« ■誕生日の思い出は二人のもの・・・ | トップページ | ■唇を重ねて・・・ »

2008年8月15日 (金)

■守られてるって良いね・・・


誕生日の翌朝

幸せな気分での一日の始まりになるはずが

母の小言でイライラに変わった

何しろ

誕生日の朝

イトコが来て『おめでとうと言われた際に

母が『おめでとうなんて年でもないし ちゃんとした仕事して自分の将来ちゃんと考えなさいよ・・・』

そんな言葉を言われてた事にも腹を立ててたから

かなりイラついた







この夏の仕事が忙しい時期に

元旦那の部屋が倉庫がわりになっていたので

そこを片付けてよと連日言われていて

仕事が忙しいし 

これだけヘルパーさんなど来ていては無理だし

1日2日じゃあ終わらないよと

母に言っても通じなくて

イライラした状態で片づけを始めましたが

思うように進まず 時計と睨めっこ

父がホームから帰ってくる時間まで

時間がない

部屋の荷物を出してから一番奥にある

使用していない冷蔵庫を出すが

高い所に置いてあった体脂肪計(体重計の重いやつ)

eipyonの足に落下

『ちゃんとしないからだよっと母

『時間あんのかよっ何でこんなとこに置くんだよ

しばらく痛くてしゃがみ込むが

そこで終わらせる訳にはいかない

重い冷蔵庫を母が持てるはずもなく

eipyon一人で外へ出した








その冷蔵庫を出すために部屋から出した荷物

今度は片付けなければならない

しかし

父が帰宅・・・

荷物を放り投げられ

足を引きずりながら部屋にまた押し仕込む

こんなんじゃあ片付ける意味ないじゃん・・・









そんな状況を彼ちゃまに報告してたから

仕事が終わったら心配して会いに来てくれた

まだ 片付け終わっていないeipyonでしたから

疲れきったeipyonの顔見て帰ったけれど

足を心配して シップでどんどん冷やすんだよと

仕事の持ち帰りがあり帰って行った








しかしその晩 

この世の痛み???って位に痛み出し

どうして良いのかわからなくなった

歩くことも出来ず

救急車???救急病院???

彼ちゃまに教わった通りに這いずって

冷凍庫からアイスノンを持ってきてガンガン冷やし

鎮痛剤を飲んで一晩泣いてた

こんな時なんだから母を起こしてと

彼ちゃまに言われたけれど

絶対にイヤだった

周りから見れば家族でしょうが

私から見ても家族ですが

母にとっては違うから・・・

起こして頼んでも 不機嫌になられ

『せっかく気持ちよく寝てたのにっ

そんな風にしか言われないと思うから








母本人は 気づいていないでしょうが

小さい頃からそうでしたもの

具合悪くなっても言えなくて

いつも姉ちゃんに言ってたもの

病院に連れて行くのも面倒臭そうにしてたし

病院で具合悪そうな同じ年頃の子が

母親に甘えてる姿を見ては羨ましくなってたな









彼ちゃまはイヤな顔されても頼めばと言ったけれど

もう

そんな顔見たくもないし

だったら自分でやると宣言した

SOSを出しても

一番頼りたい存在の元旦那さえも

病院へ連れて行くのが面倒臭いと言った

パニック障害で病院も行けない私に・・・

だから

もう頼むことは一切やめたの

自分で車の免許を取り

毎日の点滴治療に通うようにした









そんなことがあったから

eipyonは人に頼ることが出来なくなった

けれど

彼ちゃまは特別な人

唯一 甘えられる人

車の運転が出来ないので

”仕事が終わったら 用事なければ買い物へ連れて行ってくれる?”

昨日は甘えました

ちょこっと勇気がいりましたがね・・・

そしたら

”おやすいごよう仕事終わったら電話するからね

すぐに返信をくれました









仕事を終えて急いで迎えに来てくれた彼ちゃま

しっかりエスコートしてくれて

簡単に食べられる物を沢山買ってもらいました

食欲がないeipyonでしたが彼ちゃまに会うと

お腹も空いてきて一緒にご飯を食べました






『eipyon 病院ちゃんと行ってなっ海行くんだよ夏これからなんだから早く治るように治療してなっ約束だよ・・・歩けなくなったらどうするのっお願いだよ・・・』

『はい・・・』





200808131948000 『約束してなぁ~っ』

『うん』

彼ちゃまの目ウルウル







200808131755000_2 『足見せてごらん』

彼ちゃまはeipyonだけの

お医者様









寂しいと言うeipyonのために

もう一度彼ちゃまが

海に連れて行ってくれる事決まったばかり

落ち込むeipyonに彼ちゃまは

『eipyon 万一 ギブスしようが必ず海に連れて行ってあげるからおんぶして ちゃんと連れて行ってあげるからネッ海に入れなければ俺が海水運んでeipyonにかけてあげるから

嬉しかった








そして

彼ちゃまとの約束を守り

今日病院へ行ってきました

右足の怪我ですので運転できなくて

親戚に連れて行ってもらいました

彼ちゃまが連れていけないことを

ずっと謝っていましたが仕事だもの

仕方ないよ







もし

骨折になってたらチビとの約束も守れない

仕事も出来なくなる

色んなことが頭の中グルグル





でも

軽いヒビと打撲との診断でしたっ

『丈夫な骨ですね』と言われましたが・・・

ただ 

かなりの衝撃を受けているので安静とのことでした

杖も断り

海に行ける~っと元気復活になったeipyon

単純ですネ



eipyon

仕事も生活があるので明後日から復帰します








海がeipyonを待ってるよぉーーーーーっ












|

« ■誕生日の思い出は二人のもの・・・ | トップページ | ■唇を重ねて・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

☆みほたんさんへ☆

こんばんわ

そして

おかえりなさい


ブログ更新してなかったから
心配していましたが、実家へ帰ってたんですねっ。

>さっそくの仕事、足大丈夫ですか?

ありがとう
大丈夫ですよん。
痛くないとは言えないけれど
今日も、仕事頑張ってきました
すっげ~大変な仕事だったんだけど、弱音は吐きません

>彼ちゃまの大きくて優しい愛を改めて感じて、またまた私まで、ブログを読みながら幸せになっちゃいました。。

ハハハ・・・
彼ちゃまの優しさはココで伝えている以上ですよん
色んなことあるけれど、素直になれる人は、彼ちゃまだけだし
本当のeipyonを知ってるおも彼ちゃまだけ。時に、あまりにもストレートにぶつけてしまって
不安になったりするけれど、本当の”愛”って、そう簡単に壊れるものじゃないということを教わったような気がします。


みほたんさん

愛し方も、愛され方も人それぞれだと思うんですよ。
みほたんさんは、みほたんさんで良いんですよっ
ネッ

投稿: みほたんさんへ | 2008年8月19日 (火) 22時33分

☆eipyonさんに☆

こんばんは!
戻ってきました^^

さっそくの仕事、足大丈夫ですか?
彼ちゃまの大きくて優しい愛を改めて感じて、またまた私まで、ブログを読みながら幸せになっちゃいました。。

まだまだ夏は終わらないですね☆海、海!
私も海に行きたくなってきました^^


投稿: みほたん | 2008年8月19日 (火) 18時49分

☆お富お姉さんへ☆

こんばんわ

eipyonは、沢山の優しさを彼ちゃまにもらって、癒されて
心穏やかになって、心に余裕が生まれる。

心に余裕ないと、誰にも優しくなれないですよね。

彼ちゃまには、本当に感謝しています。


大切にしなきゃ罰があたります。

投稿: お富お姉さんへ | 2008年8月18日 (月) 22時44分

★eipyonちゃんへ★

大丈夫?災難だったね。骨に異常が無くて良かったね。海に行けるね(^O^)。人は、誰かに優しくしてもらえて、誰かに優しくなれるんだろうね。eipyonちゃんも、彼を大切に思ってるから、彼もeipyonちゃんを大切にしてくれる。素敵な事ね(^O^)

投稿: ★お富 | 2008年8月17日 (日) 20時31分

☆keyさんへ☆

こんばんわ

>彼ちゃまの手は魔法の手だよね。

ハイッ
何でも出来ちゃう魔法の手です。

こんなにも甘えられる人が傍にいるなんて、幸せな事ですよね

>お仕事復帰されるようですが、
相棒さんに状況をしっかりと説明して、無理のないお仕事を回してもらってくださいね☆

ハハハ・・・
仕事以外での怪我ですから
イヤミ言われるでしょうなぁ
ボチボチいきますわぁ~っ
これから、夏満喫するには、しっかり仕事しないと休み取りづらいからさっ

いつも

アリガトウ

投稿: keyさんへ | 2008年8月15日 (金) 23時54分

◇eipyonさんへ◇
軽いヒビ…!
骨折していなくて良かったけれど、それでもやっぱり大事にしなくてはいけませんよ~

お仕事復帰されるようですが、
相棒さんに状況をしっかりと説明して、無理のないお仕事を回してもらってくださいね☆

彼ちゃまの手は魔法の手だよね。
包帯を巻いてくれているその様子にあふれる愛情を感じちゃいます
痛みも和らいじゃうから不思議ですよね

お大事にして、元気に海へ行けますように…!

投稿: key | 2008年8月15日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■誕生日の思い出は二人のもの・・・ | トップページ | ■唇を重ねて・・・ »