« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

■自分を大切にするってことは・・・


今日は

ほとんど眠らずで

久しぶりの仕事へ行ってきました

普通だったら

仕事休むべきなのかもしれませんが

事情を話し

親戚に父を病院へ連れていってもらいました

もちろん

母も一緒に付き添いましたが

もう年なので話を理解出来ないことも多い

ですので

昨夜PCで父の症状と

昨夜の病院で言われたことを書いて

プリントアウトして持たせた

病院は土曜で混んでいるので

朝電話をして事情を話して

ジッとしていられない父ですから

即診察を受けられるようにお願いして

仕事へ行きました








久しぶりの仕事はキツかった

雨の中の作業でしたし

遠い現場でしたから

トラックが揺れるたびに頭が割れそうに痛くて

涙目になってしまいました







寒い中

大汗かいた体は冷え切り

コタツの中で温まってたら

電話やメールが・・・

結局用事が出来て

寒い夜出かけました






もう疲れきってしまって

心に全く余裕などない私

イライラしてばかりでした







当然

今夜も彼とは会えません

電話やメールで話したけれど

”自分を大事にしないと!”

”少しでも眠れるように頑張りなさい!”

そう言われました






疲れ果てた私はパニック状態

みんなの勝手さや労りの無さに爆発

そんな私に彼が言いました

”時には鬼になりなさい”

”人は弱いんだよ 自分の中の鬼は強いんだよ!”





でも

私には何をどうしたら良いのか

わかりません

この家で この環境の中で

私が弱かったら

全てが崩れ落ちていきます






無理って

どこまでしたら無理なのか

限界って

どうなったら限界なのかも

私にはわかりません







私の頭の中には

いつも次にやることが入っています

完璧なんて求めてない

ただ

私しか出来ないことが多すぎるだけ

確かに

彼の言うように頼ることや求めること

大事だと思う

でも

この家には誰もいないんです






私にはキョウダイもいません

現実には兄という存在がいるけれど

私は一切頼りたくはありません

自分の借金を年老いた親に背負わせ

家まで奪った人には頼りたくはありません

実の妹をお金で売るような兄は兄ではありません






昨日

彼が言いました

”俺の頭の中は子供のままだよ”

”大人のフリをして生きてるんだよ”





私は子供だし

本当は弱い人間だと思う

けれど

強いフリをしなければならない

それが

現実なのです







でもね

見つけたんです

唯一

弱くて良い私の居場所

それは

あなたなんです






あなたに見せる顔は親さえも知らない

本当の私の素顔なんです








Dscf09991

| | コメント (4)

■タイムリミット


「会いたいね・・・」

昨夜の二人の会話

「明日は絶対に会おうね!」

私は彼に会えることを楽しみに

連日の寝不足と疲れで

朝起き上がれなくても頑張った







しかし







アルツハイマーの父の病状は変わらず

今朝から何度も鼻血が止まらず

治まったと思うと動いて出血の繰り返し

こんな状態では父一人にはしておけない

寝ていても出血してしまうので目が放せない






彼の仕事が忙しいこともあり

帰宅が遅くなれば会うことが出来ない

どうしても今日は会いたくて

日中彼にメールを送った

”夜8時までしか一緒にいられない”

本当は仕事を焦らせてしまうことはNG

でも

会いたくて仕方なくて送ったメールに

彼が忙しい中返信メールくれた

”頑張って終わらせるから待っててね”

涙が出た・・・







そして








やっと彼に会えた

いつもと変わらない優しい笑顔

何も言わずに抱きつく私

今夜は会話などどうでも良くて

ただ

いっぱい いっぱい 抱きしめて欲しかった

抱きしめられてイイコイイコされたら

心がドンドン穏やかになっていった






時計を見ることが辛かった

すぐにタイムリミットの午後8時だ

悲しくて 悲しくて

彼が帰ろうとすると引き止めてた

でも

時間は止められない

現実へ戻る時間だ・・・









家に帰ると

やはり現実が目の前に飛び込んできた

父の出血が止まらなくて母が必死だった

私の電話番号も探せなかったらしく

チビが必死に母の携帯を握ってた

父は全身血だらけになっていても

「大丈夫だよ~っ」って笑うけど

もうこれ以上の処置は私たちでは無理だ









救急車を呼ぶことにした

アルツハイマーと言えば

病院はなかなか受け入れてはくれない

けれど

言わなければならないこと

119番へ発信して

症状など落ち着いて伝え

救急車はすぐに来てくれた







救急隊員の方に病状を伝え

受け入れ先を決めるが

何処でも言われていた通りに

耳鼻科の救急診療はない

今日

私が病院へ行った時に聞いた病院へ

救急隊員の方へ聞いてと頼み聞いてもらったら

即OKが出た






母が救急車で付き添い

私は後から車で追いかけた

そう

あの時のように

姉が救急車の中で

息を引き取った時と同じように

今夜もあの夜と同じ

寒くて雨・・・・・









私が病院へ到着すると

母が言った

「eipyonは?って騒いで・・・」

父に私の顔を見せると安心した顔してた

父と私の会話を先生が聞いていて

チラリと私の顔を見て微笑んでくれた

私は嬉しかった

アルツハイマーと理解してくれていると・・・









何度も止血剤をしみ込ませた脱脂綿を鼻に入れ

様子を診る

父は何度も帰ろうと必死だが私が言い聞かせると

良い子にしてくれていた






処置だけでもしてもらえば安心である

受け入れてもらえただけでも

感謝しなければならない








そんな

バタバタの1日も終わった








今夜

彼に会えたから

乗り越えられた

無理して早く仕事を終えて

会いに来てくれた彼へも感謝








あなたが作ってきてくれたCDを聞きながら

涙がこぼれています

あなたが傍にいるようで・・・







Sany00461_2

| | コメント (2)

2009年1月29日 (木)

■声だけでも・・・


何だか

毎日ドタバタです・・・






本業の仕事がないので

副職を頑張るのみのeipyonですが

この2日間は思うように仕事が進みません

朝方まで頑張って

やっと追いついてる状態って感じ







実は

アルツハイマーの父の具合が悪く

”痛い”の感覚も失っているので

神経休まらない状態なのです





今スヤスヤと寝ています

私はチョット休憩・・・






昨日突然大量の鼻血を出した父

血液をサラサラにする薬を飲んでいる為

怪我させないようにと気を付けているが

鼻血・・・

血圧が高いのか

急いで血圧を計ろうとするがジッとしていない

そうなると

母が怒鳴りだすので

上手に遊ばせながら血圧計る





血圧は普段と変わらない

とにかく出血を止めなければならない

しかし

父には理解出来ない

タオルで頭を冷やすがイヤがって取るし

鼻にティッシュ詰めても取ってしまう

その上

ちょっとでも目を放そうものなら歩くから

また鼻血がぁ~っ








ってなことで

eipyonは添い寝して

遊ばせながらタオルを当てて

腕を悪さしないように組みながら

出血が止まるまで父のベットで添い寝









そんな状態では

彼に会うことなんて当然無理

偶然

部屋に戻った時に彼から電話

「大丈夫か?どうなの?」

心配している彼に説明して

色々アドバイスをもらい

昨日は電話を早々切った







そして







今日は落ち着くかな?

何て思いましたが

また

朝から父が出血・・・

夕方まで様子をみるが何度か繰り返す

かかり付けの病院へ電話するが

内科ではなく耳鼻科へと言われ

父を車に乗せ病院へ行きました






アルツハイマーと説明したので

先生も看護婦さんも優しかった

怖がる父が暴れないよう押さえ

治療は無事終わった

毛細血管が切れたようだ







急いで行ったので車椅子もなし

父を支えながら駐車場から病院まで

ゆっくりと歩いた町並みは懐かしかった

私がレイプされてから

毎日 毎日 

仕事の帰りを雨の日も雪の日も

歩いて駅まで迎えに来てくれた父との

思い出の町

父は嬉しそうだった

「懐かしいなぁ~」って思い出してた

町の人たちに次々声をかけられた

「久しぶりだねぇ~っ

父は憶えているのかわからないが

笑顔で手を振っていた







昔は年頃の娘が恥ずかしくないよう

何歩か離れて歩いていた道

今日は腕を組みながら歩いた

なんとも言えない気持ちになった







そんなeipyonですから

当然ながら

今日も彼とは会えません

病院へ行く前にメールで知らせてあるので

仕事が終わった彼からメールが届いた時は

まだ父から手が放せない状態だった

悲しかった・・・

寂しい気持ちでいっぱいになった・・・








そして





偶然にも部屋で着替えをしていたら

彼から電話が

「eipyon 今大丈夫?さっき駐車場に車あったから・・・」

「うん 今帰ってきたとこなの・・・」

「お父さんはどう?」

彼に説明すると

「お父さん 気を付けて診ててやってな」って








少しだけ

電話で彼に甘えた

馬鹿な話もして笑った

でも

会いたい気持ちでいっぱいになった

切れないよ

電話・・・・・・・









「愛してるよ・・・」

彼の言葉に涙を拭って

「バイバイ」







でも

声だけでも聞けて良かった

これで明日も頑張れるよ

ありがとう








Dscf10071abc

| | コメント (2)

2009年1月28日 (水)

■一番会いたくなる時間・・・


この時間

一番あなたに会いたくなる

あなたの布団の中にもぐり込みたくなる

あなたの温もりが一番恋しくなる

何でなんだろうね









今どんな顔で寝てるんだろう?

今どんな夢を見ているんだろう?










私を抱いた後

私を抱きしめながら

幸せそうに寝てる横顔思い出します

抱きしめられてる私の体が温まっていく位に

あたなの体は温かい

ふと目を覚ましたあなたがギュッてしてくれる

幸せな瞬間なんだよね











手を伸ばせば

あなたがいる場所に

行きたいな・・・







Dscf11671a

| | コメント (4)

■海のような広い心なのだろうか・・・


今日は

少しの時間だけど彼に会えた

今日も会えないと思ってたから

メチャ嬉しくて色んな話をして

笑ったり ペタッしたりして

あっという間に時間が過ぎてたよぉ






そんな二人の時間の中での会話で

私が彼に良く話す男友達に

食事を誘われたって話をしたの

そしたら彼

「例の友達?」って聞いてきた

「うん」と答えてから

私たちの話は”ヤキモチ”という話題になった







以前にも書いたと思いますが

彼はヤキモチ妬きません

顔や言葉に出さないだけかもしれないけど

自ら「いつ?」とか「どこで?」とも聞きません

だから

私が寂しくて聞いちゃうんです

「ヤキモチ妬かないの?」って

彼は

「ヤキモチ妬かないわけじゃないけれど俺は行っておいでと言うよ」

そんな風に言うんですねぇ








確かに信用してくれてると思うのですが

何だか女としてチョコット寂しいような気もする

もしも

彼が女友達と二人で食事なんて言われたら

私はどうなるんだろう???

多分ヤキモチ妬くと思うんだなぁ






今まで付き合った男の人(元旦那含め)

ヤキモチ妬かない人はいませんでしたから

不思議でならない・・・






ヤキモチ=愛情 とも思わないけど

「行っちゃダメ!」って言われても

自分が会いたいと思えば

きちんと彼に説明して行くような私だけど

う~ん

何か寂しいような気がする・・・








彼の心は海のように広いのかなぁ







Sany0020a_2

| | コメント (2)

2009年1月27日 (火)

■痛いけど安心した・・・


体も心も不調の中

”戦いの日”が来た

こんな時にと思いながら

痛みを歯を食いしばって戦ってた






でも






”戦いの日”

もしかしたら来ないかもって思ってた

だって

女の体はとてもデリケートで

子宮は精神的に追い込まれたり

とにかく

まわりの環境で左右されることが多いのだ








私は結婚していた時

無排卵の時が多かった

生理も不順で子宮も小さかった

だから

生理がなくても気にせず

妊娠にも気付かなかった

身長163センチで

体重はその頃37-8キロで

ガリガリ状態でした









そんなこともあり

今月は”もしや?”と心配していた

”戦いの日”は涙が出てくるほど

痛くて辛い

でも

来て良かった・・・










これで”戦いの日”が来なかったら

女じゃなくなっちゃうような気がするもの・・・

頑張って

子宮取らずにいることの意味が

なくなってしまうもの・・・






彼とは会えなかったけれど

痛さは声でわかったのでしょう

「代わってあげれなくてごめんな・・・」

また辛そうな声で言ってくれた

「そこからイイコイイコしててね」

甘える私に

「うん ここから擦っててあげるよ」

毎月の事ながら

彼は相変わらず優しかった







この痛みは

女である証拠

そんな風に思える私の体重は・・・

怖くて体重計に乗れませんがね






Dscf11351a_2 

| | コメント (1)

2009年1月26日 (月)

■幸せは自分が決めること・・・


どん底の精神状態と体調

彼も心配しています

今日も会いましたが

私の顔をジッと見詰めながら

「また痩せた・・・」と切ない顔をしてた






痩せていくのは自分でもわかる

お風呂上りに簡単に化粧水顔に

パタパタとつけてる時に頬がコケてくのが

良くわかるんだもの






私がこんな風になっても

彼は何もしてあげられないと苦しんでいる

言わなければと思うが

仕事へ出ていなければわかってしまうこと

それに

私たちには嘘だけは絶対にナシというルール

「仕事は?」の問いに

「ないんだ・・・」と正直に答える私です






こんな生活で苦しいけれど

私は不幸ではないってことを知って欲しい

一緒に食事が出来なくても

あなたが会いに来てくれて

一緒に温かいコーヒーを飲めること

手を伸ばせば

温かいあなたの手をつかむ事が出来ること

ギュッって抱きしめてくれる人がいるってこと

優しく髪を撫でてオデコにキスをくれること

何度も 何度も キスを交わすこと

それで私の心は一時でも満たされ

不安も苦しさも薄れていくのだから

私は幸せなんです







私は知っています

あなたが洋服も買っていないことも

靴も買っていないことも

付き合いのゴルフも断ったことも

これで

あなたが贅沢をしていたら

私の考え方も変わるでしょうが

あなたは違う







幸せを決めるのは私自身です






確かに

今は辛い

泣きたいほど苦しい

けれど

不幸ではない






Dscf09921_2





| | コメント (4)

2009年1月25日 (日)

■せめて一緒に笑えたら・・・


はぁ~っ

ため息ばかりの日々

仕事がありません

”自由”な時間を喜んでいたのも束の間

その後

仕事がなく金銭的に苦しくて

精神的に追い込まれる毎日です







もちろん

そんな精神状態ですから

食欲もなく

眠れなくて

彼には愚痴ばかり・・・






彼は

この不景気に仕事が忙しい

先が見えないので

今ある仕事を一生懸命頑張っているので

仕事が終わるのが遅い





会いたいって思うのに

体の不調もあり

彼の仕事が終わるのを待っている間に

待ちくたびれて寝てしまう





とにかく体も精神的にも辛い

アルツハイマーが進む一方の父の脱走

お兄ちゃん(甥)がインフルエンザ

その後

今度はおたふく風邪に・・・

母は相変わらず子供中心ですから

父に対して怒鳴る

しかし

父には理解力はないのです

それを母に言うとバトルになり

家の中がスッチャカメッチャカです







そんな家の中にいても

いくら仕事が休みと言っても

心も体も休まりはしません

こんな時

いつもはカメラを持ち散歩して

気分を変えてくるのですが

今の私には現像に出すお金もありません

外へ出ればお金はかかる

何もかもが我慢だ・・・






昨日

私は自ら彼に会うことをやめました

体も辛かったのもあるけれど

こんな姿を見せたくはなかったのです

ですが・・・

電話で話した後

1時間位してからでしょうか

彼が突然電話をくれて

「玄関まで出てこれる?」と言うので

慌てて行くと

心配そうな顔した彼がいました

「どうしたん?大丈夫か?」

そう言いながら抱きしめてくれました

「何も食べてないんだろう?」

たくさんの栄養ドリンクを買ってきてくれました






でも

栄養ドリンクよりも彼の顔見れたこと

抱きしめられたことやキスを交わせたことが

幸せでした







本当に落ち込んでいたんです

一昨日仕事へ行き少しの収入を得たものの

その前の1週間ちかく財布の中が悲惨な状態で

晩御飯のおかずもなくて

無性にコロッケが食べたくて

でも

財布の中にコロッケさえ買うお金なかったんだ






もう

自分が情けなかったね・・・







病院だって事情を話して

検査を全て断ったり

お金が足りない時は後日払いに行ったり






相棒は呑気だけど

私は笑えないよ・・・






外は真冬

暖かくなる頃

あなたと一緒に笑えたら良いな・・・

また思い出作れたら良いな・・・

ほんの少しでも

夢や希望がなかったら

生きていくことが辛いもの






Dscf07381ab_2

| | コメント (2)

2009年1月24日 (土)

■愛してるって言って・・・


ねぇ

愛してるって言って・・・





何だか

すごく怖いの

また迷子になっちゃった

ここは暗くて

小さな光も見えないよ





ねぇ

愛してるって言って

安心して眠れるから・・・







Dscf10011a_2

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

■キスの数・・・


彼と私

会う度に何度もキスをします

「おかえりなさい」

「ただいま」

の会話で最初の軽いキスをします

だから

会えばキスを交わさない日はありません









キスって

恋人たちにとって大切なものだと

私は思います

キスで会話が出来るってくらいにね

愛を感じるキスは温かいんです





今日

彼と会ってキスを交わした時に

ふと思いました

私たちが一年で交わしてるキスは

何時間になるのだろうか?

もちろん

彼に聞いてみました

「ねぇ 私たちって一年でどれ位の時間キスしてるんだろう?」

「う~ん」

「何時間?何十時間?何日?」

「いやぁ~っ そんなにキスしてないだろう・・・」

「だって会う度にキスしてるでしょ?」

「そっかぁ~っそう考えると一年365日で一回としても・・・」

真面目に考える彼がいました









そんな会話をしてることが

私には幸せでした

だって

愛し合っていなければ

キスなどないのだから・・・

例え

会話がなくてもキスを交わせるのなら

まだOK

会話がなくてキスも交わさなければ

男と女じゃないと私は思う








けれど








キスにも色んなキスがある

挨拶のような軽いキス

お互いが感じ合えるようなキス

濃厚な舌を絡ませるようなキス








このキス全て感じるものは”愛”だと思う

そして

キスで相手の心が見えてくるように思う

”愛”のないキスは冷たい

だから

二度とキスを交わさなくなる

愛がなければキスは出来ない










好きでもない人からキスをされたら

多分

すぐにでも唇を拭うでしょう

それは

大人が嫌がる子供にキスをしたら

キスをされた子供が即する行為






大人も子供も同じ

本当に好きな人じゃなきゃ出来ないのが

キスなんじゃないかなぁ~なんて思う

まっ

これは私の考えですがね









キスは恋愛の最初の一歩

魔法のようなものかもしれない

けれど

キスは恋人たちの大切な行為








いっぱいキスしよう

愛してるのなら唇で会話しよう








Dscf11311a





| | コメント (2)

■何で貸してくれないんだろうか・・・


先日

私たちの時間の会話

愛し合った後の余韻を残しつつ

まだベットの中で体を絡めあう中

彼が私の中に入ったままの会話







「ねぇ ずっと入ってて・・・」

「そうはいかないでしょう・・・」

「ねぇ そうしてると気持ち良いの?」

「うん」

「ねぇ 貸してくれない?」

「えっ

「ねぇ 貸してよぉーーーっ

「貸したら俺はどうなるの・・・」

「んeipyonの貸してあげるよぉ~っ

「・・・確かに試してみたいけれど・・・」

「じゃあ 貸してっ

「いや・・・やっぱりヤダ・・・」








eipyonは坊やが不思議でならない

大きくなったり 小さくなったりetc・・・

だから

良く遊んでるのですが

そうすると欲しくなるんですねぇ

eipyonも坊やが・・・






ねぇ

一度くらい貸してくれないかなぁ







Dscf09981a_3

| | コメント (2)

2009年1月21日 (水)

■優しさとは・・・



優しさとは・・・

優しい男性とは・・・








寒い時にサッと上着を脱いでかけてくれる男性

雨降る中先に車から降りて傘をさしてくれる男性

夜道は危ないと車で送り届けてくれる男性

これも優しさ








でも







これは男友達でもしてくれる優しさだったり

男性が女性に気があり一生懸命頑張る優しさ

それでも

女性には嬉しいことですよね

そして

その優しさが永遠に続くと思うのが当然






けれど

その人が人として優しいならば永遠に続くが

何かを得る為の優しさならば続かない

私を含めよく聞く話ですが

付き合いが長くなったり結婚すると

”あの頃に戻りたい・・・”なんて思ってしまう位

相手の冷たさを感じることがあったりします







例えば私の場合ですが








元旦那さんは付き合っていた頃

毎日1時間半もかけて

私を送り届けてくれる人でした

風邪を引いたと言えば

即効薬を買って届けてくれる人でした

海外旅行へ行く私を心配して

毎晩電話をしてくれる人でした

何処へでも迎えに来てくれる人でした

だから

私は元旦那を優しい男性で大切にしてくれると

結婚することに決めました






しかしながら

その優しさは婚約するまでの

期間付の優しさでした

それまでの優しさ全てが義理の母へいきました

私が高熱を出しても

手術をしても

過呼吸で苦しんでいても

私の傍には一切いませんでした

泣いてお願いしても

義理の母が心配だからと振り返りもしないで

玄関から出て行きました

そして

義理の母に私さえも言いなりになれと・・・

もうそこで私は限界でした







女性の殆どが”優しい男性”が好き

それを

男性が知ってるんですよね

そのうわべだけの優しさを見抜けないのは

恋心が邪魔をするから







じゃあ

本当の優しさって???

正直

私も今探してるんだなぁ~っ






ただ言える事は

大切な時に傍にいてくれたり

SOSをちゃんとキャッチして飛んで来てくれたり

相手の心も体も守ってくれたりかな






それは

男性も女性も同じだと思います


優しさ=愛情









持続させるには

お互いがお互いを知り

お互いが求めてる優しさを知ること




これは

あくまでも私の考えですがね・・・








Dscf11121_3

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

■君が僕を変えた・・・


先日

彼と話をしていた時のこと

彼は小さな頃から何でも作ることが

好きだったと微笑んでいた

そんな彼に私は聞いてみた

「じゃあ eipyonも作られたのかなぁ?」

そしたら

少し照れくさそうに

「うん」

そう答えた

でも

その後に彼が言ったの

「今の僕はeipyonが作り上げたんだよ」










確かに

出会った頃の彼は今いない

声も

話し方も

顔も

洋服も

全くの別人なのだ











今のあなたは私だけが知ってるのかな?

優しく微笑む顔も

冷や汗をかきながら父のような顔するのも

甘えてペタッしてくる顔も










私はね

あなたにしか見せない顔たくさんあるよ

駄々っ子してベソかく顔も

甘えたいよってペタッする顔も

寂しいよって泣く顔も

全部

あなただけが知ってる本当の私










これからも

私だけが知るあなたの顔が増えますように・・・









Dscf09671a_2

| | コメント (2)

2009年1月18日 (日)

■本当の女は・・・


あなたに抱かれるまで

セックスに罪悪感を感じてた

感じるなんてこと全くなかった





イクなんてこと

一生ないと思ってた

だって

抱かれていても

罪悪感やフラッシュバックしか

私の心になかったし

相手に心開いてなかったし

安心感などなかったから

ただ ただ 目を閉じて時が過ぎ行くのを

待つだけの女だったの








でもね








あなたは違ってた

私の心を始めて抱いた人だったの

誰にも言えない私の苦しみを

始めて語った人だったの

そして

その苦しみを一緒に消そうとしてくれた

優しい人だったの










あなたは包み込むように

私を優しく抱きしめてくれる

緊張する私に

何度も聞いてくれた夜があった

「大丈夫?イヤだったら良いよ」

「正直に言ってごらん」










私は女としての悦びを感じることは

絶対にこないと思ってた

でも彼は

「女として生まれてきたのだから」

悲しい目をして優しく髪を撫でてくれた










肌の温もりを感じる幸せ

見詰め合える幸せ

私の心がどんどん変化していった

あなたに心を委ねることにより

感じることへの罪悪感が薄れていったの










私があなたを感じている時

キレイだと言ってくれる

いつの日か

あなたとひとつになることで幸せになり

私の子宮であなたを感じるようになり

気遣っていたあなたが本当の男になり

私は本当の女になっていった









正直

時々フラッシュバックしてしまう夜もある

でも

そんな私を気付いてくれるあなたがいる

こんなに幸せなことはないと思う








幸せをありがとう









レイプによって深い傷をおい

性への恐怖感を心で抱え込んでいる人

この世の中で沢山いることを知りました

心の傷は一生背負っていかなくてはいけない

けれど

愛する人に抱かれたいと思うのが本音だと

私は思います

でも

PTSD(トラウマ)を背負いながらでも

幸せになれるよ





理解してくれる素敵な人と出会えること

ココで祈っています









Dscf06491aa






| | コメント (2)

■心抱かれた日・・・

じゃじゃ~ん

昨夜は彼からの突然のお誘いにより

彼の”愛”をたっぷりと頂いてきちゃいましたっ








奴のインフルエンザ喜んではいけないのでしょうが

私の”自由時間”は心が落ち着いていました

でも・・・

彼の歯痛により会えないしでメチャ寂しくて

「こんな自由な時にバカッ

等とグレてた私がいましたが

昨日仕事を終えた彼から電話がきて

「eipyonお風呂行こうかぁ~っって

もしかして

ブログ読んで気にしたのかな?

なんて思いながらも断る理由などないので

OKして彼の車へGO









車に乗ると彼の顔をジーッ

「な・なに

「ううん・・・」

実は歯が痛いと言うので

腫れてるんじゃないかと見てたんですねぇ

無理してるのはわかってたけど

ヒドイ顔してたら

貴重な”二人だけの時間”が全く違う時間になるから

疲れた顔に少し浮腫んだ顔してた彼でしたが

笑顔があったし

いつもの笑い声が聞けたので

ホテルへGO










ホテルは土曜日ということで混んでいましたが

入ったのが早かったのでラッキー

歯が痛いと言うので簡単に食事を済ませ

eipyonのTバック姿を披露してイチャイチャ

「カッコイイ~っ

ハハハ・・・

何で”キレイ”って言ってもらえないのでしょう

その後

久しぶりに二人でお風呂タイム

疲れてる彼をイスに座らせて

髪を洗い 体もキレイに洗って

「先に入ってて良いよ~っ

と言うと彼が浴槽に入るがっ

「あ・あっちーーーーーーーーーーっ

クルリンと片足あげたまま回転したぁ

「ご・ごめんっ熱かった???」

「あ・あっちぃよぉ~っ

笑っちゃいけないんだけど

彼のビックリした顔と片足あげてのクルリンがぁ

もう

笑いが止まらず涙流れるし腹筋が・・・

「おいおいっ笑い事じゃないってぇ

そう言われても息継ぎが出来ないほど

笑いが止まらずのeipyonでしたから

ムードもなんもありませんでしたっ










お風呂から出ると

お着替えタイム

でも でも・・・

「彼ちゃま~っどうやって着るのかわかんないよぉ

別室で着替えて登場するはずが途中で彼の所へ・・・

「これじゃあ別室で着替える意味ないじゃん

なんて言いながら着替えさせてもらい

撮影タイム

その間はeipyonは坊やで遊びたい放題

結局

そのままベットで愛されることになるのである










Dscf1019























昨夜は

体が感じるというよりも

スゴク心抱かれたという表現の方が

良いような気がします

心も体も”ひとつ”になれたという

幸福感

これは受け入れられる”女”にしか

味わうことが出来ない幸せかもしれない

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

■女でいたいから・・・


朝起きて

まず何を悩むかと言うと・・・

下着を選びなんです

彼と付き合うようになって

下着もベビードールも

キレイになりたい気持ちと同じで

かなり増えちゃったんですねぇ






よく

勝負下着なんて言いますが

突然誘われたら・・・なんて思うと

やっぱり悩むんですねぇ

女性の方は皆さんどうしているのでしょうか?

デートの日が決まっていれば

やっぱりキレイな下着を身に着けて

出かけるのでしょうか?






でも





私たちは

会えるか 会えないかが

全くわからないんです

勝負下着を身に着けて会えないと

何だか

すご~く虚しくなっちゃうeipyonです







彼と付き合うまでは

下着には気を使いませんでした

過呼吸にならないように締め付けないように

ラクな下着ばかりでした

それに

自分本位のHしかしない人は

下着に興味なかったから

ど~でも良かったっていうのが本音でしょうか・・







かと言って

勘違いしないで下さいね

彼は決して要求してる訳でもなく

私が彼の前でキレイでいたいだけなんです

私の買える下着なんて安いものばかりだけど

下着を選ぶって女にとってスゴク幸せな時間だと

思いませんか?

だって

女性にしか味わえないドキドキ感があるのですもの








私は女でいたいから

毎朝の下着選びを楽しもうと思います








P82400511a_2

| | コメント (4)

2009年1月16日 (金)

■あなたが遠い・・・


一昨日

携帯が壊れて朝からドタバタ・・・

何をしても充電ギレになって電源が落ちてしまう

せっかくの完璧なOFFなのにと苛立つ

d○co○oへ電話で聞いたら原因不明とのこと

仕方ないので言われた通りショップへ

車を飛ばして行った






まずは

故障担当のカウンターへ案内されて

アダプタが原因なのか?

本体が原因なのか?

修理に出すしか原因がわからないと

その上

コンビニで売ってる充電器を仕方ないので

テスト用で挿したら充電されるので利用したことで

「純正のもの意外使うと・・・」

と言いやがる

「そう言われますから普段は使いませんが緊急で仕事の電話も取れないんじゃあ困るでしょその位マニュアル通りの言葉じゃなくて多めに見てよ・・・」

「そうですよね・・・困りますものね・・・」

そう言いながらの愛想笑いが苛立つ








結局

長く使っているので機種変することになるが

ポイントが貯まっていりこともあり

故障担当の人が色んな機種を持ってきて

割引をした後の支払い額を出してきた

その時に言われた金額は数千円でしたので

何とかなると思い

今度は機種変のカウンターへ行くが

そこもまた

マニュアル通りの笑顔と言葉

そして

故障担当の人に言われた金額とは全く違う

数万円の金額を言われビックリ

「さっき言われた金額とは全く違うんですけど・・・」

「担当が違い全くの素人なので・・・」

同じショップ内で何てことなのだろうと苛立ちはピーク

もう

早く機種変して帰りたいと思いながら手続きを進める

でも

色々待たされて3時間近くの時間が過ぎていった










彼とペアの携帯も壊れたことでショック

そして

大きな予定外の出費もショック






★~★~★~★~★~★~★~★~★







そんな

一昨日の完璧な休みはドタバタでしたから

買い物リストを書いて買い物へ行くのを

楽しみにしてた母が可愛そうに思っていたら

なんと

奴がインフルエンザでダウン

仕事出来ないので休むと連絡があり

完璧なOFFが再び

金銭的には追い込まれるのはわかってるけど

”自由”なんです

”待機”もないんです

だから

父も連れて親子3人で買い物へ行き

ファミレスだけど外食もしてきました




母は喜びハシャいでいるので

私は父を支えながら歩いたり座ったり

レストランでは父の口に冷ましては入れてやると

良い顔した父がいて

隣には

良い顔した母がいて

めったにない時間をしっかりとこの目に焼きつけ

弱っていく父との思い出をしっかりと作りました







でも


彼との時間は減るだけ

この不景気な時に仕事にあおられ

体調を崩してばかりの彼

昨日

無理して会いに来てくれたけれど

早々に帰って行った

抱きしめられても

キスをしても

手をつないでも

あたなの瞳に私が映ることはありませんでした









そんなあなたに甘える事は出来ないよ・・・








Dscf09841_2






| | コメント (4)

2009年1月14日 (水)

■冷たい涙・・・



何だか

すごく寂しい・・・

心が疲れてるのかな





何だか

イヤなことばかり

ツライことばかり




季節は真冬

外は寒くて凍えそうだった

寒い日の晴天の日にしか見れないのは

キレイな空だけ

夕陽に染まる富士山がキレイでした

夜空にはキレイな星だ沢山見えた





でも





今日はそんな話をする人もいない

笑うことを忘れた私

冷たくなった手を温めてくれる人もいない

溢れてくる涙を拭ってくれる人もいない

そして

冷たい涙が落ちていく






Dscf09791abc_2

| | コメント (2)

2009年1月13日 (火)

■もっと もっと・・・



もっと私を見詰めて欲しくて


もっと私を抱きしめて欲しくて


もっと私にキスして欲しくて


もっと愛されたくて


私は決めたの


そう


この間あなたに宣言したでしょ


”私キレイになります!!” って


でも・・・


キレイになることは難しいね


どんなに着飾っても


口紅の色や香水を変えてみても


あなたは気付いているのかな


知らない人が振り返っても嬉しくはないの


私が見て欲しいのはあなただから・・・







Dscf06181















| | コメント (4)

2009年1月12日 (月)

■あなたの言葉を思い出しながら・・・



今日ね

仕事の移動中ずっと空見ながら

あなたのことを考えてたの

何だか

寒そうな空が私を寂しくさせたの






「僕の心の中にはずっとeipyonがいるよ」

この間のあなたの言葉を思い出して

一生懸命に仕事頑張ったよ

私の心の中ににも

ずっと ずっと あなたがいるよ






Dscf02451a

| | コメント (2)

2009年1月11日 (日)

■やっぱり一緒にいたい・・・



今日は

eipyonの仕事は待機させられましたが

日曜なのに休み・・・

彼は知人のお見舞いへ行くとのことでしたので

当然会うことは出来ないと思いながら

部屋の片付けをしたり

PCと戦っていたりしてた






夕方遅くに

疲れたなぁ~なんて思いながら

ボケ~ッとしていたら

彼からの着信音が鳴ったのでビックリ

「もしも~し どうしたん

「あ~そぼっ

「えっ

「eipyonの家の近くなんだよ~っ買い物行かない

「うん・・・でも 部屋着だし 何もしてないから時間かかるよぉ~っ

「いいよ・・・待ってるから







またまた

キャーーーーーーーーーッのeipyon

何から用意して良いのやら

着替えて 簡単にアイメイクだけして

彼の待つ玄関前にGO






彼の車の前に行くと

優しい顔した彼がいました

買い物へ行く場所を決めてドライブ

そして

先日所沢グッピーを買ってもらった店へ行きました





こんな時は同じ趣味なので二人楽しめる

って言うよりも

彼が一緒だと幸せで楽しいのですよね

相変わらず夫婦漫才になってしまう会話

冷や汗の彼ですがね・・・






またもや

お魚さん用品を買って頂いて

またまたバラの鉢植えをオネダリしちゃった

買い物が終わると外にはキレイなお月様

二人でキレイを見るのも久しぶりでした







その後

また違う店に行き

食欲のないeipyonが

「お腹空いた~っと言うので

スーパーで御寿司を買って二人で食べた

やっぱり食事も彼が一緒だと美味しいので

ペロリと残さず完食

「やっぱり二人で食べると美味しいねぇ

そんな風に彼に言われて嬉しかったな







この数日

彼に会うことが出来なかった分だけ

今日はペタッして

お鼻スリスリして

キスも沢山交わしたけど

まだまだeipyonは足りません・・・






彼に寄りかかるとホッとして力が抜けていく

そして

そのまま眠りたくなるeipyonでしたっ







やっぱり一緒にいたい・・・








Sany00041a_2

| | コメント (2)

2009年1月10日 (土)

■もう少し早く・・・






あなたに出会ったのは何年も前

奴と付き合ってから2年位してからだった

あるお店で何気ない会話をしたんだよね

その会話から

私はあなたが私が知りたいことに詳しいと知り

「何かわからないことがあったら電話しても良いですか?」

って電話番号とアドレスを聞いた

それから

しばらくして困ったことがあり電話をしたのがきっかけで

色々なことを教えてもらうようになり

少しだけ友達みたいな関係が何年も続いてた






ある朝

突然あなたからの電話が鳴り

「ご飯食べた?食べに行かない?」

あの時

私爆睡中で何が起こったんだかって感じで

どんな風に答えたのかも憶えていないんだけど・・






私はその頃

病気のことも奴のことも何も話してなくて

大きな薬箱持参して

スッピンであなたの車にドキドキしながら乗ったの







レストランでは緊張してほとんど何も食べれなくて

あたなはビックリしてたよね

だって

あの頃外食出来なかったんだもの








その後も

あなたは私の先生のように

色んな事を教えてくれるようになって

困った時に電話をすれば飛んで来てくれてた

でも・・・

なぜかわからないけれど

プライベートの事は何も話してなかった












けれど

奴が彼氏と話した後でした

温和なあなたを怒らせてしまいました

奴が私を鳥カゴに入れ翼を折られていること

話せなかったから・・・

私はあなたとの良い関係を壊したくなくて

正直にあなたに奴の話をすることにしたの







それから








あなたと私の関係が変わっていったの

奴とのことを誰にも話せなくて苦しかったけど

あなたはいつも真剣に聞いてくれた

色んなアドバイスをくれてた

他の人とは違い”別れなさい”以外の・・・

「”何で?”って聞いてごらんよ」など

最初は奴との関係を修復できるようにと

今とは違う私の幸せを願っていてくれた







でも

私の中では奴との関係は終わらせたいと

逃げ出すことばかり考えてた

彼と会ってる間中鳴り止まぬ奴からの電話

突然の訪問に慌てて帰る日もあった

もう精神的に限界だった










奴に他に女がいることが確実になり

追い詰めては逆切れされ

車から引きずり降ろされた時には

命さえいらないと思う位に泣き叫んだ

他に女がいるならば私を自由にさせてよって・・

もう自分がどうなるかわからなくて

なせかあなたに電話をしたの

仕事中なのに何度も・・・

そんな私が普通じゃないと思い

あたは飛んで来てくれた









車の中で毛布に包まり

腕に沢山の傷を作り放心状態の私を見て

あたなは私の涙を拭いながら

落ち着くまで優しく抱きしめてくれた

あの日

あなたは初めて私に言ったの

「もうやめなさいこんなになるまで・・・」

ってね







あの日から

あなたは私をこれ以上傷つかないように

必死で守ってくれた

誰にも見せたことのないような

ボロボロになって帰ってくる私を待ち続けてくれた










それが

私たちの始まりだけど・・・









付き合って色々話していくうちに

私たちは何度も何処かで会っていた

私が昔住んでいた家の近所に彼が仕事で来てた

私が良く遊びに行っていたお店に彼も行っていた

私がアルバイトしていたコンビニに彼も来ていた

その他

ビックリする位に同じ時期に同じ場所にいたの









そんな話が出る度に

もう少し早く出会いたかったな・・・

そう思う私がいます








Dscf07361a













| | コメント (2)

■初夢が正夢に!!!


先日

彼ちゃまから飼ってもらったグッピー

その日に赤ちゃん産んだことをココで書きましたが

実は・・・

今年の初夢が正夢になったんですよぉ~っ

ビックリしてます








夢でグッピーが入った水槽に

沢山赤ちゃんが産まれて感激してる夢みたんデス

そしたら

本当にグッピーの赤ちゃん実際に見れちゃった








Dscf09941_2






















お魚さんを飼うなんてこと

全く考えてなかったのに

少しでも癒されるようにと買ってもらった

2匹のコッピーが12匹に増え

コッピーだけじゃあ・・・

なんてことになり

グッピーの赤ちゃんが産まれるところを

見せてあげたいと

彼が2匹のグッピーを買ってくれたのですが・・・









今年初めての朝(元旦)

「あけましておめでとうを言ったのも

グッピーで御座いましたぁ







でっ







今朝

母が大きな声で叫ぶんですよっ

「eipyonどうしたのっ

って

eipyonは何が起こったのかと思ったら

何と

グッピーと話してるのに

eipyonが変になって独り言言ってると思い

妄想でも出たのかと思いビックリしたらしいんです







ヤバイ・・・・・





eipyonグッピーにハマってる







今日

ある人に正夢の話をしたら

「宝くじ買いなさいよっ

なんて言われたの

赤ちゃんが産まれるとかの夢が正夢になると

宝くじが当たるんだそうですよっ


買ってみようかなぁ~っ

| | コメント (2)

2009年1月 9日 (金)

■私たちの日記・・・

Dscf09351a1






















あなたは

このブログが私たちの日記と言うけれど

私は

あなたから送られてきたメールが私たちの日記

だから

大切に 大切に バックアップ取ってある






寂しい夜は

2006年からのメールを読んでたりするの

あなたは恥ずかしいと言うけれど

私には宝物なのよ






最初の頃は

毎晩欠かさず会っていても

朝方まで一緒にいても

毎晩メールで愛を語ってくれたよね

時には

ステキな曲をプレゼントしてくれたね







読み返すと

私たちはこの3年間に色んな壁にぶち当たり

その度に

何度も話し合いを重ね

お互いの気持ちをぶつけ合い泣いた夜もあった

あなたの苦しさや私の苦しさ

お互いに離れようとした時期もあった

そんなメールも全て私たちの日記だから

削除はしない






これからも

このブログと彼からのメールを大切に

思い出を増やしていきたい

| | コメント (2)

■私は野獣・・・

200918
























今年

彼と初詣を済ませ

仲良く二人ベンチに腰かけ

ゆっくり流れていく時間の中で

彼が何を思ったか・・・・・

「eipyonって顔が野獣みたいだね」

これって

褒め言葉でしょうか?????

そうは受け止められませんよねぇ







その日

毛皮を着ていたせいもあるのかも・・

って思いたいんですがねぇ

「それって どんな顔なん

そんな風に彼に聞くと

「いやぁ~っ鋭い目をしてるから・・・」

「えっそんなに目つき悪いん

「そ・そうじゃなくて・・・キレイな女の人がそうだから」

「・・・・・でもさ~っ何かイヤじゃない

「何で俺なんか草食動物だぜぇ~っ







うーーーーーん








彼が言うには

eipyonは山猫のような顔なんだそうでして・・・








確かに

喧嘩っ早いeipyonですから

目つきは鋭いのかもしれません

でもさ~っ

彼の前ではカワイイ動物になりたかったわ

| | コメント (2)

2009年1月 7日 (水)

■あなたの想い・・・

2009171






























今日もあなたに会えた

顔を見たてのは3分くらい

話した言葉は数えられるほど

でも

もう会えないと思っていたから

すごく嬉しかった







今日もあなたに会えた

けれど

かなりダルそうな顔してた

おでこに手をあてると熱かった

「風邪引いちゃったみたい・・」

それでも

あなたは私に会いに来てくれた







ツライ中

最高の笑顔を見せてくれた

そして

「eipyonに移ってなければ良いんだけど・・・」

なんて

優しい人ね








そんな状態でも

例え

3分でも5分でも会いに来てくれた事

それはあなたの言葉だと思った




eipyonが寂しい思いをしないようにと・・・








「今日はキスはしないよ

「いらないよ~っ

そんな会話で二人笑顔でバイバイ








そして







私は心癒され一日の終わりを笑顔で過ごせた









ありがとう

| | コメント (4)

■好きがいっぱい・・・

Dscf07661
































あなたが皆と同じ呼び方で

私の名前を呼ぶけれどドキッ

何でだろう・・・







今日もあたなに会えた

あなたの笑い声が私の心を癒してくれた

今日もあなたの手の温もり感じ癒された






二人鼻と鼻を摺り寄せ

おでこを摺り寄せ

頬を摺り寄せたりしながら

自然に唇が重なり合い

舌を絡ませ愛を語り合う







キスは大切な絆かもしれない・・・







メッチャ好き

あなたがメッチャ好き

メッチャ メッチャ好き





| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

■何だかメチャ幸せ・・・

彼ちゃまと初詣に行った翌日

eipyonは仕事で彼は休み

当然

いつものように一度仕事へ出たら

帰る時間が読めないeipyonですから

彼に会えないと思っていました








仕事始めの朝

元気がなかったグッピーのお父さん

出掛けに心配で水槽を見ると

死んじゃってた・・・

この間

いつまでもお腹が大きいままの

お母さんグッピーが可哀想でお父さんを

お母さんと子供のいる水槽に入れようとして

逃げられて捕まらなかった時に傷つけたのが

原因・・・かなってスゴク悲しくて

「ごめんね・・・」って言いながら庭に埋めた

もちろん

彼にすぐ報告したのですが

仕事へ出なきゃいけないのでメールで報告して

仕事へ行きました





幸い

仕事が早く終わり

彼に連絡したら彼がグッピーを売ってる場所を

あちこち探していてくれて

「eipyon悪くないよぉ~オスを買いに行こう

ってことになりまして

忙しい彼が大渋滞の中車を走らせ

お店に連れて行ってくれました










eipyon久しぶりに皮のショートパンツ姿

彼ちゃまビックリ

「ず・ずいぶん短いね・・・」

えっ

「いや・・・」

「何?派手過ぎ?イヤ?」

「イヤって言うか・・・」

「何?不釣合いって言いたいん?」

「うん・・・」

「何で男の人はジーンズで良いんだよ

なんて会話しながら目的地へ向かいました







二人で色んな魚さんを見ながら

夫婦漫才に花が咲き

彼ちゃまは寒いのに汗

しかし

彼ちゃまの大好きな魚たちや水草たち

そして

色んな用品があるので今回はeipyon迷子・・

探したら

何だか店員さんと真面目な話を長々としてた

そ~っと近くに行くと

彼ちゃまと店員さんの会話が聞こえるんだけど

eipyon聞いたことのない用語ばかりが

飛び交いeipyonはクラクラ

彼ちゃま楽しそうに話してるから

eipyon店員さんに言っちゃいましたっ

「お魚さんばっかりカマって遊んでもらえないと困っちゃうんですぅ」

そしたら

彼ちゃまと店員さんが大笑いしてましたぁ









そして

グッピーさんの薬とか必要な物を

彼ちゃまが選んでくれて

いよいよ

グッピーを選ぶことに

しか~し

ふと違う場所を見るとキレイなグッピー発見

「彼ちゃま~っこっちのグッピーが良いよ~

彼ちゃま飛んで来て困った顔した・・・

「eipyon・・・これ・・・所沢グッピーって言う有名なグッピーなんだよ」

「ふ~ん・・・でもキレイだよぉ~っ

彼ちゃま

また店員さんと相談・・・

「わかったじゃあコレにしようっ

でもね

ペアでなきゃ売ってくれないと言うので

eipyonのグッピー増えることに・・・










それから

キレイな花を見たり

お茶したり

小さなバラの鉢植えをオネダリして

買ってもらっちゃいましたっ










帰りはスッカリ夜になり

車を止めてはキスをオネダリするeipyonでした










さぁ

帰ったら新しいグッピーを水槽に入れる用意

水温調節しながら水槽の水を少しずつ

買ってきたグッピーのビニール袋に入れていく

もう大丈夫かなぁ~って感じになったので

チビと一緒に水槽に入れようとすると・・・

キャーーーーーーーーーーッ

さっき買ってもらったばかりのグッピーなのに

赤ちゃんが産まれてるぅ~っ

チビとeipyon大騒ぎになりパニック

産まれてきた赤ちゃんをオスがすぐに食べてしまう

「ママっ早くどうにかしてよーーーっ

「うんっって・・・チビ~っこれを持っててよ~っ

「うんっ

そんな事してるうちに10匹以上もの赤ちゃん誕生










ってな訳で

eipyon急遽産卵箱をチビに作ってもらい

もうひとつ水槽を準備したりでドタバタでしたぁ










グッピーお父さんの死と新しい命の誕生

いっぺんに起こった1日でありましたが

彼ちゃまが見せたいと言っていた

赤ちゃんの誕生する瞬間をチビと二人で見れた

そして

彼ちゃまと思ってもいなかったデートが出来た

すごく幸せ






Dscf09341a_2 

| | コメント (6)

2009年1月 5日 (月)

■涙のお正月も終わり笑顔でルンルン・・・


eipyon

今日から仕事始めでした

って言っても顔合わせのようなものでした





★~★~★~★~★~★~★~★~★






ところで

元旦から彼と私

心もすれ違ってしまって

彼を怒らせてしまいました

そして

無理して2日の記念日の初詣を3日にと

彼が言ってくれていたのに

「会うのをやめよう

そう言われてしまいました






二人の大切な記念日に会えないことで

駄々っ子した訳でもなく

ちゃんと受け入れたのですが

何か隠し事をしてると感じ

その事で私は悲しくて辛くて泣いたんです

そして

もめたんです







翌日の3日に会わないと言う彼に

電話だけでもってってお願いして

私は姉のお墓参りに行ったり

買い物してたんです

そしたら

彼から電話が鳴りまして・・・

ちょっと気まずい雰囲気の中

私は普段通りに話していました

彼も少しずつ普段の会話になり

「じゃあ俺は初詣一人で行くわぁ~っ

なんて言うので

「eipyonわぁ~っ

って聞いたんです

そしたら

「行く?」

って事になりまして

二人で初詣をすることになりましたっ







何事もなかったように

二人で手をつないでお参りして

おみくじ引いたりしながら

ゆっくりと時間が流れていきました

初詣を終えて

買い物へ行きたいと言う彼

一緒に行きましたが少しお茶しようってことで

何処も店が閉まっていたので

二人でマックで色んな話をしながら

笑っていました

でも・・・






何だかスッキリしない私の心

家まで送ってもらう途中

抱っこをねだりまして

二人の秘密の基地で抱っことキスを・・

そして

私から彼に

「どうして?」

「何で?」

そんな風に聞いてみました

だって

心が苦しかったから・・・・・

彼は落ち着いてから

話そうと思っていたらしいのですが

私本当に辛かったから







目の前に彼がいて

目をしっかりと見ながら話す

彼は聞かせたくない話もあるんだよ

そんな風に言うけれど

私はそんな彼を好きになったんじゃない

良い事も悪い事も全て真実を知りたいし

例え

ショックな事でも隠し事される事の方が辛い

だから

今回の話し合いで私の心のモヤモヤは

全て消えていったの






私は

いつだって彼と真正面から向き合いたい

だって

真剣に恋してるんだもん







お正月早々色んな事があったけれど

私の心は晴天です

メールや電話じゃあ伝わらない事多いんです

顔が見えない分

すれ違いも多くなります

以前からココに書いてきたように

”会って話す事”が大事なんだと再確認した

お正月でもありました






     追記

                本当に悲しい時って

              涙が出ないものなんですね

              涙って不思議・・・







Dscf0925



















そして

今日も彼と幸せな時間を過ごす事が出来ました

また明日















| | コメント (4)

■いつものように・・・



二人の初詣



この木には気があるから



触れておいでと母に言われ



二人で真剣に触れたね



いつもの笑顔で・・・









Dscf0928_3



| | コメント (2)

2009年1月 2日 (金)

■もう泣いていいかな・・・

Dscf69721



























もう

泣いて良いかな・・・

もう

我慢できないから

もう

泣いて良いよね・・・

| | コメント (2)

■ひ・と・り

毎年

1月2日は彼と二人で初詣

でも

今年は一人で行って来ました







元旦早々激しい頭痛で眠れず

何度も薬を飲んでいました

アルツハイマーの父は真夜中でも脱走を繰り返し

結局眠らず朝がきた







そんな今年の1月2日

初詣行く事を迷いました

でも

行かない事で悪い事が起こる度に

全て行かない事のせいにしてしまうと思い

一人で車を運転して行って来ました








毎年行く神社ですが隣に彼がいないことで

全く違う風景に感じてしまいました

お賽銭を入れ

手を合わせて心で願う

”ずっと二人でいられますように・・・”

毎年

私が手を合わせ願い事をしていると

彼が横で笑って言うんです

「eipyon長いっって

でも

今日は隣にいません








「大吉出るまでおみくじ引こうねっ

そんな事を昨年暮れに笑って言ってたのに

今日は一人でおみくじ引いた

彼が毎年買う交通安全のお守りも買った

そんなことしてるうちに寂しくなった・・・









Dscf0918 








| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

■あけましておめでとうございます!!!


あけましておめでとうございます

皆さんは

どんなお正月を迎えられたのでしょうか?

eipyonのお正月は・・・

朝は彼ちゃまからの

「おはよう」のメールで

2009年をスタート致しましたデス

その後

会いたくない兄家族が来て

逃げる時間もなく部屋で過ごし

叔父が来たり

チビとの時間を過ごし

父の脱走を

追いかけ続けた1日で御座いました

夕方

亡くなった姉の親友がお線香をあげに

遠くから来てくれました

姉が亡くなった時に私を抱きしめ

「私がいるからお前のお姉ちゃんだからね

そう言ってくれた姉の大親友

今日も何も言わずにギュッって抱きしめて

イイコイイコしてくれました

「痩せたけど大丈夫か?皆の笑顔見れて今年もハッピーだよ」

なんて

素敵な言葉を残して帰って行きました

そして

彼ちゃまから電話がありましたが・・・

明日

二人の大切な記念日なのですが

急用が出来て会えなくなったと・・

彼ちゃまはずっと謝っていましたが

仕方ないよね・・・

そんな1年のスタートになっちゃいまいたが

お正月から泣いてはいけないので

頑張って笑顔で過ごします







   皆さん

      今年も宜しくお願い致します











Dscf088320081231_2


















































 

    

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »