« ■”二人の夏” ① | トップページ | ■また”二人の夏”が来ちゃったっ! »

2012年8月22日 (水)

■”二人の夏” ②

さてさて

二人の夏① の続きを






テントやクーラーボックス

そして

私の色々な荷物抱えて

砂浜まで歩いて汗だくの彼

休む間もなく

テントを準備デス

このテントは二人のお家ですぅ





終始ニコニコの私

彼は大笑いしていました

目の前の海見て本当にシアワセ

決してキレイな海ではないけれど

ココは私にとって

とっても大切な海なのです




彼とお付き合いしてから

海水浴に行きたいと言った時

凄く驚かれました

彼は海水浴とか海とか

あまり縁がなかったようで

大人になってから行くとは

思ってなかったようです




私はその反対で

大人になってから職場が湘南でしたから

冬でも海が好きで行っていたくらい

海が大好きでね





でもパニック障害になって

行けなくなって

彼となら行けそうな気がして

お願いしたのが”二人の夏”の

はじまりでした






今年も彼の優しい眼差しの中

子供のようにハシャイで

そんな顔の私をカメラで写す彼

浮き輪でプカプカ浮いて

その浮き輪を引っ張る彼

まるで父と小さな子供のよう

二人空を眺め

「あの雲面白いねぇ」

「あっあの雲キレイ・・・」

なんて会話しながら

余計なことなど何も考えない

優雅な時間が過ぎていきます






「さぁ eipyonご飯にしようか食べられるかな・・・無理はしなくて良いよあのね お弁当作って来たんだよ

「えっ嘘でしょう・・・」

「朝6時起きで作って来たんだよでも無理はしないでな」

「・・・嬉しいシアワセ・・・」







Dscf0185abc





お弁当は凄く美味しかったデス

愛情たっぷり感じました

本当は女の私が作るべきなのに・・・

ありがとう




食後は日焼けタイム

二人でサンオイル塗りあって

寝ころびます


がっ



「彼ちゃま~っつまんない~っ

「あ・あのさぁ・・・海来てるでしょう

「そうだよぉでもさぁ つまんない・・・

「んっもしかして・・・海入りたいの

「うんっ

「わかったけどね・・・ご飯食べたばかりだから少し休んでからね」

「・・・・・」

「日焼けしたいんでしょ・・・」

「うん・・・でも・・・遊んでぇ~っ」

「ククク・・・」







Dscf0202abc





結局は海に入り

遊んでもらいましたっ





砂浜にあがると

やはり風は秋で肌寒く

周りを見ると帰り支度する人が出てきて

テントだらけの砂浜が段々

寂しくなっていきます

eipyon予感が・・・

「さぁ

「イヤだよっ

「・・・もう少しねっ




そんなこと言ったって

”二人の夏”

終わっちゃうんだよね・・・

やっと夏が来たと思ったけど

すぐに終わっちゃんだよね





片づけをして

海見ながらションボリeipyon




今年は日焼けもあまりしなかった

暑さも海は感じなかった

だけど

海はスッゴク楽しいんだ

普段自然に触れることがないし

現実は過酷過ぎる

海は現実逃避して

嫌なことや辛いこと

全て忘れさせてくれる

楽しい思い出だけくれる





海を背にして

車に乗り

着替えをして

高速に乗り走り

現実に引き戻される






そんな時

キレイな夕陽が高速から

見えました







Dscf0279abc





「ちゃんと来年も来るからね

「うん・・





Dsc_0170abc




          バイバイ

         2012年の二人の夏

|

« ■”二人の夏” ① | トップページ | ■また”二人の夏”が来ちゃったっ! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■”二人の夏” ① | トップページ | ■また”二人の夏”が来ちゃったっ! »