« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

■素直な恋していますか?



好きな人が出来たら

必ず

寂しくなる時がある

必ず

会いたくなる時がある




愛する人が出来たら

必ず

抱きしめて欲しい時がある

必ず

泣きたいほど不安な時がある




そんな時ジッと耐えて

一人悩んだり

一人泣いたり

ずっとモヤモヤしていませんか?




私は

彼に出会ってから

話すことの大切さを教わりました

ココで何度も書いてきましたが

”何で?” ”どうして?”

不安なことは聞きなさいと

彼に言われた時は正直驚きましたが

今ではそれが普通になりました




それから




コレを言ったら重いだろうなぁ

コレを言ったらウザイだろうなぁ

そんな風に思うと言えない言葉

例えば”寂しい”とか言葉で伝えるのって

なかなか言えないですよね

私も彼に出会う前はそうでした




だけど




言葉で伝えるのって大切だなって思います

重いのが恋愛という彼ですから

寂しい時は寂しいと言える私です

素直な気持ちを伝えると

彼はちゃんと受け止めてくれる人です




私は幼かった時期に

母に抱きしめられた記憶ありません

素直な気持ちを伝えても

聞いてはくれませんでした

あの時抱きしめてくれていたらと

思うことが多々あります





結婚していた時期にも

何も言わず抱きしめて欲しいほど

苦しいことが沢山ありましたが

会話がない夫婦には難しいことです




彼と付き合い始めた頃

毎日何時に帰れるかもわからない私を

彼は寒い日も暑い日も待ち続けてくれて

いつも笑顔で私に「おかえり」と言って

抱きしめてくれていた日々がありました

彼はあの頃私に良く聞いていました

「俺重い?」

正直あの頃は重いと言うよりも

彼の気持ちに応えられるかという

不安でいっぱいでしたが重いという気持ち

ありませんでした

待っていてくれる人がいるという幸せ

私を必要としてくれる人がいるという幸せで





私たちは今でも何度も話し合いをします

その中には重い話もあります

彼を目の前にして本音を言う時は

正直勇気が必要な時もあります

彼も正直な人ですから真剣に話してきます

話し合いの中で言ってはいけない言葉を知り

触れてはいけない話を知ります





そうやってお互いを知ること

とても大切なことなんだと思います




素直な気持ちを伝えることは

簡単なようで難しい

けれど

私は素直な恋をしていきたい

そう思っています





Photo

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

■声を聞いたら・・・



昨日から彼は出張です




一昨日

やっと会えたと思ったら

何やらバタバタしている彼

一時間も一緒にいられず

ちゃんと笑顔で送り出すはずが

寂しさだけが残ってしまい

「気をつけて いってらっしゃい」

「はい!」

彼の車が見えなくなるまで

見送ることしか出来ませんでした




そして




私は彼を忘れられるように

肉離れした足を引きずりながら

かなりハードなノルマをつくり

一日中外出していました




けれど




何処へ行ったって彼を忘れることなんて

出来やしない

やはり今回の出張は危険な作業だから

心配してしまうのは当たり前です

ましてや

彼のお父さんが入院中なのですから

彼も心配しながらの作業です

すごく怖いんです




彼は忙しい中でも

きちんと現地に到着したこと

ホテルへ帰ってきたこと

食事に行く前には”○○へ食事へ行くね”

そんな風にメールをくれています




先程も食事から帰ってきたと

電話がありました

「何か元気ないじゃん・・・」

「だって・・・彼ちゃまいないんだもん・・」

「う~ん・・そう言われちゃうと何も言えないじゃん

普段と変わらない会話だけれど

何だか急にもの凄く寂しくなって

声が出なくなっちゃった





介護も子育ても何も変わらないけれど

彼に会えない日々

何かが足りない私・・・

彼の存在が大きくなればなるほど

こんな日が多くなるのかな




出会った頃のことを思い出して

あの頃に戻りたいと思う時がある

あなたは憶えているかな?

「私は普通の恋がしたい」と言ったこと

元彼とデートをしたことがないと言うと

「可哀想だ・・・」と言っていたこと憶えてる?

何でも仕事のついでの食事やデート

私の都合も考えない身勝手なH

私からは何処へ行きたいなんて言えない

誘いは断るなと絶対命令




だから



普通の恋がしたかったんだ

ヒルクライムの春夏秋冬じゃないけれど

二人で春夏秋冬を感じたいと思ったの

それは

他の誰かではなく愛する人とね






R00108271

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

■恋って幸せと同じ位不安にちゃうんだね・・・

最近思うよ

恋って幸せと不安が繰り返されるんだなって・・




今流行の曲の歌詞だって

みんな人を好きになって

幸せだぁ とか 寂しいよぉ とか 不安だよ

なんて歌詞が多い

やっぱり恋してる女性も男性も

同じような気持ちでいるんだよね

きっとさ・・・




どうでも良い相手だったら

悩むことも苦しむこともないし

好きだからなんだよね

そして

幸せだから

その幸せを失いたくないから

どうしてなんだろう?

何でなんだろう?

なんて色々考えちゃったりしてさ




けれど




一緒にいれば

楽しい時間を過ごしていれば

そんな不安なんて

飛んで行っちゃうんだ




そんなことを繰り返しながら

恋を続けていくんだよね

きっとさ・・・




一人じゃあ恋愛は出来ない

恋をしなきゃ悩みも少なくなるだろう

けれど

恋をしてる男性も女性も輝いているのは

それだけ恋が

人を変えるってことかもしれないね

107931

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

■恋は何よりもパワーをくれるものなんだね・・・

今日彼から突然電話が入り

「eipyonの家の近くにいるんだけど・・」

「だからぁ~っちょっと着替えるから待ってて!」

慌てて着替えて彼の車へ乗ると

「○○行ってみようか

「・・・うん」





実は昨日

同じ場所へ行ったんです

もちろん一人でね

初めて行く場所で道もわからない

不安だけどチャレンジしてみたんだけど

酷い過呼吸を起こしてしまい

ビニール袋探して発作と戦ったんです




その話を彼にしていたので

彼も考えていたのでしょう

”怖い場所”にしてはいけないと

そんな思いが私には嬉しかったから

怖かったけれど

軽い過呼吸起こしながらも

彼に手をつながれ行くことが出来ました




そんなに遠い場所じゃないけれど

行くまでに薬を飲む私に気付き

「大丈夫?無理しなくても良いんだよ」

そんな風に言ってくれるだけで

一人じゃないんだって思えた渡しでした




駐車場で一休みして

店内に入ってコーヒータイム

会えなかった分だけ会話が途切れず

久しぶりに私笑うことが出来ました

彼も私が変な言葉を真面目に言うらしく

お腹抱えて大笑い

そんな時間がたまらなく幸せでした




手をつないで歩くのも久しぶり

どんどんホントの私らしくなってきて

彼は笑いっぱなし




帰り際に

彼から思いがけないプレゼントをもらい

めちゃルンルン



楽しい時間は

あっという間に過ぎてしまい

帰り道にギュッ&チュッをもらい

壊れかけた心が

冷え切った体が

回復していくのがわかった




恋は身体にも良いことだと聞くけれど

ホントなのかもしれないね

恋は時には苦しくて悲しくて

辛いこともあるけれど

愛する人が傍に居るということで

すごくパワーが出るんだね




単純かもしれないけれど

私は単純で良いや・・・

Photo

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

■ペットにしてとお願いしたけれど・・・

今日は

何と彼が突然会いに来てくれましたぁ



会えるつもりじゃなかったから

何だか不思議な気分・・・

色んな話をしたし

ギュッもチュッもだけれど

何だかボーッとしちゃいました




彼の出張の話になり

「私も一緒に行く

「えっだ・だめでしょう・・・」

「じゃあ ペットだから連れて行かないとって言って

「・・・だ・だめだよぉイイコで待っててね」

「・・・・・」

わかっているけれど何だか寂しいのだ




まだ出張は来週なのだけど

ど~するのかね



R0010911

| | コメント (0)

■恋でもなく 愛でもない とても大切な人・・・


毎日寒いですね・・・

最近キレイな青空さえも

見れない天候ばかり

やっぱ冬は好きになれないや





昨日は

かなり精神的に滅入っていました

仕事もなければ夢や希望もない

見えてくるのは現実ばかり・・・

頑張っても何も変わらない





そんな時

なぜかJさんからメールが届く

以前にもココへ書いたことあるのですが

お勤めしていた時に昼食も夜の飲み会も

いつも一緒にいた人

いつも私を守ってくれていた人

恋愛感情抜きで

お互いに彼女がいたり彼氏がいても

なぜか傍に居るのが当たり前

本音で語り合える仲






Jさんも結婚して私も結婚して

Jさんの奥さんとも

うちの旦那とも

みんなで仲良くしてた





しかし





数年後Jさんは信じられないようなことされて

離婚した

障害児を残し妻は失踪してしまったのです

マイホームも手に入れて子供2人に恵まれ

幸せそうでしたが・・・

障害児の子供だけ私の子供ではないと

水も飲み込めないような子を残してね





Jさんは自ら命を絶とうとしていました

そんな時

私は何だか変な予感がして電話をしました

Jさんは泣きながら

「バカヤロウ!こんな時に電話してきやがって・・」

どん底状態でした

Jさんが落ち着くまで延々と話をしたのですが

その時のことをJさんは今も言います

「命の恩人」だと






それから間もなく私も離婚して

「お互いバツイチだぁ~っ!」なんて

言い合ってたのですが

ちょうど彼と付き合い始めた頃

突然Jさんからプロポーズされたんです

もちろん恋愛感情など私にはありませんし

友達以上恋人未満の大事な人で

そんな関係でいたかったのです

彼に言われました

「そんなこと出来るわけないよ・・もう友達の関係には戻れないよ」

私は彼に言いました

「Jさんはそんな人じゃない!」





私は彼の前でJさんへ電話をしました

プロポーズは断りました

「今まで何で言わなかったの?」

「今の関係を壊したくなかった」

「うん 私も今のままが良い」

それからJさんとの関係は以前と変わりません

もちろん会うことはありません

あの頃と同じように一緒に過ごすこともないが

ふと”どうしてるのだろうか?”と互いに思う

そんな関係です





ですから





昨日のように私が落ち込んだ時に

なぜ???て位の確立でメールが届きます

それも一言だけ”大丈夫か?”

私は正直に自分のことを伝えます

すると電話をくれてね・・・

「もう頑張らなくて良いからな!力抜いて外の空気吸っておいで!少し外でて歩いてみな!この寒い中で必死で生きてるアリがいたりするんだから・・・自分だけがと思うと辛くなるから皆も辛いんだと思うんだ!」

涙止まりませんでした





Jさんが最後にいつも言う言葉

「失礼だけど・・・お金は大丈夫なのか?」

「バーカ!そんなこと言うな!大丈夫だよ!」

いつもいつもそうなんだ

父の会社が倒産した時も多額のお金を用意し

連絡くれたりさ・・・

だけど

それだけはしたくない

お金で繋がってるような関係は嫌だし

返すことないって言うけれど

それだけはしたくはない





彼も今必死で仕事して

毎日病院へ通う日々

私に何もしてあげられないと

苦しんでる

会うことどころか

疲れ切ってメールさえも

中途半端・・・



今の彼は目の前にあることを

こなすのが精一杯の様子です

彼の性格は私と同じで

自分でやらないと気が済まない

自分に背負いきれないほど

色んなことを抱え込んでいる

そこに私が入り込むことは

出来ない・・・




今私が出来ることは

自分をしっかりと支えること

そうでなければ介護も子育ても

出来ないのですからね






彼と会うことでバランスがとれて

頑張れたことが出来なくなっていくのが

悲しいし 悔しい

せめて

早く春よ来い





Photo

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

■特別な日は特別な人と・・・


今日はバレンタインです

昨夜は興奮状態で洋服選びでしたが

結局は寒さに負けてしまい

ミニスカはパスでしたぁ




彼に会えるのは午後の予定でしたが

午後って言っても何時?!

ドタバタ用意して出掛けるのも嫌だし

何時位???と聞いたら4時位とのことで

それまでソワソワ待機




そしたら




3時過ぎに彼から連絡がきて

早く会えましたっ

沢山話したいこと二人あったと思うけど

とにかく会えたことの嬉しさで

笑顔いっぱいになれた私でした




「買い物行く?」

「うん!」

「やっぱり行くのよす?」

「なんでぇ~っ!何処でも良いからお出掛けしたいよぉーーーっ!」

「ハハハ・・・わ・わかった




そんなこんなで私たちは買い物へ行きました

彼の車に乗れば冷え切った手を温めてくれる

気付けばキスをくれます

手をつないで買い物も楽しいのなんのっ

久しぶり夫婦漫才が出来てメチャ笑いました




それから




彼が昔行ってた中華料理屋さんへ行きました

お腹がペコペコ&冷え切った私に

彼の分の温かいものを食べさせようとします

そんな彼の優しさが嬉しい私でした

美味しい食事に楽しい会話

これが理想です

彼といると食欲も出て食べられちゃうんです

やはり精神的に落ち着くんでしょうね


でっ




いよいよバレンタインのプレゼントを

彼は大喜びでした

今年はブラウニーとマカロンを作ってみました

やはり彼には手作りしたいからね

今は材料が揃って売ってるから

簡単に出来そうですが時間はかかりますし

意外と難しいものもある

本当は本格的なチョコレートケーキでもと

思ったけれど彼一人では食べきれないしね




もちろん他にもプレゼントは用意しましたよ

彼は驚いていました

「えーーーーーっってね

彼の好きなブランドの小銭入れなんですが

なかなか気に入ってくれたようでして

その場で入れ替えておりましたぁ




1週間以上も会えなかったことない二人

今日がバレンタインだったからこそ

会えたのかもしれません

今日は抱っこの日に決まっていたのですが

実は彼のお父様が倒れてしまって・・・

仕事で出張があったりして大変だったのです




そんな中で会えたのは嬉しかったです




恋人たちのイベントは

きっと

愛を伝え合うための日

なんじゃないかな

そんな風に思います




色んな事情で

会えない方も沢山いると思います

私も正直会えないと思っていました

お菓子作りもしないと宣言していました

プレゼントだけは渡したいと伝えていました

昨日も彼の会いたいという思いを知りながら

会いに行くことをやめました

今日会えることが奇跡だったから・・・




あ り が と う



R0010877

| | コメント (2)

■興奮状態・・・

きゃーーーっ

早く寝なくちゃーーーっ




そんな思いで部屋を真っ暗にして

眠る準備OKでしたが

ウキウキ ルンルン 状態の私

明日のことを考えると

あれこれ考える・・・

何着ていこうかなぁ???

この服着たらブーツは???

そんなこと考えてたら眠れなくなっちゃった




明日はバレンタイン

彼時間を作ってくれることになりました



だから




彼へは手作りのお菓子を作り

色々準備してたんだけど

私たちにしてみれば1週間会わないなんて

考えられないことだから

明日会えることがメチャ嬉しくて

興奮状態・・・・・




でも




早く寝なくちゃっ

2010213

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

■あなたを今すぐに追いかけたかったけれど・・・

泣かない!

ちゃんと決めたのに

ダメだね・・・




今日も彼と会えないと思ってた

病院から帰ると夕食を作らず

私に作れと家族が待っていた

ヘルパーさんがいたのに

なぜ私が?

苛立ちを隠せぬままキッチンに立ち

作り出すとチビが何も言わないのに

自ら材料を切ってくれたりしてくれて

久しぶりに二人で料理を作った





出来上がる頃に彼からの着信が鳴った

慌てて電話に出るけれど

彼の声は今にも消えてしまいそうな声

「出られないでしょ?」

「・・・うん」

食器やらを用意して待っているチビがいる

そんなチビを残して出掛けることは出来ない

「今 eipyonの家の近所なんだ」

悩んだ とことん悩んだ

けれど

会いには行けない




涙を堪えながら笑顔での食事

けれど

のどを通らない

次は父へ食事を食べさせる

熱いものは冷まし

小さく食べやすい大きさにして

口の中へ入れると

沢山食べてくれた




でも




今日の私は心から笑えない

あと20分早かったら・・・

あと15分でも早かったら・・・




寂しいって言わないって決めたのに

泣かないって決めたのに

やっぱり彼の声聞いてしまうと

恋しくなる




あなたを

今すぐ追いかけたかった・・・



Dscf3445

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

■”キスは愛情表現”そんな言葉が嬉しかった・・・


色んなことがありすぎて

頭の中がパニックしてる

今自分が何をすべきなのか

何が出来るのかを考えるけれど

ただ目の前に起こることを

こなしていくのが精一杯




彼の肌の温もりで癒された夜から

彼には会えていません

彼も色々ありすぎて精一杯




先日彼とキスについて

話をしたんだ

ある友達が別れた彼女と

何がしたいってHじゃなく

キスがしたいっていう話を聞いて

私が女として嬉しかったって話から

彼とキスって?って話に発展してね




私はキスは愛がなければ出来ないと

思っているのです

それは今までの経験からなのですが・・

そして

彼は言いました

”キスは愛情表現 子供が可愛いと自然とキスしちゃうでしょ?!愛しいから出来るんだよ”

そんな風に語る彼の瞳はキラキラしてたの




すごく嬉しかった




彼とは当分会えそうもありませんが

そんな会話をした後のキスは

私には特別なキスだったから

ちゃんとイイコで待ちます



Photo

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

■愛で満たされた心を持続するのは難しいね・・・


何だか

とても寂しいです




先日彼と一緒に過ごした時間が

あまりにも楽しくて幸せだったからかな?

翌日までは元気なんだけど

また家に閉じこもる日々に戻れば

ただ精神的に疲れて

介護に明け暮れて

眠れぬ夜を不安で過ごす




彼と一緒に過ごした夜も

「顔色悪いなぁ・・・」と言われましたが

徘徊を止められなず眠れないのです

明け方から眠るが眠気は1日中続く

これでは皆倒れてしまうと思い

色々方法を考えるが上手くいかない

消防法やらで鍵を付けることさえ

許されないのだ




体が重く感じて

思うように動けない

そんな私に笑みなど

あるわけもない




あんなに沢山笑って

あんなに沢山幸せ感じて

心が温かくなって

もう大丈夫って思ってたのにな




愛で満たされた心を持続出来たら

良いのにね・・・




そして




彼は明日は遠くの仕事

今月と来月は遠くの仕事が多くなる

この不況で仕事を選べないと

彼も日々格闘している

それでも

寂しくならぬよう少しでも時間があれば

突然でも会いに来てくれる

私はそんな彼に救われる




私も早く体調を取り戻し

彼を癒してあげたい

彼が私を抱きしめてくれるように

彼の疲れた心を癒してあげたい


20101a

| | コメント (0)

2010年2月 7日 (日)

■こんな自分に出会えたことが嬉しくて・・・

こんな素直な自分に出会えた

目の前にいる愛する人に

”愛してる”

言葉に出して伝えられるなんて




そして




愛する人に見詰められながら

”愛してる”

言葉で伝えてもらえるなんて





”愛”って何???




そんな風に思っていた私に

あなたは無償の愛をくれた

その”愛”

とても大きな愛でした





肌と肌の温もりが

こんなにも幸せにさせてくれるものだと

私は初めて知りました




無邪気に笑う私の写真を見てると

こんな自分に出会えたことが嬉しくて・・・




ありがとう




2010

| | コメント (2)

2010年2月 5日 (金)

■気付けばペタッ

今日も彼と会えた

朝は”おはよう”のメール

昼休みには電話

仕事が終われば会いに来てくれる




お互いに誰にも言えない

愚痴を言い合い

穏やかになる時間

気付けばペタッして

見詰め合う




冷たいと言う彼の手を

温めている時の幸せ

二人笑顔でいられる幸せ

これこそが癒しの時間




いくら疲れていても

彼に会えると思えば

走って彼の元へ飛んで行ける

そこには私にしか見せない

優しい瞳の彼がいるから




愛は温かいんだよ





Photo_2




| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

■何度言っても足りないくらい感謝してる・・・

昨夜降った雪

とけて消えてしまったけれど

私はココにいます


昨夜は眠れなくて

安定剤に睡眠薬にお酒を飲んでも

ウトウトするものの

すぐに起きてしまって・・・

そんな風に迎えた翌日は不調だらけ




眠る前に翌日の目標を決めてるのに

今日は何も手付かず

出掛ける気力もなくてね




仕事を終えた彼から電話がきて

案の定

家の傍まで来てくれいて

慌てて着替えて彼の車へ乗ったの

食欲がないことは知っていたはず

けれど

ゆっくりと話がしたいとレストランへ

車を走らせた彼




ゆっくりと二人で食事をしてから

私たちは時間も忘れて

真剣に話し合ったの




彼は目をそらすことなく

真剣に話をしてくれました

私の不安や抱えている苦しみを

ジックリと聞いてくれました

もちろん風俗のことも話しました

そして言われました

「そんなことがある度に自分を責めてどうなるの?どうして自分を責めるの?」

「女は普通の人でも風俗なんて汚らわしいと思うと思うけれど私の場合は違うの・・・」

「良い?その場での世界の出来事だと思えないかな?」

「・・・・・」




その後も色んな話をしたの

彼は私の思いを知っている

彼は私の恐怖を知っている

許す 許さない

そんな問題ではないことも

彼は知っているから

男と女の体の違いや考えの違いも

きちんと話してくれるけれど

それを受け入れられない私も

彼は知っている




私は時々零れ落ちそうな涙をグッと堪える

私は彼に出会うまで

性交は汚らわしいことだと思ってた

抱かれること=恐怖

そんな風に思っていた私に

彼が始めて愛し合うことの意味を

私に教えてくれた人




だからこそ




セックスが神秘的なものだと思いたいのだ

せめて私たちの間だけでも・・・




帰りの車の中でも

私は彼に色んな質問をしたの

それに対しても彼は真剣に答えてくれた

でも彼は言ったわ

「聞きたくないことだってあるだろう?」

「聞いて不安にならないの?」

「聞かない方が良かったって思わないの?」

ってね




私は聞かないでモヤモヤと悪い方向へ

考え込むより真実を知った方が良いの

例え

答えがショックなことであっても

嘘だけはイヤだから・・・





”不安になたら いつでも話し合えば良い”

そんな言葉をくれる彼に対して

何度言っても足りないくらいに

私は感謝しています




Dscf32681_2

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

■雪も寂しさも積もっていくよ・・・


今 冷たい雪が降っています




今日は事務の仕事の日

辛い体調の中重い足どりで歩く朝

けれど

タイムカードを押せば笑顔で挨拶

私が出来る仕事は限られている

その上不況で仕事がなくて・・・




従業員は皆男性で女は私1人

暇だから雑談が始まるが

耳を塞ぎたくなるような話ばかり

話題は風俗だったりetc・・・

辛かった

苦しかった

フラッシュバックと過呼吸起こした




何もせず座ることのない私に気付き

早く帰って良いとのことで

彼へ帰るとメールを送信

その後社長に呼び止められ

彼からの電話に出れず

慌てて用件を済ませて

傘も借りずに会社を出て

彼へ電話をするが出ない




何だか彼が傍にいそうで

キョロキョロ見るけれど居ない

2度目の電話で彼が出たけれど

雪のため早く仕事を終えて

帰宅途中とのこと




私の仕事が終わる少し前に

”冷たい雨だから傘ないなら借りて帰りなさい”

そんなメールが届いたんだけど

まさか仕事が終わってるなんて思ってなかった

どうして言ってくれないんだろう?

言いづらいのかな・・・




雨が雪に変わり

私の心に寂しさや不安が雪と共に

積もりだした




雪と一緒に

とけて消えてしまいたい・・・





Photo_2

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »