« ■心の居場所・・・ | トップページ | ■初めて見せた顔・・・ »

2009年3月30日 (月)

■この乳房の温もり忘れないでいて・・・




何だか

心も体も疲れて

壊れそうだ・・・







今日は

仕事をズラして強引に休みした

中途半端に仕事入れられて

一日束縛されることを避けたいからね

仕事は好きなんだよ

お客さんの笑顔や優しい言葉で

どれだけ励まされてるかわからないもの

移動時間も色んな風景が見れて

長時間車に乗ることで自分に自信がつくし

家の中で心も体も安らげずイライラするよりも

風を感じ 季節を感じられるから

好きなんだ







でもね








奴の異常な性格には疲れ果ててしまうの

以前のように泣いて『ごめんなさい』なんて

納得のいかないような台詞は言わない

だから

奴も思い通りにならない私にイライラして

ヒドイ言葉を発してくる

そんな奴に対して心の中で憎しみだけが増え

怒りが治まらなくなりそうになる

仕事なんて

何処へ行っても人間関係で悩まされるものだ

生きるために働らかなきゃいけないんだ

そう言い聞かせながら頑張ってるけれど

ストレスを何処で発散すれば良いのか

わからないんだ

一人で何処へも行けなくなった身体を

また憎みだしてしまう







色んな事を考えながら

彼の仕事が終わるのを待っていた

会えるのかも

何時になるのかもわからないけれど

待つしかないんだもの

定時を過ぎた頃

着替えて家を出たの

あまり遅くに出掛けにくいし

寝てしまうと起きることが出来なくなりそうだから








家の玄関を出たら彼からの電話が鳴って

会えることになったけれど

今日の私変でした

彼との会話に出てくる言葉を聞き流す事も出来ず

素直に甘えることも出来ず

生意気な言葉や態度の私がいました

いつものようにキスを交わしても

心の中の不安が邪魔をしていました








一緒にコンビニへ行き

私がウイスキーを選んでいたら

彼がビックリしていました

『誰が飲むの?』

『ん?私・・・』

『・・・どうしたの?飲んじゃいけないんでしょ?』

『うん・・・でも飲みたいんだ』

『それ強いよ・・・』

『うん・・・でも飲みたいんだ』

『・・・』









私はアルコールアレルギー

そして

安定剤や睡眠薬とアルコールを併用することは

危険なのは知っています

彼は止めるけれど

たまには酔いたい時もあるんだ

何もかも忘れて

頭の中を空っぽにしたいんだ








キレイな三日月を見ながら

そっと

私の乳房を包み込んだ

あなたの手の温もり

まだ残っています

あなたの手に私の乳房の温もり

まだ残っていますか?









真っ暗にした部屋で

キャンドルを灯し

小さなグラスに氷ひとつ

ウイスキーを注ぎ飲んで

久しぶりに酔っています





これで

睡眠薬を飲めば頭の中

空っぽになる







今の私は

自分が壊れないようにする方法

こんな方法しか見つからないんだ

ごめんね・・・







Dscf11021

|

« ■心の居場所・・・ | トップページ | ■初めて見せた顔・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■心の居場所・・・ | トップページ | ■初めて見せた顔・・・ »