« ■恋って幸せと同じ位不安にちゃうんだね・・・ | トップページ | ■素直な恋していますか? »

2010年2月27日 (土)

■声を聞いたら・・・



昨日から彼は出張です




一昨日

やっと会えたと思ったら

何やらバタバタしている彼

一時間も一緒にいられず

ちゃんと笑顔で送り出すはずが

寂しさだけが残ってしまい

「気をつけて いってらっしゃい」

「はい!」

彼の車が見えなくなるまで

見送ることしか出来ませんでした




そして




私は彼を忘れられるように

肉離れした足を引きずりながら

かなりハードなノルマをつくり

一日中外出していました




けれど




何処へ行ったって彼を忘れることなんて

出来やしない

やはり今回の出張は危険な作業だから

心配してしまうのは当たり前です

ましてや

彼のお父さんが入院中なのですから

彼も心配しながらの作業です

すごく怖いんです




彼は忙しい中でも

きちんと現地に到着したこと

ホテルへ帰ってきたこと

食事に行く前には”○○へ食事へ行くね”

そんな風にメールをくれています




先程も食事から帰ってきたと

電話がありました

「何か元気ないじゃん・・・」

「だって・・・彼ちゃまいないんだもん・・」

「う~ん・・そう言われちゃうと何も言えないじゃん

普段と変わらない会話だけれど

何だか急にもの凄く寂しくなって

声が出なくなっちゃった





介護も子育ても何も変わらないけれど

彼に会えない日々

何かが足りない私・・・

彼の存在が大きくなればなるほど

こんな日が多くなるのかな




出会った頃のことを思い出して

あの頃に戻りたいと思う時がある

あなたは憶えているかな?

「私は普通の恋がしたい」と言ったこと

元彼とデートをしたことがないと言うと

「可哀想だ・・・」と言っていたこと憶えてる?

何でも仕事のついでの食事やデート

私の都合も考えない身勝手なH

私からは何処へ行きたいなんて言えない

誘いは断るなと絶対命令




だから



普通の恋がしたかったんだ

ヒルクライムの春夏秋冬じゃないけれど

二人で春夏秋冬を感じたいと思ったの

それは

他の誰かではなく愛する人とね






R00108271

|

« ■恋って幸せと同じ位不安にちゃうんだね・・・ | トップページ | ■素直な恋していますか? »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■恋って幸せと同じ位不安にちゃうんだね・・・ | トップページ | ■素直な恋していますか? »