« ■コ・ト・バ | トップページ | ■色んな愛のカタチ・・・② »

2010年8月10日 (火)

■色んな愛のカタチ・・・



やっと3日間の実習を終えました

今は放心状態です・・・




連日で3日間ではなかったものの

初日を体調不良のために延期

その延期を決めかねていた私を

彼は必死で説得してきました

実習直前で体調を崩し

毎日点滴治療を受けていましたが

なかなか体調が戻らなかったので

彼は初日だけでなく全てを延期するよう

言いましたが私は初日のみ延期にしました




なぜ?!




自分が壊れてしまいそうだったからです

この病になってから場に慣れるまでの

緊張は予期不安を起こし

過呼吸という発作を起こし

体調だけでなく

精神的に延期すればするほど

追い込まれること

自分が一番知っていたのです




彼は仕事がメチャクチャ忙しい中

一緒に考え

一緒に悩み

沢山話し合い

実習の日を迎えることになりました




実習先は電車やバスを乗り換えながら行くと

1時間半かかる場所です

電車やバスに乗れない私は

叔父に送ってもらうことにしていましたが

彼が急遽送り迎えをしてくれることになり

下見まで連れて行ってくれました




実習の朝

不安や緊張でいっぱいの私を乗せ

彼は眠そうな顔しながら車を走らせ

仕事に間に合うギリギリの時間まで

私の傍にいてくれました

「さぁ 時間だ・・・大丈夫か?」

「うん・・・」

彼は私を抱きしめ仕事へと向かいます




実習の時間まで早いので

施設近くで一休みして

施設へ入ります




初めて行く場所

初めて会う人

異様な空気が流れてきます

私はココにいられるのだろうか・・・




Sn3l01900001_2


                                            孤独・・・






施設は思っていた以上に大きく

そして

私の実習するフロアは介護度の高い

寝たきりの方がほとんどでした

遺漏の方が半分と残り半分はミキサー食

話しかけをと言われますが

ほとんどの方が話せません

私を傍に呼んで話す言葉は

「家がわかないの・・帰りたいの・・」

その瞬間父と重なり切なくて・・・




食事の介助も1時間かかります

そんな私の周りでは

スタッフ一人で何人もの食事介助をしています

涙を流しながら苦しそうに食べている方も・・・

それでも食べないと生きること出来ない

そんなことわかっていますが

切ない気持ちでいっぱいになりました




食事休憩の時間

彼から”大丈夫か?”メール

返信には

”辛い・・・”

そんな言葉しか出てきませんでした




休憩後もドタバタして

施設での9時間を終えるころ

”今出たよ”のメールが届き

私は彼の待つ場所へ向かい

車に乗ると同時に涙・・・

「私に感情すてろなんて無理だよ・・・かわいそうだよ・・・」

「そう言うと思っていたけれど本当だったか・・・」

彼はその後何も言わず

家に送ってくれました




初日から大粒の涙の私

2日目は・・・




|

« ■コ・ト・バ | トップページ | ■色んな愛のカタチ・・・② »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■コ・ト・バ | トップページ | ■色んな愛のカタチ・・・② »