« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

■今度生まれてきたら・・・

はぁ~っ

もうバテバテですぅ~っ

世の中本当に不景気なんですよねぇ

仕事が暇な上

今月は気管支炎を悪化させ

仕事は休むし

点滴や注射で病院代かかるしで

最悪な月末です

月末の最後の最後にラストスパートの仕事

メチャクチャ忙しかったデス

ふたつの仕事がラストスパートになり

頭の中がゴチャゴチャで・・・

でも

何とか今月の支払いを終えることが出来ました








そんな状態でも

彼と少しの時間でしたが会ってきました

疲れきった私を心配そうに見ていました

私はとにかくペタッをしたくて

彼に寄りかかり甘えていました

彼も大変な仕事を抱えているので

疲れているはずですが顔にも出さず

沢山抱きしめてくれました






ペタッしながら

ふたりで会話をしていると

私に笑顔が出てきます

やっぱり彼が一番のビタミン剤なんですよね

今私たちの話題はグッピーのこと

お腹が日々大きくなってきているグッピー

会ってもメールでも

「生まれた?」の彼

最初の出産(?)は失敗することもあると言うので

毎日心配している私

そんな私に彼が

「グッピーはすぐにまた赤ちゃん出来るから・・・」

と言うので

「今度生まれてくるなら彼ちゃまもeipyonもグッピーになろうねそしたら彼ちゃまの子供沢山生めるもんネッ

そんなことを真面目に言う私に彼は

「う~んグッピーになりたくわぁ・・・

冷や汗タラリ・・・








でもね

毎日グッピーのオスとメスを見てると

本当に仲良しでいつも一緒なんですよぉ

どちらかと言えばオスがいつもメスを追いかけて

ペタッしてるんですが

女の私からすれば羨ましいのっ






だから

本気で思っちゃったんです

今度生まれてくるならグッピーになりたいって

でも

私ひとりじゃなくて

もちろん彼もグッピーにならないと・・・








ねっ

彼ちゃま






Photo 動くので

あまり写りは良くないですが

神秘的です

| | コメント (4)

■キレイになりたいな・・・

Dscf10271a200810291















| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

■今度こそ大切な人を見失わないように・・・

Photo














| | コメント (0)

■二人の時間・・・

疲れたぁ~っ

って

仕事は全くないので仕事の疲れではなく

昨日彼が新しいPC  を持ってきてくれたので

データーを新しいPCへ・・・

ソフトも色々入れなくちゃいけなかったので

昨夜は朝方まで頑張りましたぁ

なので

今日は新しいPCでブログ更新で~す






☆~☆~☆~☆~☆







昨日

彼がPCを持って我が家に来ました

来ることが決まっていたので

買い物へ行き

食材を買ってきて

彼の大好物の和食を作りましたぁ

もちろん

彼は大喜びでニコニコしながら

ご飯もおかわりして食べてくれました

私も普段一人で食べる夕食が彼と一緒で

残さず食べちゃいましたっ

母に気遣いながらも話し相手になってくれて

感謝しましたデス







食事を済ませてから

私の部屋で過ごしましたが

何をしてるのかと思うと

水槽に彼が育てた藻を一生懸命根ずくように

頑張っていましたっ






Dscf0473_2 この大きな手で

なんて器用なんでしょう?







今 水槽の中にはコッピー12匹とグッピー2匹

そのグッピーのメスのお腹がふくらんできたので

彼に聞くと

「おっ赤ちゃん生まれるよぉ~っ

「えっもう・・・すぐにやっちゃったんだぁ

「や・やっちゃったってぇ~っ

「どうしよう赤ちゃん生まれたら・・・」

「生まれそうになったら別の水槽に移した方が良いよっ

「いつ生まれるのっ仕事行ってる間に生まれたらど~すんのぉーーーっ

「ハハハ・・・それは仕方ないよぉ~っ

「ねぇ明日生まれるの明後日キャーーーッ

グッピーはすぐに妊娠するらしいのですが

それって大変なことですよねぇ

それを知っていて

彼がなぜオスとメスのペアを買ってくれたの?

eipyonに見せてあげたかったんだ神秘的だから

そう言っていました

そんな風に思ってくれる彼が大好きなんです










いろんな会話をしながら

ずっとペタッしてた二人

先日ホテルへ行った時

彼に急用が入り慌しく過ごしたので

のんびり二人っきりの時間は久しぶりだったんだぁ

メチャ幸せでした

いつものようにイチャイチャして

何度もキスを繰り返して

沢山甘えられたんだもの








Dscf0475 やっと

気持ちが落ち着いたの・・・










坊やも元気いっぱいだったし

二人で洪水警報になっちゃったけど

触れ合うことの大切さを実感しました

もうすぐ”戦いの日”に突入するけど

これで頑張れるかなっ


































| | コメント (2)

2008年10月27日 (月)

■恋100%・・・

20081026











| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

■いい女・・・

66560007200810a












| | コメント (2)

2008年10月25日 (土)

■心満たされた夜・・・

Dscf04111ab









| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

■もう少し強くなるからね・・・

6656001320081023












| | コメント (4)

2008年10月23日 (木)

■自分の足で一歩踏み出した日

最近

全てが空回りしてしまっていた

仕事もない

体調崩す

家に中ではバトルばかり

etc・・・






そんな時

いつも彼に支えられていましたが

今回彼と会える日も少なくなり

会っても以前のような会話もなく

触れ合う時間もなかった

やっと会えたと思うと

「さぁ帰らなきゃ~っ!」

そんなことが続いていたんです








家にいても安らげない

私の唯一の安らぎの場所がなかったんです

彼は私を抱くことさえしませんでした

求められないことは女として悲しいことでした




確かに

お互いに体調を崩したことも理由のひとつです

そして

不景気で金銭面でもキツイこともあると思いました

でも

「触れ合うことが大好きなんだぁ

「eipyonの太ももに触れてると安心するんだぁ

そんなことを言っていた彼が触れなくなり

私の不安は大きくなっていくばかりでした







話し合うことの大切さを教えてくれたのは彼

ですから

そんな不安を伝えました

「ホテルはHだけの場所じゃないよ のんびり二人で過ごせる唯一の場所なんだよ」

彼は

「僕もそう思ってるよ」

そんな風に話し合いをした翌日に彼と会いました

「急だけどゴルフへ行くことになったんだ」

「また・・・」

申し訳ないけれど

とっさにそんな言葉が出てしまいました

それでも

笑顔で送り出そうと思っていました







秘密の基地で短い時間でしたが

久しぶりに彼が私に触れながら話をしました

「触れなかったのはeipyonが無理するから・・・」

そんな風に言っていました

そして

ゴルフに行く前日ということで

いつもと変わりなく私は彼に言いました

「いつも一緒のマークは?」

「別にゴルフに行くだけじゃん!」

「一緒に行く!」

「ゴルフだよぉ~っ!」

いつもなら

困った顔しながらも笑いながら

いつも一緒のマークを付けさせてくれていたのですが

私が深い意味なく言った言葉

「ゴルフの後はおすし屋さん行くし飲みにも行くでしょ?」

その言葉が彼を困惑させてしまったんです

まだ信じてもらえないのかと・・・

そして

いつも一緒のマークをつけないままバイバイ









いつも一緒のマークを拒まれたこと

ショックでした

「いつも一緒のマークないと淋しい」と言っていた

彼はもういないんだって思ったのです

トラウマのことでも

沢山話し合ってきたし

彼だから信じて話せてきた

でも

いつしか”面倒くさい女”になってしまったのかと・・








この間トラウマの話し合いをした夜

彼の口からとても嬉しいことを言われたんです

「今のeipyonをわかってやれるのはこの世の中の男では俺だけ

そして

「パニック障害で行ける範囲が決まってしまい悲しい」

そんな風に話したら

「俺と一緒にいたら治るよっ

私は本当に嬉しかったんです




でも

ここのところ

そんな彼の姿はありませんでした

仕事でストレスがたまっていたせいかもしれません

けれど

心から笑っていない彼の顔

話していても

上の空の彼がいました

だから

私のモヤモヤは取れることなく不安ばかりに・・








しかし








私は

今日自分の足で一歩踏み出しました

パニック障害で乗れなくなった電車に乗りましたっ

家からはバスや電車を乗り継いで

行かなければならないので無理だと考え

途中まで自分の車で行き

そこから

電車に乗ろうと考えました

とにかく

失った自信を取り戻すために

何かをしたかったから・・・





Dscf03881 私の記念すべき

電車ですっ








200810231051000 乗ってるんです私っ

電車に








切符を迷いながらも買い

ホームに行くこと怖かった

心臓が飛び出そうだった

でも

そこで負けたくなかった

発車寸前まで電車を見ないようにして

乗り込んだ電車

座ることなど出来ない

窓から外を眺めて懐かしい景色を見てた

電車の中にいるなんて自分で信じられなくて

不思議な気分だった

夢の中のようだった

震える手を自分で押さえながらも

無事に到着した

降りた瞬間感じた達成感忘れられません







今日

私は何かを変えたかったから

目的地は有名なお寺さんでした

心も体も落ち着かせたかったし

全てをリセットさせる為に”厄払い”をしました

大きな太鼓の音が響き渡る中手を合わせた

なぜか

体の中の悪いものがその音で全て出ていく感じで

体も心も軽くなっていくのがわかった

護摩を焚いている火が舞い上がる

心が穏やかになっていった







それから

先祖代々のお墓のお参りと水子供養をして

スッキリした気分でプラプラのんびり歩いて

駅に向かい

電車で車の置いてある駅へGO








ほんの5時間の私のぶらり旅

ほんの数分でも電車に乗れたこと

本当に嬉しかったです






私の新たなスタートです







彼に報告すると

言葉を失うほどビックリしていましたけれどね

| | コメント (2)

2008年10月22日 (水)

■100パーセント幸せな”恋”などない・・・

20081021












| | コメント (0)

■女は抱かれることだけじゃなく温もりが欲しいんだよ・・・

66560007120081021













| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

■女ってね・・・

Sany0002bv













| | コメント (2)

■はい!飼われてますぅ~っ♪

今日

久しぶりに彼と会うことが出来ました

最近

ふたりで体調を崩してばかりで

なかなか会えませんでしたから

かなり凹んでいた私でしたが

やっと

彼に会うことが出来ましたっ








風邪が治らなくて

今日も病院へ行きましたぁ

風邪が治らないうちにハードな仕事してたから

仕方ないんだけどね






病院が終わり

注射で辛かったので一休みしてたら

彼から電話があり

急いで帰宅して彼の車へ乗りましたぁ

そしたら急に買い物へ行こうと言う彼

最近

ふたりで夢中になってるペット(お魚さん)を

ペットショップに買いに行こうとのことで

行ってきましたぁ








一人でハシャイでる私

彼は冷や汗・・・

私の水槽にはコッピー12匹いますが

何か違う魚を入れようと選ぶが・・・

「どうする?これは?」

「・・・・地味

「これは?」

「な~んかさ~ もう少し派手なのが欲しいなぁ」

な~んて

会話をしながら

結局はグッピーをペアで買ってもらいました







彼ちゃまもレッドシュリンプ(?)を悩んで買うことに

店員さんを呼び

注文して袋に入れてもらうのですが

店員さんが彼に

「他に何か飼われてるんですか?」

と聞いていたので

「はいっ私が飼われてますぅ~っ

店員さん

「・・・・・飼われてるんですかぁ~っ

彼ちゃま

言葉を失いタラリと汗が・・・

「eipyon飼われてるって・・・シーッ

「フンッあっち行こ







そんなこんなの買い物は楽しいのだっ








今日は

彼の手が久しぶりに私の手を握った

彼の手の温もり感じた

でも

何かが足りない・・・

風邪引いてるからキスは無理でも

ギュッして欲しかったナ・・・






不安なんだよ

スゴク

不安なんだよ








200810191143000 心にゆとり

ないのかな・・・





| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

■あなたを笑顔にさせること出来るのかな・・・

665600071_edited1a1ab











| | コメント (0)

■心が寒いよ・・・

Dscf05713









| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

■だいぶ良くなりましたデス!

数日間

熱に魘されておりましたが

おかげさまで熱も下がり

昨日から仕事へ復帰しました






まだまだ

咳き込んでおりますし

高熱が続いたせいで体力が落ちたようで

体はツライけれど

点滴なんぞ受けておりましたので

月末までに何とか働かねばと思い

頑張っております






今回

正直布団の中で過ごし

咳と胸の苦しさで眠ることさえ出来ず

色んなことを考え

沢山泣きました

子供の頃の記憶がよみがえってきたり

”家族というもの”が何だろうかと

悲しくて仕方ありませんでした







そんな中で

みなさんからのコメント

本当に嬉しく思いました

コメントが届く度に涙が溢れ出してきました

皆様の”愛”に支えられました

ですから

皆様に伝えたいんです







                     あ・り・が・と・う  









私は一人じゃないんだって

本当に嬉しかったから・・・













| | コメント (2)

■そう信じていたい・・・

66560013hana1










| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

■唇で愛してる・・・

20081016











| | コメント (2)

2008年10月16日 (木)

■やっぱり あなたの傍が良い・・・

Dscf00761aaa









| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

■幸せの未来を予測できたら・・・

Photo











| | コメント (2)

2008年10月14日 (火)

■忘れないでね・・・

この後 

フラフラ状態で病院へ行ってきました

待合室で待つこともツライので

早目に行き午後一番で診察を受けてきました

病院へ入ってすぐに受付の人が

「ど~したんですかぁ辛そうですね・・・」

「うん・・・風邪で熱高くてシンドイのぉ

顔見て一発でわかっちゃうのは

普段病院へ行く時でも一応髪位は整えますから

ボサボサの髪と顔色と声が出ない事で

わかっちゃうんですねぇ・・・








診察室に入ると

二人の看護婦さんが私の異変に気付き

「あ~あ

「シンドイよぉーーーっ

聴診器あてる先生

「eipyonお前風邪ヒドクこじらせてるぞっ

即効に検査

レントゲン室に入ると

違う看護婦さんがいて着替えを手伝ってくれた

いつも一緒のネックレスをはずす事も出来なくて

はずしてもらい

レントゲン写す人が手を貸してくれながら

「また 仕事頑張り過ぎたんじゃないか?汗かいてそのままにしてたんだろう・・・」

「うん・・・」

病院内では誰かが手をかしてくれました









「とにかく今から点滴っ

「はい・・・」

ベットに入ると

看護婦さんが交互に布団を掛けにきてくれたり

おでこに手を当てたり

先生は私を不安になせないように

ベットに来ては様子を見ながら ウィンク





点滴が半分なくなった頃

先生が来て

「eipyonヒドイ気管支炎起こしとるぞっまだ熱出るから安静にしとかんとダメだぞっ

「は~い

「明日詳しい検査の結果出るから必ず来るんだぞっ

「は~い








Ts3e00211 ナイショで

カシャッ 









点滴を終えて

処方箋を持って薬局へと思っていたら

受付の方が薬を取りに行かなくて済むように

用意してくれていました

「ありがとうございます

「いいえ~っこんなツライなんですものぉ~っ







心も体も弱っている時

こんな風に優しくされると涙が出ますよね







*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*







彼とは

今日も会いませんでした

やはり

こんな風邪移したら大変ですからね・・・

昨夜は

声が出ない私にメールで落ち着くまで

付き合ってくれました

自傷行為は怒られましたが・・・

甘えたいという気持ち全てを彼に求めてしまい

疲れさせてしまったと思います






       彼ちゃま


                      ご・め・ん・な・さい





       彼ちゃま



           私のこと忘れないでね












| | コメント (4)

■愛が欲しいよ・・・

トホホ・・・

ついにダウンしてしまいました

昨日は39.4度の熱でPCの前に座ることも

出来ませんでしたぁ

自分の部屋で天井見ながら

セキ込んで眠れない

熱とヒドイ頭痛でアイスノンで冷やしながら

ただ泣いてました






子供でも大人でも

具合が悪い時は甘えたいよね

でも

この家には一切甘えさせてくれるような人は

いません







39度の熱が出た時

氷枕を作ろうと必死に台所へ行き

氷がないので氷のタンクに水を入れようとした

でも

体がふらついて氷を作るタンク割っちゃった・・・

慌てて子供たちの所にいる母に電話して

アイスノン持ってきてもらったんだけど

タンク壊したって言ったらメチャ不機嫌になり

「壊してど~すんのよっ

もう

その言葉がショックでしたね

熱があることも伝えてたのに

そんな時位優しくして欲しかった・・・






その後も

「熱を下げる薬ない?」

母に頼んだら探してはくれたけど

狭い家に物が沢山あるので

色んな物が落ちてきて母がイライラしだし

「まったくっ私が移したんじゃないからねっ私熱でないもの

何で

苦しんでる娘を目の前にしてそんなこと言えるん?






もういいっ








彼は言った

「家族なんだから甘えなさい」って

でも

こんなの家族じゃないよ

苦しいから頼んで嫌味言われたり

怒鳴られたりしたら余計辛くなるだけよ









只今

38.3度の熱がある

体が熱い・・・

でも

布団はたたんだ

これ以上天井だけ見てたら

また自傷行為繰り返すだけ

もう少ししたら病院へ行きます

もちろん

自分で運転してね









こんなの

もう慣れたよ

いつも一人






こんなフラフラした状態で運転していく私に

「私の薬もらって来て

そんな風に言ってくる母の神経疑います

「フラフラしてて どうやって行こうかって時に・・・」

そんな風に答えたら

「もういいわよっ







私が守ろうとしてきた”家族”って

こんなものだったのね・・・

母が熱を出せば病院へ連れて行き

氷枕やおかゆを作り

父が寝たきりの時も

夜も寝ないでオムツ交換だって何だってしてきた

点滴だって暴れる父と添い寝しながら受けさせた

でも

それは当然だと思ってきてた

”家族”だから

でも

私は”家族”になれてなかった・・・










Photo 何もかも忘れたい・・・

何も考えたくない・・・


| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

■裸・・・

20081013_2




















| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

■神秘・・・

先日

仕事が暇になり家に居るのも苦痛になり

カメラを何本か持って

小さな広場に行ってきました








そこは

とても不思議な光景なんです

高層マンションだらけの中

そこだけが小さな丘があり

季節の花たちが次々咲くんですねぇ









今回咲いていたのは

”秋”ですからコスモスが満開でした

そこへ

色々な蝶が飛び交い

それも

み~んな仲良しなんですよぉ

そしたら

コスモスに2匹の蝶がペタッしてるので

”何だか彼ちゃまとeipyonみたいだなぁ~

な~んて思いながら写真を写してきたのですが

家に帰ってきて

その画像を見ると・・・

私 邪魔しちゃったみたいなんですぅ

なんと

交尾最中だったんです・・・








Dscf03221a               





















































この蝶たち

本当に仲が良くて

飛んでいてもペタッしてたんです

帰ってPCで見たら・・・








でも

神秘的ですよねぇ~っ








人間のHも

本当はもっと神秘的な世界でいたいよね

| | コメント (2)

■あなたが写す私が好き・・・

Dscf039321













| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

■キス・・・

665600071_edited1ab










| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

■嘘・・・

66560013a2008109










| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

■愛は止まらない・・・

1a_edited1a1a2008108











| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

■あなたとひとつになりたい・・・

Dscf07241_edited1ab2008107







| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

■疲れたなぁ・・・

季節はスッカリ”秋”になりましたねぇ

でも

私はこの二日間家から出ていません

仕事が暇になり

やりたい事が沢山あるのに

天気が悪かったり

日曜と月曜は父のデーサービスが休み

ですから

一日中父に付けた鈴が鳴りっぱなし

体は休められても神経は全く休まらず

仕事よりも疲れた2日間でした







*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*







ところで

彼とは土曜に会いました

”会いたい!” って言葉はありませんでしたが

外出していた私へ電話があり

用事を済ませてくるまで待っていてくれました







会って早々

「eipyon買い物行かない?」

「えっ?良いけど・・・」

となりまして

車で買い物へ出かけました





何を買いに行ったと思います

先日

彼が買ってくれたコッピーの引越し用品

新しい水槽に替えようとしていた私に

新しい砂など必要な物を揃えに行ったのです






しかし




ホームセンターへ着いたら真っ先に行った場所は

ハムスター売り場の私

めちゃカワイイので動きませんっ

彼は困った顔して

「eipyon・・・まさか それ欲しいなんて言わないよね・・」

「・・・・・・・」

「今日は砂買いに来たんでしょ・・・」

なんて言われながら

お魚さんコーナーへ行きましたっ





「eipyon今度の水槽の大きさは?」

「・・・今のより大きいよっ

「う・う~ん何センチとか 何ℓとか・・・」

「えっと~っ・・・2ℓ???」

「はぁ~っ???今のより小さいのぉ

「ううん 大きいよ

「こ・こまったなぁ

「あっペットボトル2本半入るって考えてた

「ペットボトル2本半・・・5ℓかなぁ

「うんっそうそう

「わかったっ







半信半疑の彼でしたが

色んな道具を揃えてくれました

あちこち考えながら見て回って・・・

でも

eipyonはハムスター売り場にいましたぁ~っ

けれど

今回は駄々っ子eipyonしても

買ってもらえませんでした・・・

狭い部屋で母に内緒で飼うことは無理だもんね








2008104 久しぶりにつないだ手

嬉しかったなぁ~っ

お買い物も

楽しかったなぁ~っ










ハムスターにメロメロになってた時忘れてたけど

駐車場へ行き車に乗ったら

お腹に激痛が・・・・・

口数が少なくなる私に彼が気付き

「お腹痛いのか

「うん・・・・・」

「ごめんなぁ~っそうだよな・・・痛いに決まってるよなぁ」

「ううん大丈夫っ







帰り道

無言で外眺める私に彼が心配そうに

ずっと手をつないでくれていました

そのまま帰ろうかと言う彼に

「イヤダッと駄々っ子して

しばらく一緒にいてもらいました







彼もツライのわかっていました

会ったらヒドく疲れた顔してたんです

風邪引いたと言うのですが

仕事が忙しいと言うのですが

最近

めったに言わなかった

”疲れた・・・”を連発してるんですよね

それでも

ずっと笑顔でいてくれたので

私は沢山ペタッしました






毎日当然のように会っていたけれど

この頃は会えない日多くなってきたし

いつ会えるのか

いつ会えないのかもわかりません

甘え溜めしないと

寂しい病にかかってしまいますからね







そして

昨日は自ら疲れた彼を休ませるために

会うのをやめました

今日は彼は遅くまで仕事でダウン

会えませんでした







でも

長い長い1日が終わります

明日は仕事

頑張らなくちゃっ







| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

■あなたの笑顔に支えられて・・・

Dscf03932a2008106_2













| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

■目の前にある幸せ・・・

最近思うことがある

それは

人は目の前にある幸せに

気付いていないことが多いんじゃないかって

でも

自分では気付きにくいもので

まわりが気付くことが多いように感じるの

“幸せで良いな・・・” ってね


何でこんなことを思っちゃったのかと言うと

私には1つ年上のイトコがいるんだけど

お母さんがいません

その子を産んで数日後に亡くなったんです

だから

その子は祖父母に一時育てられ

その後は私と一緒に育ちました

思春期の頃は父親と祖父母と暮すことを

自ら望み我が家から出て行きました





当然父親には仕事があり子育ては無理にしろ

一緒に食事をしたり

日曜には必ず何処かへ連れて行ってくれたんです

幼い私もいつも一緒に

でも

彼女が言うんです

“お父さんは私を捨てたから私も捨てる” 

そんなことを父親に言うんです

そんな時の叔父(イトコの父親)の顔見てると

可哀想でなりません




だって

毎週日曜日一緒に色んな所で遊んでもらって

小さかった頃の私の良い思い出になってるんだもの

その頃子供が喜ぶような場所を探して

都会を離れた自然にふれさせてくれたこと

ちょっと高級なレストランに入って

イトコと私にはキチンと豪華な食事を食べさせ

その横で財布を見ながら

コーヒーだけ飲んでいた叔父を私は知ってる

いつも満足する位の時間ずっと遊んでくれてた

いつも小さな二人の子供の手を離さなかった

一緒になって笑いながら走り回り遊んでくれた

その思い出はいまでもキラキラしてる







けれど

彼女には思い出として残っていない

小さい頃の思い出は“捨てられた”記憶しかない

再婚もせず

休日の時間全てを私達にくれていたのに

20代前半で結婚して

最初の子供を亡くし

次は

最愛の妻を亡くし

それでも

一生懸命娘との時間を大切にしていたのに




ある日

この思いを叔父に話した

私はあの時の思い出は忘れないと

あちこちの思い出を二人で語り合った

イトコのことを言うと

“仕方ないよ・・・” と微笑んでた顔は父そのもの

無償の愛そのもの



そのイトコは

今全てを受け入れてくれるような人と結婚して

何不自由なく暮らしている

新築のマンションに住み

寂しくないようにと犬も飼い

毎週のように旦那さんと日帰り旅行

平日は友達と旅行へ行ったり

テーマパークへ行ったりしてる

それでも

まだ愛が欲しいと夜中に暴れだし

疲れきって仕事から帰宅した旦那さんに甘え

夜中のドライブへ行く

旦那さんがいない日中は父親に車を出させ

買い物や病院へ連れて行ってもらう




私には羨ましいという言葉しか出てこない

そして

なぜ

幸せに気付かないの?と思う

これ以上何が欲しいのだろうか・・・

“幸せ” も “愛” も見えないのかな・・・




先日

ある人に言われた言葉

“大切なもの(人)かどうかは失ってからでしかわからない”

確かにそうかもしれない





私は彼に言っていることがある


“私よりも先に死なないで1分でも長く生きていて!あなたに抱きしめられながら幸せだったと思いながら死にたい”

これは私の一番の望みなのかもしれない

でも

大切にしなきゃな

目の前にある幸せを・・・

| | コメント (2)

■本当は真っ先に抱きしめてあげたかったのにな・・・

66560013










| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

■私から”会いたい”は言わない・・・


Bbb1_edited1cca1_2



























| | コメント (0)

■あなたを抱きしめてあげたかった・・・

Sany0002abcd










| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

■頑張ったのにぃ~っ!!!

今日もドンヨリ曇り空

私の体調もドンヨリ・・・

”戦いの日”が開始

う~ん 

微妙な感じで お腹が痛いですぅ








昨日の今頃は

彼が私の家に来ましたっ

仕事が忙しくて買い物へも連れて行けなかった母と

日中買い物へ行ってきたので

食材を揃えて

ヘルパーさんもいない

来客もナシの珍しい夕方

久しぶりに台所へ立つことにした私

母が彼を呼んだら?

なんて言ってくれちゃったので

頑張っちゃいましたっ

お料理








メニューは”ビーフカツレツ”に決め

付け合せに

マッシュポテト&キノコソテー

そして

コンソメスープ







買い物から帰宅してから

台所で久しぶりの料理らしい料理に挑戦

でも

彼に食べてもらうとなると緊張

とにかくバタバタと作り始めましたが

もしや

彼が用事でもあったら来れないジャン

そんなことを思い

彼にメールを送りました

”もし良かったら料理頑張ってるから食べに来ませんか?無理はしないでね

しかし

なかなか返信がきません・・・

出来る限り

温かいものを食べて欲しかったので

付け合せやデミソースは作っておいて

ビーフカツは連絡が入ってから揚げたかったので

携帯電話とニラメッコ

あっ

彼から電話だぁーーーーーっ

「eipyon まだ さっきの話いきてる???」

「はぁ???大丈夫だよぉ~っ今何処?」

「ん?eipyonの家の近く・・・」

「エーーーーーーーーーーーーーーっ

「ハハハ・・・良いよ 慌てないでぇ~っ待ってるからっ

「うんっ







ってなわけで

台所で猛ダッシュ

油を温めてたら来ちゃったっ

慌てて

お肉を揚げて盛り付けをするが

な・なんか

お肉が硬いような・・・

や・やっぱり安いお肉じゃあダメだったのかなぁ

なんて思っていても遅いっ

汗だくで料理している私の姿を

彼は優しい顔で見てるので緊張はするし

もう

もう

ここから消えたいっ









「あのぉ~っお肉硬いと思うんですが・・・」

彼のテーブルへお皿を置く

彼はニコニコで

「いただきま~すっ

「ごめんね・・・お肉硬いよネ・・・

「う~ん 少しねっでも 美味しいよぉ~っ

「・・・また失敗しちゃったね

「何言ってんのぉ~っお肉は少し硬いけどソースも美味しいしどうやって作ったの?」

「ん昔を思い出しながら自分の味で作ったんだけど・・・」

私も一緒に食べてるから

わかるんですよ

お肉が硬いの・・・・・・・

落ち込む私

久しぶりに緊張しながら料理した私

疲れちゃって

残して母へバトンタッチ

「硬いから気をつけて食べてよっあ~っもっと小さく切らないと

「何?平気よぉ~っ硬いものも食べないとネッ

「そうですよねぇ~っ

「・・・・・・・・・」

彼も母も完食して下さったので

洗い物をして

トボトボと彼と私の部屋へGO








「ごめんね・・・・・また失敗しちゃった~っ一生懸命頑張ったのにぃ~っ無理して食べなくても・・・」

「何っ失敗なんかしてないってっ俺は正直に言うでしょうお肉硬いねとか・・・でもソース最高じゃん

「うん・・・・・」

そんな私をギュッしてイイコイイコしてくれました








私の部屋では

いつもの通りイチャイチャ

パソコン一緒に見ながら

「ねぇ この間の指輪スゲェ~くすんで見えるんだけど

「ハハハ・・・もらった日に急いで写したからかなぁでも見てよふたりで写ってる方は輝いてるでしょう私だってちゃんと考えてるのよぉ

「あ~っホントだぁ~っは・はい・・・スミマセン

そんな会話をしながら

パソコン見てる彼に口移しでポッキー食べたり

難しい話をしだす彼に

「もう良いよ~っわかんないもんっ

駄々っ子eipyon登場

「は・はい・・・もう もう良いよね・・・

汗だくの彼

だって

だって

そんな難しい話するより

ふたりでいるんだもん

くっついていたいんだよぉーーーーーっ






Dscf0313 いつも彼の手は

私の太もも・・・

好きなんだってっ








けれど

やっぱり時間は止まりません

バイバイの時間が近づいてきて

彼がソワソワ

そんな彼を睨む私

「eipyonそろそろ・・・」

「イヤダッ

「イヤって言ってもこんな時間だから・・・お母さんお風呂入るでしょ?」

「イヤダァーーーッ

「ねっイイコだから・・・」

「なんでぇーーーっ

足をバタバタ

ベソかきeipyon

しばらく彼はギュッしてくれました








ところで

今日は私たちの記念日です

去年の今日初めて彼と東京タワーへ行った日

それも

ピンクの東京タワーを始めて見た日です

毎年行こうねって言ってくれていたのですが

今日は彼は悲しい出来事があり

可愛そうな位元気がありません

私に出来ることはイイコでお留守番ですから

お腹の痛みと戦いながら

イイコにしています

| | コメント (4)

■見失わなくて良かった・・・

Dscf0628_3









| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »