« ■ヌードも良いが・・・ | トップページ | ■苛立ちを抑えきれず・・・ »

2010年1月22日 (金)

■男と女の友情の先は・・・



一昨日

突然夜珍しくメールではなく

男友達から電話がきました




「お~い 生きてるかぁ~いっ」

「生きてるよぉ~っ久しぶりじゃん

「eipyonちゃん怒らないでくれる

「何っ何したのっ

「浮気しちゃったのっ

「はぁ~っ

「実はさぁ 今 懐かしい○○さんといるんだよ~っeipyonちゃんより先に会っちゃったから浮気かなって・・・

「おめぇ~っ浮気じゃん

なんて馬鹿げた会話も

学生時代の楽しい頃に戻ったようで

嬉しくて・・・





男友達と会っていた友達も電話に出て

卒業以来会っていない友達なのですが

「eipyonちゃ~ん久しぶりだねぇ~っ会いたいよぉ~っ

「eipyon近くまでしか出られないから・・・」

「何言ってんのよぉそっちまで行くわよぉ

「ありがとう・・・皆遠くだしなかなか会えないからさぁ

「別に皆じゃなくても私都合良いしぃ~っ会いたくない奴もいるしさぁ・・・」

「そ・そうなのねっ

「とにかくeipyonちゃんは体大事にするんだよわかった

「うん・・・ホントにありがとね

彼女は帰国子女で

クラスでチョット考え方が異なり

あまり合う人がいなかった

私は意外と誰とでも話せる方なので

彼女の家にも遊びに行ったし

お父さんの経営するお寿司屋にも招待され

何度も遊びに出かけたりもした仲




電話をかけてきた男友達

もちろん既婚者です

お子さんもいます

奥さんも何度か会って顔見知りですが

良く私たちの友情を理解してくれていると

感謝しています




男友達でも奥さんが疑いだしたら

もう連絡さえも途絶えてしまいます

特にフィリピン人の方と結婚した友達は

電話の横で怒鳴り暴れてる様子がわかり

遠い存在になっちゃいましたね




男と女の友情は成り立つのか???




色んな意見がありますが

多分人それぞれだと思うんです

割り切るとかの問題でもなく

自然に友情で結ばれると思うんです




何時間も共に過ごしても

疲れないし 安心していられる

お酒なんてなくても何時間でも

笑っていられる

時には真剣に語り合える

けれど

それは男でも女でもなく

”人”としての信頼関係で成り立っている




私の場合

長年の男友達が彼氏になたこと

ありません

友達は友達なんです




かという今の彼

付き合う前は友達でもなく

知り合いの優しいお兄ちゃんみたいな

存在だったんです

会話もあまりなくて用件のみ

深入りもお互いにしていなかったので

”友情”は芽生えませんよね

もしも

”友情”が芽生えていたら

今の私たちはいなかったと思います










電話をかけてきた男友達

電話を切る前に

「俺はこの時期しか早く帰れないんだから冬眠するなよ

「だって寒いんだもん・・・」

「あのねぇ~っ

「浮気したくせにっ

「スンマセン・・・今度会った時パンチしていいからっ

「パンチで済むと思ってんの蹴りだよ

「わ・わかった・・・




そんな会話でも

嬉しくて涙が込み上げてくるんです




何年かぶりの会話でも

何も変わらない”友情”を感じる

言葉の温かさに心から感謝し

”バイバイ”と変わりに

心を込めて「ありがとう」を伝えた




男と女の友情の先は

もっともっと深い友情が芽生える

私はそう思っています




あくまでも私の考え方ですがね


R0010554

|

« ■ヌードも良いが・・・ | トップページ | ■苛立ちを抑えきれず・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

☆お富お姉さんへ☆

そうなんだよね。

男性を友達ではなく最初から”異性”として見てしまう人も
多いのかもしれませんね。

女友達と何も変わらず付き合えるよね!男友達も。

私なんか、男友達が落ち込むと夜中まで話を聞いたり
泣かれちゃったりもありだし、あまりに情けないことすると
思いっきり叩くよ。だから、女としてではなく友達なんですよね。きっと。

投稿: お富お姉さんへ | 2010年1月25日 (月) 00時20分

★eipyonちゃんへ★

異性の友達って、確かに考え方は人それぞれよね。みんな自分を中心に考えるから。異性の友達の居ない人には理解は出来にくいかもね。私も知り合って10年来の男の友達が1人居てるけど…男と思った事は無いわ(笑)

投稿: ★お富 | 2010年1月24日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ヌードも良いが・・・ | トップページ | ■苛立ちを抑えきれず・・・ »