« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

■愛は心で感じたい・・・

何だか急に寒くなり

イヤな気分になりますねぇ

この冷たい空気が私の大嫌いな

年末年始と同じ・・・

”また来るんだ” と気分が滅入る




ここのところ

メチャクチャ忙しいし

体調も優れない

そんな私でも彼との時間

しっかり考えてキープしていますが

これまたスレ違いが多い


互いの思いやりや気遣いも

何だか近頃スレ違ってるようです

それに彼の仕事の予定も突然変更も多く

とんでもない時間に仕事が終わるので

彼からの電話に気づかないことも多くなり

スレ違いは増える一方です




スレ違いになった日

かなり落ち込みます

出会った頃の彼を思い出します

あの頃は待っていてくれたのに・・・って

何時間も 何時間も 待っていてくれた彼

あの時がなければ今の私たちはない

それほど嬉しかったし

愛感じてたんだよね




一昨日は久しぶりに彼が我が家に来ました

PC壊れちゃったから・・・

先日のプレゼントの新しいPCじゃなくて

普段使うノートPCがね・・・

来てくれる日決まってたから

食事のメニューも考えて楽しみにしてたの

でも

前日に現場になったって連絡が入り

5時までにこっちに戻れると言うので

その予定でいましたら3時には戻り

申し訳ないけれど少し時間を潰してもらいました


我が家は毎日3時から4時までドタバタの時間

お兄ちゃんが帰宅して着替えやら

学校へ連絡やらetc・・・

ヘルパーさんも次々やって来る時間帯でもある









やっと彼に会うことが出来て

私の部屋でPCの修理

時々ペタッして

時々チュッして

でも寂しさは消えてはくれません

「寂しいよ・・・」

そんな言葉を口にする度

ギュッって抱きしめてくれますが

隣の部屋には母がいますので

何だか落ち着かず

寂しい気持ちを残したまま

夜10時過ぎまで一緒にいたのに

心が温かくなれなかった




何で最近こんなに寂しいんだろう・・・


何でこんなに不安なんだろう・・・




思いっきり笑いたい

思いっきり泣きたい





Photo






彼が家に来た日

駐車場まで送って行って

「寒いから乗りなさい

結局は家まで送ってくれる

優しい彼なのにね




一緒にいれば以前と変わらないし

この世で一番素直に甘えられる彼だし

何事もなかったように普段の私になれるのに

会えない日が続くと不安になって

メチャ寂しくなって

余計なこと考えて

落ち込んでしまうんだなぁ




恋愛はホントに難しい・・・

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

■寂しいのは秋のせい?

昨日は彼の仕事が早く終わり

悔しさいっぱいのスレ違いで

メチャクチャ寂しい気分でしたが

今日は彼に会うこと出来ました




彼に会ってすぐに

「寂しいよ・・・」

彼は私を抱き寄せて

「秋のせいだよ きっと・・・」

そう言いますが

この寂しさは秋のせいなのかなぁ




夜が苦手だな・・・




何だか心細くて

突然”孤独”を感じて

急に寂しくなって




やっぱり秋のせい???





Dscf12231abc

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

■全て忘れられる時間・・・



毎日がドタバタ・・・

疲れも限界超えてるけれど

どうにか乗り越えなきゃって

日々格闘しております




陶器の破片が刺さった足の裏

麻酔は厳重注意の上使用して

足の裏の深いところで破片が

砕けちってしまっていたのが見つかり

再手術致しました



安静と言っても

お兄ちゃん(自閉症の甥)の具合が悪くなり

学校へ迎えに行って病院連れて行ったり

急変して救急車で運ばれたりで

安静なんてしてられません

これが現実なのです




母と私

どちらかが介護

どちらかが看病

休まる暇ありませんでした




当然そんな状態ですから

彼には会えない日々でした




でも




お兄ちゃんが救急車で運ばれた日

彼が心配で仕事を終えて

家の前で待っていてくれました

涙が出そうなほど嬉しかったです

心配そうな顔で

「eipyon・・・足は?」

「うん・・・痛いけど・・・」

その日はバタバタしていたので

ほんの30分程度でしたが彼に甘えさせて

頂きました




それから数日間は殆ど

お兄ちゃんの看病でした

痛みで苦しむ姿を見ていること

本当に辛かったです

亡くなった姉の仏壇に手を合わせ

泣きました

私は必ずこんな時に思います

”この子にこれ以上辛い思いをさせないで



痛みにはとても強い子です

小さな頃から点滴や検査ばかりですから

付き添いなしでおとなしく点滴させる

強い子です

そんな姿を生まれた時から知っている私は

そう神様に言いたくなるのは当然なのです




そして




お兄ちゃんの笑顔が戻り

やっと一安心になった今日

ほんの少しの時間ですが

彼と会うことが出来ました




彼は足のことを心配してくれています

手術はもうイヤと言う私を怒ります

わかってる・・・

ちゃんと

わかってる・・・

このままじゃ危険なことも

このままじゃいけないことも




だけど




闘いの日と足の痛み

そして

看病疲れで精神的に

疲れ果てて今の私には

耐えられる自信がないの




彼も

私の気持ち理解し受け入れてくれてる

何も言わないけれど

そう感じました

痛いお腹をイイコイイコしてくれて

「もうこれ以上痛いところ増やさないで」

そんな風に言ってくれる優しい彼




久しぶりに彼に寄りかかり

甘えられた心は癒され

一緒に笑えたことで

心穏やかになり

彼と一緒にいた時間だけが

足の痛みも

お腹の痛みも

心の悲鳴も

全て忘れられました




足の中の陶器が砕け散ってしまったように

私の心も限界に近い



みんなが元気で笑っていて欲しいから

みんなが仲良く助け合っていて欲しいから

頑張って

頑張って

頑張って

辛くても苦しくても笑っていたのに




何か

上手くいかない・・・





0323

| | コメント (2)

2010年10月15日 (金)

■メ・ン・テ・ナ・ン・ス


昨日

やっと彼に会えました




何だか久しぶりに

私たちらしい会話で

大笑いさせていただきましたっ




彼の子供の頃の話も

久しぶりに聞きましたが

遠くを見ながら話す彼の瞳

キラキラしていて

当時の彼にも会いたい

そんな風に思える私がいました




心も体もたっぷりメンテナンスされていくの

実感します

私の 私だけの 大切な時間

やっぱり笑っている彼が大好き




101013_203001







しかし




最近ツイているんだかツイてないんだか

色んなことがありました

こんなに早い時期に彼がサンタさんになりました

彼からPCのプレゼントが届けられました

それから

なぜかなんですが義兄が

地デジ対応のTVとブルーレイもついた

録画するやつプレゼントしてくれたんです




「わーーーいっ

大ハシャギな私に彼大笑いしていたのですが

昨日の日中ケガして救急外来・・・

な~んと

お兄ちゃんの着替えをさせようと

タンスに服取りに行ったら足の裏に激痛

きゃーーーーーーっ血がぁーーーーーっ

母が陶器を割ったらしく破片が・・・

破片が複雑な形でかなり深く入り

メス入れられましたぁ




痛い・・・




彼は忙しい中電話くれて

心配させちゃいました

今日も「ジッとしてなさい

何度も怒られちゃいました

早く治さないとなぁ




本当に

ツイてるんだか

ツイテないんだか・・・




101014_235502_2 

| | コメント (2)

2010年10月11日 (月)

■だいじ だいじ されてないよ・・・

何だか近頃大嫌いなカレンダーの赤い数字

多いなぁ




私たちは仕事の業種が全く違う

彼はカレンダーの赤い数字が最近休み

私はカレンダーの赤い数字は夜まで仕事

こんなすれ違いは悲しいから

カレンダーの赤い数字は好きになれない




不況になる前はお正月休み位しかなかった彼

いつだって会えたけれど

この2年位は会えない休日ばかり

そこに加えて

土曜も私は仕事なのに急に早上がりの彼

無性に寂しくなりますね・・・

急に会いに来てくれたけれど

家が会えるような状況でなく

会えなかったし

かなり凹んだ3日間でした




それでも




私は自分の体のことなど忘れて

我武者羅に休むことなく動いてた

夜は睡眠障害が出て眠れずで

一睡もせずにいた




そんな私に彼から怒りの電話が・・・




「人や物をだいじにするけれど自分をだいじにしてないよ

「eipyon だいじ だいじ されてないよ・・・可哀想だよ」




最近の私を見ていて感じていたのでしょう

ハードな学校生活が終わったのに

終わった直後から激ヤセしたんです

食欲もないし 眠れないしだし

何よりもストレスが多いのが原因なのでしょう

介護 子育て 仕事 etc・・・




自分の時間がなくなってしまって

思うように動けないのです

見えてくるのは目の前にある現実

どんどん追い込まれていったのです




私には

自分を だいじにするって

正直わからない




唯一私が現実逃避出来て

癒され心穏やかになれる時間が

私には 自分をだいじにしてる時間だと

そう思うのです

ですから

彼との時間が私には

だいじ だいじ 

なんだよ




私は

この家の大黒柱

私以外誰も代わりはいない

追い込まれても必死に頑張るしかない

やるなら徹底的にやる

中途半端大嫌い




でもね




時には

”まっ いっかぁ~”

そんな私も必要なのだと

わかっています




ありがとう









0406



| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

■男と女・・・

昨夜

愛する人の温もりを久しぶりに

この体と心で感じました




私には抱かれることは快楽ではない

イクとかイカないとか関係ない

ベッドの上で裸のままで抱き合うだけで

裸のままの体で彼の温もりを感じながら

おしゃべりする時間の方が好きだし

一緒にノンビリお風呂に入ったりする時間も

大好きな時間だったりする




そんな時間が数ヶ月なかったのは

本当に寂しかったし

不安なことも多かった

多分

女性なら彼が求めてこないと

不安な気持ちになると思うんです




彼が言う

「不安な時は”何で?”って聞きなさい」

そう言うけれど

「何で抱かないの?」

なんて聞けませんでした




でも




いくら会ってペタッしても

キスをしても

話をしていても

バイバイの後に寂しさが残るようになり

彼とのノンビリとした時間が欲しくなり

今回初めて私から勇気を出して

「一緒にお風呂入りたいよ・・・」

そんな言葉を彼に伝えました




そして




昨日はノンビリと二人だけの時間

過ごしました

男と女の本能の違いについてとか

今する話???

なんていう話をしちゃいました

Hでの感じ方も男と女では違うとかetc・・・

女の私には坊やはありませんから

何となく理解できるかなぁ~って位でした




男と女の違いもそうですが

私たちは今日価値観の違いについて

沢山話をしました

よく離婚原因で”価値観の違い”

ってありますが

こんなに長く付き合っていても

まだ互いに理解出来てないこと

あるんですよね

だから

些細な言動で傷つけたり

傷ついてしまったり


その価値観の違いを合わせるのではなく

理解すること難しいけれど大切なのかな

そう思いました


結婚していた時に

互いに”価値観”さえわからなかった

そこまで話をしていなかったし

一緒にいることもなかった

互いに相手を知ろうとしていなかった

冷静に話し合えるような関係ではなかった

でも

彼は冷静に話を逸らさず聞いてくれる

彼も本音も話してくれる



正直話すこと怖い時がある

こんな話したら・・・って

でも

そのままにしたら私の心が破裂してしまう

凄く悩むことも多い

だから

しばらく自分の中で心の整理するんだけど

出来なくて話すのが遅くなって

「何で その時聞かないの?」

そんな風に言われることも多い






恋愛って凄く難しい

困難を乗り越えられる関係でいたい

そのためには弱っちい私

もう少し強くならないと!

Abc

| | コメント (2)

2010年10月 3日 (日)

■一人が好き 一人が寂しい・・・

最近

彼に会えない日の電話を切った後

胸が締め付けられるほど

寂しさを感じる日がある




そんな日は顔に出てしまうから

家を出て車でグル~ンと走り

空を見ていたりするの




昨日もそうだった

泣きそうな顔して介護は出来ない

エプロンつけたまま

ただ財布だけ持って車に乗ったの

そしたら

空がキレイでビルに夕日が

キラキラと映ってた

寂しさが増してきて

”空キレイだよ 寂しいね・・・”

彼にメールを送信してた




家の前まで帰ってきたら

家に向かっていたはずの彼がいた

「eipyonコーヒーでも飲もうか~っ」

彼はメールについて何も言わず

何事もなかったように

いつものように甘えさせてくれた




彼は私が仕事で疲れていると思ったらしい・・

毎日突っ張って生きてる私

唯一寄りかかれる彼の腕の中は特別で

普段一人になりたいと思う私だが

その温もりを知った私は一人が寂しい




そんな時間があるから

笑顔で帰り

父のオムツ交換も

笑いながら話しかけしながら

遊ばせながら出来る




彼の優しさに感謝

0375

| | コメント (2)

2010年10月 1日 (金)

■やっぱり・・・

やっぱり

彼と一緒にいる時間が幸せ

自然に手と手触れ合う

そんな日は笑顔になれる

素直な私になれる




Photo

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »