« ■どうしたら・・・ | トップページ | ■キスでサヨナラ・・・ »

2011年11月17日 (木)

■あなたがいてくれて本当に良かった・・・

今週月曜日

デイサービスから電話が・・・

「ソファーから落ちました」という

事情を説明され様子見て下さい

ということ伝えましたが

すぐその後また連絡が入り

「顔色が真っ青で冷や汗が・・・」

救急車を手配してくれるよう頼んで

ことらも受け入れ先の病院へ向かった

が・・・

拒否されたと




正直これは毎度のこと

高齢者それもアルツハイマーの父は

いつも病院は受け入れてくれない

冷たい高齢化社会の日本です



やっと受け入れてくれた病院

母と私が到着した時

父の顔はダメだと思うようでした

体も冷たくなっていました

医師は冷たく言います

「何処も痛くないと言いますし 暴れるので何もできません」

そうしたら父が朦朧としながら

私たちに叫ぶのです

「助けてくれよぉ痛いんだよぉ

医師は困った顔して渋々何かを始めようと・・

前立腺肥大の父排尿が出来なくなっていた

管を通し溜まった尿を出すが

今度は医師がこう言いました

「泌尿器科はココにないですし本人痛くないと言うので○○病院の泌尿器科で診察受けて下さい 救急車出しますから」



そして




泌尿器科の病院で待つこと1時間半

痛がる父はストレッチャーから落ちそうになるし

オムツ交換の場所もないのでバタバタ・・・

やっと診察して大丈夫だから

今度は腸を診てもらってとのことで

また転院・・・




結局は痛がる原因もわからず

車の後部座席で痛がって暴れる父を乗せ

自宅で看病になりました




アルツハイマーですから

自分の名前さえ答えられませんし

人の言葉理解できません

でも痛がってるんです

それを理解し何処が悪いかを調べるのが

プロの医師ではないのでしょうか?




この日本を支えて苦労してきた

今の高齢者に対してすべきことなのですか?

年金額は減らすし

税金は増やすし

挙句の果てにこの冷たい高齢者社会

悔しくて 悲しくて 

帰宅して痛がる父を擦りながら

涙こらえていました




そんな時

彼から電話が入り心配していました

現状を話し帰宅したと思っていた彼

また電話が入りました

「ちょっと玄関まで出てこれる?」

「うん」

彼の顔見た瞬間に我慢していた涙

溢れ出してしまいました

「はいっ元気でるかなって」

手渡されたのはキレイなお花

溢れた涙が大粒になり嗚咽に変わる

「辛かったな・・・」

って彼が抱きしめてくれました




あなたがいてくれて

本当に良かった・・・




ありがとう




これから介護は半端じゃなく大変になる

けれど

あなたに会う時間は必ずもらう

私が頑張れる源だから






Photo




|

« ■どうしたら・・・ | トップページ | ■キスでサヨナラ・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

☆エムエムさんへ☆

こんばんは。

御心配お掛けして申し訳ございません。

父は今ショートステイです。

共倒れになるとケアマネに背中を押され

少しの間休養です。

がっ!!!

その間に仕事をハードにいれたり

車の入れ替えで名義変更や車庫証明やら

何だかバタバタしていました。

正直言いますと体調も崩しておりまして・・・。

今日も仕事の締めで出かけていましたが

真っ青になって帰宅して薬飲んで横になりました。


何だか

あっという間に冬になてしまいましたねぇ

父の介護に気を付ける季節になりました。

風邪が命取りになりますから気は抜けません。

父が帰ってくるまで少しは休養しなければ・・・。

眠れる時は1時間でも寝るとラクになりますからね

私は大丈夫です!!!


泣きたいときは泣き

ため息もバンバン吐き

時に

彼の腕の中で大泣きして

乗り越えていきます。

エムエムさん


いつも心温かいコメントありがとうございます。

投稿: ☆エムエムさんへ☆ | 2011年11月30日 (水) 01時14分

☆kenjiman.さんへ☆

ありがとうございます。


自閉症という障がいは100人いたら100人異なる症状だと聞いています。

お兄ちゃんの特徴とはチビは全く異なるのが現実です。

お兄ちゃんよりも接し方は難しいのも現実です。

一般的に愛の手帳の等級でB1やB2は一番扱いにくいと。

今、この国ではB1やB2の子たちの居場所がないのも

悲しいけれど現実です。

路頭に迷っているのも・・・。

チビを路頭に迷わさぬようするため必死です。

上手く養護学校へ入学できるよう祈っていて下さい。


私もココから”一助”応援しています。


普段から障がいを抱えながら一生懸命に頑張る子供たちや

それ以外でも出来る範囲ですが障がいを持つ方と接することで

学ぶこと沢山です。

一か月に1度歩くことも話すこともほとんど出来ない方が

私のために料理を練習してから作ってくれます。

良く笑い 私を泣かせるまで大笑いさせてくれます。

帰りにリュックを背負わせる時に心から”ありがとう”を

伝えます。

凄いパワーには感心します。

いつも一生懸命!!!

お兄ちゃんやチビも将来素敵な仲間に出逢えること

祈りながら焦らない子育てしていきます。


kenjiman.さんも焦らずに

色々チャレンジして

キラキラした瞳の子供たちを

もっと輝かせてあげられれば良いですね♪


ファイト


いつも

本当にありがとうございます。


※一部コメント編集させて頂きました。
 ご了承くださいませ。

投稿: ☆kenjiman.さんへ☆ | 2011年11月30日 (水) 00時53分

17日以降ブログの更新がなされていないので、厳しい看病などで正念場を迎えているのかと勝手に推測しています。
厳しい現実ばかりが押し寄せて精神的にも一杯一杯だと思います。優しい彼がついていてくれるので安心です、が・・・「いい子、いい子」って抱きしめながら頭をなでてあげたいです。
PCのこちらから応援していますからね。
つらいときはいつでも吐き出してください。
寒くなって風邪の季節にもなってきています・・お身体ご自愛ください。
時々は肩の力を抜いてボーってする時間作ってください。

投稿: エムエム | 2011年11月30日 (水) 00時07分

eipyonさん

早速にリンクを張り出してくれてありがとうございます。

自閉症の方への関わり、接し方は難しいですよね。

自閉症の方が書かれた方の本を読んだことを思い出します。

雨が降り、その雨があたることが痛いと感じていた・・・自分も含めみんながそう感じていると思っていた・・・そんな一文を思い出します。

常に相手の立場に立って、自分の思いだけでは事は進まないようです。「待つ」ことで、お互いにじっくり、ゆっくり、そして確実に前進していきましょう。

私は、ここで宣言します。

貴方を含め、家族、かれちゃまは、間違っていないし、今のままでいい。だから、全面的に応援します。

世の中には、心が狭かったり、世間が狭く物事を広く見ることができない方が多いように思います。

eipyonさん

貴方が、ここに残す言葉には、確実に意味があります。

前進あるのみです。

貴方や家族のこと、陰ながら応援させてくださいね。

            kenjiman.

投稿: kenjiman | 2011年11月29日 (火) 22時37分

☆kenjiman.さんへ☆

こんばんは。

いつも温かなコメントありがとうございます。

残念なことに数か所での発達検査の結果です。

高校受験に間に合ってよかったと思います。

無理して普通校へ入学させても彼女が苦しむことに

なったから・・・。

自閉症という障害は耳から聴こえてくることは

苦手ですので紙に文字でとか

こだわりとの向き合い方とか

悪戦苦闘しながら生きていく基本を

焦らずジックリと教えていきます。


ところで


「一助(いちすけ)」良いブログ完成しましたね♪

これからもココから応援させて頂きます。

リンクは変更させて頂きましたっ(o^-^o)


投稿: ☆kenjiman.さんへ☆ | 2011年11月29日 (火) 00時48分

eipyonさんへ

訪問が遅くなっちゃたね。

ごめんなさい。

「チビのこと」が書かれていましたが、本当にそうなのでしょうか?

医師は、客観的に判断できる才能はあるかもしれませんが、間違いは誰でも犯します。

長い目で、チビちゃんの本当の姿を見守ってあげてくださいね。

貴方の優しい心は、家族全員に伝わっていますから、(私も)自信を持って、前だけ向いて歩いて行ってください。

でも、時には立ち止まって息抜きも忘れずにね☆


「無印生活。」ですが、不本意なことに新しいブログを立ち上げたら削除されてしまいました。 

並行して続けていくつもりでしたから残念です。

新しく「一助(いちすけ)」として、人のために、私のために・・・みんなが幸せになれるよう活動を起こそうと、「一助(=いちじょ)」を発足しました。

活動を通して、人の輪を築き、団体を支援していくことが目的ですが、「無印生活。」の要素は引き継ごうと思っています。

もし、リンクしてくれる紹介タグをご用意いただけるのでしたら、よろしくお願いします。

貴方も含め、仲間が、友達が大切です。

困っている人、協力してくれそうな方が見てくれたら幸いです。

これからもよろしくお願いします。

        kenjiman.

投稿: kenjiman | 2011年11月28日 (月) 22時56分

☆ケンシロウさんへ☆


温かなコメントありがとうございます。

仕事しなくては年金で生活する親に頼ることになるので

介護と両立しなければならない生活。

正直 体も心も疲れ切っています。

本当ならば彼と会い元気になれれば良いのですが

彼も今かなり仕事で追い込まれている状態でして

会える時間があまりなくて・・・。

それでも時間がれば1時間でも疲れた顔してでも

会いに来てくれています。

そんな彼にこれ以上ワガママ言えません。

思いっきり泣きたいです。

彼の腕の中で・・・。


スノードロップという花は聞いたことはありますが

見たことはあるかな?

”希望”持たないと生きていけないですよね。


現状は厳しく1日1日を終えていくのが精一杯で

明日が見えない状態。

今は悔いなく生きる。


スノードロップのように強くなりたいです。

早く春来ないかなぁ。


ケンシロウさん


いつも


本当にありがとうございます。

投稿: ☆ケンシロウさんへ☆ | 2011年11月22日 (火) 13時05分

eipyonさんへ

ここ数回の記事は厳しい状況が続いている内容であり、本当に苦労が、苦闘が忍ばれます。

スノードロップ、待雪草という花をご存知ですか?
エデンの園を追われたアダムとイブを慰めた天使が、降っていた雪をスノードロップに変えたという逸話があるそんな花です。
可愛い花で、儚いイメージのですが、さにあらず。
雪の中からでも芽を出す、強さを秘めています。
待雪草という名前ですが、実は春が間近である事を告げる花なんですよ。
まるでeipyonさんと彼のこれからを示唆している様です。

そして最後に、この花の花言葉を。
花言葉は【希望】です。

投稿: ケンシロウ | 2011年11月22日 (火) 08時33分

☆kenjiman.さんへ☆

御無沙汰しております。

>Drという名の看板だけで生きている人は少なくないと思います。

本当にそう思います。

バカにしたような冷たい目に腹が立ちました。

それでも診てくれる病院に頼るしかないのが現状です。


私も福祉に携わる仕事に就き1年以上経ちました。

奥が深い そして 責任感がないと出来ない仕事だと

思いました。

学校で学んでも経験がないと成長はしない

とても大変な仕事だと実感しています。

言葉がなくても心は通じる

目を見ればわかります。

医師は心を診ようとはしませんね。

全ての医師ではありませんが・・・。

障がい児も高齢者も言葉で伝えられないから

病気を悪化させてしまうケースが多い。

気づいてあげることが出来るには観察と密着

そして大切なことは心を共にすること。

共感とでも言うのでしょうか?

受け入れると言うのでしょうか?

今は思うように仕事も出来ない状態ですが

お兄やんのキレイな瞳や素直な気持ちが

元気をくれます。優しい気持ちにさせてくれます。

ショックなことにチビまで知的障害と診断されましたが

理解できるまで辛いことも多いと思いますが受け入れ

チビの良い所を伸ばしていけるようにと思っています。


kenjiman.さんも”夢”や”希望”に向かって

ファイトです!

コメント本当に嬉しかったです。

ありがとうございます。


尚、コメントの一部は公表して良いのか不明でしたので

訂正させて頂きました。


※リンクどういたしますか?無印生活は消えてるのでしょうか?

投稿:  ☆kenjiman.さんへ☆ | 2011年11月20日 (日) 23時54分

eipyonさん

久しぶり!!

元気かな?・・と、思ったら、このようなことになっていて、残念です。

Drには、知識や経験がなかったのでしょう。

俺に任せろ!ぐらいの自身がないと、患者はつらいですよね。

Drという名の看板だけで生きている人は少なくないと思います。

こちらも、知識や経験を蓄えて、生きていきましょうね。

              kenjiman.


投稿: kenjiman | 2011年11月20日 (日) 23時15分

☆いがぐりさんへ☆

はじめまして。

温かい とても温かいコメント本当にありがとうございます。

涙が零れ落ちました。

父は何度も心肺停止になっても戻ってきました。

しかし

今度は回復できる体力も気力も衰え

朦朧としていて私のこともわからなくなる日も多くて。

最後まで自宅で看取る覚悟はしていましたが

精神的にも肉体的にもキツイです。

後悔しないようにだけはしたいです。

同じ空の下

どうか見守っていて下さい。

いがぐりさん


本当にありがとうございます。

投稿: ☆いがぐりさんへ☆ | 2011年11月20日 (日) 12時04分

偶然こちらのブログに立ち寄り、以前のブログも毎日少しずつ読みました。
何日かごとに立ち寄らせていただいてます。
いつかきっとしあわせな笑顔で毎日過ごされる日がくると強く想っています。
どんな言葉も現実の前に無力かもしれないけれども、同じ空の下、eipyonさんのつらさやがんばりを知っています、だからなんとか生き抜いてほしいと勝手に思っているのがここにいます。
これ以上はがんばらないで周りの助けを受けまくって、なんとかしのいで、彼さまと幸せになってほしいです。心から。

投稿: いがぐり | 2011年11月20日 (日) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■どうしたら・・・ | トップページ | ■キスでサヨナラ・・・ »