« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

■ ”愛”は深く重いもの・・・


愛って

凄い深いものなんだなぁって

最近思うんだ




このブログを初めた頃は

心の傷が深く

手探りで”本当の愛”

探していました

正直言うと

こんなに彼を愛するとは

思っていませんでした

もちろん

自分に自信が今よりずっと

なかったしね






昨日

彼に会ってキレイな夕陽見ながら

「すごくスルスリしたい~っ」

なんて素直に甘えれられる自分に

ビックリしています



「愛してる?」

「愛してるよ

「eipyonどんどん彼ちゃま好きになってるよ・・・どうしよう?どうなっちゃうのかなぁ」

「それは・・・俺に聞かないで

「ねぇ どれ位愛してる?」

「おっとそうきたかぁ

「もちろん」

「eipyonはなくてはならない存在なんだよ

「ありがとう・・・」






”愛してる”というセリフ

誰にでも言える男性もいるかもしれない

女性が喜ぶからね

でも・・・

大切な言葉だと思います

結婚したり付き合い長くなったりすると

言わなくなります

”愛してる”というセリフ以外も

”言わなくてもわかるだろう”

そんな風になっていくのも多いと思う






私は何度かココで

”話すことの大切さ”を書いてきましたが

今でも変わりません

親にも言えないことでも

彼には話伝えますし

彼の考えや自分の考え

とことん話し合います

その時

険悪なムードになることもあります

ですが

自分の気持ちを伝えることは

自分のことを知ってもらえるチャンスだと

思うのです






離婚の原因に性格の不一致とか多いけど

価値観とか絶対に異なりますから

話し合うごとに互いに互いを知り

”こんな風に考える人なんだぁ”

”これは嫌がることなんだぁ”

”これは不安にさせることなんだ”

などなど二人を知ることが出来ます






それ以前に

人の話をちゃんと聞いてくれる人かが

大切ですがね






”愛”って

受け入れることなのかな





私は彼に何かしてあげたい

そんな風にいつも思います

大切に思うから・・・

以前に”無償の愛”について

ココで書いていますが

見返りなんて求めていません





恋愛は100%幸せなわけじゃない

不安や寂しさや嫉妬が

必ずついてきます

不安も嫉妬も

愛すれば愛するほど

ついてくる感情です

全くないなんて方いないと

思います






この中の嫉妬や不安(ヤキモチ)

これは度合が人それぞれです

嫉妬や不安が強くなる人は幼児期に

欲しくて欲しくて仕方ないものが

手に入らず絶望を感じた人が多いと

聞きました

要するにPTSDが関係していると






嫉妬や不安を感じ苦しんでいる本人は

そんな自分が大嫌いなのです

当たり前ですよね

愛する人に対してなんですから






彼は良く言います

「恋愛は重いもので受け入れられないなら恋愛する資格ない」




そう

”愛”は深く重いものなのです





私は今

彼と出会ったこと

彼を愛したことに

感謝しています




昨日

バイバイした後に彼からメールで

「キレイになった」

そう言われたけれど



それは




アナタがキレイにしたのよ










R0017319

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

■また”二人の夏”が来ちゃったっ!


先週”二人の夏”が来て

私は頑張れた

辛い日々も頑張れた

彼とも会える時間も増え

私は元気を取り戻したと

思っていた




しかし


身体は正直ですね

金曜に体調を崩し

土曜に回復したように思えた

でも・・・

土曜の夕方体に異変が起こり

頭パニックになりました




そんな時

彼から電話が入り会いました

そしたら急に彼が嬉しそうに

「eipyon明日海行こう

「・・・」

「どうした仕事

「・・・ごめん 後で言う・・・」





涙が出そうでした

行きたい気持ちと

この体調で高速耐えられるか

自信ありませんでした






車を止めて彼に伝えました

症状を見せて・・・

泣きました

大泣きしました

「行きたいけれど行けないの・・・」

「うん・・・無理しないで良いんだよ」

「行きたいよぉ」

「でも・・・そんなんじゃあ不安だろうし・・・」

「わぁーーーん」

「eipyon じゃあ○○行ってみようか

「イヤだっ

「イ・イヤだって・・・」

「○○行きたい・・・ダメ

「いいよ~っその代り無理はしないこと」



本当は

こんな不調の中遊びに行くなんて

無謀です

けれど

もう私には一人で病と闘う気力

ありません

一人でいると気が狂いそうで・・・




次々襲ってくる病

何で私ばかりと泣いてばかり

もう一人で闘うのはイヤだから

一緒にいてねって彼にお願いしました




また”二人の夏”が来る




前夜は不安でした

病状が悪化したら中止

病名さえもわからない

夜間救急外来へ行こうとも

思ったけれど行くことさえも

怖かった・・・

自分の身体の中で何が起こってるの?

彼に発症を見せた時驚きと

隠せないほどの心配が見えた

ある程度はネットで調べ予想はついた

本当は安静にしていなきゃいけない

でも私は行きたい






朝起きて

発症場所確認

悪化は防げた




彼に連絡して

出発準備です




外は良い天気

海水浴日和

行きたい・・・



彼が迎えに来て

母が珍しく見送ってくれて

「やっぱり海水浴行こうよ~

な~んて言おうと思ったら

「今日は海パンないしね

と言われてしまいました






向かった先は高速乗らずに行ける

人口の砂浜です

殆ど人がいなくてビックリ

二人のお家のテントはナシで

シート敷いて海見ながら

食事したり

海でパヤパシャ水遊び





Dscf03311




           気持ち良かったデス




彼は凄く肌が弱く

寝ころんでいるうちに

あちこち真っ赤状態・・・

「暑い~っ」

またまたeipyon始まりますっ

「彼ちゃま遊んでぇ~っ




今回は岩場で

ヤドカリやカニ探し

近くにいる子供たちと一緒に

夢中で遊ぶeipyon

彼は当然大笑い

しばらくすると彼が言います

「eipyon一度戻ろう暑いし・・・水分取らないと

「・・・は~い」





結局その繰り返しで

楽しいのなんののeipyonと

グッタリの彼ちゃま




あまりにも元気がなくなった彼

「帰ろうか?」

「うん・・・凄くヤバイ・・・

彼は日焼けが酷くなっていました




私は全然OKなので

病人とは思えませんね・・・




海水浴は出来ませんでしたが

大好きな海で遊べて

辛いことや不安も忘れていました




帰りの車の中で

「eipyon必ず明日病院へ行くことっ今日無理して来たんだからね本当はいけないんだよ良いお約束できる

「・・・・・怖いんだもん」

「でもね・・・行かないとダメわかったお返事は

「はい・・・」




”二人の夏”第二弾で今年の二人の夏は

本当に終わりです





彼ちゃま

いっぱい無理してくれて

いっぱい一緒にいてくれて

”二人の夏”2回もくれて

本当に 本当に ありがとう




Dscf03421abc




          海で食べたかき氷

         美味しかったね





Dsc_0192a




          海でつかまえたヤドカリさん

        ちゃんと元気です





そして





今日は病院へ行きました

病名はハッキリしませんが

とにかく免疫力低下と疲労が原因

このまま治まってくれれば良いのですが

悪化したら・・・





まだまだ不安は続きますが

今日彼にイイコイイコしてもらいました




チビの夏休みももう少しで終わります

そうしたら少し休めるでしょう

軽度の知的障害(精神遅滞)の子は

とても子育てが難しく

キレて暴れたりと本当に大変なのです




チビの学校が始まったら

今度は彼は日本のはずれの

長期出張です





その前に

体調戻して彼に抱かれたいなぁ・・・

温もりは一番癒されますからね

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

■”二人の夏” ②

さてさて

二人の夏① の続きを






テントやクーラーボックス

そして

私の色々な荷物抱えて

砂浜まで歩いて汗だくの彼

休む間もなく

テントを準備デス

このテントは二人のお家ですぅ





終始ニコニコの私

彼は大笑いしていました

目の前の海見て本当にシアワセ

決してキレイな海ではないけれど

ココは私にとって

とっても大切な海なのです




彼とお付き合いしてから

海水浴に行きたいと言った時

凄く驚かれました

彼は海水浴とか海とか

あまり縁がなかったようで

大人になってから行くとは

思ってなかったようです




私はその反対で

大人になってから職場が湘南でしたから

冬でも海が好きで行っていたくらい

海が大好きでね





でもパニック障害になって

行けなくなって

彼となら行けそうな気がして

お願いしたのが”二人の夏”の

はじまりでした






今年も彼の優しい眼差しの中

子供のようにハシャイで

そんな顔の私をカメラで写す彼

浮き輪でプカプカ浮いて

その浮き輪を引っ張る彼

まるで父と小さな子供のよう

二人空を眺め

「あの雲面白いねぇ」

「あっあの雲キレイ・・・」

なんて会話しながら

余計なことなど何も考えない

優雅な時間が過ぎていきます






「さぁ eipyonご飯にしようか食べられるかな・・・無理はしなくて良いよあのね お弁当作って来たんだよ

「えっ嘘でしょう・・・」

「朝6時起きで作って来たんだよでも無理はしないでな」

「・・・嬉しいシアワセ・・・」







Dscf0185abc





お弁当は凄く美味しかったデス

愛情たっぷり感じました

本当は女の私が作るべきなのに・・・

ありがとう




食後は日焼けタイム

二人でサンオイル塗りあって

寝ころびます


がっ



「彼ちゃま~っつまんない~っ

「あ・あのさぁ・・・海来てるでしょう

「そうだよぉでもさぁ つまんない・・・

「んっもしかして・・・海入りたいの

「うんっ

「わかったけどね・・・ご飯食べたばかりだから少し休んでからね」

「・・・・・」

「日焼けしたいんでしょ・・・」

「うん・・・でも・・・遊んでぇ~っ」

「ククク・・・」







Dscf0202abc





結局は海に入り

遊んでもらいましたっ





砂浜にあがると

やはり風は秋で肌寒く

周りを見ると帰り支度する人が出てきて

テントだらけの砂浜が段々

寂しくなっていきます

eipyon予感が・・・

「さぁ

「イヤだよっ

「・・・もう少しねっ




そんなこと言ったって

”二人の夏”

終わっちゃうんだよね・・・

やっと夏が来たと思ったけど

すぐに終わっちゃんだよね





片づけをして

海見ながらションボリeipyon




今年は日焼けもあまりしなかった

暑さも海は感じなかった

だけど

海はスッゴク楽しいんだ

普段自然に触れることがないし

現実は過酷過ぎる

海は現実逃避して

嫌なことや辛いこと

全て忘れさせてくれる

楽しい思い出だけくれる





海を背にして

車に乗り

着替えをして

高速に乗り走り

現実に引き戻される






そんな時

キレイな夕陽が高速から

見えました







Dscf0279abc





「ちゃんと来年も来るからね

「うん・・





Dsc_0170abc




          バイバイ

         2012年の二人の夏

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

■”二人の夏” ①

昨日

やっと”二人の夏”が来ました




お天気は

夜中中アルツハイマーの父

眠らずで私もウトウトだけして

準備をします



予定より早く準備したのに

時間がないっ

相変わらず荷物が多く

彼に笑われてしまいましたが

汗かきの彼にはタオル沢山必要だし

暑さ対策グッズ色々買ったし

旅行行くのって位の荷物




ひゃぁ~っ

もうすぐお迎えの時間だぁ




彼から電話

「もうすぐ着くよ~っ

「は~い

重たい荷物抱えて

マンションの前へ行くと

彼が登場




さぁ 海に向かってGO




Dscf0170abc



ドキドキ

ドキドキ



「ダイジョブっ

「うん・・・」




彼意外と無口・・・

手も繋いでくれない・・・

お外眺めるとキレイな空

彼サングラスしてるから

優しい眼差しも見えない




高速降りる頃

ようやく彼の手が私の手を

ギュッしてくれました

きっと彼も緊張してたんだ・・・

やはり発作起こったらと思うのかな?

こんな時申し訳ないと思います




海見えてきましたっ

いつもの駐車場が混んでます

何とか駐車場に入り

お互い無言でお着替えして

彼は汗だくで浮き輪の準備

eipyonウキウキ

彼ちゃま大笑い

「彼ちゃま~っ夏来たよ~っ

「そうだねぇ」




この日は

朦朧となりたくなくて

気管支炎の薬飲まなかった

体調は正直不安があった

でも

1年に1度位思いっきり

季節を感じられる

自然を感じられる

そんな日が欲しかったのです




さて この続きは

後日更新させて頂きますデス



| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

■それでも行きたい・・・

今日も暑かったですね・・・



夏が来たと思ってたら

少しずつ朝晩秋の風を感じます

ファッション街は秋になっていて

なぜか寂しい気分になります



風邪をこじらせ気管支炎になり

その上

病が発見され何だか気分も落ち込み

必要以外の外出はしなくなりました

家に居ても休まる訳でもないし

ストレスたまるだけですが

体調がすぐれないと外出も

控えるようになるんですよね




先週

彼から”二人の夏”の日にちを知らされ

唯一その日だけ無理して休むようで

変更不可




黙々と準備して

薬飲んで少しでも寝て

体調整えて・・・

なんて考えながら

前日を迎えましたが

手が震えるほど緊張しています




約1年ぶりの高速道路

そして

遠出ですから仕方ありません



本当は

もっと体調整えたかったけれど

いや・・・

整えたつもりですが

この押しつぶされそうな位の緊張

自分で情けなくなります




でも




こんな自分も受け入れなくちゃ

パニック障害と闘うことは出来ない



やっと

”二人の夏”が来る

今年は水着も一緒に

買いに行く時間なかったし

会える日も少ない夏でした

その分楽しい1日にしたい



震える手で緊張してでも

それでも行きたいんだ

海へ・・・




願い叶うんだ





20127_2

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

■最高のBIRTHDAYが・・・

昨日は

BIRTHDAYでした




気管支炎が治らず

休む間もなく

昨日も仕事

もちろん彼も

彼はメチャ忙しく

定時には帰れないと

申しておりましたのですが

前日に早く終われるようにと

嬉しい報告があり

予約した美容院の時間を変更して

仕事を終えた私は着替えて

珍しく化粧をして美容院へGO




髪をセットしてもらい

帰宅して用意してたら

彼から連絡があり

「もうすぐ到着するよぉとのこと

慌てて荷物持って

マンション前へ行くと

彼の目がオドオド

「どうしたの?」

「いや・・・俺普段着・・・」

「別に良いじゃん・・・」

「いや・・・釣り合わないよぉ

「いつものワンピに毛が生えたようなもんだって言ってたじゃん・・・そうでしょ?」

「ち・ちがうよぉ~っドレスアップしてるじゃん・・・

「でも・・・安いよ

「そうじゃないよぉ・・・値段じゃないんだってっさぁ何処行こう・・・」




車を走らせますが

世の中お盆休みらしく

大渋滞・・・

「ファミレスで良いよ

「そりゃあマズイでしょうがぁ

色々大渋滞の中走り

彼は考えてくれまして

高級な鰻屋さんに決定





高級感あふれる店内

お金持ちそうなお客様たち

そして

ビックリするようなお値段

彼が色々決めて下さり

ノンアルコールビールで乾杯

うな重もやはりお味が全く違い

久しぶりにお腹いっぱい食べました




お店を出て

何処も込み合うので

プレゼントがかなり大きいのもあり

急遽ホテルへ向かいましたが・・・





お腹壊してトイレから

出られませんでした・・・




「ごめんな・・・急に強かったかな・・・

ずっと心配してお腹擦ってくれていました

自分が汗だくでも私を冷やさぬよう

クーラーも止めてくれて・・・




もう本当に悲しくて情けなくて

泣いてました

”大切な日にしようね”って

彼一生懸命準備してくれたのに

何で・・・・・・・・・




体ボロボロ

心ボロボロ




彼にホントに申し訳なくて

帰りの車の中で無言になり

彼はイイコしてくれていましたが

こんな大切な日にまで

何やってんだろう・・・私




ごめんね・・・





Photo

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

■あなたをもっと好きになる・・・



風邪を悪化させ

気管支炎になり

長引くので検査した

結果は・・・

新たな”病”でした




私はこのことを家族や親戚に

言うことは出来ません

私の伝えるべき人は彼しかいません

仕事を終えた彼から電話があった時

伝えること勇気がいりました




彼は一瞬無言になりました

親や親戚に言わないことには反対しましたが

私はこれ以上母親の冷酷さを感じたら

どうなるかわからないから・・・

彼にさえ知っていて欲しかった

二人の思い出をたくさん作っておきたいから





その日から




彼は仕事が忙しくても

具合悪くても

毎日会いに来てくれて

買い物沢山したり

結婚行進曲の流れる中で

色んな幸せな夢や希望を

話してくれました

涙が溢れだしそうでした





私のBIRTHDAYは仕事で遅くなるけれど

軽くでも食事して大事な日にしようと

言ってくれました




そして




”二人の夏”の予定も決まり

買い物はサンオイルだったり

ビキニに合わせたアイシャドウなど

一緒に選んでくれたり

とても幸せな時間を過ごしています




シャドウやネイルの色

一緒に選んでくれる男性って

あまりいないと思うのですが

彼とは自然な感じで

すごく楽しいんです




時々咳き込む私の背中

何も言わず擦ってくれる

手の温かさに涙が出そうになる

毎日です




あなたをもっと好きになるよ・・・






A

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

■誓いの言葉のよう・・・

風邪を引いても

寝ていられず

仕事も休めず

子育ても夏休みで大変

治るはずありませんね




しかし




一番元気な季節の夏に風邪なんて

本当に久しぶりです

彼も驚いています




優しい彼は仕事に追われながらも

心配してくれて

昼夜関係なく電話やメールくれます

電話の時は声でわかりますから

「まだ治らないね・・・大丈夫かぁ?」

って余計心配させてしまいます




そして




今日はほんの少し会いました

彼も具合悪いとのこと・・・

「なんかさぁ 俺ら いつも具合悪くなる時一緒じゃない

「うんだって”いつも一緒”だからねぇ」

「あ・あのさぁそれは一緒じゃあ困るでしょうがぁ」

「何で誓いの言葉にもあるじゃん”その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?”って・・・」

「で・でもさぁ 二人一緒に寝込んだから・・・

なんて短い時間でしたが

二人らしい会話で少し元気出ました






「食べてるのこれ以上痩せたら・・・体重は

「・・・知らない」

「ちゃんと測りなさい

「・・・・・良いじゃん」

食料の差し入れを頂きまして

「ちゃんと食べなさいっ

「・・・味わかんないんだも~んっ

「味わかんなくても食べるのっ

「は~い」






しかし






何で風邪引くと味覚がなくなるんでしょうね?

甘いものはわかるので

コンビニ行っては甘いパンとかゼリー

買ってます





あ~あ




もうすぐBIETHDAYなのにな・・・



何とか治さねばっ





Dsc_0148_3abc

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

■心が風邪引くと体も風邪引くんだね・・・



笑わないと免疫力落ちるって

本当ですね・・・

風邪引いてしまいました




この数日間

色んなことがあり

疲れもピーク越えたのかな・・・




昨日は38.6度の熱で

フラフラ状態で病院へ行き

食べないとと思い

食べれそうなもの買って帰宅

玄関を開けると

母が私の悪口を言ってるのが

聞こえました

「あのバカ具合悪いって言いながら遊んでる」

怒りを通り越して悲しくなりました




前日の夜も

風邪引いてること伝えたにも関わらず

「お肉焼いてぇ 自分の分だけじゃなく全部」

やはり

アナタは冷酷人間なのね・・・

子供の頃から

病気にかかるたび怒られてたもんね






彼には

当然熱が出たこと伝えましたが

忙しいらしくメールも読めないのか

会いに来てくれたけど会えず




電話で熱のこと知った彼

ビックリしていて

「何で急に・・・」って言うから

「愛情不足・・・」って返答したら

「ごめんな・・・」って

前回のブログにも書いてるけど

本当に最近笑ってないどころか

泣いてばかりなんだもん





”お誕生日おめでとうございます”

そんなメールばかり届くけれど

今の私には嬉しくない


彼仕事に追われてるし

”誕生日いらない”って伝えました

彼は

”そんなこと言わないよ大事な日なんだから”

そう言ってくれましたが

それよりも

今の私には”二人の夏”の方が大切





付き合いだした頃

元彼が何処にもデートに

連れて行ってくれなかったこと言うと

「俺と一緒に色んなところ行こう

そんな風に言ってくれてたのに

年々減り今は・・・

やっと彼の車にも慣れ

夢の一眼レフも手に入れたのに

夢はなかなか叶わない




私だって子供じゃないから

不景気になり

出会った頃と異なること位

わかっています




だからこそ




”二人の夏”は私にとって

本当に大切なデートなのです

本当に貴重な日なのです




太陽の下にいると

今の私は不安いっぱい

とにかく今は風邪治さないと




愛情不足解消しないと




いっぱい笑わないと






R0014910a

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »