« ■いつの日か・・・ | トップページ | ■ありがとう・・・ »

2008年8月28日 (木)

■願い・・・

少し疲れました





自分のフラッシュバックも

仕事も

父の介護も

子供たちの中途半端な子育ても







大好きな ”夏” も終わりに近づいて

子供たちの夏休みも終わる

本当に毎日が戦いでした





仕事も急に忙しくなり

暑さで何度も体調を崩し

寝不足の体で集中力が欠け

何度も怪我を繰り返し

それでも

生きていくために働かなくてはならなくて





今年の夏休み

チビとの約束も果たせなかった

彼は

「僕との時間をチビに・・・」

そう言っていたけれど

私自身

私を守るために彼と会うことは大切なことでした





女の私は

”女” と ”ママ” は全く別ものだと考えている

だって

心に余裕がなければ

父の介護もママ業も出来ないのだから








最近

介護疲れで殺人事件が多い

我が家は母と二人だからまだ良いが

一人で介護している方は

本当に行き詰っていたのだろうと思う

かと言って

人の命を奪うことは許されない

誰かに相談出来なかったのか?

そこまで追い詰めさせてしまったのは

高齢者に冷たい

世の中だからではないのでしょうか?







また

知的障害者を狙った犯罪も増えて

悲しくなります





アルツハイマーも知的障害も

なりたくてなったんじゃないんです

病気なんです

それも

治療したから治るという病気ではなく

一生背負っていくんです









確かに

ずっと一緒にいる家族は大変です

ですから

心に ”ゆとり” を

プレゼントしてあげて欲しいんです

難しいことではありません

車椅子で困っている方がいらしたら

「何か手伝えることありませんか?」

そんな言葉をかけて欲しいんです

「大丈夫です」

そんな風に断られるかもしれません

でも

きっとその方は心で

”ありがとう” と言っているはずですから

そして

心の中で ”頑張ろう” って思えるはずですから








私はご存知の通り

アルツハイマーの父

そして

姉の残した自閉症の子供

母と二人で介護や子育てをしています

やはり

心に ”ゆとり” がないとイライラします

そんな時

人の優しさに触れると涙が出るほど嬉しくて

”頑張ろう” って思えることが多いんです

だから

私自身が車椅子や歩くことが大変そうな方に

「何か手伝えることはありますか?」

そう声をかけることが当たり前になっています

迷惑がられたことなど1度もありません

「ありがとうございます」

笑顔で言って下さいます

例え

ドアを開け閉めだけでも助かることを

父の介護で学んだのです








どうか

世の中が変わって欲しい

国が変わらないのならば

ひとりでも多くの人に 

”ゆとり” のプレゼントをあげて欲しい

たった一言で良いのですから

そして

声をかけられた方も素直に甘えて下さい

一人で頑張らないで良いのですから






私も心に ”ゆとり” 大切にしていきます

彼の温もりで・・・

|

« ■いつの日か・・・ | トップページ | ■ありがとう・・・ »

願い・・・」カテゴリの記事

コメント

☆まるこさんへ☆

こんばんわ
お久しぶりです。

>「優しさの連鎖」を作っていきたいものですよね。

良い言葉ですね。


優しさは、押し付けるものでもなく、相手の受け止め方でも優しさでなくなっちゃう時もあるんですよね。
おせっかいではなく、自然にお互いが求め合えるような環境にならないかなって思います。

>幸せならば誰でも優しくなれる。
でも、自分が不幸せなときにでも優しくなれるかどうか。

幸せというか、心に”ゆとり”がないと出来ないかもしれません。
その”ゆとり”は、今の世の中では、非常に難しいと思います。
不景気で金銭的にも余裕がなかったり、生活に追われて”自分”を支えるのが精一杯だったり。
私も、正直言えば金銭的にも余裕なんかないし、自分を支えるのが精一杯。
でも、そんな中でも自分が経験したことから学んだことを忘れたくないんです。
例え、ゆとりがない状態の時でも
目の前に困った人がいたら手を差し伸べたいと思うから・・・。
そういったことで、自分にゆとりが出来たりもしちゃうものなんですよ。
「良かった!」って。
それは、例えば、車椅子で階段を上るのに介護者が悪戦苦闘してる時など、手を差し伸べた時に
「ありがとうございました」と
素敵な笑顔を見せられたら、頑張ろうって思えて”ゆとり”が出来たり。


確かに
難しいことなのかもしれませんが
人は、支え合って生きていくものだから、常に出来なくても、困った方を見たら、手助けして欲しいなぁ~っていう願いなんです。


まるこさん

いつも有難う御座います。

投稿: まるこさんへ | 2008年9月 9日 (火) 23時40分

お久しぶりです。いつも読ませていただいているけどなかなかコメントできませんでした。

少し日が経ってしまいましたが書かせてくださいね。

ほんとに人間は心にゆとりが必要ですよね。
同じ事象を前にしても、精神状態の有りようで自分の反応が全然違ってしまう。
自分がイライラしていたらそれは周りの人にも伝染するし。

そういう「負の連鎖」ではなく、
皆が周りの人に優しくしてあげられるような
「優しさの連鎖」を作っていきたいものですよね。

私も日々、反省です。

一人ひとりが何か小さな優しさを周りの人に与えてあげられるといいですよね。

まずは自分から・・・ということで頑張ります。

幸せならば誰でも優しくなれる。
でも、自分が不幸せなときにでも優しくなれるかどうか。
これが分かれ目なんですよね。
難しいですけど・・・。

また遊びに来ますね。

投稿: まるこ | 2008年9月 9日 (火) 16時44分

☆お富お姉さんへ☆

こんばんわ

>本当に、誰も障害を持ちたくて持ってるわけじゃないし、一番苦しいのは本人なんだしね

そうなんですよ。
なのに、白い目で見る人も多いのが、今の世の中なんです。
一生懸命に戦っているのに・・。
だから、私が変わりに戦うこともあります。純粋な心を傷つける人がいたら・・・。

アルツハイマーも、ふとした瞬間
しっかりしたりしますから、落ち込んだりする父の姿を見てると辛くて・・・。


でも
私自身に心にゆとりがないと出来ないんです。
だから、彼に甘えてしまうんです。


>eipyonちゃんに何も手伝ってあげれないけど、心から幸せを願ってるわ(^O^)。

お富お姉さん
私は、お富お姉さんから沢山の優しさを頂いています。
私がブログを始めてから、ずっと
見守ってくれてるんだもの。こんなに幸せなことってないですよ。


お富お姉さん

本当に有難う御座います。

投稿: お富お姉さんへ | 2008年8月28日 (木) 23時55分

☆みるくさんへ☆

こんばんわ

>心配しています。

大丈夫ですよ。ないです。

>分からない人には分からないと思う。
ココロの病気とかって特に。。。

そうですよね。
心の病も、なりたくてなったんじゃないんです。治したいけれど
治らないんですよね。
心の病に対しても、世の中偏見を持たれてることが多いのが現状です。だからこそ、悪化させてしまうことが多くなってるんです。


みるくさん

みるくさんは、本当にエライですよ
何事にも一生懸命で・・・。
私なんか、まだまだです。

>彼といられれば優しくなれるんですよね。
その気持ち、分かります。

うん。
彼といると、家でも気が抜けないのですが、会うとスーッって
ホンワカした気持ちになれるんです。それが、私の”心のゆとり”
なんです。


お互いに、色んな苦しみと戦いながらだけど、ファイトだよん


みるくさん

本当に有難う御座います。

投稿: みるくさんへ | 2008年8月28日 (木) 23時43分

☆やんちゃ。さんへ☆

こんばんわ
やんちゃ。さんのブログへは毎日行っていますが、なかなかコメント出来なくてゴメンネ

>今の世の中、「自分さえ良ければいい」
そんな人が多過ぎるょね。

本当に、辛いことです。
私だって、完璧な人間じゃないですから、たまには”自分中心”になることもありますが、自分がされてイヤなことはしちゃいけないと思うんですよ。基本的に。
思いやりって大切なことですよね

お互いに「こころにゆとり」
大切にしましょうねっ


やんちゃ。さん

本当に有難う御座います。

投稿: やんちゃ。さんへ | 2008年8月28日 (木) 23時31分

☆みみかきさんへ☆

こんばんわ

>海残念でした。。。。。。。

はい・・・
でも、水族館行けたもんっキレイでしょう

>eipyonさんはいつも 精一杯生きてるね。
僕も 見習わなくてはネ。

いいえ。
私は、ただ我武者羅に生きてるだけですヨ。不器用な生き方です。
見習わなくて良いですよぉ~っ!
みみかきさんは、みみかきさんの生き方や考え方があり、みみかきさんらしく生きていって欲しいです。それが願いです。


みみかきさん

本当に有難う御座います。
素敵な方に出会えて幸せです。

投稿: みみかきさんへ | 2008年8月28日 (木) 23時11分

☆エムエムさんへ☆

こんばんわ

暖かい言葉で涙しました。
本当に有難う御座います。

父のアルツハイマーが急激に進み
夜中に何度も起きている状態ですので、子供たちが夏休みの間は
仕事へほとんど眠らず行くことが多くて、辛い夏でした。

けれど
それは子供たちには見せたくないので、余裕のある時にしか接しなかった夏休みでもありました。


人に優しくなれるのは、自分の心にゆとりが必ず必要なんです。
あれもこれもと思っていても
体はひとつしかなくて・・・。


でも
大丈夫です

逃げようとすると苦しくなる。
だから
現実を受け入れていきます。

苦しくなったら、ここで泣きながら更新していきます。


私は、幸せです。
彼だけではなく、こんなに心配して下さる方がいるのですから


これからも、こんな私ですが
見守っていて下さい。
お願いします。

投稿: エムエムさんへ | 2008年8月28日 (木) 23時05分

★eipyonちゃんへ★

本当に、誰も障害を持ちたくて持ってるわけじゃないし、一番苦しいのは本人なんだしね。でも、手伝える事は出来ても、心からの介護はやはり家族でしか無理で、その分の負担は大きいよね。eipyonちゃんの頑張りを横で見ているから、彼はeipyonちゃんを、心からいとおしく思うんでしょうね。私は、eipyonちゃんに何も手伝ってあげれないけど、心から幸せを願ってるわ(^O^)。

投稿: ★お富 | 2008年8月28日 (木) 19時26分

心配しています。
分からない人には分からないと思う。
ココロの病気とかって特に。。。

その中で自分をすり減らしてまで頑張っておられるeipyonさん。
彼といられれば優しくなれるんですよね。
その気持ち、分かります。

投稿: みるく | 2008年8月28日 (木) 18時01分

お久しぶりデス☆

今の世の中、「自分さえ良ければいい」
そんな人が多過ぎるょね。
多すぎるんじゃなくて、そんな世の中になってきてるのが現実

愛娘の通う保育園のママたちもそんな感じ。自分の子供さえよければ・・・って。

なんで、少し、ほんの少しの思いやりが
出来ないんだろ・・・
やんちゃ。は不思議でたまりません

けどね、eipyonさん・・・
無理だけはしないでね。
頑張り過ぎないでね。。。

彼の温もりでしっかり「ゆとり」のバロメーター増やしてね☆

投稿: やんちゃ。 | 2008年8月28日 (木) 10時46分

(@⌒ー⌒@)ノおはよう 
海残念でした。。。。。。。

でも イルカや綺麗な魚達 沢山見れて良かったですね。

来年の海に期待しましょうね!

eipyonさんはいつも 精一杯生きてるね。
僕も 見習わなくてはネ。

素敵ですよ!

eipyonさんが幸せになること いつも 願ってます。

無理しないようにね~~~~

投稿: みみかき | 2008年8月28日 (木) 08時57分

いつも一生懸命頑張っている様子ブログから伺えます・・・感心しています。頑張ろう!の源は彼ちゃまなんですよね~。言われるとおり<心のゆとり>がとっても大切です。こんなんじゃ、自分が辛い(心神とも)状況になっちゃいますから・・ときどきは彼ちゃまにう~んと甘えて精神のゆとりをたくさん持ってください。貴方が笑顔でいれば回りも笑顔になりますから。これからも、大変でしょうけれど、肩の力を抜いて頑張ってください。いつも記事をみて応援していますから。

投稿: エムエム | 2008年8月28日 (木) 04時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■いつの日か・・・ | トップページ | ■ありがとう・・・ »