« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

■笑うのも 泣くのも・・・

11abc




















嫌なこと沢山


悲しいこと沢山


怒りも沢山







今日も


あなたは一緒に怒り


今日も


あなたは一緒に泣いて


今日も


あなたは一緒に笑ってくれた








ありがとう

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

■朝から・・・

2009222



























今朝

毎朝 彼から届く

”おはよう”のメールの後

とても温かい彼からのメールが・・・









”靴下温かいよ クロワッサンも美味しかった!”






昨日

仕事先がオシャレな街で

美味しそうなパン屋さんを発見したんです

移動時間に齧るパンを買う時に

パンが大好きな彼の分も買ってきたんです





靴下は

この頃メチャ寒くて

私自身足が冷え切ってしまい

ツライのだから

彼も同じだろうと思って

買い物へ行った時に

厚手の暖かそうな靴下を買ってきて

彼にプレゼントしたんです







それで

”今朝は愛情いっぱいなeipyonの温もりで始まりです”

そんなメールが私の元へ届いたんです










ツライ仕事へ出かける前

彼から元気をもらい

私も心が温かくなりました







外はメチャクチャ寒かったれど

二人の朝は

とても温かい朝でした

| | コメント (2)

■愛し方は人それぞれ・・・

Img_03571ab





















愛し方

愛され方

人それぞれ






愛の語り方も

愛の表し方も

人それぞれ





幸せな時間もあれば

不安な夜もある

幸せな時間を過ごした後

二人笑顔で”幸せだね”って

言い合えることが幸せで

不安な夜や寂しい夜は

二人で”寂しいね”って

言い合えることも幸せで






喧嘩する時は思いっきり喧嘩もする

言いたいことが言える関係だから





”あなたが聞いてくれるから何でも言って良いと思ってた”

そんな歌詞の歌があるけれどね・・・







私は

何でも言ってる訳じゃない

彼が追い込まれるような事は口にはしない

彼も同じで

何度も話し合い

何度もぶつかり合い

お互いに触れてはいけないってルールが

自然に出来ているのです







彼は

ものすごく意志の強い人

曖昧な言葉は口にしない人

だから

私も素直な気持ちを口に出せるようになった





恋愛の形

人それぞれ




愛し方も

人それぞれ



自分に合うと思うのなら

突っ走っても良いんじゃないかな






これは私の考えだけどね





| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

■会いたいって言えないよ・・・


今日の天気のように

心の中も雨模様

いいえ

嵐かもしれない・・・







月曜は

唯一私の自由の時間が取れる日

奴から電話もメールもこないから

気分が晴れる日なのに

外耳炎のため病院へ行く途中

奴から電話・・・

今日仕事にするか 明日にするか聞かれ

今日は休みと決めたのに

病院を出て買い物へ行ったら

また電話・・・

明日忙しいから今日仕事と言う

急いで帰宅して

作業着に着替えて準備するが

連絡がこない

奴は寝てました・・・







結局2時間も待機して仕事へ行ったけど

お金になる仕事は中止

バイト代いくらだと思います?

0円ですよ

もう口も利きたくないし

話す言葉はキツくなり

帰り道は無言・・・






そんなイライラ状態で帰宅したけれど

まだ彼から連絡ないし会えるかなぁ~

なんて思いましたが

電話で話してたらスゴイ疲れた声

とても

”会いたい・・・” なんて言葉

口に出せませんでした

”コーヒーだけでも飲もうよ~っ

なんて甘えられない私がいました






『eipyonのこと忘れないでね・・・』

また言ってしまった

『愛してるって言わないの?』

また馬鹿なことを聞いてしまった

こんな自分情けない・・・

愛をネダルなんてイヤだったのにな

催促して言わせてるだけじゃん






戦いの日で貧血なのに

外耳炎で耳からも出血

こんな状態で

明日から大変な仕事へ突入する

怪我だけはしないようにしないと







笑いたい

思いっきり笑いたい

腹筋痛くなるほど

涙でグチャグチャになるほど

笑いたい・・・








Dscf11431a_2



















あの日の

あなたの笑顔

私の笑顔

何処へいってしまったのだろう

| | コメント (4)

2009年2月22日 (日)

■やっと会えた・・・




今日は

やっと彼に会うことが出来ましたっ





ここ数日

私の仕事が中途半端にあり

帰宅時間が読めない日が多くて

それでも

彼に会おうと必死で早く帰ろうと

頑張って仕事を終えるのですが

奴は意地悪して

なかなか帰してくれず

そんな中

彼からメールが届く

”今日も会えない・・・”

仕事の疲れがドッと出て

力が抜ける日が多かった







そして







情緒不安定の原因の”戦いの日”が始まり

体調は最悪状態になるし

アルツハイマーの父の具合が悪くなるしで

ほとんど眠れなくて

余計なことばかり考えてしまって

精神状態ドン底状態でした







昨夜は

仕事の疲れと介護の疲れも

戦いの日の痛みに加わり

ウトウトと眠るが神経ピリピリ状態

真夜中

真っ暗にした部屋でキャンドルを灯し

彼から送られた曲を聴きながら

彼との思い出を色々思い出してた








今日は日曜だけど

昨日忙しかったから

今日は仕事がOFF





お昼過ぎに彼から電話があり

『eipyon 車の掃除しよっかぁ

お腹が痛くて 貧血状態のeipyon

『お腹痛いから・・・』

そんな風に断っちゃったんです

『そっかぁ無理しなくても良いよ・・・』








でも








やっぱり会いたいから

『行っても良い?』って電話しちゃいましたぁ

彼は

『eipyon 無理しなくて良いんだよぉ~っ

そんな風に言いますが

会いたい気持ちは消えません

いつだって

会いたいんです







でっ






やっと彼に会うことが出来ましたっ

昨夜も寂しい気持ちを抑えられず

不安いっぱいだった私を知っていたのでしょう

会った途端

ギュッって抱きしめてくれました

浮腫んだ私の顔見てビックリして

『今日は車のお掃除やめようかぁ

『ううんやるぅ・・・』






さぁ

車の掃除デス

マンションの狭い駐車場では出来ない

大掛かりな掃除開始

色んな物が出てくるので

彼は大笑い

eipyonは時々お腹の痛みで怖い顔

その度に

『大丈夫か?またにしようか?』

心配する彼でしたが頑張りましたっ









車の掃除の後

彼に抱っこしてもらい

安心していました

『eipyonのこと忘れないでね・・・』

『忘れないよぉ~っ』

『eipyonのこと忘れないでね・・・』

『どうした~ん不安だったん

『うん・・・』

『大丈夫だよ・・・安心して・・・』

そう言いながら

髪を撫でられるだけで心が穏やかになる

痛いお腹をイイコイイコされながら

甘えられる時間も最近なかったから

すごく嬉しかった









これで

この痛みと戦える









ありがとう








Dscf11651a

| | コメント (2)

2009年2月20日 (金)

■心の嵐・・・


今日

検査結果が出ました

ご心配をお掛け致しましたが

”陰性”でした








この一週間

ホントに長かったです

自分自身かなりハードなノルマを作り

仕事や副業の他動きっぱなしでした

すごく心も体も疲れてるのに

眠れない夜ばかりでした








私は”肝炎”について無関心でしたから

何も知りませんでした

だから

色々と肝炎のことを調べていくうちに

怖くなったり 不安になったり

そして

色んなことを考えました








B型肝炎はセックスで感染することも

唾液で感染することも

初めて知りました

これは私の考えですが肝炎もエイズと同じ位

怖いんだって・・・

エイズの検査を受ける人も少ないけれど

B型肝炎のようなウィルス性の怖い病気の

検査を受ける人って少ないと思うんです

だから

知らない間に感染が広まってしまう病気だと








今の時代簡単にお金で関係を持つなど

不特定多数の人と関係を持つ人も多い

知らず知らずに広まってしまうってことだ






感染したら

同居する家族も危険である

普通の生活では感染しないと言うが

夫婦のどちらかが感染したら

発症率は少ないかもしれないが

危険性はある







確かに

今は医療が進歩していますが

気をつけられることは気をつけないといけない

そんなことを考えた一週間でもありました







”陰性”ではありましたが

ホッとしたとお思いかもしれませんが

私の心は荒れ模様

情緒不安定は相変わらず

”戦いの日”の痛みが加わり

余計に気が狂いそうだ・・・

何もかもプラスになんて考えられない

感情をコントロールすることも出来ない






”陰性”の報告は一番に彼に知らせました

やはり彼も色々と考えていたようですが

安心した様子でした

本当は会いたかったのだけれど

心穏やかになりたかったけれど

会うことが出来ませんでした






先週のバレンタインから笑ってないや・・・

思いっきり笑いたいなぁ








Sany0069_2

| | コメント (6)

■心着飾らない・・・


私は

彼と出会い

彼と付き合うことを決めたのは

お互いが

”心着飾らない”でいられるから








私は幼い頃から

大人の顔色窺っていた

褒められたくて

良い子でいた

でも

心の中で悔しかったり

反発心があった

そんな自分がキライだった









甘えたくて

甘えたくて

熱を出せば抱きしめてもらえるかな?

そんな風に考えて実行した時もあった

でも・・・

甘えさせてもらうどころか怒られた

これは

仮病じゃない時も同じ







高校生位まで

全くと言うほど本音を語らず

本当の私を出さずにいたけれど

そんな自分が何かイヤで

本音を言える友達が欲しくて

勇気出して

本当の自分を出してみた

そしたら

沢山の友達に恵まれた








けれど








恋愛では

”良い女”でいなきゃとか

相手が望むような女でいなきゃいけないって

無理してた



キライなHも目を閉じ

時が過ぎるまで我慢した

相手に他の女がいようと

ずっと

ずっと

心が血を流していても









心着飾って

本音なんて語るなんてこと

出来るような関係じゃない

本音を語って

きちんと受け止めてくれる人なんて

簡単に出会えることじゃない





彼が私の中で特別な人になったのは

まだ

人間不信になり

恋愛なんてしないって叫んでいた頃

毎日 毎日 

本気で怒ってきたり

『YES』『NO』をハッキリ言ったり

彼自身の事を正直に話してくれる人だったから









そんな彼に自然と

心着飾らない私でいられるようになった

本音を語り何度もぶつかり合った

その度に何度も話し合いを重ねた

だからこそ

相手が嫌がることも喜ぶことも

理解していって

良い関係でいられるようになった









彼も私も

言葉をオブラードで包むような関係ではない







人間だもの

感情ってものがあり

全てが上手くいくことばかりじゃない

時には

すれ違いもあるし

心に余裕がない時もある

彼が私に言った言葉のひとつ

”我慢してないって言えばウソになるけれど理解しようと思うし 俺しか理解出来る男はいないよ 悪いけど・・・”

正直な人よ

私も正直だから

同じように思ってる










信じるとか
信じてないの答えはただ一つ

”彼の横にいることが信じてるという事”





私は

これからも心着飾らない

本音で本気で恋してるから








Dscf1117ab_3
















| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

■たった一言の大切さ・・・


昨夜

眠れない夜を過ごしました






仕事中

彼からメールが入った

”ちょっと飲みに出かけるね”

突然のことでビックリしたけど

近くで一杯飲みに行くのだろう

なんて

軽く思ってた







しかし







仕事から帰宅して

”ただいま”のメールに

”おかえり”と返信をくれたけど

その後

10時を過ぎても

11時を過ぎても

12時を過ぎても

一切連絡がありませんでした






怒り?

悲しみ?

不安?





もう限界に達し

”遅いね・・・もう寝ます”とメール送信

それでも

彼からのメールは届きませんでした







いつもなら

誰と何処へ行くとか

ちゃんと言うのに

今夜は誰???

何処???

私の頭の中は混乱してしまった






彼からメールが届いたのは

夜中1時近い時間でした






そして







今朝

彼に伝えました

誰と飲んでるのかも

何処にいるのかも

何もわからなかったことを







話し合いを重ね

彼が飲み会でも

ほんの一行のメールでも

ちゃんとくれていたので

私のことを理解しようとしてくれてると

嬉しかったし安心していましたが

昨夜は違いました






今朝

知ったんです

毎年参加する

スナックのゴルフコンペがあること

その打ち合わせでスナックで飲んでたこと

飲みすぎて羽目をはずしたってこと






人間だもの

こんな不景気でシンドイから

ストレスたまるのもわかるけれど

私は彼の心の中にいなかったんだ








怒ると言うよりも

悲しかった





はしご酒するなら

遅くなるのはわかってたはず





”遅くなるから寝ててね”

”安心して先に寝て”








そんな一言

そんな一行のメールで

こんなにはならなかったのに・・・







今日

仕事を終えた彼

飲みすぎて具合悪い中

少しだけ

会いに来てくれました

ギクシャクする中

きちんと私の思い伝えました






もう

彼に私の思いは伝えた

だから

もう二度と同じ話をしないように

なりたい・・・






Dscf11341a_2

| | コメント (4)

2009年2月17日 (火)

■幸せいっぱいの後の寂しさ・・・



あんなに幸せいっぱいのバレンタインから

まだ数日しか経っていないのに

何だか

何週間も会ってないみたいに寂しい




バレンタイン翌日は

彼は接待ゴルフ

昨日は用事があり

一瞬顔を見ただけ

そして

今日は私の仕事が遅くなり

その上

彼は突然の飲み会のようです






”戦いの日”間際

情緒不安定な私

検査結果が出るまで

後何日かなとか

色んなことが頭の中グルグル




仕事も中途半端しかなくて

時間ばかり束縛され

思うように稼げないし

副業頑張っても

家族は非協力的な態度で血管キレそうだ









何だか

また 

私空周りしてる・・・










Dscf10991_2

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

■純粋愛・・・



彼と私

幸せや嬉しさを

そのまま言葉で言える

素敵な関係だと思う






彼は

先日嬉しい言葉をくれました







「こんなに純粋に幸せだと思えるなんて・・・」



彼は

きちんと”愛”を言葉にしてくれる人

「愛してるよ」

この言葉は何度言われても

女の私には嬉しい






普段は

私をまるで幼い子供ように

沢山褒めてくれるし

色々なことを教えてくれる

難しいこと言われると

「もういいよ~っ」

なんて言う私を笑いながら

抱きしめてイイコイイコしてくれる








でも・・・






ベットの中だけは

我武者羅に愛し合い

男と女

Hがダイキライで怖かった私が

ここまで変化したのも彼の”愛”だと

私は思う

女の悦びを感じたことのない体は

正直幼い体つきだったと思う

当然

子宮だって成長していなかったはず





彼は

自分の快楽だけのHではなく

私を愛することで”女”に変化させることを

多分

一番望んでいたんだと思う

イクことが出来なく諦めていた私

感じることで恐怖心に襲われることさえあった






しかし






彼は

私の体の隅々まで愛し

何度も話し合いを重ね

私自身も彼に素直に

「気持ちが良い・・・」

なんてことを口に出せる関係になり

心を無にして

彼に身を任せることが出来るようになり

女の悦びを知った








最近

彼が私を抱いた後

スヤスヤ眠ることがある

仕事で疲れてるのもあるけれど

もうひとつ理由がある

それは

彼が私に神経を使わず

思いっきり愛することが出来るようになったから






今度は私が彼を抱きしめて

寝かせてあげよう・・・






彼の純粋愛が私を変えた

私も彼を純粋に愛してる







Dscf11111





| | コメント (2)

