« ■一番会いたくなる時間・・・ | トップページ | ■タイムリミット »

2009年1月29日 (木)

■声だけでも・・・


何だか

毎日ドタバタです・・・






本業の仕事がないので

副職を頑張るのみのeipyonですが

この2日間は思うように仕事が進みません

朝方まで頑張って

やっと追いついてる状態って感じ







実は

アルツハイマーの父の具合が悪く

”痛い”の感覚も失っているので

神経休まらない状態なのです





今スヤスヤと寝ています

私はチョット休憩・・・






昨日突然大量の鼻血を出した父

血液をサラサラにする薬を飲んでいる為

怪我させないようにと気を付けているが

鼻血・・・

血圧が高いのか

急いで血圧を計ろうとするがジッとしていない

そうなると

母が怒鳴りだすので

上手に遊ばせながら血圧計る





血圧は普段と変わらない

とにかく出血を止めなければならない

しかし

父には理解出来ない

タオルで頭を冷やすがイヤがって取るし

鼻にティッシュ詰めても取ってしまう

その上

ちょっとでも目を放そうものなら歩くから

また鼻血がぁ~っ








ってなことで

eipyonは添い寝して

遊ばせながらタオルを当てて

腕を悪さしないように組みながら

出血が止まるまで父のベットで添い寝









そんな状態では

彼に会うことなんて当然無理

偶然

部屋に戻った時に彼から電話

「大丈夫か?どうなの?」

心配している彼に説明して

色々アドバイスをもらい

昨日は電話を早々切った







そして







今日は落ち着くかな?

何て思いましたが

また

朝から父が出血・・・

夕方まで様子をみるが何度か繰り返す

かかり付けの病院へ電話するが

内科ではなく耳鼻科へと言われ

父を車に乗せ病院へ行きました






アルツハイマーと説明したので

先生も看護婦さんも優しかった

怖がる父が暴れないよう押さえ

治療は無事終わった

毛細血管が切れたようだ







急いで行ったので車椅子もなし

父を支えながら駐車場から病院まで

ゆっくりと歩いた町並みは懐かしかった

私がレイプされてから

毎日 毎日 

仕事の帰りを雨の日も雪の日も

歩いて駅まで迎えに来てくれた父との

思い出の町

父は嬉しそうだった

「懐かしいなぁ~」って思い出してた

町の人たちに次々声をかけられた

「久しぶりだねぇ~っ

父は憶えているのかわからないが

笑顔で手を振っていた







昔は年頃の娘が恥ずかしくないよう

何歩か離れて歩いていた道

今日は腕を組みながら歩いた

なんとも言えない気持ちになった







そんなeipyonですから

当然ながら

今日も彼とは会えません

病院へ行く前にメールで知らせてあるので

仕事が終わった彼からメールが届いた時は

まだ父から手が放せない状態だった

悲しかった・・・

寂しい気持ちでいっぱいになった・・・








そして





偶然にも部屋で着替えをしていたら

彼から電話が

「eipyon 今大丈夫?さっき駐車場に車あったから・・・」

「うん 今帰ってきたとこなの・・・」

「お父さんはどう?」

彼に説明すると

「お父さん 気を付けて診ててやってな」って








少しだけ

電話で彼に甘えた

馬鹿な話もして笑った

でも

会いたい気持ちでいっぱいになった

切れないよ

電話・・・・・・・









「愛してるよ・・・」

彼の言葉に涙を拭って

「バイバイ」







でも

声だけでも聞けて良かった

これで明日も頑張れるよ

ありがとう








Dscf10071abc

|

« ■一番会いたくなる時間・・・ | トップページ | ■タイムリミット »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

☆nanaさんへ☆

大変ですが、逃げられない現実ですので
頑張っていきますね

投稿: nanaさんへ | 2009年1月31日 (土) 00時12分

大変なんですね・・・。
頑張って下さい。

投稿: nana | 2009年1月30日 (金) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■一番会いたくなる時間・・・ | トップページ | ■タイムリミット »