« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

■”夏”来なかったっ・・・

一昨日

仕事中に彼からメールが届きました

”明日の予定は?”

んっ

”何で?”と返信

”夏来るよ 明日”

やっぱり

今週唯一大事な予定のない日だけど

”夏”来るのは嬉しいが

突然すぎ―っ

仕事は夜8時過ぎまでだし

8月だと思ってたし

何にも用意出来てないし

キャーーーーーーーーーッ





仕事してても頭の中パニック

水着用意してないし

一緒に買いに行こうって言ってたから

新しい水着用意してないし

浮き輪何処だっけ???

海用バスタオルは何処だっけ???

結局仕事を終えてから

ずーーーっと探し物しながら準備で

朝3時過ぎまで起きてて

3時間半の睡眠を取って

バタバタと出発




久しぶりの高速道路

緊張して言葉でない・・

「大丈夫?」って手をつないでくれる彼

あいにくの曇り空から

少し青空が見えてきたっ




1081a


「やったーっ晴れてきたぁ」

「だろっ

でも・・・

一瞬だけでした





海水浴場へ到着して

準備してニコニコしながら歩くと

もの凄い強風で砂がっ

「おいおい・・これダメかぁ

「海行くーーーっ

「とりあえず行こうね」




しか~し




テント組立も強風で大変

砂は飛んでくるし

メチャクチャ寒いっ

「少し様子みよう・・ダイジョウブ晴れてくるよ

「うん・・・」

しかし

晴れるどころか段々雲が雨雲になり

色んな物飛ばされるわで

悲しくて 悔しくて eipyon 大泣きっ

「泣かないよぉ~っわかったから絶対どうにかして また連れてくるから・・・俺も悔しいもんっ

「絶対来る?」

「ぜーったいに来るよっ

結局雨が降り出し

寒さにも耐えきれず

夏は来ないまま終わっちゃいました





まだお昼過ぎ・・・




「お風呂入りに行こうか

「うん・・・」

「無理しなくて良いよ・・帰る?」

「イヤだよぉ・・・行くっ」




夏は来なかったけれど

彼の愛沢山もらい

沢山抱きしめられて

元気のない私に彼はとても優しく

イイコイイコしてくれました




今度は絶対に

大好きな”夏”が来ますようにっ





086a

| | コメント (2)

2011年7月25日 (月)

■頑張ってるけれど良いことあるかな・・・


毎日 毎日 慌ただしい

楽しいことよりも

辛いことが大半です

心身ともに疲れているのでしょう

過呼吸が頻繁に起こります

体の不調も絶えず襲ってきます

ですが

負けてはいられません




なぜ頑張るのか?


ひとつは姉の忘れ形見の子供の未来

やはり幸せになれるようしてあげたいのです

本当は父親が動くべきことですが

どうも子供への愛情がたりないようですし

何をさせても満足に出来ない

そこで

全て保護者として動かなければなりません






介護が大変になり

仕事も増やして

連日起こす過呼吸や浮腫み

彼にはメチャクチャ怒られました

「もう限界!!!倒れる!!!」

「彼ちゃまが癒してくれれば良いもん」

「それだけじゃあ足りないでしょっ!!!いくら言っても言うこときかないしっ!!!」

ってね




けれど本当に忙しくて・・・

介護は休みないし

足の不自由な母に頼まれれば

NOとは言えないし

言ったら逆ギレされるし

チビ(姪)の問題もあるし・・・





お兄ちゃん(甥)は自立への道を

歩ませなければならなくて

その用意も大変で・・・


障害や病気を多々もちながらも

順調に成長して純粋なまま

青年になり

障がい者施設への短期入所の日

正直私は泣いてばかりでした

なぜ???




障害を持つ子だけ”自立”を急がせるのか・・

全く手がかかる子ではありません

いつも素直で優しくて

落ち込んでる私をいつも癒してくれる

私の宝物なのに・・

施設に行く前に絵や字で詳しく説明して

当日送ってく際に何も言わずに

「はい」ってだけ言うお兄ちゃんの背中

見ていられなくて・・・




手続きを終えて不安そうな顔をした

お兄ちゃんを見送ることは

辛い 辛いことでした

涙見せてはいけない!!!

我慢出来なくて

駐車場で声を殺し大泣きしちゃいました




その後




彼から電話が入り

「大丈夫か?」って

その声にまた涙・・・

「な・なんで障がい者だけが自立なんだよ・・・自立出来てない大人ほかに沢山いるじゃんか・・・」

「そうだけど きっと〇〇くんのためになるから」

「かわいそうだよ・・・」

「eipyonもうこれ以上泣いたら余計脱水症状になるぞぉ」

彼はそう言いながらも私の気持ち

きっとわかっていたと思います




そして




無事にお兄ちゃんが帰り

彼にも会うことが出来ましたっ

用事があるのでタイムリミットつきでしたが

腫れた目を見てはギュッしてくれました

その度に

「今日ブスなのぉ」と目を隠すので

大笑いしていた彼でしたが

相当彼も疲れはピーク

危険な作業&追い込みです




私的には今の仕事を無事に終えて

彼の本業へ戻って欲しいです

炎天下の中での危険な作業ですし

やはり彼の好きな仕事で頑張って欲しいし

もうこれ以上会えない日続くの嫌だもん・・




辛いことばかりだけど

良いことあるのかぁ




沢山笑いたいな・・・






1075abc

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

■Touch me ・・・

色んな問題抱えながら

逃げ出すことも出来ず

真正面からぶつかる日々

自分でも限界超えてるのが

わかってるけれど

中途半端で投げ出すわけにはいかない

裏切られても

裏切られても

”ママ”と呼ばれる限りは・・・




そんな風に思いながら

話し合いもしてきた

学校へも何度も足を運んだ

カウンセラーさんにも相談もした

けれど

段々判明してきたこと

それは

チビも(姪)も障害があるのでは?

ということでした




猛暑の中走り回る私を彼は

心配してくれていましたが

私の体も心も限界だと気付いた彼

「もう少し離れなさい」

そんな風に言ってくれています



しかし



このまま終わらせるわけにはいかない

介護に追われ

仕事に追われながらでも

”今”しか出来ない検査を受けなければ

先へ進むことが出来ないのですから




彼も過酷な仕事が続いていますが

ほんの少しの時間でも会いに来てくれます

今日も会えなくなると思い

仕事場に付き合ってくれる?って言われ

お仕事してる彼の横に座っていました



でも



なぜか寂しさが残り

「愛が足りない・・・」と彼に言いました

彼は戸惑っていました

彼に凄く会いたくて待っているのに

彼からではなく私から寄りかかったり

私から彼の手に触れていたんだよね

そんなチッポケなことで

私だけが彼を必要としているようで

不安になったりしちゃうんだ




今お互いに辛い時

彼も体も心も余裕なし

ちゃんと理解してるんだけど

私も今彼に凄く甘えたいの

家のこと忘れてひと時だけ

”無”になり心穏やかになりたいの

今 私が求めているのは

SEXとかではなくて

嫌なこと 辛いこと

忘れちゃうくらい笑ったり

幸せな未来を語りたいの

キスしながら

見つめ合いながら

彼に触れられながら




私からではなく

以前のように

あなたからTouch me・・・





13417jpgabc

| | コメント (2)

2011年7月17日 (日)

■辛いだけの”夏”などいらない・・・

暑さが続きますが

皆さんお元気ですか?




私は体調を崩しながらも

毎日色々なことに振り回され

予定通りに動けなく

ストレスに押しつぶされそうになりながらも

中途半端なことはせず

時計を見ながら走り回っていました




こんな時

いつも傍にいてくれる彼とも

会えない日が続き

会えても1時間程度でバイバイ

彼も炎天下での現場仕事で

かなり過酷な日々を送っているのです




仕事がないと言いながら

遠くを見つめる彼の姿も

見たくはありませんが

仕事が入って一緒に喜んだにも関わらず

今は寂しさでいっぱいの私




大好きな夏なのに

最初から躓いてる

「今年は海3回ね!」

「今度は〇〇へ買い物行こう!」

「〇〇にも行きたいよね!」

そんな話で盛り上がるけれど

結局は夢叶わないまま・・・




落ち込む私に

「どうにかして海行こうっ!1回になっちゃうけど」

そんな風に彼が先日言ってくれましたが

とても不安・・・

休み合うのだろうか???



頑張っても

頑張っても

何一つ生活ラクにならない

問題ばかり発生するし

収入だって増えるわけじゃない

また違う仕事も増やさなければならない

大事にしてきた思い出の愛車も

手放さなければならない

こんなに頑張っても

結局は何も変わらない




無駄なことに時間を使うこと

大嫌い

私にとってこの一週間は

無駄な時間ばかりが予定外に入り

食事する時間もなくなって

かなりキツく彼に怒られましたが

もう体が食べ物受け付けなくなってた




何処でも

誰にでも言われる

”〇〇さんが倒れたら全てが崩壊するんだから体大切に”

ってさ


でも



もう時間足りない位忙しくて

誰も変わりはいなくて

全部やらなきゃいけなくされて

身体も心もボロボロだよ・・・




せめて



大好きな”夏”にさせてよ

辛いだけの”夏”など私はいらない・・・





10671a

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

■大切な日だからこそ・・・



大切な日に抱かれて・・・ の続編ですが・・・




愛された私を

彼はとても大切にしてくれます

体調を心配してくれるのは

いつもなのですが

顔を見詰めては

「キレイになったね・・・って

何度も 何度も言いながら

キスをくれます

乱れた髪をキレイにしてくれます

ワンピースのファスナーを閉めてくれます

メイク直しする私を優しい瞳で見ています

その優しい瞳が私に幸せをくれます




でも・・・




そんな時間はあっという間に過ぎ

大切な日が終わろうとする頃

私はメチャクチャ寂しさに襲われます

この日のために悩み考え

凄く楽しかったから・・・

彼の喜ぶ顔を思い浮かべながら

本当に幸せな時間だったのです




帰りの車で彼は眠そうにしていました

無理をしてくれたんだよね・・・

車中で日付が変わり

彼の大切な日が終わっちゃった




大切な日だからこそ

彼に伝えたかった言葉

「あなたに学んだこと沢山 本当に感謝しています」

私の素直な気持ち

「色々これからも沢山話し合おうね 考え方は人それぞれだし 俺が言うことが正しいか間違いかなんてわからないけれどね」

「間違いは間違いで言うし お互いに意見しながらで良いと思うよ これからもさ」




いつまでも いつまでも

こんな風に素直な気持ちを伝え合える

素敵な関係でいたいな・・・





20117




| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

■大切な日に抱かれて・・・


7月8日は彼の生まれた日

大切なBIRTHDAY

ささやかですが

二人でお祝いしてきました




彼は仕事を頑張ってくれて

遅くなると言っていましたが

汗だくで迎えに来てくれました




めったに着ない大胆に背中が開いた

ミニワンピ姿の私に彼はビックリ

「すげぇ~セクシーだぁ」と喜び

ホテルまで行く間

運転中は彼の大好きな太ももに手

「似合う?」

「うんっ!でもこんなにミニだとは思ってなかったからビックリした」

「色々悩んだけどね




ホテルへ着いて

またもやリッチなお部屋を選択して

贅沢な食事ではないけれど

彼の好きなフライドチキンにコールスロー

ノンアルコールビールで乾杯




Dsc_1109




6月から悩んで買ったプレゼント

ドキドキしながら渡したら

彼嬉しそうに「ありがとう」って言いながら

ウキウキしながらリボンをほどく

「わぁーーーっスッゲェーーーっ

「前からベルト欲しいって言ってたから・・・」

「これ高いよね・・・」

「一年に一度だもんっ

「ほ・本当にありがとう・・・」




Dsc_1114





二人で食事を済ませ

お風呂の準備して

後はソファーでイチャイチャ

この日のために買ったTバックも

お気に召して下さり

お風呂の準備が出来ても

時を忘れてイチャイチャ




もうキリがありませんので

一緒にお風呂に入り

またもやイチャイチャ



お風呂から上がって

一休みしながら色んな話をして

そのうち背中にキスされて

体の力が抜けて・・・

たっぷり愛されて

そのままベッドへ・・・




っと




彼の誕生日はまだまだ

続きは後日で

| | コメント (2)

2011年7月 8日 (金)

■七夕の翌日は・・・


今日は七夕(正確には昨日だけど・・・)



天使さんが願いを叶えてくれたのか

彼は今仕事に追われ

会社と現場と行ったり来たり

仕事が忙しくなれば当然

会えません・・・




でも




仕事がないって苦しんでる彼

見ているのは辛いし

当然七夕の今日も会えませんでした





けれど





七夕の翌日は必ず二人で過ごします

なぜなら

彼のBIRTHDAYだから




明日は遠い現場で大変そうですが

二人っきりで

ささやかですがお祝いしま~す




彼のBIRTHDAYの準備は

毎年一か月以上前から始めます

プレゼントは何が良いかなぁ・・・

ラッピングはどんな風にしようかなぁ・・・

時間が少しでもあれば車飛ばして

買い物ばかりの日々でした

もちろん私もオシャレしたいので

色んな服出したり

もちろん服に合った下着もね




悩み悩んで今現在も着ていく

お洋服決まってないのですが・・・




明日は特別な日

素敵な1日になりますように





2011

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

■幼い顔の私・・・

先日のカウンセリングで

彼の話になりました

先生の問いに返答する私に

先生は言いました

「〇〇さんは彼の話をしている時もの凄く子供の顔になるのね ううん それ以下の幼い子供の顔になるのね」

正直

私自分の顔見えませんし

どんな顔して話してるのなんか

全くわかりませんのでビックリしました




”彼に父親を重ねてないか?”の心配が

先生の中であったようです

しかし

話をすればするほど先生はハッキリ言いました

「ごめんなさい 私の余計な心配のようでした 撤回して!」

そう言いました




「彼とのSEXは大丈夫なの?怖くない?」

「はい!感じることの恐怖感もないですし 今まで話し合ってきて今がありますし 万一そう感じた時にはハッキリ彼に伝えられますし それを彼はきちんと受け入れてくれる人ですから」

そんな風に返答する私の顔は多分

とても凛々しい顔をしていたと思います




先生は言います

「きちんと話し合いが出来ることって良い関係ね!」




先生にも話しましたが

今までの恋愛や結婚でPTSDの話をしても

受け入れるどころか

「その話聞きたくない!もう話すな!」

そんな風にしか言われなかったので

SEXは大嫌いでしたし

愛着もなく

愛情確認でもなく

解放感もなく

感じることも全くなく

ただ犯されていた気がします



なぜ断れなかったか?




それは浮気されることが怖いからだったり

嫌われるのが怖かったりだったりでした




今となれば思います




いくらSEXしていようが

他の女ともSEXは出来るということが




まだまだ臆病な私もいます

小さなことでも不安になる私もいます

その臆病な私を受け入れ

きちんと話せる彼だからこそ

今の私がいるのです




だから




ココに幼い私がいたとしても

彼の前だけ”女”にもなれるのです

幼い私も女の私も

彼だけが知る顔かもしれません




そして後日ですが

用事があり以前お世話になった

カウンセラーの先生に会いました

もう5年ぶりです

その先生が何度も何度も言うのです

「以前お会いした時の顔と全く別人のような優しい顔になられたのね ビックリする位に」

これも私自身は気づきません



人は変化するんですね・・・




彼に感謝です





Photo

| | コメント (4)

2011年7月 2日 (土)

■他に女出来たの?赤ちゃんまで???


最近ちょっと

面白いことがありました

今でも二人の会話で

大笑いしてしまうのですが・・・




ある日

彼とドラッグストアへ行ったんです

その日も本当に久しぶりに会って

店内に入ってもウキウキの私



「何か買うものある?」

なんて聞かれながら彼の買い物

ジーッと見ていたのですが・・・

何だか赤ちゃんが使うものばかり

ウキウキ気分が一気にダウン



何でだろう・・・

そう言えば最近洋服買ってるし

オシャレしてるんだよなぁ・・・




ドキドキしながら彼に聞きました

「他に女いるの???赤ちゃんまで???」

「ブッ な・なにぃ~~~っ」

「だって・・・さっきから赤ちゃんの使うものばっかり買ってるし 最近オシャレしてるし eipyonと会わないし・・・」

「ブーーーッ そんなわけないでしょう 俺が使うのっ 確かに赤ちゃん用だけどね

「そっかぁ・・・赤ちゃんまでぇ」

「あのねぇ・・・」




大体は理解していたんです

彼はもの凄く肌が敏感ですし

良く会話に登場する塗り薬だったりですから

でもね

会わない日が続くと変に不安になっちゃうのが

私なのですねぇ




その後

何か買う度に

「赤ちゃんと言う私に

きちんと説明しながら

お買いものしてる彼でしたっ





20116

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »