« ■ちょっとだけ心に春・・・ | トップページ | ■あなたが泣いてる・・・ »

2010年3月13日 (土)

■ 同じ思い 同じ苦しみの中で・・・



またまた眠れないまま朝になりました

もう眠れないというストレスを開放するには

開き直るしかありませんね

今仕事があるわけじゃないし

少し時間が出来れば眠れる状況ですから

以前のような焦りも捨てました




今朝も4時半に寝覚めた父

昨夜は大量の鼻血を出して

大変でしたが最初の時は止まらない鼻血に

慌て騒ぎ救急車騒ぎになりましたが

今は週1回位起こすので止血方法を学び

母と連係プレーで処置をします

慌てて救急病院へ行ったところで

アルツハイマーとわかれば入院など

させてもらえないのが現実です

もう家族しか看てやるしかないのです




そんな父と今朝は十数年ぶりに

朝食を一緒に取りました

私が子供の頃父が作ってくれた

炒り玉の味を思い出しながら作ってみました

父は喜んで真っ先に炒り玉を食べて笑顔で

「美味しい」と食べてくれました

鮭も父がしてくれたように骨を取り除き

ご飯の上にのせて食べさせます

食後はひと遊びして最高の笑顔でした




でも




やはり顔は浮腫み目の下にはクマ

唇の色も良くありません

そんな父を見ていると後どれ位

こんな風に過ごせるのだろうと考える

父は言葉が理解出来ません

着替えも1人で出来ません

妄想で怯える日もあります

今父は幸せなのだろうか?と考える日

多くなります




昨日彼はお父さんの病院へ行き

その後電話をくれましたが

かなり落ち込んでいました

食べたいと言うのに

家に帰りたいというのに

何もしてあげられないこと

ただ見てることだけしか出来ないと

意識が朦朧としている中で

退院出来るって言ったのに出来なくなった

そう告げると涙を流したという




話を聞いている私も切ない思いでいっぱい

でもこんな時一緒に泣いたらいけない

精一杯自分の眠る時間さえなくても

お父さんのためにと一生懸命な彼を知る私は

彼の心の中の悲鳴が手に取るようにわかり

励ましの言葉よりも彼の気持ちに対して

私らしく話をしました




”生きていて幸せなのだろうか?”

長生きして欲しい気持ちとラクにしてあげたい

そんな気持ちが入り混じり苦しんでいること

良くわかりましたから・・・



彼も私も年を取ってからの子供です

その分愛情を沢山貰ったんですよね

ましてや彼はお母さんの顔さえ知らない環境

その中で男手一人で育ててくれたお父さんですから

尚更辛いと思います




同じ思い

同じ苦しみ

背負いながらも

二人でいる時だけは笑っていたい

きっと泣いてる子供の顔など

見たくはないはずだから・・・



2010313

|

« ■ちょっとだけ心に春・・・ | トップページ | ■あなたが泣いてる・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ちょっとだけ心に春・・・ | トップページ | ■あなたが泣いてる・・・ »