■二人のバレンタインデー



昨日は

以前から予定していたように

二人のバレンタインデーを過ごしました









eipyonは一ヶ月以上前から

密かに準備をしておりました

しかしながら

相変わらずバタバタした日々でして

バレンタイン前日に長い来客ありで

予定通りにケーキが焼けなかったり

買ってきた無塩バターを賞味期限切れだと

ぜ~んぶ捨てられたりして

せっかく休みをもらってもイライラしていました







2月14日バレンタインデー当日

買い物から始まり

買い物を済ませて帰ると座る間もなく

台所でケーキ作り

3種類のケーキを作るのですから

ずっと ずっと 泡だて器を持ち続けたぁ~っ

オーブンが永遠に回転してるぅ~って感じでした









ケーキ作りを終えてラッピングを済ませ

今度は彼をビックリ&ニコニコにさせたくて

お弁当を作りぃ~っ

汗だくeipyon頑張りましたぁ~っ








彼が帰ってくる時間まで

今度はキレイにオメカシしなくちゃっ

って思って部屋へ入ると携帯に着信のマークが

彼ちゃまだぁーーーっ

でも でも まだ定時前だし

おかしいなぁ~って思いながら電話する

「eipyon終わったよーーーっ

「えっハァハァ・・・」

「ハハハ・・・何だか忙しそうだねぇ~っ

「だって 今作り終わったんだもーーーん

「そっかぁ~っ

「今何処

「んまだ途中だよ」

「eipyonまだ何も支度出来てないよぉ~

「いいよゆっくり支度しなさい 待ってるから・・・」

「うんっ









キャーーーーーーーーーーーッ

ドタバタ大騒ぎで着替えて慣れないメークを

彼ちゃまが待つ玄関へ急いでGO









「おかえりぃ~っ

「ただいまぁ

予定通りにホテルへ向うが道が大渋滞

バレンタインだからホテルも混むと思い

途中で予約の電話を入れるが

ホテルも混雑していて予約不可能

二人で相談して初めてホテル街へ突入

もう選んでる時間などなりませんから

空いてるホテルへ入るが・・・

二人で不満だらけ

普段利用するホテルの設備がどれだけ整ってるか

実感・・・









文句を言いながらも

二人っきりのバレンタインデーですから

ペタッしちゃえば二人の世界


Dscf11371a





















手作りケーキ






Photo_2























彼ちゃまの好物の物ぎっしりお弁当









Dscf1063
























お取り寄せチョコのプレゼント







Dscf1065























小銭入れを失くして困ってたからプレゼント










彼ちゃまったら言葉を失うほど感激してくれたよ

幸せだって

僕の為に 僕を想いながら作ってくれたりするのって

スゴク嬉しいんだって







食事を済ませて

久しぶりに一緒にバスタイム

彼ちゃまの体を洗ってあげて

eipyonは彼ちゃまにイタズラばかりされ

いくら洗ってもダメでしたぁ~っ

何で彼ちゃまが触れると

この体は敏感になるのでしょうかね・・・






Dscf11411a























昨夜はアヒルさんも一緒に入りましたぁ~っ








ベットに入るまで

eipyon少し悩みました

でも

愛する人に触れられたら”女”のeipyonになり

いつもより激しく愛し合ったような気がします

この体中で彼の愛を感じ

彼の温もりを感じ

”女”としての幸せを感じた夜でした







二人のバレンタインデー

とても素敵な夜になりました

彼が写してくれた写真の中の私の顔

自分でも信じられないような穏やかな顔してた

こんな顔してるんだって・・・

でも

写真の中の私の顔は彼しか知らない

”女”の私の顔

そう

彼だけのもの・・・








喜びを心から表現してくれる彼だからこそ

こんな素敵なバレンタインデーになったんだよね

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

■幸せな時間・・・


今夜は

二人のバレンタインデー

前々から決めていた通り

彼と二人っきりの時間を過ごしました

そして

今私の中に

まだ彼の余韻が残っています

悩み 迷い 

彼に抱かれることは正しいことなのか?

彼のために作ったケーキを渡して

ホテルでノンビリとペタッ出来れば良いや

そんな気持ちで出かけましたが

やはり

愛する人の温もりは特別なもので

自然に二人

肌の温もりを感じ合いました






幸せな時間

ありがとう





★~★~★~★~★~★~★~★~★





二人のバレンタインデー

続きは明日です

今夜は彼の余韻と一緒に眠ります








Dscf10791a_2

| | コメント (2)

2009年2月14日 (土)

■”さよなら”言わなきゃならないのかな・・・


明日(今日)は

バレンタインデーですね








毎年バレンタインデーにはケーキを焼くから

今日と明日は大した仕事もないし

仕事へ出たら帰してくれそうもなかったので

完璧なOFFをもらいました






材料は揃えてあったので

今日から作ろうと思いましたが

朝から来客ばかりで台所が使えません

今日は叔父が来て

その後

いつも長居をする伯母が来ました

もうこれで私の予定は全て却下






イライラして仕方ないので

部屋にこもり心静めようとするが

伯母に呼ばれて傍に行くと

「eipyonごめんなぁ・・・実は・・・」

私一瞬頭が真っ白になりました






伯母はB型肝炎なんですが

私が2歳頃入院していて食事が出来なくて

母の母乳だけで栄養を取っていたのですが

母の母乳が出なくて

伯母の母乳を飲んでいたんです

B型肝炎は母乳では感染しないと思うのですが

100パーセントNOとは言えないし

検査を受けて欲しいと・・・






今日は病院の日でもあったので

先生に相談して急遽検査になりました

大丈夫だと思いながらも

人間ってダメですね・・・

最悪のこと考えちゃって






そんな時

やはり彼のことを一番に考えました

そして

涙を浮かべながら運転して

家に帰りたくなくて買い物へ行きました






彼と”さよなら”しなきゃいけないのかな?

私これ以上病気増えたら生きていけないよ・・・

彼だってイヤだろうし

移したら大変なことになるから

やっぱり・・・・・






そんなことを考えながら

ボケーッと花を眺めたり

お店の中をグルグル歩いてたら

彼から電話がありまして

お店で合流することになったの







いつものように出来ない私

夫婦漫才にならない・・・

お花も買ってもらった

シャンプーなど日用品も買ってもらった

でも

笑えなかった・・・






ショッピングの後

食事をすることになり

レストランへ入りました

そこで

初めて彼に今日のことを話しました

でも

彼はその件について何も言いません

ただ

私が残さず食事が取れるよう必死でした






検査結果が出るまで言うべき事じゃない?

色んなこと考えましたが隠し事が出来ない

だから

勇気を出して彼に伝えたのですが・・・






食事を終えて

駐車場で私言ったんです

「B型肝炎ってどうやって移るの?」って

彼は正直に言いました

「Hでも移るし キスだって移るよ」

「・・・・・」

「あのさぁ~っ別にB型肝炎だったとしても俺は変わらないよっ

「eipyonさよならした方が良いのかなって・・・」

「B型肝炎だとしたら とっくに移ってるし そうだとしても病気なんて人間なる時はなるんだしeipyonに聞かれるまで何とも思わなかったんだよ」

「・・・・・・」

彼の手が私の手をギュッて握ってた







別れ際

彼はキスをしようとした

戸惑う私の顔を見て

長い 長い キスをくれた






もうすぐ私たちのバレンタインデー

こんな気持ちで迎えたくなかったな・・・

でも

彼のためにケーキを焼こう







2009212_2

| | コメント (6)

2009年2月11日 (水)

■抱っこが恋しいよ・・・


今日は

久しぶりに仕事らしい仕事

休んでいた筋肉たちがバンバン

ヘルニアの腰もヤバイ

トラックが揺れる度に痛いのなんのっ

でも

仕事らしい仕事があると嬉しいデス







仕事での疲れは心地良いんですが

メチャ疲れるのは相棒といること

口を開けば

「何か買ってよ~っ

「ご飯ご馳走してよ~っ

どんなに苦しい思いして

私が生活してるってバイト代渡してる

奴が一番わかってるはずですよね

冗談でも言われたくない言葉です







相変わらず

あちこちで良い人ぶって

見返り求めてる姿が醜い・・・

そんな奴を信じてる人が可愛そうだ







ストレス感じる移動中の空も暗いし

今朝

事件がありましてねぇ

余計に暗いeipyonがいました

だって

6個のピアスのうち

一番大きなダイヤのピアスがないんですっ

慌しい朝

必死で家やマンションの玄関やら捜しても

ないんですぅ






そう言えば

昨夜・・・

彼ちゃまとイチャイチャしていて

髪が彼ちゃまの上着のボタンに引っかかり

絡まりまくって大騒ぎになったから

もしかして

彼ちゃまの車の中?

そう思い

彼ちゃまにメールを入れたんです






彼ちゃま必死で捜してくれても

見つからないと言うので

仕方ないや・・・って凹んでたら

彼ちゃまと電話中も捜してたんですが

あったんですっ

「彼ちゃまっあったーーーっ

「えっあったのっ

「うんっキラキラしてるぅ~っ

「ハハハ・・・何処にあったん

「んコタツの中・・・」

「はぁ~っ

eipyonも何でコタツの中にあったのかは

わかりませんっ







仕事で疲れてる中

一生懸命捜してくれた彼ちゃまに

「ごめんね」して

「いいよ~っ見つかって良かったねぇ

って一緒に喜んでくれました







eipyon疲れがドッと出て

スゴク彼ちゃま恋しくなった

抱っこして欲しいよぉ・・・






Sany00381a






| | コメント (4)

2009年2月10日 (火)

■オッパイがぁーーーっ!!!


今日も大した仕事じゃなかったけど

頑張ってきました

終わったのがメチャ早くて

久しぶりに車を飛ばして

公園へ行ってきました








現像代がないので

我慢していた一眼レフを久しぶりに抱え

キラキラと光り輝く木々たちや

鳥の声を聞きながら

ノンビリと歩いてきました







梅の花は少し早かったから

あまり咲いてなかったけれど

現実を遠ざかり

私の中の何かが変わっていった







この次期の公園は何もないけれど

今日は”春”のような暖かさで

太陽が眩しい位でしたから

歩くだけでも気持ちが良かったです








気分爽快で帰りに買い物へ行き

彼の帰りを待ちましたが

食欲がなかったのにお腹がペコペコになり

帰宅しました








帰宅したら彼ちゃまから電話

今日は疲れる仕事だと言ってたから

会わずにいようと思ってたのですが

「eipyon 渡したいものがあるから出て来れる?」

そう言って

彼ちゃまが玄関へ来てくれた









eipyonは

すぐに帰るかと思っていたので

鍵と携帯だけ持って彼の元へGO

すると

彼ちゃまがニッコリ笑って助手席を見る

迷いもせず

eipyonは彼ちゃまの車に乗ってしまいました







疲れきった彼ちゃまの頭をイイコイイコ

「お疲れ様」

「ただいまぁ~っ

チュッ

「あれっ何だぁ~っ

「どうした

「オッパイがぁ~っ痛いっ

「・・・・・」

「何かねっ バンバンに張ってきちゃって・・・」

「え~っどうしてだろう・・・」














秘密の基地で缶コーヒー飲みながら

仕事の話やら真面目な話をしてたら

バンバンに張って痛かったオッパイが

シュルシュル~って何もなかったように

元に戻ったの






帰り際

彼ちゃまと沢山キスしたんだ

数え切れない位にさ

そしたら

またまた

オッパイがぁーーーーーっ

「彼ちゃまっまただよぉ~っ

「何で

「ほらっバンバンだよっ

彼ちゃまオッパイ触る

「スッゲェ~ッでも 何で

二人

真面目に考えた・・・






そうなんです






原因は キス だったんです






女性ホルモンってスゴイ・・・






Photo_2

| | コメント (2)

2009年2月 9日 (月)

■あのままでいたかった・・・



今夜は

彼と会うことが出来ました

昨日と一昨日はeipyonダウン状態

会いたい気持ちがあっても

体が重くて起き上がれませんでした






今日は

彼と沢山話したり

一緒にご飯食べたりしながら

ずっとペタッしてました




彼の笑い声が私を元気にしてくれて

彼の抱擁が心を癒してくれました

久しぶりに食事らしい食事をして

お腹もいっぱいになり

「良く食べたね偉かったねっって

彼に褒められてメチャ嬉しかった






心もお腹もいっぱいになって

眠気が襲ってきて

彼に寄りかかり

彼も私に寄りかかり

あまりの心地良さに

熟睡しそうになる






「eipyonほ・ほんきで寝ちゃダメだよぉ~っ

気持ち良く寝てるのに

彼ちゃまったらウルサイ

「良いのっ

駄々っ子eipyonに変身っ

でも でも・・・

帰る時間になっちゃった









あのままでいたかった・・・・







Dscf00111_2






| | コメント (2)

2009年2月 8日 (日)

■禁句・・・




絶対に口に出して言ってはいけない言葉



”もうダメだ・・・”



絶対に口に出して言ってははいけない言葉



”もうイヤだ・・・”



この二つの言葉は私には禁句



誰かに



こんな言葉を言ってしまったら



私は崩れ落ちていく



この二つの言葉は一人お風呂で涙と一緒に



キレイに洗い流してしまおう






Dscf05431_2

| | コメント (2)

2009年2月 6日 (金)

■悔しいけれど・・・


今日は

病院の日でした





病院を終えて一度帰ってから

出かけることが難しいので

彼の仕事が終わる時間まで時間を潰しました





でも・・・






彼といる時間はあっという間に終わるのに

待ってる時間は長く感じるのですよねぇ~っ

先日

菜の花が咲いてた場所へ散歩へ行ったり

叔父の家に行ったり

車を遠回りさせて走らせながら

彼からの連絡を待ちましたが定時過ぎても

連絡なし







もう少し待っていたいと思い

ショッピングモールへ行ってみた

財布の中は風邪を引いてるので

ウィンドウショッピングを楽しんでいましたが

やはり

彼からの連絡はありません







会いたい気持ちを伝えたいけれど

今は私が我慢しなきゃいけない時だから

”○○で待っていたけれど帰ります”

彼へメールを送り

少しだけ返信を待っていましたが

やはり

連絡はなくて

寂しいけれど車を走らせました






家へ帰って

落ち込み気味だった私でしたが

彼から電話がきましたっ

「eipyonごめんな・・・」

「うん・・・」

「eipyon少しだけ外出てこれる?」

「うんちょっと待ってて






そして






彼ちゃまに会えましたっ

彼の車に乗ると

「eipyonごめんな・・・」って

大きな手で私の手を包み込んでくれました

「ううん・・・eipyonが勝手に待ってただけだから」

「イヤ・・・遅くなるって連絡しておくべきだった」





二人の秘密基地へ行き

会わない分だけ沢山話をしたり

ギュッ チュッ

これも

会わない分だけ繰り返しちゃいましたっ






「eipyon買い物行かない?」

「うんっ

手をギュッってつないだまま

ショッピングへGO

二人でショッピングなんて久しぶりだ~い






お店へ入るなり

夫婦漫才が始まり

「これ美味しそうじゃない?」

「えーーーっマズそぉ~っ

「そ・そんな言い方しなくったってぇ~っ

「あっこのスープ美味しいんだよぉ~っ

「これ?」

「うんっあのねぇ~椎茸臭くて美味しいよ~っ

「・・・これにしよぉ~っ

彼ちゃま

全く違うカップスープ買いましたっ






時々

彼ちゃまはeipyonのヒップを何気に触る

eipyonビックリして彼ちゃまの頭ピシッ

「そ・そんなぁ~っでも良い音したなぁ~

な~んて

夫婦漫才がショッピング中続くのですから

メチャ楽しいんですぅ






帰り道

少し遠回りして

赤信号になるのを待って

なが~いキス

でも

今夜は走りながらもキス





悔しいけれど

あなたが

どんどん好きになる









Dscf01861a

| | コメント (2)

2009年2月 5日 (木)

■好きだから・・・



好きだから


会いたいんだ


好きだから


キスしたいんだ


好きだから


抱きしめられたいんだ


好きだから


好きだから


寂しいんだ






Dscf10151a

| | コメント (2)

■離れたくなかった・・・


何だか毎日忙しい・・・

仕事?!

いいえ

只今 無職状態です

とは言え

全く仕事がないんではなくて

昨日も仕事へ行ったのですが

収入は微々たるものでした






彼は今

メチャクチャ仕事が忙しく

腰を痛めたり 体調を崩したりetc・・・

それでも

寂しがる私に会いに

仕事が終わると真っ先に会いに来てくれてます







彼は

この先まだまだ忙しくなるので

体力が続くかという不安を抱え

私は

この先まだまだ仕事がない状態が続くかと

不安を抱え

お互いに励まし合ったり

愚痴をこぼし合ったりしながら

支え合っています







でもね

今日は彼にペタッしてたら

無性に離れたくなくなってしまって

運転して私を送る車の中で

彼にしがみ付いてた

「甘えたいよぉ~っって駄々っ子してた

そんな私に彼は疲れてる中

ギュッしながら遠回りして送ってくれた

信号が赤になるのを待って

長いキスをくれた

でも

寂しさは消えてはくれなかった









何で

こんなに寂しいのかな・・・

忘れようとしても

心の中の不安も消えてくれないのかな







真夜中にアロマキャンドルを灯し

心癒して今夜は眠ろう・・・








Dscf10431a_2







| | コメント (2)

2009年2月 3日 (火)

■”Tバック買ってきてぇ~”のオネダリに・・・


今日

やっと彼に会うことが出来ましたっ





今日は

母とのバトル&チビとのバトルで

イライラしてしまい

家から出て車の中で寝てましたが

彼からの電話で起きて

彼が待つ場所へ肉まん抱えてGO







彼の顔見れば

さっきまでの苛立ちが消えていきます

いつものようにキスから始まり

オデコをスリスリ

お鼻をスリスリ

彼の大きな手でeipyonを包み込んでもらうの






心和んだeipyonは彼に言いましたっ

「彼ちゃま~っ好みのTバック買ってきてぇ~っ

「えっお・おれがぁ~っ

「うんっもちろんブラもねっ

「えーーーーーーーーっ

「サイズわかってるん

「・・・80」

「ぶぁかっ

「あのさぁ~っお・おれ一人で買うのは・・・」







やっぱり

恥ずかしいらしいので

今度一緒に買いに行く

約束しちゃいました~っ







彼ちゃま

一緒に行こうネッ






Dscf02271a_2

| | コメント (2)

2009年2月 1日 (日)

■温かな明かり・・・


本日

我が家は停電で御座いましたっ

今時”停電”なんて考えられませんよねぇ

それも

我が家はボロイけれどオール電化

この寒い中

真っ暗になるし

コタツもホットカーペットも

ぜ~んぶ使えませんので凍えそうでした







父の病状は良くなりつつですが

この寒い中布団に入ってくれず

これまた困りましたぁ

急遽用意してもらった石油ストーブつけて

家族3人暗闇の中過ごした3時間は

長かったデス・・・






こんな時

携帯は便利だなぁ~と感謝

だって

彼ちゃまと繋がってるんですもの

「大丈夫?」

「暗いよ 寒いよ ・・・」

彼が用意してくれた懐中電灯の明かりが

彼の温もりに似ていました






しかし







一軒家でしか暮らしたことのない我が家

”水”が止まること知りませんでしたぁ~っ






「お水出ないよぉーーーっ

「そうだよぉ~っ

「何で教えてくれないのっ

彼ちゃまに大笑いされました







疲れた体を休ませるつもりが

何だか

余計にバタバタしちゃった一日でした






オール電化なんて便利なようで

すごく不便ですね・・・

って言うよりも

今時”停電”はありませんよ

○○電力さん









Ts3e01521a

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »