipyonでしたぁ






大したことはないんですが

一応 消毒はトラックの中で済ませ

仕事を無事終了致しましたよぉ









帰宅して しばらくしたら

彼ちゃまから 電話

朝方までPCと戦っていたらしく

疲れきった声してたから

会えないのかなぁ?!なんて思いましたが

会えましたっ









彼ちゃまに 怪我の事言うと

暗い車の中では わからないので

コンビニでチェックされましたぁ・・・

『eipyon・・・慌てないの!!目じゃなくて良かったけど怪我しちゃダメだよ!!』

『だって・・・急いでたんだもん・・・』

『良いの!!急がなくても!!』

怒られちゃいましたぁ・・・








ふたりは 秘密の基地へ行き

色んな話をしながら 

手をつないだり キスをしたり 

『eipyon 怪我したら 手で押さえるでしょ?何で 血が出てるのわからなかったの?』

『ん?手でなんか押さえないよ~っ!』

『何で??? ”手当て” って言うのは 手を当てるからなんだよ』

『そうなのぉ?!eipyonしないよっ!そんな時間ないもん・・・』

『・・・・・』

『良いよっ♪これからは 彼ちゃまが手当てしてよっ!』

『あのねぇ・・・いつも傍にいられないでしょう・・・』

『う~んとねっ!彼ちゃまの会社まで行くからっ!!』

『えっ???来るの???良いけれど・・・会社の人がビックリするんじゃないかなぁ・・・』

『うん!良いよっ♪』

『う・う~ん・・・ でもね 本当に怪我だけは気を付けてなっ!!目なんか怪我したら 大変なんだから・・・』

『じゃあ 目じゃなかったら良いの?』

『特に!!!!!』

またまた 怒られちゃいました







でもね

彼ちゃまったら eipyon ”戦いの日” の前で

敏感になってるのに eipyonの首筋に・・・

『いやぁ~ん

『ああ~っ!敏感な時期なんだぁ~っ!』

『そうだよっ!お腹痛いけど したい日なのよん♪』

『そうだよねっ♪ゴメン じゃあ これは?』

『○▲□●△■・・・・・』

『ハハハ・・・何言ってんだか わかんね~よ~っ!!』

『もうダメ・・・ハァハァ・・・』

そんなeipyonに 彼ちゃまがくれたのは

優しい 優しいキスでした






P10001571 彼ちゃまは

eipyonの太モモ大好き♪









時々 グッって痛むお腹も

彼ちゃまが いつものように優しく擦ってくれる

しかし

eipyonは 痛くなると ギュッとお腹を押すので

『押さないのーーーっ!!撫でるの!!』

『何で?押すと 早く出て 早く終わるよっ!』

『そんな事ある訳ないでしょっ!炎症起こしてるんだから優しく!』

『だって!だって!早く来て 早く終わらないと 一緒にお風呂は入れないもん・・・』

『う~ん・・・お風呂一緒に入りたいねぇ~っ♪でもダメだよっ!押さないよっ!!』

『テヘッ♪』






寝不足な彼ちゃまですから

今夜のデートは 長時間ではありませんでしたが

やはり

彼ちゃまの傍にいて

彼ちゃまに触れて

彼ちゃまに触れられて

温もりを感じ

優しいキスで ”愛” 感じた夜でした





P10001551 やっぱり

この温もり 好きだなぁ~っ♪

| | コメント (4)

2008年1月10日 (木)

★ 不思議だね・・・






今日は eipyon かなり お疲れモードです

昨夜 今日は仕事がOFFだったので

朝方まで 色々してたんだけど

今日の朝 爆睡してたら 

”仕事だよ!” と 電話で叩き起こされたぁ~っ!

もう ドタバタ支度して 行って来ましたぁ 








Img_0419 eipyonは

なぜか 橋が好きなんです♪










帰宅したら

来客で 身動きできず

カメラ持ち 車で出かけました

仕事の帰りに 見た夕陽がキレイだったので

急いで行けば!!! と思い 行きましたが

着いたら 

太陽が 太陽が なかった・・・・・








Img_0434 今日は いつもと違う所へ行ったのに

夕陽が見れなかったよぉ~っ!










しばらく

初めて歩く道を のんびり歩いてみた

とても 新鮮だった

だから

来て良かったって思いましたっ







帰りに

大きなお花屋さんに寄り道

母の好きな キンギョ草を買いました

eipyonも ミニジュリアンを買いました


Img_0440 店内は

色とりどりの花が沢山でした








この お花屋さんは 何度も来てるんだけど

来る度に eipyonが感じる”キレイ”が増してる

お花は 女ですから 好きでしたが

わぁーーーっ!!  きれいーーーっ!!

なんて 思わなかったのに・・・

不思議だね






お花を買ってルンルン気分で

車を走らせ 違う場所へ GO!!!

eipyon 遠くには行けないけれど

車の運転 だーいすき

彼ちゃまは 心配しますが

ビュンビュン走るのが 快感 

今のeipyonには ストレス発散になるんだも~ん!








次の目的の場所へ行き

ちょこっと お買い物して お会計してたら

彼ちゃまから 電話だーーーい

『eipyon 今 終わったよ~っ!』

『お疲れ様!』

『今 何処?買い物かぁ~っ!』

『うん!今 終わったぁ』

『今日は 大変だったなぁ~っ!急に仕事で・・』

『うん・・・もう ドタバタだったんだぁ~っ!』

『だよなぁ~っ!!!』

そんな会話を しばらくしましたが


今日は 

彼ちゃま 壊れたPCと格闘すると言うので

電話でのデートでした






eipyonも ”戦いの日” の前兆でツライので

帰宅して 

今日のノルマを終えたので

今夜は 早目に寝ますデス・・・

| | コメント (2)

2008年1月 9日 (水)

★幸せの汗と幸せの涙・・・

本日も eipyonは仕事がなかったのでOFF

お休みは 嬉しいけれど

金銭的に苦しいなぁ・・・







お休みが続くと 

eipyonは のんびりするのではなく

とにかく動きます

昨日も スチールラックをバラバラにしたり

洋服を圧縮したりして お片づけしましたが

今日は 物置中心に片付けましたっ!!!








風邪は おかげさまで だいぶ良くなりましたが

今度は ”戦いの日” の前兆デス・・・

下腹部が重痛いし 左の卵巣が痛くてねぇ

でも

ジッとしてると余計な事考えちゃうので 動く!!







はぁ~っ と 一休みしてたら

彼ちゃまから 電話がきたっ

何処かで 食事でもって言われたけれど

eipyon 不調と疲れで 外出不可能なので

彼ちゃまが 家に来てくれましたっ








やはり

彼ちゃまの訪問は い・き・な・り ですので

eipyonは 台所で バタバタ・・・

だって

せっかく来てくれるんだもの

美味しいもの作って食べてもらいたいもの









鶏肉大好きな彼ちゃまに

eipyonは 鳥の唐揚げを作りましたぁ~っ!

時間もなく 彼ちゃまの前での料理は照れちゃうので

後は

お吸い物と とろろご飯









彼ちゃまは

あまり食欲ない・・・と言ってたんだけど

ニコニコしながら

母と話しながら

eipyonと夫婦漫才しながら

たくさん食べてくれましたっ









食後は お兄ちゃんの(甥)の修学旅行のビデオを

一緒に見ました

養護学校の先生達の ”愛” を 一緒に感じたかった

そして

障害を背負いながら 頑張ってる子供たちの姿を

実際に見せたかったのです

彼ちゃまは 純粋な子供たちの姿を見て 大笑い

元気な先生たちの姿を見て 感心していました






ビデオ鑑賞の後は

eipyonのお部屋で まったりムード

我が家に帰ってきたような彼ちゃま

何も言わずに ふたり並んでコタツの中

彼ちゃまは eipyonを抱き寄せ キスをくれた








『彼ちゃま~っ!eipyon今日 サボテンのトゲが刺さって痛いの!』

『ん?どれぇ~っ??? あっ!eipyon毛抜きある?』

『うん・・・』







200801082301000 『これ痛いだろう・・・』

『うん・・・ちょっと痛い・・・』







トゲを数本抜いてくれたよん







その後は ふたり ベッタリ

eipyonは 彼ちゃまに寄りかかりながら

ウトウトと寝てしまいましたぁ~っ

目を覚ますと 

彼ちゃまが 優しい顔して ずっと見てたようでしたぁ







200801082254000 幸せなんだぁ~っ♪

こんな時間がさぁ~っ♪











目を覚ましたeipyonに

彼ちゃまは 顔中にキス攻撃!!!

まるで eipyonは赤ちゃんになったようデス・・・

でも

eipyonは 赤ちゃんでは ありませんでしたっ!!








『彼ちゃま~っ!坊や 大きくなったぁ~っ???』

『え~っ?!大丈夫だよ~ん♪』

坊やのチェック

『あれぇ~っ?!』

『・・・・・』

そんなことして

ふたりで遊んでましたが

そんな時間も あっという間ですね・・・








『さぁ eipyon こんな時間だ!帰らないと・・・』

『・・・お泊りする?』

『ん???eipyon・・・今度ね』

『・・・お泊りしないの?』

『eipyon そんな悲しい顔しないのぉ~っ!』

彼ちゃま 

eipyonを抱きしめて キスをくれた








彼ちゃまを送りに

ふたりで 駐車場まで行きました

『彼ちゃま!オッパイ痛いの治らないの・・・』

『う~ん 今度 いっぱい揉もうねっ♪』

『うんっ♪』

『うん♪ってかい・・・ハハハ・・・』

『でもさ もうすぐ戦いの日だよ・・・我慢出来る?』

『大丈夫だよーーーっ♪』

『溜まってないの?空っぽ???』

『ハハハ・・・空っぽじゃあないけどねぇ~っ!大丈夫だよ♪』

そんな会話も 楽しいのですが

コインパーキングの精算をしたら

バイバイの時間・・・

今夜のeipyonは なぜか ウルウル

『eipyon・・・』

『ありがとう♪』

『うん♪こっちこそ ご馳走様!美味しかったよっ!』






彼ちゃま

心配そうに eipyonが見えなくなるまで

ハザード点滅させて 帰って行った







彼ちゃまは 

寒いのに eipyonエアコンも入れてないのに

汗ダラダラで タオル離せないので

『冷や汗???』 と 聞いたら

『ううん!幸せの汗!!』

そう言ってたけれど・・・






彼ちゃま


今 eipyonの目から 

幸せの涙が ポロポロ出ています・・・




| | コメント (4)

2008年1月 8日 (火)

★ 会えて嬉しくて 手をつないで 安心して

本日 eipyonは お休みでしたぁ~っ

なのに・・・

朝早くから TVの音と 父の怒鳴り声で起こされ

その後

インターホンと電話の音が続き

最悪の目覚めでしたぁ~っ!!!








イライラして仕方ないので

彼ちゃまに教わったように 部屋のお片づけしました

しかし

ヘルパーさんがいるし

今日は 父もいる

そして

次々来る お客さんで

思うように動けず・・・








でもでも

何とか 頑張ってみましたぁ~っ!!!

夕方 5時まで・・・







片付け終わってから

買い物へ行き 帰宅したら

夕飯の ”七草粥” が 用意されていました







Dscf7029 毎年 食べてる物を食べないと

何だか落ち着かなくて 用意してもらうの♪











七草粥食べ終わった頃

彼ちゃまから 電話がきたっ

今日から 帰宅が遅くなるって言ってたし

仕事のお持ち帰りが続き 疲れきってる

だから

今日は ”電話” だけと思ってた










電話での会話は 笑いが耐えなくて

話も尽きなくて

すごく 楽しい時間だった

けれど

eipyon 何だか とっても会いたくなって

『彼ちゃま 何処にいるの?』

『ん?会社の近くだよ』

『あのね・・・渡したい物あるんだけど 寄れる?』

『うん!じゃあ 行くね♪』









そして

彼ちゃま eipyonのマンションの前まで来てくれた

『おかえりぃ~っ♪』

『ただいまぁ~っ♪』

彼ちゃま 車から降りようとしたから

eipyon ちゃっかり 彼ちゃまの車に乗っちゃった

テヘッ









車に乗ると

彼ちゃま その場で 話し出すので

『ここイヤなんだけど~っ!』

『あっ!はい・・・』

彼ちゃま 目的もなく 走り出す







少し 走って 車を止めて

いつものように 手をつないだ ふたり

eipyon 写真を撮ろうとした時

ふと 彼ちゃまに言った

『彼ちゃま この手のつなぎ方が一番愛し合ってるんだよ♪』

『えっ?そうなの?』

『うん♪良く聞くよぉ~っ』

『へぇ~っ!そうなんだぁ~っ♪』






Photo これは愛し合ってる 

仲良しの恋人同士の手のつなぎ方






200801072212000 これは

まだまだって 感じの手のつなぎ方










本当なのかは わからないけれど

eipyon 昔から 聞いたこともあるし

雑誌で読んだ事あるんだぁ~っ









そう言えば

付き合い始めの頃は 画像2枚目のように

手をつないでることが 多いんじゃないかなぁ・・・

なんて 思うのですがね












彼ちゃまと 過ごした時間 30分位

でも

会えて嬉しくて 手をつないで 安心して

キスして 幸せ感じたよん

彼ちゃまは

『eipyon ごめんな・・・』 って言うけれど

例え 30分だったとしても

電話やメールじゃなく

愛する人が 目の前にいて

すぐ手を伸ばせば 触れられて

目を見て話せるんだもの

嬉しくて 幸せなんだよん










確かに

こんな日が 連日続けば 

情緒不安定にもなるんだろうけれど

会えないと思ってたんだもん・・・

その分

嬉しいに決まってるじゃん








彼ちゃま

ありがとう






| | コメント (6)

2008年1月 7日 (月)

★ それが ”恋” なんですよねっ♪

本日 eipyonは無事に仕事復帰いたしましたぁ~っ

そんなにハードな仕事じゃないのに

久しぶりの肉体労働は キツかった・・・

ちょこっとミスもしちゃったけれど

何とか 終了させましたっ!!!







仕事から帰宅してから

薬局へお買い物しにいきましたっ

久しぶりに 商店街に行ったら

『あけましておめでとうございます!』 と

会う人 会う人に 言われてしまいましたぁ








買い物途中で 彼ちゃまから 電話が入りましたぁ

実は 昨夜 eipyonは さみしさや不安が爆発して

彼ちゃまを責めまくり 苦しませてしまい

夜中になり 

『今夜は もうよそう・・・』

彼ちゃまが 止めました








eipyonは その後 メールで

『信じたいだけなのに・・・安心したいだけなのに・・・大好きだからなのに・・・ごめんなさい』

そんな言葉を送りました

彼ちゃまは

『ごめんね・・・僕も大好きだよ♪』

そんな言葉をくれました








昨夜

そんな 私たちでしたが

彼ちゃまは eipyonの買い物先まで 来てくれました

彼ちゃまのポッケに入った手に 

そっと eipyonの手を入れたら

彼ちゃまが その手をギュッ てしてくれました





それから

ふたりで コーヒーショップで のんびりコーヒー飲んで

たくさん たくさん 話をしました

昨夜の話には触れずに

普段と変わりなく 笑いながら 楽しい時間でした








200801062042000 彼ちゃまは クリスマスプレゼントであげた

セーターを着て来てくれましたっ♪











帰りは ふたりでお買い物でしたっ

彼ちゃまは ドンキーに行こうと言いましたが

本人は スッカリ忘れてるけれど

今日は 日曜日です

人ごみに入ると 気分が悪くなる彼ちゃまなのに・・

だから

eipyonは 『行かない!!』 って答えたの










その代わりに

コーヒーショップの近くのお店で仲良くショッピング

薬局では 入浴剤を買おうと ふたりで悩みました






200801062040000 『牛さんの入浴剤カワイイ♪でもミルクの香り?』

『だって 牛さんに入ってるもん 当たり前じゃん!』








eipyonは 牛乳のニオイが嫌いなので

牛さんは 却下・・・

と その時

目の前に ”体脂肪を減らす入用剤” があった!!

『あっ!彼ちゃま~っ これ買って入りなよ~っ!』

『えっ?これで痩せるのかなぁ~っ???』

『試してみれば?!だって お腹ぶつかったらH出来ないジャン♪』

『・・・・・・・』

彼ちゃま ソソクサと消えていく・・・

『何処行くのーーーーーっ!!!』

『eipyon と・そなりに人がぁ~っ・・・』

『えっ?そうだった~っ???テヘッ♪』

『お・おれ・・・汗が止まらないーーーーーっ!!』

『ハハハ・・・』









これだから

お買い物が楽しいんじゃないねぇ~っ








お買い物済んだら

今日は 別々の車で 帰るので

ギュッもチュッもない・・・








『彼ちゃま~っ!ギューもチューもしてなーーーい!』

駐車場は 明るく 人が前をたくさん歩いてる場所

彼ちゃまは キョロキョロしながら

eipyonを ギューーーッ して チューーーッ 

そして

笑顔でバイバイしてきましたっ 










彼ちゃまに会えば

不安など ぶっ飛んじゃう!!!

彼ちゃまと手をつなげれば

幸せで ニコニコ!!!








そう

eipyonは 単純なんです

でも

それが ”恋” なんですよねっ





200801062041000 この手が この温もりが

eipyonには 必要だったんです・・・

| | コメント (8)

2008年1月 6日 (日)

★会わないと思ってはいたけれど・・・

本日のeipyonは 一歩も外へ出ることなく

一日が終わろうとしています







昨日の母との言い合いで涙したけれど

今日は 感情的にならずに

彼ちゃまに教わった ”話し合い” をしました

いくら家族とはいえ 考え方 価値観の違いがある

けれど

eipyonは 一生懸命に ”話す” ことにしました






今日の母は 冷静になり 考え込んでいました

どう受け止めたかは わからない

けれど

少しは 伝わったと思いたい

親子ですから また こんなバトルはある

けれど

”話すこと” を 大事にしたいと思います







ところで

eipyonの風邪は 少しずつ 治ってきていますが

やはり

彼ちゃまに移しては 悪いと考え

会う事を我慢しようと決心しました







仕事を終えた 彼ちゃまから 電話がきた

コンコン咳するeipyonを心配していました

そして

『eipyon この間 お腹痛くならなかった?』

『うん♪だって 激しいHじゃなかったじゃん!!』

『そ・そう・・・』

なーんて

またもや 彼ちゃまを絶句にしてしまいましたデス






楽しい会話をした後

彼ちゃまは 用事が出来て会えないと・・・





eipyon 会わないつもりだったのに

何だか 妙に さみしくなってしまい

電話を なかなか切れずにいました

彼ちゃまは

『eipyon ごめんな・・・早く良くなってなっ!』

そう言って 用事を済ませに 出かけました







eipyonは 

今日は 顔だけでも見せてくれるかな?

なんて

少し 期待してた







さぁ

でも こんなeipyonも 今夜で さよならデス!!

明日から 仕事へ復帰しますよ~っ

熱があろうと 咳で苦しくても 復帰します

外へ出て 汗を流して 笑えば 何かが変わる

きっと・・・・・






Photo 鳥のように

明日 eipyonは 羽ばたいてきます!






Photo_2 明日は 

こんな青空が見れるかな~っ♪

| | コメント (2)

2008年1月 5日 (土)

★ 理解者は 彼ちゃまだけで良い・・・

本日のeipyonは 凹んでます

昨夜は 咳き込んで眠れず

”苦しいよ・・・朝が来ちゃうよ・・・” と

朝5時に 彼ちゃまにメール送信

もちろん

返信など 望んではいません

ただ ただ 心細くて 安心したくて

メールを送信したんだ






朝方 生姜で葛湯作って飲んで

少しウトウトして起きたら

静かな我が家でした

父は デイサービスへ行き

母は 義兄と何処かへ出掛けたようだった





eipyonは 何だか ホッとした

うるさいTVの音もなく

子供が騒ぐ声もなく

平和な朝なんて 久しぶりだったから

心穏やかだった






しかし

そんな時間は 30分程度しかなく

母が帰ってきたと思ったら

また

あんなに伝えたのに 

チビを連れて来た





eipyon 昨日から 何度もキレそうになってた

けれど

お正月早々 喧嘩もしたくないと 我慢した

でも もう我慢できなかった







母との喧嘩は 半端じゃない

母は チビに姉を重ね合わせている

愛情を注ぐのと 甘やかす事は 違うのに・・・

eipyonは 邪魔で言ってる訳ではない





義兄である父親との距離がドンドン広がり

全く 自分の家に帰らなくなり

修復不可能状態になってる事も良くない





家族が病気になったら

静かに寝させてあげることを教えなければならない






もうすぐ学校へ行くのだから

風邪が移って 学校を休むようになると困る





eipyonは そんな事を きちんと伝えながら

『家に帰りなさい!』

そう言っていたのに

母は eipyonのワガママだと言う

そして

喧嘩の母の最後の言葉は いつも

『親離れしてないくせに!』 である






eipyonは そんな言葉を言われるたびに

悔し涙が出る

eipyonって 都合の良い同居人なんだなって

苦しい時だけ必要なんだなぁ~って

後は 居候なんだなぁ~って






どんな事してでも

家族を守ろうと 必死で生きてきたけれど

自分の体投げ出して暴力団とも戦ってきたし

弁護士の手配やら 裁判に必要なことも全て

eipyon ひとりでやってきたのに

全て終わったら 

必要ない人間になったのね・・・







そう

eipyonは 居候です

お金も入れられない 居候です

親の年金で借りてるマンションに住まわせて頂いてます

だから

全てを従って ここに住めば良いのでしょうか?






こんな事ならば

具合悪くても 寝ていられないのならば

熱があろうと 仕事へ行けば良かったよ

この家には eipyonの安らぐ場所などないんだもの







今 母は 何かを見失っている・・・






彼ちゃまに 電話でeipyonは 全てを語った

彼ちゃまは eipyonの悲しみを怒りに変えた

そして

『きちんと話さないとダメだよ!怒っても良い事なんだよ!』

そう言ってくれた

彼ちゃまだけは eipyonに味方でいてくれた

eipyonは それだけで良いって思った








2008年がスタートしたばかりなのに

凹むことばかりだなぁ・・・・・






2008142 今日は 

空も泣いてるように感じました・・

| | コメント (4)

2008年1月 4日 (金)

★ 大切な記念日 Ⅱ

本日 eipyonは 年明け早々 寝込んでます

eipyonが1日布団の中で過ごす事なんて

精神的に参ってしまうので 珍しい事

朝起きて 汗ビッショリのパジャマを着替えて

自分で おかゆ作り 食べて 薬飲んだ

お昼も 自分で 温かい お餅を柔らかくしたお雑煮

自分で作って 食べて 薬飲んで寝た

夜も・・・

まるで 一人暮らしのようだ

家族は 冷たかった・・・

eipyon今まで 家族が寝込むと いつも看病してきたのに

悲しかったなぁ~っ





*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*



さて



昨夜のブログ の続きを書きましょう





*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*





eipyonの体調を心配して 

反対していた彼ちゃまですが 

eipyonの気持ちを受け止め

いつものホテルへ GO!!!








お腹を空かした彼ちゃまに

eipyonは お弁当を渡すと 彼ちゃま 大喜び




200812_2 彼ちゃま

夢中で 鶏肉齧り付いてたよぉ~っ!









お食事を終えて

eipyonは 新しい下着を披露しましたっ

『彼ちゃま~っ!見てみて!』

『わぁ~っ♪ドレスみたいじゃん!今日の為に・・』

『カワイイ?気に入った?』

『うん♪写真撮ろうかっ!』

彼ちゃま 寒くないように 暖房の温度を高くして

eipyonの ”キレイ” を 写してくれました





200812_3 『eipyon ドレスみたいだねぇ~っ♪』

『そう???』

『えっ?自分で見て選んだんでしょう??』






200812_4 『eipyon 顔なしでキレイに撮るの難しい!』

と 悪戦苦闘の彼ちゃまの額には 汗・・・








Dscf69811 彼ちゃま

ついに 手がオッパイへ・・・







eipyonは そのまま ベットで彼ちゃまに

たくさん たくさん 愛されました

いつものように 激しく 愛し合うことなく

優しく 優しく 彼ちゃまは 愛してくれました








熱めのお風呂を用意して

『eipyon 今日は髪の毛洗っちゃダメだよ・・・』

『はい・・・』

体を洗い 熱めのお湯に薬湯

ふたり のんびり 入浴タイム





お風呂から出ると

彼ちゃま パンツ履こうと・・・

『何してんの?!』

『ん?』

『イヤだーーーっ!!まだ 帰らないーーーっ!!』

『eipyon 今日は 帰ろう・・・』

『イヤだぁーーーっ!一緒にネンネするーーーっ!』

『わ・わかった・・・』




ベットで 彼ちゃまに抱きしめられ

さみしかった分 

彼ちゃまに イイコイイコしてもらいました

『さみしかったん?』

『うん・・・さみしかった 楽しいこと 幸せなことが多くなってる分 さみしくなるんだよね・・・』

『そうかぁ~っ!ごめんな・・・』

ふたり

抱き合いながら 色んな話をしました








坊やで遊ぶeipyonでしたが

坊やは とても素直なので ビックリしましたよ

だって

イチャイチャしてると 坊やは ムクムク大きくなるけど

真面目な話になると シュルルル~ッって 小さくなるの

こんな風になる坊やを eipyonは 研究中デス








結局

ベットで もう1度抱かれ 愛を感じ

また 熱めのお風呂に一緒に入り

抱っこされながら 幸せ感じました





そして

思い出の場所で買ってもらった

ペアのネックレスを

彼ちゃまは eipyonに

eipyonは 彼ちゃまに

着け合いっこして

私たちの 大切な記念日は 思い出に変わりました





20071212_1 また

一緒が増えました♪








彼ちゃまに 初めて抱かれた日から

あっという間に 2年が過ぎました

『今の彼ちゃまのままでいてね♪』

『うん♪俺は変わらないよっ♪ずっと・・・』

そんな言葉が 嬉しかった eipyonでした









| | コメント (2)

2008年1月 3日 (木)

★ 大切な記念日


本日 1月2日は 大切な記念日

なのに

eipyon 風邪でクラクラ・・・

何やってんだか!!!









朝 彼ちゃまから電話がきた

『eipyon おはよう♪』

『おはよう♪』

『・・・eipyon 大丈夫かぁ?スゴイ声だけど・・・』

『ん?うん・・・大丈夫』

『おいおい!大丈夫じゃあないだろう!!』

『大丈夫!!』

『eipyon 今日は初詣行って 美味しいもの食べて帰ろう♪』

『イ・イヤだよ~っ!お弁当作ってるんだもん・・・』

『お・おべんとうって・・・うん!わかったよっ♪待ってるから用意出来たら電話してね♪』

『うん・・・ちょっと時間かかるよ・・・』

『うん♪焦らなくて良いから!待ってるからネ♪』







それから

eipyonは 昨夜から下ごしらえした 彼ちゃまの大好物

鶏肉のうま煮を作り etc・・・

そして

今日の日の為の 新しい下着を身に着けて

彼ちゃまに電話した










彼ちゃまは いつものように 

eipyonの家の近所で待機していてくれた

さぁ 

ふたりの大切な記念日の はじまりデース








まずは

ふたりで 初詣に行こうということになり

彼ちゃまの車に乗り 出発!!!

でも でも 

彼ちゃまは eipyonの顔色みて わかっちゃいましたぁ

お熱があること・・・・・







『eipyon 熱は?』 

って オデコ触ろうとするので

eipyonは 逃げまくりましたっ!!

だって

わかったら 帰されちゃうもん・・・







神社へ到着!!!




2008 今日は 青空がキレイでした

去年も ここへ来たんだよね ♪





2008_2 ふたりの影が

何だか 嬉しかった~っ!!









ふたりで 参拝して

お守りを買い おみくじにチャレンジ!!

ふたり ”小吉” でした

eipyonの おみくじの恋愛には 

”ワガママ言っちゃいけません!” と書かれており

彼ちゃま 大笑い!!






2008_3 ふたりで

おみくじを結んできましたっ♪








初詣を終えて

今度は eipyon 

急に 亡くなった姉のお墓に行きたいと言いまして

急遽 お花や お寺さんへのお年賀を買いに行き

彼ちゃまと初めて お姉ちゃんのお墓に行きました






その後

またまた eipyonのリクエストで

いつも行く 大きな公園へ GO!!!

寒い中 歩かせる事をさせたくないと

彼ちゃまは 反対したのですが

どうしても

彼ちゃまと 富士山が見たかったのです








お正月だというのに

公園には たくさんの人がいました

でも

大きな公園ですから

たくさんの自然にふたりで触れ キレイを感じました






2008_4 青空 たくさんの木々

ここには たくさんの自然があります





2008_5 彼ちゃまは いつも以上に

しっかりと手をつないでくれました♪


200812 いつも

ひとりで来る公園

今日は ”ふたり” なんだ♪







P10100691 富士山 見えましたっ♪

でも でも 電線が ジャマーーーッ!!









大きな公園を 途中まで歩きましたが

やはり eipyonは 体が辛くなりまして

顔色見た 彼ちゃま

『eipyon 休憩しようかっ!』 と ベンチで一休み

そして

車に戻った







『eipyon 今日は ここでお弁当食べようかっ!』

『・・・落ち着かない』

『じゃあ 何処で食べるの?』

『ホテル・・・』

『えっ?本当に行くの?無理しなくても・・・』

『ちょこっとだけでも行きたい・・・イヤ?』

『ううん・・・じゃあ 行こうかっ!』

『うん♪』






今日は 

ふたりの記念日だから

どうしても 

eipyonは ふたりっきりになりたかったから・・・








ってな事で

今夜は ここまでにします

eipyon お熱が38度・・・

はぁ~っ 





続きは 

また明日デス






皆さん

風邪引かないようにねーーーっ!!


| | コメント (4)

2008年1月 2日 (水)

★ 会えなかった分だけ抱きしめて・・・



元旦が終わった・・・

大嫌いな 元旦が 終わった・・・






元旦には 

この世で一番憎い奴が来る日

何事もなかったような顔して

新年の挨拶へ来る

それは 実の兄

私たち家族から 何もかも奪った奴







今更

親を心配してるかのように

お年玉をあげて 良い気分なのでしょうか?

eipyonは 例え 兄でも一生許せません

だから

この部屋から 一歩も出ずにいました








ちょうど 

兄が来た時 相棒から電話が入り

事情を知っているので 

『外へ出るか?出られるか?』 と言われたけれど

やはり

今は 彼氏ではないし 

お正月早々 彼ちゃまに悪いような気がして

断り ジッと 部屋で嵐が過ぎ去るまで過ごしました








そんなeipyonですが

実は 大晦日から 風邪を父から頂いたようで

かなり 不安を抱えながら 過ごしています

腹筋が痛くなるくらい 緊張して過ごしています








来客もたえなくて

新年早々 バタバタでした

そんな中で 嬉しい来客もありました

それは

亡くなった姉の大親友が 姉に会いに来てくれました

姉が亡くなった時

eipyonに 『ここに姉ちゃんがいるんだからなっ!』って

抱きしめてくれた人

姉が亡くなった後も 自分の親のように

eipyonの親に会いに来てくれます

eipyonにも マメにメールをくれます

そして

今日も eipyonを抱きしめてくれました






彼ちゃまからも 電話がありました

『大丈夫か?』 って

やはり

兄のことがあったので 心配していました

でも

eipyonは さみしい気持ちが邪魔をして

彼ちゃまに素直になれず 反抗ばかりしていました

お酒が入ってると言うので

『酒飲みの旦那さんなんてイヤだなぁ~っ!!』

『おいおい!缶ビール2本位で・・・俺酔ってないよ!』

『酔っ払ってないって言う奴が酔っ払いなんだよーっ!』

そんな風な 会話しか出来なかった







でも 明日は 

私たちの大切な記念日

彼ちゃまに会えなかった 長い長い日が 終わる

『明日 何処行きたい?』

『何処も行きたくない・・・混んでる所行きたくないもん』

『そうだね・・・じゃあ 違うホテル行こうか?!』

『ううん・・・慣れた所で落ち着きたいなぁ~っ!』

『そっかぁ~っ!じゃあ 明日 楽しみにしてるね♪』

『うん♪』







1月2日は 彼ちゃまに初めて抱かれた日

あれから 2年が過ぎました

あの日

彼ちゃまは eipyonを抱きたかった

そして

eipyonは 彼ちゃまに抱かれたかった

ふたりの思いは 一緒だった







あの日がなければ

今の私たちは なかったと思う

あの日

eipyonが ”NO” と言ったら

もう 二度と彼ちゃまは 誘わなかったと思う

そして

あの日から

”友達” から ”大切な人” に なった彼ちゃま







未来に こんな幸せがあるなんて思わなかった

正直

”男” なんて どうせ裏切るのよ・・・

なんて 思ってた







恋愛で傷つき ボロボロになっていたeipyon

Hに対して 恐怖心しかなかったeipyon

”もう 愛せない!!” と 叫んでいたeipyon





今は ここにいないよ





”愛せなくて良いから!僕が愛していくから!”

そんな言葉で始まった恋

今は

心から 彼ちゃまを愛し 

ここで

さみしいと泣いているeipyonがいます






明日は

会えなかった分だけ抱きしめて・・・

そして

愛を下さい





Img_0385 夕陽に染められた雲のように

eipyonも 彼ちゃま色に染まりたい・・

| | コメント (4)

2008年1月 1日 (火)

★ 2008年 スタートです!!

あけまして おめでとうございます 





いよいよ

2008年がスタートしました!!!









eipyonを妹のように見守ってくれている お富お姉さん

いつも 温かいコメントを下さる みるくさん

ふたりの天使に恵まれた やんちゃ。さん

毎日 心配してくれる みみかきさん

恋に悩みながら 支えあってる みほたんさん

ユーモアいっぱいで 優しい kenjimanさん

いつも応援して下さる まるこさん

恋一途で 素敵な keyさん

そして

ここに訪れてくれている皆さん







みんな みんな  

今年も宜しくお願い致します





Dscf6894 2008年が

素晴らしい年になりますように・・・

| | コメント (6)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »