« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

■男と女の違いなのかな・・・


今日は ”戦いの日” のため 休養

しかし

休養など出来ない性格のeipyonは ドタバタ

お腹を抱えながらでも ”時間” がもったいないので

休みでなければ出来ない事=大掛かりな事しちゃいました








そんな中 
昨日 仕事の移動時間に

元彼との会話を思い出していました

『お前さぁ 男に あ~んって食べさせたことあんの?』

『うん あるよ』

『じゃあ 食べさせてもらったことは?』

『昔あったなぁ~ 誰かの結婚式で子供抱っこしてて食べられなかったから・・・』

『お前って 怖いねぇ~っそんな細かいこと憶えてんのぉ~っ お前みたいな性格は 喧嘩すると昔のことまで引っ張り出して グチグチ言うんだよなぁ~っ細かいこと聞き流したり 見なかったことにしないと疲れるぜ~っ

『何で 嬉しかったから憶えてるんじゃんそれに あんたの方が細かいことこだわるじゃん








そんな会話をしたんですがね・・・







性格の違いなのかな

男と女の違いなのかな








みなさん

楽しかったこと 嬉しかったこと 憶えていませんか?

悲しかったこと 悔しかったこと 憶えていませんか?








Photo 思い出は 私の歴史なんだけどなぁ・・・









*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

最近 ココログの新着記事にも 

フォトにも掲載されないことが多々あります

”しあわせ探し” を お気に召しましたら

ぜひ お気に入りに追加して下さいネッ

よろしくおねがいします

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

■遠くにいても 忙しくても 一緒にいるような気がしたよ・・・





世の中 GWですね

大嫌いな GW・・・






今日は 久しぶりに 仕事が忙しかった

”戦いの日” なのに 

こんな時に限って 忙しくなるなんて





今日は 彼ちゃまは 仕事で遠くにいたから

余計に 心細かった・・・

けれど

疲れきってたeipyonへ たった一言

”ガンバ!!!”

そんなメールが届いた

遠くにいても 忙しくても 一緒にいるような気がした









2008428_yokohama どんな景色を見ても

なぜか 彼ちゃまを思い出すんだなぁ~















”戦いの日” の痛みは 思っていた以上にキツイ

痛み止めなんて飲んでも 効かない痛み

昨夜 彼ちゃまに擦ってもらったのに・・・

こんな時  仕事が増える予感がしてたけど

やっぱり 的中したよ・・・

作業は 夜まで続いた

そんな時

彼ちゃまから 心配させてしまったらしく

”大丈夫?” のメールが届いた

思わず 泣きそうになった・・・








会いたいよぉ~っ

お腹擦ってよぉ~っ

そんな風に 叫びたくなったeipyonでした








仕事が終わって 今日 初めての食事をするが

まだ 彼ちゃまとも一緒に行ったことがない

新しい 大きなショッピングモール

いくら贅沢な食事でも お腹痛くて食べられないし

周りに見えてくるもの 全て避けてるeipyonがいた





”戦いの日” は やはり 情緒不安定なのかな・・・









Photo あの時の笑顔は

あなたにだけ見せる笑顔なんだよね

きっと・・・









*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

最近 ココログの新着記事にも 

フォトにも掲載されないことが多々あります

”しあわせ探し” を お気に召しましたら

ぜひ お気に入りに追加して下さいネッ

よろしくおねがいします


| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

■愛しい人・・・

仕事がないです・・・

どうしようデス・・・







仕事が休みでも 

忙しなく動くeipyonは 本当に貧乏性なんですねぇ

今日は 彼ちゃまは仕事

eipyonは ”戦いの日” に突入してしまい

彼ちゃまの仕事が終わる頃から 痛みがヒドくなりだした

それでも

頑張ってる彼ちゃまに どうしてもお弁当作ってあげたくて

なかなか 今まで時間がなくて作れなかった

得意料理の”チキンのトマトソース煮”を作りました








『あと一時間位かかりそうなんだけど待っててくれる?』

彼ちゃまから電話が入ったので 急いで作りましたが

間に合いませんでしたぁ~っ

待たせちゃカワイそうだと思ったのでしょう 

急いで来てくれたのに 出来上がっていませんでした

『あのねっお弁当作ってて・・・まだ出来てないのぉーーーっもう少し待っててくれる

『えっ お弁当作ってくれてるの待ってるーーーっ

eipyon 急いで お弁当仕上げましたデス










彼ちゃまの待つ車へ乗ると

そこには 優しい彼ちゃまがいました

ここのところ 睡眠障害を起こしてるのか眠れなくて

昨夜は ”戦いの日” の前兆で 子宮が痛くて・・・

ついに 睡眠薬に頼ることになったので

心配そうに見詰めていました










明日は 彼ちゃまは仕事で現場へ行くので短時間でしたが

秘密の基地へ行き たくさん抱っこしてくれました

そして

彼ちゃま ウキウキの お弁当タイムです



2008427 彼ちゃまの好きなパンにピッタリ

彼ちゃまの好きなチキン料理にサラダです














『eipyon 美味しいよ~っ

もう 子供みたいに喜んで食べてる姿が愛しくて

eipyonは ジーーーッと見てしまったら

『何?????』 って

またまた 子供みたいな笑顔の彼ちゃまでした










20084272 最初は ちゃんとフィークで食べてたのに

気付くと

な・なんと 手掴みで食べてる~っ















バンダナを首にかけてあげると

ニコッ って笑うの 照れくさそうに・・・

またまた 愛しくなっちゃうeipyonがいました









料理って 自分の為になんて作らない

けれど

こうやって 美味しそうに食べてくれる人がいると

作りたくなるんですよね

今回作った ”チキンのトマトソース煮”は 

元旦那の大好物でした

真夜中に帰ってきても 賄いを食べて帰ってきても

必ず 家で食べたいと言う人でしたから

元旦那の休みの前の日は 良く 大きなナベで作りました

なぜなら 

翌日も 毎食 この料理で食べてくれちゃうからなんです

でも

離婚を前提に別居してから 全く作らなくなりました

だから

今回 離婚後初めて作った料理なんです







食後は 色んな話をしました

でも 時々 子宮に激痛が・・・

『痛いよぉ~っ代わってよぉ~っ

『う・う~ん・・・代わってあげられるのなら・・・』

そう言いながら eipyonのお腹を擦ってくれました

2008427_2 こんな時は いつも目を潤ませて

イイコイイコしてくれる優しい彼ちゃまです








『eipyon・・・明日早いから そろそろ帰らなきゃ~っ

『・・・・・』 彼ちゃまにペタッします

『もう少し 一緒にいようねっ

ワガママだと思いながらも 甘えたいeipyonがいました

それでも

時間は 止まってはくれません・・・








彼ちゃまに送ってもらい 車から降りるけれど

笑顔になれないeipyon

そんな顔見て 目を潤ませながら

手を振る彼ちゃま

何度繰り返しても 彼ちゃまの車を見送ることに慣れない

寂しがり屋のeipyonでした


| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

■今夜は ちょこっとだけじゃないよん♪




昨日の今頃は・・・

そんな風に思いながら ひとりの夜を過ごしています

抱かれた日の翌日は 夜が長いな・・・








さぁ


昨夜のブログ の続きをどうぞっ








お着替えしに 別室へ行き お着替えしたけど

自分でビックリするくらいに スケスケ

デザインも色もカワイイんだけどねっ






『ど~しよう~っ 彼ちゃま スゴイよぉ~っ

大きな声で叫ぶと 彼ちゃま 大笑いしながら

『おいおいっ自分で選んだんでしょうがぁ~っどれぇ~っ?』

eipyon 恥ずかしくて 顔しか見せられませんっ

『ハハハ・・・見せてごらん

トテトテ・・・

2008425_2_2 『うわぁ~っ着てないみたいじゃんっ

『うん・・・でも カワイイでしょうっ








2008425_3 『カワイイって言うよりもセクシーだよぉ~っ

『テヘッ










ふたりは いつものように 写真撮影タイム

その間 eipyonは 坊やをチェック

彼ちゃま 腰を引いて 

『ダメッ

eipyon 負けませんっ

『わぁ~っ元気だぁ~っ何で

『何で って聞くんじゃな~いっ

な~んてしてたら

やっぱり 彼ちゃまに トロトロにさせられちゃいました









そのまま ソファーへ移動して イチャイチャ

そして

ベットで たくさん愛されたeipyonでした

あまりに 愛されすぎて 感じすぎて

『大丈夫かっ と 彼ちゃまが心配していましたが

具合が悪いなんて思えるような状態じゃないんです

頭の中が 真っ白になる位に 気持ち良いんです

彼ちゃまは eipyonを抱く度に eipyonを研究してるのか

今までにない位に この体中で ”愛” 感じるんです










Hって

男だけが気持ちが良いものだと思ってたけれど

こんなに気持ちが良いものなんだと

彼ちゃまに抱かれる度に思います

”愛し合う” ってことは ”感じ合う” ことなんだね

お互いに ”気持ち良くさせてあげたい” なんだね

彼ちゃまは 絶対に自分本位のHはしない

たくさんの時間をかけて

eipyonを未知の世界へ導いてくれるの・・・










”犯される”
 なんて気持ちにしかなれなかったH

”恐怖” でしかなかったH

”感じること” で フラッシュバックしてた 記憶

彼ちゃまが 忘れさせてくれた

彼ちゃまに抱かれる度に 女になっていく・・・







2008425_4 いつまでも

彼ちゃまにだけは ”女” でいたいな・・・








愛し合った後は のんびり 入浴タイム

eipyon 居眠りします

そんなeipyonを彼ちゃまは 抱っこして

溺れないように 優しく顔を支えてくれます

目覚めたeipyonは 今度は 坊やで遊びます

『カワイくないねぇ~っショボンしてるよぉ~っ

『この方がカワイイよぉ~っ

『イヤッカワイくないっ

なんて言いながら 坊やを引っ張ったりして

無邪気に遊ぶeipyonに彼ちゃま 大笑い








そんな 幸せで楽しい時間は あっという間

また キレイな夜景を見ながら 

現実に戻るんだよね・・・






2008425_5 運転しながら

ずっと手と手 離さない










これで

”戦いの日” 乗り越えられるかな・・・






*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

最近 ココログの新着記事にも 

フォトにも掲載されないことが多々あります

”しあわせ探し” を お気に召しましたら

ぜひ お気に入りに追加して下さいネッ

よろしくおねがいします







| | コメント (2)

2008年4月26日 (土)

■今夜は ちょこっとだけ・・・




今 この体中に 彼ちゃまに愛された余韻が・・・







今日の お誘いは かなり突然で御座いましたっ

彼ちゃま eipyonに会ったら 

ギュッしたくなっちゃったんだって

いきなり 何を言うかと思ったら

『eipyon お風呂入りに行こうかっ

『えっ 今日 eipyon着替え持ってないよぉ~っ

『そ・そうだよね・・・突然すぎたよね・・・お腹も痛いんだもんナやめよっかぁ~っ

『ううん 行くっ 家に取りに寄ってっ

『うんっ でも 大丈夫なの?無理してない?』

『大丈夫っ








そんなわけで

行ってきちゃいましたっ

それも

先日行ったホテルへねっ









2008425 お部屋は 先日よりも小さかったけど

やっぱり 南国風って感じが大好きっ













今夜の彼ちゃまは ”甘えたい” って言ってたけれど

珍しく eipyonにペタッしていました

eipyonは そんな彼ちゃまが 愛しくなりました




2008425_2 お風呂へ入る前に

ベットで しばらくペタッしてましたっ










さぁ

一緒に 入浴タイムですっ

少し熱めのお風呂にしちゃいましたが

のんびり 抱っこされながら バスタブでリラックス

彼ちゃまに抱っこされながら 

色んな話をして ふたりで大笑い

お風呂は気持ち良いし お喋りも楽しくて

ついつい時間を忘れてしまい ふたりクラクラ

お風呂から出たら ふたり一緒に汗だくになりましたぁ








『彼ちゃま~っ お着替えするけれど 今までで一番気に入ってた白のと 新しいグリーンのがあるけれど どっちが良い???』

『俺 グリーン好きだよっ

『じゃあ お着替えしてくるねっ

『ハイッ









さぁ~っ

お着替えしたeipyonは どんな感じになったかなぁ??







こんな時間だぁーーーーーーっ

続きは 明日ですっ






*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

最近 ココログの新着記事にも 

フォトにも掲載されないことが多々あります

”しあわせ探し” を お気に召しましたら

ぜひ お気に入りに追加して下さいネッ

よろしくおねがいします




| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

■直接会って話すことが一番かもしれないけれど メールじゃなきゃ伝えられない思いもあったんだよね・・・


ヤバイんですっ

大事な 大事な パソコンのハードが ガリガリしてるぅ

せっかく メモリ増設してもらったのに・・・

やっぱり ハードが先だったのねぇ

ウェーーーーーン







eipyon 

昨夜は 朝まで データーを万一のこと考えて

別のパソコンへ移動してました

だって

このパソコンには 彼ちゃまとの歴史があるんですもの

絶対に 大事にしたいから 頑張りましたっ





まず

一番に大切にしてるのは 彼ちゃまからのメール

データーを全て CDに書き込む作業をしてたら

懐かしい 彼ちゃまからのメールばかり

何たって 2006年2月2日からのメールがあるのですから

懐かしいメールが沢山ありました







付き合おうって言われてから

毎晩 毎晩 メールでのラブレターが届いていたんです

元彼から逃げ出すことが なかなか出来なくて

毎日泣いてた頃

『eipyon もう 翼折られたから 何処にも飛べない・・』

『大丈夫飛べないなら 一緒に歩いて行こう

そんな 彼ちゃまからのメールで泣かされていました







時には

彼ちゃまが待ち続けて 疲れきった時は 曲を送ってきてた

eipyonは その曲を聴いて 泣きながら寝た日もあった







彼ちゃまと付き合い出しても

なかなか 

”好き” とか ”愛してる” って言葉が怖くて良い出せなくて

初めて 

『愛しています』と 彼ちゃまに伝えたのも メールでした






こんな風に 彼ちゃまと一緒にいられるなんて

あの時は 思ってなかったんだよね・・・

今 幸せなのは 彼ちゃまの情熱があったからだよね

どんなに パニックしたか わからない

どんなに 泣き喚いたか わからない

けれど

彼ちゃまは しっかりと抱きしめてくれた

そして

『どうして?』 『何で?』 って 聞いてくれた

だから

eipyonは 素直に 今まで誰にも話せないことまで

彼ちゃまに 話せた

そんなeipyonに彼ちゃまは 一緒に悩み 涙してくれた







昔のメールを読み返してたら

色んなこと 思い出しました







毎晩 毎晩 夜中まで話し合いを重ねてたのに

その後も メールできちんと伝え合ってたんだよね

直接会って 話し難いことや 電話でも言い難いことは

メールで 伝え合ってたんだよね






電話じゃあ伝わらない思いは 直接会って話そう

メールじゃあ伝わらない思いは 直接会って話そう

彼ちゃまは そんな風に いつも逃げないでいてくれた

でも

メールじゃなきゃ伝えられなかった思いも

沢山あったんだなぁ~って思いなながら

昔のメールを読み返していました







話すこと

私たちが一番大切にしてること

これからも

ずっと こんな関係でいられたら良いな・・・








Sany00141 愛する人の前で

そのままの私でいられることって幸せですよね

| | コメント (2)

2008年4月24日 (木)

■心臓が ドキドキしちゃうの・・・


本日 eipyonクタクタモード

最近 PCの仕事で稼ぐしかなくて

そうなると

昼と夜が逆転してしまうので

何だか 日中 睡魔が襲ってきます

でも

今日は 家で ドタバタ片付けなきゃいけないことがあり

その最中に 電話や来客があり

キャーーーーーッ でしたっ








彼ちゃまは おかげさまで 仕事が入りだして

一生懸命に仕事しております

日中 彼ちゃまからメールが送信されてきました

”頑張ってるよっ仕事が楽しいっ

eipyon 何だか 彼ちゃま以上に嬉しく感じていたかも・・

今回 仕事がなかった時期が長くて

かなり 彼ちゃま追い込まれて 苦しそうだったから

そんな 彼ちゃまを毎日のように見てて

辛かったんだ・・・

でも

彼ちゃまの辛さの半分も理解してあげられてなかった

だって

本当に 嬉しそうに 楽しそうなメールだったんだもん









今日は 彼ちゃま用事があって会えませんでしたが

電話で すごく元気な声だった

『声聞きたかったから

『明日は 会いたい

そんなセリフで eipyonの心臓は ドキドキしちゃうの








”恋”
 することが怖くて逃げてたeipyon

”Hキライ” だったeipyon

”男なんて信じられない” って思ってたeipyon

もう ここにはいない









”愛すること”
 の涙

”愛されること” の涙

”抱かれること” の幸せ

”女の幸せ” 彼ちゃまが 全て教えてくれた









もう

彼ちゃま以外 愛せない・・・









A 『本当に キレイになったね

そんな言葉がキレイにさせてるのかな・・・

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

■やっと見つけた! 一方通行じゃない ”愛” を・・・




まだ 

ここに 彼ちゃまがいるような気がする

こんな 散らかった 小さな部屋だけれど

ふたりにとっては お城なんだよね・・・











今日は またもや突然でしたが

彼ちゃまが 我が家へ来ましたっ

『おじゃましま~す

大きな声で 母に挨拶する彼ちゃまが誇らしく思う






お部屋に入ると

彼ちゃまとeipyonは ペタッします

彼ちゃまは 

いっぱい いっぱい キスをくれます





がっ







今日の 目的は違いましたぁ~っ

eipyonのPCのメモリ増やしに来てくれたのでしたっ








2008422_pc 『さすが 入れるの上手いねぇ~っ

『何言っちゃってんのぉーーーっ










彼ちゃまといると

本当に 不思議くらい 

ポンポンと会話が絶えることなく続き

腹筋が痛くなるほど 笑えるんです

もちろん

真面目な話する時は 真剣に話し合うのですが

普段は もうメチャクチャ笑える 夫婦漫才なんですよ

笑いすぎて 息継ぎ出来なくなると

『ほらぁ~っ息吸わないと~っ息すって~っハイッ

な~んて 

余計に笑わせてくれちゃう彼ちゃまがいるんですよぉ

今日だって

『何か 今日eipyonのオッパイ大きいねっ

って 触って ジーッと見てるので

『今日って 何っ いつもは小さいんかいっ

『いや・・・今日は目立つって事を言いたかったんだけどねっ

な~んて ボケと突っ込み してましたしぃ~っ









くだらない会話でも 

話すことって幸せだし 楽しいよね

こんな時間 結婚してた時 なかったなぁって思う

手を触れ合うこともなく

会話もなく

一緒に笑えることなんて あるわけないよね・・・

だから

彼ちゃまと出会って

eipyonの ”理想の関係” が現実になったんだ








実は

手をつなぐことも憧れだったんだよね・・・

元旦那も 元彼も

『誰が見てるかわからないから やめろっ

そう言われて 拒否されてた

『何で?親も知ってるんだし 会社の人だって知ってるんだから・・・』

そんな風に 言ったこともあった                                          

だから

手をつないで 歩くなんてことなかったんだ

(実は 見られちゃマズイ人(女)がいたんですがね・・)








でも 

彼ちゃまは eipyonと同じ願望があったんです

彼ちゃまと 付き合いだした頃

カラオケに行った帰りに

彼ちゃま いきなり手をつなぎだしたんです

それも

彼ちゃまの会社の近くで・・・

『会社の人に見られたらヤバイんじゃないの

って eipyon聞いたんです

そしたら

『えっ 何で 良いじゃん 好きなんだもん見られて 何も悪いことないよ~っ

そんな風に答えてくれたんです

それから 

ずーっと 彼ちゃまは変わりません









『俺は ずーっと触れていたい人なの・・・イヤ

『ううんeipyonも嬉しい

だから 

私たちは 一緒にいると 

いつも何処かに触れてるんです

それも 自然に・・・

これは ふたりが求めてることが

一緒だったからなんですよね

どちらかが 合わせていたら 疲れるでしょうし

続くことではありませんからね・・・










2008422 こんな時間も

ふたりの幸せな時間






2008422_2 こんな時間も

ふたりの幸せな時間











やっぱり

相性ってあるのかなぁ~っ



やっと見つけた

一方通行じゃない ”愛” を・・・







*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*






最近 ココログの新着記事にも 

フォトにも掲載されないことが多々あります

”しあわせ探し” を お気に召しましたら

ぜひ お気に入りに追加して下さいネッ

よろしくおねがいします

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

■大きくなった坊やはカワイイけれど・・・



『久しぶり~っ

『え~っそんなに会ってないっけ一昨日会ったよね・・』

『ハハハ・・・









今日は 彼ちゃま 仕事のお持ち帰りありで

ゆっくりとは会えませんでしたが

とっても 優しい笑顔で迎えに来てくれましたっ








ふたりは 秘密の基地へ行き

昨日と今日の出来事を話したりしながら

笑いが止まりませんでしたぁ~っ

自然に 彼ちゃまに抱き寄せられた時の温もり

幸せでしたぁ~っ

eipyonの顔中 彼ちゃまの顔をスリスリ

そのうち キスの嵐さっ









今日の彼ちゃまは オッパイ恋しいよぉ~っ

って感じで

気付くと eipyonのオッパイに触れてたよ 

当然 坊やは 元気 元気 

『硬いーーーっ

『eipyon 声大きいよぉーーーっ

『でもさぁ~っ 大きくなった坊やはカワイイけど 小さい時はカワイクないよね・・・』

『・・・いつも元気なわけじゃないよぉーーーっ

そう 叫んでいた彼ちゃまでしたっ









2008421 いつも

この手の温もり感じていたいな・・・










『eipyon そろそろ帰らないと・・・ごめんね

『eipyonもお持ち帰りっ

『う~ん今度ネッもう一度 この間のホテル行こうかっ

『ん?もう一度だけ?????』

『ハハハ・・・そう言うと思ったっとりあえず もう一度行こうってことっ

『うんっ あっ 坊やだけ置いていってぇ~っ 

『えっ ここだけ置いてっても・・・』

『うん・・・それって ただの大人のオモチャだし 神経ないからショボンのだから いらないやっ

『ワッハッハハ・・・・

な~んて 

くだらないような会話でも 

eipyonは 楽しくて 嬉しくて 

幸せな時間なのです








2008421_2 心も空も

晴天なり   

| | コメント (2)

2008年4月21日 (月)

■ごめんね・・・

今日は 彼ちゃまのゴルフの日 でした

あの日から 今日のことは 一切 触れませんでした

きっと 彼ちゃまも この数週間考えていたことでしょう

eipyonも 正直 ふと考えてしまってた数週間でした










そして

4月20日という日が 終わった・・・








昨日の突然のデートの帰り際

『明日のゴルフは何処で?』

『○○で少し遠いんだ・・・』

『じゃあ 朝早いんだ・・・』

『うん・・・帰りも遅くなると思うけど連絡するからね

あの日から触れなかった 触れられなかった会話しました

そして

『気を付けて いってらっしゃい

eipyonは きちんと送り出すことが出来ました










数日前

彼ちゃまが 怪我した足の具合が悪いからダメかも・・・

そんな言葉を言い出した

そんな彼ちゃまに eipyonは納得いかなかった

だって

あれだけ 話し合って 涙して 

彼ちゃまが出した結論が

『大切な人だから お世話になってるから・・・わかって欲しい』

だったのですから

eipyonは 意地でも行って欲しかった

この言葉で eipyonは心決めたのです

しっかり 彼ちゃまを送り出そうと・・・











だから

今日は 仕事へ行っても 彼ちゃまのこと考えない

そう決めて 大した仕事じゃないけれど

仕事へ行き 途中 買い物して 食事して帰宅

そんなeipyonに 彼ちゃまは マメにメールをくれた

eipyonは たとえ短いメールでも 嬉しかった

彼ちゃまの気持ちが感じたからだ

『大丈夫だから 安心して

そんな言葉に涙するeipyonがいました









こんなeipyonじゃなかったら

彼ちゃま こんな思いしなくて良かったのにね・・・











eipyonは 今日は 長い夜になるかと思い

久しぶりに チビと銭湯へ行きました

もちろん彼ちゃまに電話が通じなくなること知らせる為に

メール送信しました

そしたら

銭湯で チビとスキンシップしてる間に

彼ちゃま帰宅して 早起き&疲れから 

”気絶する・・・眠い・・・ごめん・・・おやすみ” と

寝ちゃいましたぁ~っ

何だか 気が抜けました・・・








でも

長かった 

この数週間が 終わった







ふたりで 戦った数週間が 終わった








ごめんね・・・









21 ギュッして・・・

キスして・・・




| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

■突然のデート




今日は 

なぜだか eipyon 仕事がOFF

彼ちゃまも 仕事へ行こうと言っていたけれど

突然 中止して 『掃除する~ と言うので

eipyonも お部屋の片づけを始めましたっ







もう 

部屋中荷物で歩く場所もないくらいになり

キャーーーッ って感じ・・・

さぁ どうしよう 

な~んて ドタバタしていたら

彼ちゃまから 電話だ~っ

『eipyon お腹空いた~っ

『ん?お腹空いたって言われても・・・

『お腹空いたぁーーーっご飯食べに行かない?』

『えっ?』

『何かしてるん?ご飯食べたの?』

『ご飯は 朝少し食べたよ~っ 今ね とんでもない部屋になってるんだよぉーーーっ

『無理?何処かに食事に行かない?お腹空いたんだもん

『うん わかった 何処にいるの?』

『eipyonの家の近く・・・

『・・・・・ちょっと待っててぇーーーっ










eipyon 大慌て 

着替えなきゃーーーーーっ

あっ

眉毛ないよーーーーーっ

あれぇーーーーーっ









マンションの玄関へ行くと

彼ちゃま お待ちかねでした

『おはよう

『おはよう

『何処行く?何だったら食べられそう?』

『う~んあんまりコッテリしてないものかなぁ~っ

『じゃあ ○○行ってみる?』

『うん でも お金明日使うんでしょう・・・』

『大丈夫だよ~っそんな 何万円も食べないでしょう?』

『わかんないよ~っ すっげぇ~食べるかもっ

『そうかぁ~っ









2008419_2 『空キレイだよっ

『おっホントだぁ~っ






200804192310000 今日 

この手に触れられないかと思ってた・・・









お店は とても静かで

落ち着いて ふたりで楽しく お食事しましたぁ

久しぶりに ふたりで ゆっくり外食

『こんなに食べられないよ・・・

『残せば良いよぉ~っ

な~んて言ってたeipyonでしたが

ほとんど残さず たいらげてしまい

おまけに デザートまで食べちゃいましたっ










彼ちゃまのお皿を覗いたら 

eipyonが好きな物がない

『俺は 好きな物から食べる人だからねぇ~っ

『だから eipyon食べちゃったのっ

『声大きいよぉーーーっシーッ 』

彼ちゃま 大慌てで御座いましたとさっ








『お腹いっぱいだぁ~っ
と言いながら

シャツをめくり お腹を見せると

『eipyonわかったっ

これ いつも食後の挨拶でしちゃうんですねぇ










楽しい食事の後は ショッピングタイム

これまた

夫婦漫才での ショッピングになりました







2008419_1 この手の温もりは

世界で一番なんだよ・・・










今日の突然のデート

何だか 昔を思い出しました

あの日も こんな風に突然誘われたっけ

あの時は 緊張して ほとんど食べられなかったし

あの時は まだ 彼ちゃまでなかったもんね







でも

突然のデート 嬉しかった

すごく幸せだった

あ り が と う 









きっと

明日のゴルフのこと気にしてたんだよね

ごめんね・・・

でも

大丈夫 多分・・・









信じよう 

| | コメント (2)

2008年4月19日 (土)

■くちびるで ”あ・い・し・て・る”




昨夜のブログ
”抱かれたい”と”Hしたい”は違うんです・・・

この記事に 共感してくれた女性がいてくれて

本当に嬉しく思いましたデス





あ・り・が・と・う
 









*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*










ところで

今日のeipyonはと言うと・・・










仕事はOFFでしたが

我が家は 相変わらず 朝からバタバタ

大雨の中 父が脱走したりで大変で御座いましたデス

眠い目を擦りながら 片付けしたりして

今日は 病院の日でしたので

雨の中 病院へ行ってきましたぁ~っ








病院が終わって 彼ちゃまにメール送信

あれぇ?

ハハハ・・・

同時に彼ちゃまから メールが送信されていましたっ

『eipyon 今日 家に行って良い?パソコン見てあげるよぉ~っマズイかなぁ?』

『う~ん 6時までヘルパーさんいるんだぁ チビもいると思うけど・・・まっ 良いかぁ~っ今何処?』

『ん?eipyonの家の近く・・・』

『はぁ~っちょっと待っててぇ~っ今 病院の前だからっ

ってなことで

今日は またまた 彼ちゃまの突然の訪問でした










彼ちゃまは

eipyonの部屋が落ち着くと言って

いつも くつろいでいます

eipyonも そんな彼ちゃまと一緒に

いつも くつろいでしまいます









彼ちゃまは パソコンを見ながら

横にいるeipyonに チュッ

eipyonがパソコン見てると

横にいて ペタッしてくる彼ちゃま

そして

気付けば・・・・・







Sany0002 『何?』

『ん?いや・・別に・・・』






Sany0007 『どっちのオッパイ好き?』

『う~ん 両方






Sany0009 『あ~あ元気になっちゃったっ何で?』

『な・なんでって・・・








そんな時間が嬉しかったし 楽しかった

だって

いつもの彼ちゃまだったんだもん

最近

ず~っ元気がなくて

笑顔も いつもと違ってた

でも

今日の笑顔は 

いつもの彼ちゃまだったんだよ~っ









Sany0015 この大きな手で

たくさん 抱きしめられたから 幸せ











帰り際

彼ちゃまの唇にキスをしながら

あ・い・し・て・る 

彼ちゃま 照れ笑いしてたけど

eipyonの唇にキスをしながら

何か 言ってきた

『何?』



エヘヘ・・・

ナイショッ



| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

■”抱かれたい”と”Hしたい”は違うんです・・・②



さぁ

昨夜のブログの続き を 書かなくっちゃ







☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*







『何で 抱かないの?』 の 私の言葉を 

どんな風に 彼ちゃまは受け止めたのでしょう?

そして

そんな言葉を彼ちゃまに言った私自身

いつもと違う気持ちで ホテルへ行きました







初めてのホテルは ホントにキレイで

『うわぁ~っ ここ良いねぇ~っ

ふたりで とても感激しました

大きなお風呂に お湯を入れている間

ふたりで ソファーで くつろぎながら

入浴剤を選びました

『eipyon これ2回分って書いてあるよぉ~っ

『お風呂が大きいんだから2コ入れて良いんじゃない

『あっそうかぁ~っ

彼ちゃまの体をいつものように 洗う

そう

坊やもねっ

彼ちゃまも eipyonの背中を流してくれる

でも

大事なところは 絶対に洗わせませんっ

だって 恥ずかしいんだもん・・・










Photo アワアワお風呂気持ち良かった~っ











大きな浴槽は嬉しいのですが

昨夜は 足を怪我している彼ちゃまに抱っこ出来ず

でも アワアワを彼ちゃまに フーッ して遊びました









かなり ホカホカに温まった

ふたりで 汗だく・・・

彼ちゃま 滝のように汗を流しながら 休憩してた

そんな時

『ねぇ お着替えする?』

の言葉に 彼ちゃまは ビックリ

『良いよぉ~っ

『何で?もう飽きたん

『ん もしかして 持って来てるの

『うんいつも突然だから持ってるよ・・・いつもキレイでいたいもん・・・』

『じゃあ お着替えしておいでぇ~っ

と 言うものの 彼ちゃま ちょっと驚いておりましたデス








さぁ

お着替えタイムですっ








『彼ちゃま~っ 何だか パジャマみたい・・・』

『どれぇ?おいおい 隠れるなぁ~っ









2008416 キャハッ








2008406_2 彼ちゃま好みの”白”にしたんだぁ~っ













写真を写しながら

彼ちゃまの顔から ボタボタと汗が流れ落ちる~っ

彼ちゃまの坊やを確認しようと手を伸ばしたら

な~んと 逃げられましたぁ









ソファーで 

ふたり イチャイチャ

彼ちゃまの坊やは 破裂寸前

eipyonも洪水警報になるくらい

彼ちゃまに・・・









もう

ふたり 止まりません

そのままベットへ GO










やっぱり

直接触れる 彼ちゃまの温もりが安心をくれました

何度も 何度も キスを交わし

体中 彼ちゃまが愛をくれる

eipyonは この体中で 愛を感じ

汗で濡れた 彼ちゃまの肩にしがみつく

その力が強くなっていくと

彼ちゃまも一緒に 未知の世界へ・・・








手を伸ばせば 

彼ちゃまがいて 触れられる

彼ちゃまの体温を感じられる

仕事への不安 時々 ふと思い出してるのわかってた

けれど

私には 必要だった

こんな時間が・・・









2008416_3 抱かれた後の手の温もりは特別なんだよ・・














少し 遠いホテルでしたから

帰り道 

ドライブできたことも 嬉しかった

今回のことの話も出来る時間でもあったし

そして

『eipyonの誕生日までに 何とか仕事入ると良いんだけどね・・・また 行きたいね 』

そう 指差したのは 

付き合って初めての誕生日を祝ってもらった

ホテルの最上階のレストランでした

『うん・・・でも 贅沢なんていらないよ 一緒にいられれば良いんだもん

『あのね eipyonはそう思うかもしれないけれど 俺は特別な日くらいは ちゃんとしたいんだ

嬉しい言葉でした









抱かれることで

こんなにも 穏やかな気持ちになれる

そして

抱かれた翌日は

彼ちゃまの余韻が 昨夜を思い出させる

これが

女の幸せだと思いませんか?
















| | コメント (4)

2008年4月17日 (木)

■”抱かれたい”と”Hしたい”は違うんです・・・


初めて 自分から勇気を出して言った言葉

『抱かれないと不安・・・』







仕事がない=お金がない

それは わかっていました

けれど

この頃 ふたりで情緒不安定になっていたり

一緒にいても 仕事の話中心になり

暗くなってばかりで

彼ちゃまの心が ここにあらず

そんな彼ちゃまに 

普段のように ベッタリ甘えることも出来ず

彼ちゃまも ベッタリくっついてくる事はなかった

いつもならば さりげなく

『ペタッ足りないよぉ~っ

そんな言葉を言うと

『じゃあ お風呂入りに行こうかぁ~っ

そんな風に 気付いてくれてた彼ちゃまでしたが

今回は 永遠に 彼ちゃまの口から

そんな言葉が出ませんでした








不安でした

マイナス思考のeipyonは 色んな事を考えました

考えれば 考えるほど 不安になりました

そして

余計に 抱かれることの安心感が欲しくなり

昨夜 彼ちゃまに 勇気を出して伝えたのです









勘違いはしないで下さいね

”Hがしたい” と ”抱かれたい” は 違うんです

そう 私の中では 全く違うんです








ふたりだけの空間

見詰め合い

じゃれ合い

キスを交わし

触れ合いながら

のんびりと 癒されながら過ごす時間の先に

Hがあるのだと思うのです









毎日のように

会って 手をつないで キスを交わしています

けれど

それとは また違う空間の中での

ふたりっきりの時間は 特別な時間なのです









男の人には わからなかもしれないけれど

女は 好きな男に会う時には 

”キレイ” って思われたいものなのです

例え 

今日は 絶対に誘われないぞっ

そんな時でも 万が一の時のこと考えて

洋服を選ぶように 下着も選ぶと思うんです







女は こんな世の中ですが 

昔も今も 受身です

求められなくなったら

女では なくなってしまうと思うんです









そんな風に思って 

悩んだeipyonは 昨夜言いました

『何で 抱かないの?』

こんなセリフ 

この世に生まれて初めて口にしました

本当に ドキドキしました







そして

今夜 彼ちゃまに 抱かれて 帰宅しました

『今月苦しくてね・・・恥ずかしいんだけどさぁ~っ

そんな風に 正直に話してくれたのですが

不安を感じ取ったのでしょう

突然のお誘いに戸惑いましたが 

”愛” 感じてきました






いつもと違うホテルを探してくれた彼ちゃま

以前から 行こうねって言っていたのですが

少し遠いので なかなか行けませんでしたが

今夜 行っちゃいましたっ









2008416 大人の雰囲気で

広々していて 良い感じ・・・








2008416_2 なかなか

落ち着ける空間でした









2008416_3 お風呂も大きくて

今夜は 花びらの入浴剤を入れました











私たちの 大切な時間は ここからです







がっ







明日も お仕事ですので

続きは また明日デス

| | コメント (6)

2008年4月16日 (水)

■一体 何なのでしょうかねぇ~っ?????



この頃 何だかストレスたまることだらけ・・・

仕事も 中途半端で時間が出来てしまうから

お休みもないのだが お金も増えないってやつです

それでも

今の家にいるよりはマシで まだ 助かってるかなぁ~

な~んて 考えでおります









今日も 仕事が早く終わり

家に居たくないので ”キレイ” 探しに出掛けました

外は 天気が良くて 暑い位の陽気で気持ちが良い






Dscf0143 やはり

”春” は チューリップですねぇ





Dscf0645 こんなに

キレイに咲くんだよね・・・





Dscf0669 実際に見ると

この色のチューリップが大人っぽくて好き









あまり人がいない広場は気持ちが良くて

の~んびり歩いて 

深呼吸して

芝生の上に座り込んだりして

花を眺めたり

鳥を 微笑んで見ていたりと

癒される時間でした







Dscf0128 鳥のしぐさが可愛いの・・・












ふと 時計を見ると 彼ちゃまの定時の時間

でも

今日も会えるのかもわからないし

どうしようかと考えていたら

彼ちゃまから電話

『eipyon 何処にいるの~っ終わったよ~っ

『ん?今 ○○にいるよ~っ あっ何だ この花・・・』

『ハハハ・・・そこ 何時まで入れるのかなぁ?』

『う~ん わかんない・・・』

『そこ ど~やって行くの?』

『○○入り口って所・・・』

『・・・・・まぁ いいやぁ~っそっち行くよっ待っててねぇ~っ

『うんっ あーーーっ痛い彼ちゃまの声聞いたら オッパイがぁ~』

『何ぃ~っ そんなバカなぁ~っ

『何でもなかったのにぃ~っ何か 変な物出してない

『う~ん 出してないと思うんだけど・・・

一体 何なのでしょうかねぇ~っ?????











そして

彼ちゃま登場ですっ










『わぁ~っキレイだねぇ~っ

『うんっほら見てっこのチューリップキレイでしょう

『本当だぁ~っ

な~んて話しながら 小さな広場ですが

ふたりでの世界に入っておりましたデス









Dscf0692 久しぶりに

つないだ手にドキドキ










しばらく 

色々な花や鳥をふたりで眺めていましたが

彼ちゃま 昨日 仕事中に足を怪我しているので

駐車場で 目の前にある風景を眺めながら

のんびりした時間を過ごしました

でも eipyonのオッパイは またバンバンになり

『何でぇ~っ 俺の声に反応しちゃうのぉ~っ

『う~ん

『どれどれ・・・』

『ダメッ 先っちょダメッ

『ハハハ・・・ハイッ








そんな ふたりの時間は いつものように

あっという間に過ぎていきました

そして

今 eipyonのオッパイは シュルルル

全く 張っておりません

やはり

彼ちゃまが 何か出しているのです

きっと

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

■ 愛

何で

こんなに好きになっちゃったんだろう?

初めて あなたに会った時 

こんな未来があるなんて

全く思わなかったのにね





いつの日からだろう

あなたを”ひとりの男性”として見ていたのは?

何にも思っていない時にキスされたけれど

その後も 何も 変わらなかったのにね








付き合う前の お友達だった頃

突然 朝寝坊してる私を電話で起こして

『ご飯食べた?ご飯でも食べに行かない?』

なんてこと あったよね

あの時 何を話したのか全く憶えてないんだけどね

だって

慣れない車に乗ることや苦手な外食だったんだもの

でも

あなたは そんなこと 全く知らなかったんだよね

あなたに映る私は 

”明るくて 元気な人” だったんだものね







いつの日からだろう

あなたに 私の心の中をさらけ出したのは・・・

最初は あなたは驚くばかりでしたよね

そして

これ以上苦しめたくないと

見ていられないと言いながら

私を怒り 泣かせた夜ばかりの日々









疲れきった私を 毎日 毎日 待ち続けて

時には あなたの腕の中へ 泣きながら

なだれ込んだ日もあったね

元彼の束縛電話で 頭がおかしくなって

雨の夜 

『もうイヤだよ!!!!!』 って携帯放り投げて

地べたに座り込んだ夜も あったよね









そんな私を あなたは いつも抱きしめてくれてた

ただ ただ 抱きしめて イイコイイコしてくれてた

そんな温もりがあったからこそ

今があるんだよね









初めて知った

抱きしめられることの温かさ

初めて知った

手の温もりから感じる愛を









こんなに好きになっちゃったんだもん

私を幸せに出来る人は 

あなたしかいないんだもん

仕方ないよね

時には 泣いても良いよね・・・








Img_1867 あなたに出会い

”キレイ” を感じるようになりました







Img_1870 あなたに出会い

愛することを知りました







Img_1871 あなたに出会い

愛することの”涙”を知りました









この手

離さないでね・・・

| | コメント (0)

■今日のキスは特別温かかった・・・




不安で怖くて かなり凹んでいた2日間でしたが

やっと 

彼ちゃまに抱きしめらて 

気持ちが落ち着きました









昨日は eipyonは仕事

彼ちゃまは 当然ながら お休みで 二日酔い?

そんな訳で 

eipyonはモヤモヤして過ごしていました

眠れないまま朝がきたけれど

仕事いかなきゃいけないし

でも

こんな顔して行ったら・・・と思いながらも

充血した目と元気のなさで 

やはり バレていたようで

かなり気を使って頂きました








移動中 大好きな東京タワーの前を通ってくれて

東京タワーを眺めて 深呼吸・・・

そして

大好きな ノッポンくんを見つけて

ハグしてもらい し・あ・わ・せ 







20084111 メッチャ パワー感じるんだなぁ・・・

実は 先週も行ったのですがね














今日は 今日こそは 彼ちゃまに会いたい

彼ちゃま 仕事が終わったら会おうって言ってたんだけど

eipyonは やはり 待ちきれなくて

彼ちゃまに電話して

『ご飯食べた?あのねぇ~っ 眠くなっちゃうから 行っても良い?邪魔になる?』

『ご飯は カップヌードルしか食べてないよぉ~っ邪魔じゃないよっ来る~っ

『うんっ じゃあ お弁当作っていくネ待っててねぇ~っ

『うん








eipyon 慌てて ある物でですが お弁当作ったよん

でも でも・・・

ご飯が あんまりなくて おかずだけ





さぁ 彼ちゃまの会社まで ビューーーーーン

彼ちゃまだぁ

でも でも 何だか 顔が見れないぞ・・・

ちょこっと 

他人行儀のeipyonになってしまいました

そんなeipyonに気付いた彼ちゃま

『eipyonおいでぇ~っ

抱っこしてくれましたデス

ですが

eipyonは・・・

『彼ちゃま メッ

『ハイ・・・』

『心配ばかりさせて・・・悪い子ですっ

『ハイ・・・でも 悪いことしてないよぉ~っお酒飲み過ぎちゃったけどね・・・』

『彼ちゃまの”ごめんね”は 何なのか わかんないよっ 悪い事しちゃったから ”ごめんね” なのか わかんないっ

『だってぇ・・・電話したら eipyon怒ってて・・・』

『当ったり前じゃんかぁ~っ遅くならないって言いながら遅くなって ベロベロに酔っ払ってるしあの時に 信じてねって言ってくれれば良いのに・・・そしたら 眠れたのに・・・』

『うん・・・でも 怒ってるんだもん・・・』





確かに 

eipyonは 不安につぶされそうになり

やっと電話がきたと思ったら

酔っ払った彼ちゃまの声で メチャ怒ってました

『大丈夫だよ・・・心配するようなことは 何もないからね

そんな言葉があったなら かなり違ったということを

彼ちゃまに伝えました

彼ちゃまは

『eipyon 本当に信じて欲しい・・・変な店に行くようなことないし

『だって 付き合いで行かなきゃいけないなんてことあるんじゃないの?』

『あのね そんな店には行かないッeipyonが思ってるようなスナックなんて 今時ないよ・・・』

そんな風な話を 抱っこされながら 延々と話しました










2008413_2今日は 

彼ちゃまの ハグです










でも

結局は 彼ちゃまに かなり過激な キスをされ

感じるオッパイ攻撃されてしまい

たまもや

ふたり 洪水警報になってしまいましたとさっ










2008413_2_2 『何すんのぉ~っ写真撮るぞっ

『えーーーーーーっ

画像見て 『イ・イヤラシイ・・・』 だって・・











今回もeipyonのトラウマとの戦いもきつかった

けれど

やはり 心療内科の先生が言ったように

不安と話し合いの繰り返しで 

少しずつ 薄れていくのかなって

思うしかないみたいです・・・

これは

eipyonだけではなく 

彼ちゃまと一緒に戦うことかな?

そんなことを 思いました










2008413 ”いつも一緒”のマーク

付けてきちゃいましたっ












彼ちゃまの仕事も 先が見えてきたようで

今日の彼ちゃまは 嬉しそうでした

『俺 頑張るからねっ

久しぶりに見た 彼ちゃまの嬉しそうな顔でした







涙した夜とも さよならして

今夜は 眠ります・・・





| | コメント (4)

2008年4月11日 (金)

■大人の世界を知らない 子供に返りたい・・・

今日は 彼ちゃまのゴルフが延期になった

けれど

仕事がないから 仕事を探しに行くということで

夕方 出かけて行きました







今日の彼ちゃまの声には ハリがあったから

eipyonは 嬉しかった

『ジッとしてても仕方ないし・・・』

『そうだよ何もしないで待ってるだけじゃなくて行動しないとネッ頑張ってね

付き合いで 飲みに行くかもしれないけれど

そんなに遅くならないからと言ってたけれど

まだ 帰ってこない・・・








誰と何処で飲んでるんだろう

いつも一緒のマークもないまま

具合悪いって言いながら・・・








”信じること” 学ぶ時なのかもしれないけれど

この戦いは かなりキツイ戦いですね

こんな時 

大人の世界を知らない 子供に返りたい







Dscf06131a あなたの元気な声聞いて

気持ちが落ち着いたのに・・・







Dscf05891aあなたに 真っ先に ”キレイ” を見せたくて

たくさんの写真を写したのに・・・










Dscf00831a心から 心配して 考えてたのに

バカみたい・・・










届かない この思い・・・












| | コメント (2)

■ただ 信じるだけ・・・



今日は eipyon仕事へ行ってきました

外は 冷たい雨でしたぁ~っ

おかげで 髪も服も ズブ濡れ・・・









Img_1804 桜も すっかり散って

寂しい気分になりました・・・











今日は 朝から ”めまい” と戦いました

昨夜は ほとんど眠れませんでしたから当然ですね

eipyon 珍しく 昨夜は 思いっきり泣きたいぞぉ~って

苦手なヘッドホン付けて 自分の世界に入り

涙した夜でした









もちろん

思い浮かぶのは 彼ちゃまでした

それも

出会った頃の彼ちゃまを思い出していました











付き合ってもいないのに

車のドアを開けながら eipyonを見て

『結婚しよっ

あの時の 笑顔を思い出していました

そして

『俺は eipyonを幸せにする何をしてでも 食っていける自信もある

そんな風に 

強くて たくましかった彼ちゃまを思い出していました










涙は 止まることなく 流れていました

そして

こんなにも 彼ちゃまを愛していたんだと気付きました

でも

今の彼ちゃまに eipyonは何もしてあげられることはない

答えを出すのは 自分だから・・・

グチも聞けるし 意見も言える

けれど

決めるのは 自分だから・・・










eipyonは ただ 信じるだけ







来週 計画していた 思い出の地へのデートも断念

eipyonは 初めて 自ら言った 仕事のお休みも却下

これ以上 自分を凹まさないために

自分を守るために

また 仕事という戦いを選ぶことにしました

これが

考えて 考えて 出した結論

自ら選んだ 答え

辛いと言うかもしれない

ムカツク という日もあると思う

けれど

一緒に凹んでいても仕方ないもの

答えなんて 出やしないもの

答えは 彼ちゃまが出すことだからね










支え合うって

一緒に 泣くことじゃないよね

一緒に 笑うことは良いけれど

一緒に 泣いちゃいけないことだよね

eipyonだけでも 笑っていよう







Photo 愛すること 愛されること 教えてくれた

そして

信じることを 学ぶ時なのかもしれない・・・

| | コメント (2)

2008年4月10日 (木)

■ねぇ 笑って・・・



今日は 

幸せいっぱいのブログを更新できるはずでしたが

何だか 色んなことが 上手くいきません・・・









eipyon 今日は仕事復帰して 頑張ってきました

体を動かしながら 少し 元気を取り戻してきました

そして

今日は 何だか ”夢” 叶いそうな気がして

雨降らないようにと 空ばかり 眺めていました










帰宅して 

すぐに 彼ちゃまに ”ただいま” のメールを送信

そしたら

すぐに 彼ちゃまから電話があり

念願の ”赤レンガ倉庫” へ連れて行ってくれることに










今 赤レンガ倉庫では お花がいっぱい

そして

夜には イルミネーションがキレイなのです









Img_1776 赤レンガ倉庫イベント情報

本当に キレイでした 








しかし

彼ちゃまの顔には あまり笑顔がありませんでした

寒いこともあったのでしょうが

偽りの笑顔でいたのが eipyonには わかりました








赤レンガ倉庫に向かう途中に

元気のない彼ちゃまにeipyon聞いたんです

『イヤイヤ行くの?』

『イヤイヤなんて・・・ただ 正直 ちょっと疲れてる・・・』

そう言いながらも 行けば 笑顔になってくれるかな?

そんな風に考えていたけれど

彼ちゃまの顔には 笑顔はなかった









確かに 外は真冬のように メチャ寒かったけれど

目の前には キレイな花とイルミネーションが広がり

eipyonは 隣に彼ちゃまがいることが嬉しくて

ひとりでハシャイでたけれど

彼ちゃまは 違った・・・









Dscf0556 彼ちゃまの手作りのネックレス

赤レンガ倉庫で着けてねって夢叶ったのに・・











いつものお店で 

温かいコーヒーとクレープ食べた






Img_1779_2 『寒くないの?アイスなんて・・・』

寒さより 来れたことが嬉しかったんだよ










今夜は 仕事のことやお金のこと

忘れて欲しかった

忘れさせてあげられないことが 悔しかった・・・









寒そうにしてた彼ちゃまを店内に残し

eipyonは ”キレイ” を 画像に残したくて

ひとり外で 写真写してた






Img_1770”キレイ” を残したい

彼ちゃまとの貴重なデートだから

今日は 特別な日だから・・・










帰る頃

『頭痛くて・・・』

彼ちゃま やっぱり無理してたんだ・・・








Dscf0578 『ごめんね・・・もう少し暖かくなったら来ようね

『うん・・・』










家の近所まで帰ってきたら

何気ない会話から 言い合いになった

eipyon 最初は冗談のつもりでしたが

彼ちゃまは 真剣に受け止め

傷つけてしまった

その傷は eipyonがいなければ つかなかった傷

彼ちゃまは eipyonが不安にならないようにと

神経質な位に 言葉をオブラードに包んでる

そんな彼ちゃまにしたのは eipyonだと 実感した

彼ちゃまが話した後に

『気にしてる?』

そんな言葉を 言わせてるのは eipyonなんだよね









彼ちゃまは 

『イライラは 移るんだよ・・・』

そんな風に言っていたけれど

不安も 移るんだよ・・・









eipyonは 彼ちゃまに会うと

元気もらえて 癒されて 心安らぐけれど

彼ちゃまにとって 

eipyonは そうはなれてないんだなって









イヤなこと忘れさせてあげたいのに

上手くいかない・・・






























 

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

■思いっきり笑いたいなぁ・・・


eipyonが望んでいたことなのに

仕事 お休みしたのに

体 ボロボロ・・・

腰痛くて 下半身痺れてきちゃったぁ

布団敷いて寝ると腰が痛くなるので

布団に寄りかかりながら 寝てる・・・







そんな状態ですから 気分も凹んでいます

外は 大荒れで 雨風強くて 予定してた片付けもNG

気晴らししようにも 仕事休めば 収入なしになるので

なるべく 外出は避けるしかないから

引きこもり生活になる







Img_1679 都会のビルの間から見える太陽

そして

青空に雲がキレイ・・・









今日は 

彼ちゃまも 仕事が思うように進まず

仕事が早く終わったので 病院へ行くとの事で

会えませんでした

本当は 今日当たり 赤レンガ倉庫へ行けるかな?

なんて思っていましたが この雨風じゃあ無理だもんね・・









電話で 彼ちゃまに体調悪いこと告げた

『無理してたから・・・当たり前だよっゆっくり骨休めしなさいって事だよ

『でも 怖いよ・・・このまま また 引きこもりになっちゃうような気がして・・・』

『eipyon もう eipyonは引きこもりになんかならないよっ大丈夫

そう言われたけれど

このまま 家にいたら・・・








凹んだeipyon イヤイヤ夕飯食べてたら

なんと

硬い物が 口の中に・・・

ブリッジが取れたぁーーーーーーっ

明日は仕事だし

これじゃあ 何も噛めないぞっ

ってな訳で 歯科へ慌てて行くことに

控えていた外出をしなければならなくなりましたぁ

当然 治療費は高く 痛い出費でございます








さぁ

明日は 久しぶりの仕事です

どんな1日になるのでしょうかね・・・








Img_17291 この日も 

横に 彼ちゃまじゃない人がいた

ハシャゲない eipyonがいた・・・

| | コメント (2)

2008年4月 8日 (火)

■なが~いキスの後は 『ピクンした?!』 『ジワ~ッした?!』なんですぅ~っ♪



本日 eipyonはダルダルちゃんでしたぁ

昨日 今日と 仕事が休みなのですが

やはり 無理してたんだなぁ~って思うほど

体が疲れきっていて 何も手につかない1日でした

『もう 限界を超えてるのに・・・って 

彼ちゃまに言われてたけど

『eipyon限界なんてわかんないもん倒れたら限界だよ

な~んて言っておりましたが

やはり 限界はすでに超えていたんですね・・・








そんな訳で

今日のeipyonは 子供たちと少し過ごしてから

知らぬ間に 気絶しておりましたぁ

今日は 彼ちゃまは遠くの現場へ行っちゃったし

帰りは 遅いだろうなぁ~なんて思っていたのですが

な~んと

明るいうちに 帰宅しましたぁ~っ

eipyon爆睡中に 電話がきて ビックリ










『eipyon 終わったよぉ~っ

『お疲れ様

『あれぇ~っまた 起こしちゃった???』

『うん・・・何処にいるの?まだ現場?まさか 帰ってきてないよね

『もう こっち帰ってきたよぉ~っでも すごく調子悪くてさ・・・せっかく早く帰ってきたからeipyonと何処か行こうと思ってたんだけど・・・』

『どうしたん?』

『ずっと頭痛いし 胃が痛くてねぇ~っeipyon お土産買ってきたから渡したいんだけど 出てこれる?』

『うん 今 何処?』

『ん?eipyonの家のすぐ近く

『えぇーーーーーーーっちょっと待っててぇーーーっ

『うん慌てなくて良いからねっ

電話切って バタバタ着替えるが また 彼ちゃまから電話

『eipyon 買い物行こうかぁ~っ

『良いよぉ~っ具合悪いんだから無理しなくても・・・』

『近くだから 大丈夫だってぇ~っ

『ダメっ今日は 良いよっ

『う~ん








eipyon 部屋着から ジーンズに着替えて

彼ちゃまの所へ GO

『おかえりぃ~っ

『ただいまぁ~っ

『彼ちゃま ポストだけ連れて行ってくれる?』

『うんっ じゃあ コーヒーだけでも飲もうかぁ~っ

『ん?今日は コーヒーやめなさい胃が痛いんでしょう?』

『はい・・・』









車を走らせると 知らん爺ちゃんが自転車フラフラして

狭い道を走ってるぅ~っ

彼ちゃまは 決してクラクションなど鳴らさない人

でも

eipyonは イライラして 窓を開けて

『お~いあぶねぇ~よぉ~っ と叫び

助手席から クラクション鳴らすと

彼ちゃま 大笑い

そして

『今日 初めて笑ったよ・・・』  って言うの

eipyon 何だか 嬉しかったなぁ









今日は 彼ちゃまの車の中で イチャイチャ

なが~いキスの後は 必ず ふたりで聞くの

『ピクンしたっ

『ジワ~ッしたっ

そんでもって eipyonは坊やをチェックすると

ムクムク元気になってるの 坊や・・・









200804072013000 『何 先っちょ触ってんのぉ~っ

『ん???』












『彼ちゃま~っeipyon オッパイ大きくなったのかなぁ?ブラがキツイのぉ~っ』

『ん?筋肉じゃないのぉ~っ

『・・・・・ウェーーーーーーーーーン』

『ウワッハッハハ・・・ごめんっ

『そんな 何の迷いもなくスンナリと言わなくても・・・

『う・うん・・・オッパイ大きくなったネッ

『もういいっ

『・・・・・』










こんな風に 過ごしている時間は ふたりにとって

大切な 大切な 時間なんだ










今日も 彼ちゃま 仕事のことで悩んでた

仕事が上手くいってないんだ

先行き不安なんだよね きっと・・・

eipyonも 同じように 仕事を休んでる分

金銭的に苦しくなるし 不安だし・・・

でも

こんな風に過ごしている間は ふたりの世界

心から笑える 大切な時間なんだ









200804072014000 会うと すぐに握ってくる手

大切な温もり・・・











eipyonは 彼ちゃまの ”笑顔” が 大好き

笑いながら 

eipyonの頭をナデナデしてくれるの 大好き







eipyonと一緒にいて

たくさん笑って 嫌な事忘れてくれたら良いなぁ・・・







Photo じゃ~ん

彼ちゃまのお土産だよん

牛乳飲めないeipyonが飲めるのよん











彼ちゃま

いつもeipyonを忘れないでいてくれて

ありがとう

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

■伝えることの大切さ・・・





本日 eipyonは義兄が仕事のためOFF

母が子供たちを eipyonが父を見る

幸い 今日の父は落ち着いていたので

先日に続き eipyonは洗濯と衣替え

お昼は 父が食べやすいようにと 

あるもので 彩り良く 大き目の皿に

お子様ランチのように並べてみました









午後1時過ぎに 義兄が珍しく帰宅したので

またまた eipyonは 仕事でサボっていた片づけを

始めたのでありました

そしたら

彼ちゃまから 電話

お兄ちゃんが通学で着るスーツ用のネクタイ

ひとりで結べないし 母も出来ないと困っていたら

彼ちゃまが ワンタッチで着けられるようにと

工夫して 一生懸命に作ってくれたんだって

夕方 届けに行くと言っていたのですが

eipyonは やはり疲れがたまってるのでしょうか

眠気が・・・

今日は 彼ちゃま 仕事でしたので

彼ちゃまの会社へ行っちゃいましたっ








『他の人もいるから ギュッ出来ないよぉ~っ 

そんな風に言われたけれど

何だか 今日は 無性に早く会いたかったの










会社まで 車を飛ばして行くと

彼ちゃまだぁーーーっ

いつもと違う場所で 会うと 何だか ドキドキ

そして

もうひとりいるはずの会社の人は 帰ったと・・・

思わず ニヤリのeipyonでしたっ










でも

やっぱり体は疲れていて 顔に出ていたeipyon

彼ちゃまは 心配そうにしてた

温かいコーヒーを入れてくれて

ふたりで のんびりと過ごしました









今日は ふたりで じっくりと真面目なお話をしました

話し合いをしたら 理解できるかと言えば NO

理解できたと 受け入れられるのとは違う などなど・・

ただ 言葉にして 伝えることは大事なことだと

言葉は 自分流にしか話せないし

聞く方も 自分流にしか受け入れられない

だから

すれ違ったり 喧嘩になったりもするんだっていうような

上手く書けないけれど

真面目な話をしました

『俺は 俺の言葉で伝えるしかないし eipyonもeipyonの気持ちで受け止めていくのだから 上手く伝わらないことも出てくるよ これからも・・・でも eipyonは変わったよちゃんと伝えられるようになった 今まで 付き合った人や旦那さんにも言えなくて苦しんだことを言えるんだもの』

そんな風に 

彼ちゃまと冷静に話し合いを出来てる自分に気付いた

そして

”気持ちを伝えること” の大切さを知りました









お互い どう納得したのかは わからないけれど

お互いに 伝えたいことを 話した

それを

お互い 受け入れろとか 我慢しろとかではなく

お互いの気持ちで 受け入れることが大切だと思った

こうじゃなきゃいけなかったんだと・・・









200804061943000 彼ちゃまに 抱っこされながら

顔をくっつけて甘えるのが好き










真面目な 話し合いの後は スキンシップタイム

『eipyon このTシャツ 良いねぇ~っ

『ん?いつも着てるよ・・・』

『そうだけど・・・いつも暗くて見えないからねぇ

『いつも すぐ脱がせるからじゃないのぉ~っ

『えぇーーーーーーーーっ

なんて

夫婦漫才ばかりで御座いましたとさ








200804061941000_2 『お腹 もう痛くないん?』

『うん もう 大丈夫












これからも

ふたりで 笑ったり 泣いたり 怒ったり

時には 喧嘩もするだろうし

悩んで 涙する夜もなるだろうけれど

eipyonは 彼ちゃまと一緒に 生きていきたいな・・

| | コメント (2)

2008年4月 6日 (日)

■何も言わずに ただ ただ ずっと 抱きしめてくれてた・・・




もう クタクタ・・・

仕事という ”戦い” が まだ続いておりましたぁ~

そして

”戦いの日” と 疲れで 体調最悪状態でして

毎日 戦い疲れでした・・・









一昨日の件 ですが

あれから 一切 彼ちゃまは その件に触れていません

それが 彼ちゃま流なのです

でも でも・・・

昨日も 彼ちゃまに短い時間でしたが 会ったのですが

eipyon また やってしまいました








eipyon 昨日は 仕事が忙しく 

病院へギリギリセーフで飛び込み

診察を終わらせた頃には 

彼ちゃまも仕事が終わると思いながら

病院の近くのスーパーで 一緒に食べようと思い

オニギリなど買って 連絡を待ちました

しかし

なかなか 連絡が来なくて

メールが届いたと思ったら

”仕事仲間の買い物に付き合うから遅くなる 終わったら電話するねっ









もう

心も体もクタクタのeipyonは カリカリ

家に帰ったら 出にくくなるけれど

会えるのか 会えないのかもわからないのでは

帰宅するしかありません









帰宅して ジャージに着替え 会う事を断念しました

彼ちゃまから電話が鳴りまして・・・

『eipyon ちょっと顔見たいなぁ~っ疲れた?』

『うん・・・わかった 待ってて・・・』

彼ちゃまの車に乗っても笑顔には なれなかった

そして

『何で 買い物なんて・・・一人で行けないのっeipyon買い物連れて行ってって言ってるのに連れて行ってくれないのに

彼ちゃまの顔つき変わった・・・

eipyonも ハッと我に返った・・・

『じゃあ これから 買い物行く

『もう遅いから行かないっ

そして

車を走らせ 秘密の基地へ・・・








『eipyon・・・・・何イライラしてるん?』

『イライラする・・・もう疲れた・・・』

彼ちゃまは 

ギュッって抱きしめてイイコイイコしてくれた

何も言わずに 

ただ ただ ずっと 抱きしめてくれてた

そして

『少しは落ち着いた?』

『う~ん・・・ごめん・・・』

『お腹痛いん?』 と お腹を擦ってくれた

eipyonの頭に手を当てて

『イライラ飛んでけぇーーーっ

自分の怒りや理由など グッと飲み込んで

イライラして 壊れそうなeipyonに優しくしてくれました

そんな彼ちゃまに eipyonは 癒されていき

自然に笑えるようになっていました








200804042203000 しっかりと掴んでいてね

私の手・・・











イヤイラの原因は たくさんあった

仕事の忙しさは 仕方ないけれど

相棒のいい加減さで 仕事がバタバタになり

予定変更だらけになり OFFが消えてしまうこと

そして

家の中も eipyonが連日仕事へ出ることで

メチャクチャになっていて 母がキレてばかり

子供たちは 春休みだし 父がいる日は 大変

そんなことは わかっているけど

子供たちの父親である義兄がなにもせず

なぜ eipyonにだけ 頼る???

そんな イライラが重なっていたからだった

お兄ちゃんの入学祝のお返しも 

母がしてると聞き それで お金がないと騒ぎ 

買い物をeipyonにさせるの 変でしょう???

普通 お祝いを頂いたら 大げさにしなくても

”気持ち” を お返しするの常識でしょ?

それをしない義兄に 母が言っても 聞く耳持たずで

結局 母がしてると聞いてね・・・

言わなきゃ お礼の電話もしない義兄なのですから

あきれ果ててしまいます









そんなこんなで

eipyonは 仕事だけではなく ストレスが溜まり

壊れてしまっていたのです

仕事で疲れて帰宅して 喧嘩の毎日ですからね・・・









心の休息 

もうそろそろ必要ですよね・・・







200804042200000 彼ちゃまの手とeipyonの手で

ハートマーク作りましたデス








| | コメント (4)

2008年4月 4日 (金)

■甘えたかったのに・・・

eipyon ”戦いの日” で かなり情緒不安定・・・

いきなり不安に襲われたり 寂しくなったり

思いように動けなくてイライラして 物に当たったり







とにかく

今日の仕事を終えて帰宅

そして

気分を変えるために 昨日断念した公園へ行きました



いつもは 物静かな公園が人でいっぱい

平日だからと のん気にしてたけれど

駐車場も臨時駐車場へ入れられた・・・

それでも

今日行かないと 土日は何時間待ちになるかわからないし

仕事あるから 今日しかなかったから

痛み止め飲んで 行って来ましたよ







Img_16491aa 公園中の桜が満開・・・








                                    

Dscf0500Dscf0527Dscf0542Dscf0551










桜や 色とりどりの花たちの写真を写しながら

かなりの距離を歩いてしまい

また 先日 赤レンガ倉庫で起こったように

胸の苦しさや下腹部の痛みが・・・

いつもならば 見える道も 桜で見えないし

人が沢山歩いていて 思うように歩けない

前かがみで お腹を抱えながら歩くeipyon

すれ違う人が見てた・・・

こんなことは 何度も 何度も 経験してる

自分が冷静にならなきゃいけないのも わかってる

だから

必死で 駐車場まで戻り 一休みして 薬飲んだ








今日こそは 彼ちゃまに会いたい

彼ちゃまの定時を過ぎた頃 

eipyonは 家の近所まで帰ってきた

家に帰れば 出にくいから

コインパーキングで 彼ちゃまを待った

そして

彼ちゃまから電話がきて 飛んで来てくれた








しかし

思いもよらない 話をされて eipyon パニック

なぜなら

今月 ゴルフへ行くことは 聞いていたのですが

その後 もう一度 ゴルフへ行くと・・・

それも 行きつけのスナックでのコンペでのゴルフへ




eipyon 彼ちゃまに会って 笑顔になれたのに

一瞬のうちに 笑顔が消えて 遠くを見つめてた

怒りよりも 悲しみでいっぱいだった・・・

それから

ふたりは 言い合いになり 喧嘩状態へ










eipyonの中では スナックのコンペなどあり得なかった

100パーセントないと思ってた

『怒ってるの?』

『悲しい・・・』

『eipyonが思ってるようなスナックじゃないし 年配の女性ばかりだし 参加者も年配の人だよ 色々仕事でもお世話になってるから 会社の人と参加することになったんだよ』

『eipyonは 知らないもんスナックの人なんか・・・』

『そんなに心配ならば スナック行こうか 一緒に










お互いに 無言になったりしながらも

言い合いになったりしながらも

延々と話しました









eipyonだって

気持ち良く 『いってらっしゃい が言えるようになりたい

苦しくて

『全然わかってないよeipyonがどれだけ我慢してるかなんてわかってるよ・・・自分がおかしいのも・・・』

そんな風に 爆発してしまいました










『俺は eipyonのトラウマのことも ちゃんと理解してるつもりだし 飲みに行っても 忘れないよ・・・だから 出来る限り 連絡してるし 終わったら ちゃんと電話するでしょう?どんな風にトラウマになったのかも わかってる 最初は 飲み会も言わないで行こうとも思ったけど いずれはわかることだし 言うようにしたし そのことで心配にさせてると思うからちゃんと連絡だけはと思ってるんだよ』 
 

『面倒くさいねっ・・・こんなトラウマ持ってるっからね・・・』

『うん 面倒くさいと思う時もあるけれど 俺が心配させてることだから』









そんなこんなのお話し合いが続きましたが

彼ちゃまも 大人の男ですから 

付き合いを断ることも あり得ないこと

そして

eipyonのトラウマも 

いくら悩んだって 消えてはくれないこと 

結論なんて出ないこと









彼ちゃまが 飲み会の時に

”eipyonが心配してる・・・”

そんな風に いつも思いながらいさせることが

苦しい










いつの日か このトラウマ消えるの?

こんな風じゃあ

いくら 寛大で 優しい彼ちゃまでも

疲れてしまうよ

きっと・・・・・







今日は 

ただ 痛いお腹を擦って欲しかっただけなのにな・・・

すごく すごく 甘えたかったのにな・・・








200804040053000 ぎこちない 

手と手・・・      

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

■山に囲まれた あの夕焼け もう一度見たいよ・・・




本日 eipyon ダウンです・・・

ちょうど 仕事が休みで良かった~って思うのですが

朝から かなりの不調で 不安になり

メッチャ動きました~っ

だって

”戦いの日” がくると思うと 恐怖感でいっぱいになって

精神的に追い込まれちゃうんだもん・・・











休みだと言っても 以前のように昼まで寝られることもなく

朝から ドヨ~ンとした気分で起き

浮腫んだ顔や手足 全身のダルさの中

仕事でサボっていた分 洗濯や掃除を済ませ

冬物を圧縮して衣替えを済ませ

あちこち片付けていたけれど

やはり

”戦いの日” が来てしまった・・・

楽しみにしてた 公園への散歩も却下して

eipyonは ダウン










彼ちゃまに メールで

”eipyonのマイペースは・・・少し体を休めなさい

そう言われましたが さすがに eipyon動けなくなり

痛み止めで少し痛みを紛らわせて眠ることに









仕事を終えた彼ちゃまから電話がきた時には

かなり痛みがありました

けれど

眠る時に ちゃ~んと 着替えを揃えて

いつでも会えるようにしていたのですが

彼ちゃま お仕事お持ち帰りとのこと

eipyonも 正直 辛かったし こんな顔見せられないから

1時間ほど 電話でデートしました







彼ちゃまは eipyonが辛そうだからと

『もう少し寝なさい』と そそくさ電話を切ろうとするので

『何で・・・何で そんなにすぐに電話切るのーーーっ

と なりまして

長々と話をして 今日初めて笑ったeipyonでした










最近

彼ちゃまと 遠出のデートをしてないeipyon

『彼ちゃまの今度は2年も3年も先なんだもんっ

こんな言葉ばかり

わかってるんだ・・・

彼ちゃまの仕事が上手くいってないから

金銭的に苦しいの

でもね

お金かけるデートじゃなくて良いんだぁ~っ

一緒に行きたいのが 彼ちゃまで

一緒に 思い出の地に行って

深呼吸して のんびりとした時間を共に過ごしたいの






でも

彼ちゃまは めったに行けないからと

美味しい料理や お土産やらをeipyonにと思ってるんだ

だから

なかなか行けないのよ









けれど

eipyonは 他の誰でもなく 彼ちゃまと行きたいし

パニック障害で 彼ちゃまの車か トラックしか乗れない

長距離乗れる人は 彼ちゃまか 相棒しかいない

よく 相棒に気晴らし行くか?って言われるけれど

eipyonは 彼ちゃまと行きたいから 断ってる

先日も 東京タワーの近くの現場でしたから

『夕陽キレイだから写真写しに行くか?』と言われたけれど

絶対にイヤだったから 断ったんだ

だって

キレイを一緒に感じたいのは 彼ちゃまだもん・・・











彼ちゃまとeipyonの夢 たくさんあるけれど

休みは合わないし なかなか叶えられないけれど

eipyonも たまには 美味しい空気吸いたいし

ストレス感じない 何も考えない時間 欲しいんだぁ

都会を離れて 

山に囲まれた あの夕焼け もう一度見たいよ・・・










彼ちゃまにとっては 

いつでも行ける場所だし

ゴルフの時に 見られる景色かもしれないけれど

eipyonには 特別な景色で 彼ちゃまとしか見れないんだ







ワガママかなぁ・・・








Photo 夜桜

この桜だけは 一緒に見たね・・・




| | コメント (4)

■何で女だけ・・・男もあれば良いのに・・・


やっと

大きな仕事が終わりました~っ

これで 少し落ち着くかな・・・







しかし

今日は とにかく体がダルイ

まさしく ”戦いの日” の前兆だ・・・

下腹部 重痛いし 浮腫みもヒドイ

おまけに 異常なほどの眠気がぁ~っ

でも

1日24時間しかない

頭の中には ノルマがいっぱいだから

ひとつずつ クリアしていくしかないのだぁ~っ









そんなわけで

今日は 仕事を終え 早く帰宅したので

心療内科へ GO

彼ちゃまに 

”今日は疲れてるだろうから・・・” ってメールした

とても良い子のeipyonでしたっ








心療内科へ行く前に 必ず寄る神社

強風で 桜が・・・






Dscf0476 桜の花びらが

ヒラヒラ・・・








神社の前の公園にも行って来ました






Dscf0483_2         
春ですねぇ~っ

こんなに寒いのに・・・











”春” 探しに夢中で 時計を見たら 大変

病院がーーーーーっ

慌てて テクテク歩き セーフ










診療内科では いつものように カウンセリング

『どんな風に過ごしていたの?』

先生は いつも こんな風に聞いてくる

仕事のこと 家族のことを 会話の中から聞き出す

先生は カルテに 細かく書いていく 

『この細い体で こんなに頑張れるんだろうなぁ~っ』

なんて言われちゃいましたが・・・









心療内科を終え コンビニへ向かうと

彼ちゃまから 電話

『eipyon 今終わったよぉ~っ疲れた~っ

『お疲れ様

『病院終わったの?どうだった?今 何処?』

『今 病院終わって コンビニのATM』

『そっかぁ~っ 肩は?お腹は大丈夫?』

『うん・・・痛いけどねぇ~っでも お花が沢山咲いてたから

『風強くて 寒いだろ~っ

『うん 風強くて 桜写せなかった・・・』

『今日は 絶対に無理だってぇ~っ

『悔しい・・・』








歩きながらの電話

駐車場まで行き 車の中で しばらく 楽しい会話

なぜか 

eipyonは 

”戦いの日”が 女だけにあるのか納得いかず

いつも彼ちゃまに当たる

『何で女だけ・・・男もあれば良いのに・・・毎月 溜まってる○○1週間だけ出すのってど~よっもちろん その間は ナ○キ○着けるの

『えーーーーーーーーーーっイヤだよぉ~っ

『そんで 痛くてさ~っ

『男には 耐えられないって・・・そんなに痛かったりしたら 男の場合はイライラしちゃって 世の中 大変なことになるよぉ~っあちこち暴れだす男がいるようになるよ きっと・・・』

『そんなん eipyonだって同じやん喧嘩売ってるし イライラ カリカリで・・・』

『そ・そ~だけどねぇ~っ 』








何ていう会話をしてるんだろう・・・

でも

電話でも出来ちゃう 夫婦漫才なんですよん










『さぁ eipyon 寒くなるから 早く帰らないとダメだよ

『うん・・・でも眠くなっちゃった・・・』

『はぁ~っ おいおいそこで寝ちゃダメだよぉ~っ

『でも 眠いんだもん・・・

『もう遅いし 危ないし 寒いから風邪引くから・・・早く帰って寝なさい

『でも 眠いんだもん・・・』

『・・・・・eipyon あと20分頑張って運転して帰ろうっ

『ここにお泊りしようかなぁ・・・』

『ダメーーーーーーーーッ危ないーーーっ

『じゃあ 木の下で寝る・・・』

『えっもっと危ないでしょーーーっどっかに連れてかれちゃうでしょうがぁーーーっ

『もう・・・わかったよぉ~っ帰るよぉーーーっ

『うん 気をつけて帰るんだよスピード出さないよっ









てなわけで

eipyonは ビューーーーーーーーンと車を飛ばし

帰宅致しましたとさ






                                      

| | コメント (2)

2008年4月 1日 (火)

■やっぱり一緒が良い・・・



もうすぐ あと数十分で三月が終わる~っ

仕事という戦いのピークが やっと終わるぅ~っ

でも でも 明日も 大きな仕事アリ・・・

はぁ~っ







今日は eipyon 昨日の仕事で肩を脱臼してしまい

仕事 お休みしました

休みだというのに 疲れ過ぎてるし 肩や腰の痛みで

寝ていられないのが 悲しい・・・






肩の治療に整体に行きながら

近くの神社へ参拝しながら 桜の花見てた

雨上がりで メチャ寒かったけれど

心癒された時間でした









Sany0001 雨上がりの空はキレイ・・・









2008331_1 誰もいない神社で 

のんびりした時間を過ごしました








2008331_2 桜の花も 寒そうでした











2008331 葉っぱの上に

ちょこんと 桜の花びらが・・・









整体を終えて 

彼ちゃまの定時の時間

この二日間は eipyonは仕事が大忙し

彼ちゃまは 風邪を引いたのか ダウンでしたので

会えるのが 楽しみ

電話が鳴った時には まだ 出先でしたが

ビューーーーーーーーン

彼ちゃまが待ってるので 急いで帰宅








またまた 急でしたが 彼ちゃまが家に来ましたっ

一緒に ご飯食べて 先日のホテルでの写真を見たり

とにかく 彼ちゃまといると 楽しくて 腹筋が痛くなる

お互いに 『疲れた・・・』 って言ってたのに

いつの間にか ふたりで 大笑いしてる

いつも彼ちゃまの手がeipyonの手や髪に触れてて

幸せ感じて だんだん 体の力が抜けていくの・・・






2008331 抱っこされながら

話するの大好き








彼ちゃまに抱き寄せられて

布団に寄りかかりながら ふたり スヤスヤ

彼ちゃまがeipyonの背中を トントンしてくれる

髪を撫でてくれる

そんな中で eipyonは安心して眠る

『eipyon もうこんな時間だよ・・・

そう言いながら 目にキス おでこにキス

eipyonは 彼ちゃまに しがみ付きながら

スヤスヤ・・・







2008331_2 時間よ 止まれ・・・










幸せな時間は あっという間でしたが

心癒された時間でした

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »