« ■ルンルン♪♪♪ | トップページ | ■眠れぬ夜・・・ »

2012年11月17日 (土)

■何が起こったか・・・


前回のブログの続きですが




高速道路へ入ろうとする

一歩手前でここはETCが使えないと思い

財布を探しますがないんです

彼に何も言わずゴソゴソと

焦りながら暗い中探しますが

ないんです




「彼ちゃま・・・財布ない・・・」

「えっ真面目に言ってんの

「うん・・・ごめんなさい」

「何処置いてきたわかる

「多分さっきのトイレ・・・」

「おいおいマジかよ・・・」

「ごめんなさい・・・」



高速へ乗る前に

彼は慌てて細い脇道へ入りましたが

走れば走るほど道が狭くなり

外灯も何もなくなり

どんどん山を登って道が消えた・・・

Uターンなんて出来ない

畑のど真ん中に私たちはいた

走ってる最中にお店に電話して

財布は確保されてましたが

そこまでたどり着けない・・・

さすがの彼も慌ててる

口調も違ってくる・・・

「eipyonどっちから来た

「わからない・・・ごめんなさい」





Uターン不可能でも

Uターンしないと戻れない

「eipyon降りて脱輪しないように見て

車を降りて大声で誘導するが

あまりの暗闇で見えない・・・

靴が泥だらけで滑りながらも誘導

彼は何回もハンドル切りなおして

何とか脱輪しないでUターンしたが

狭い暗い山道には

何度も何度も分かれ道がある

カーナビも限界・・・

車がすれ違えない道だけど

何とか1台の車に遭遇

彼が事情を伝えると

その方が親切にお店のある通りまで

分かりにくいからと前を走り

誘導して下さいました




彼は急いでお店に車を走らせ

私は朦朧としながらお店に入り

無事にお財布を手にすることが

出来ました




自分という人間が情けなくなり

色々な人に迷惑をかけ

楽しかった思い出を最後の最後に

最悪の思い出にしてしまったと思うと

帰り道ずっと無言になっていました




彼には

もう謝るしかないし

とても笑顔になんかなれない

ずっと無言で落ち込む私に彼が

「大丈夫だよ見つかって本当に良かった

そんな風に優しく手を握り締めてくれますが

「ごめんなさい・・・本当にバカだ・・・迷惑かけて 楽しい思い出が全部消えた・・・」

「eipyon俺にごめんなさいは要らないよ 見つかったんだから これも思い出になるよ

彼はとても優しかった

「あのね 薬で朦朧としてたの・・・」

「そっかぁでもお財布は体から離さないんだよ」

「はい・・・あのね 彼ちゃまも遠出の時気づいたら言ってくれる?朦朧としちゃうから・・・」

「そっかぁわかった俺も反省する」




本当は

”財布を忘れた”と伝えた時

怒鳴られると思った

暗闇の中で

ずっと怒鳴られ続けられると

そう思ってた

凄く怖かった・・・

もちろん私が100%悪いのは確かだし

怒鳴られるのが当然だと思うけど

あの瞬間

今までのイヤな記憶がフラッシュバックして

余計にパニックしてた




でも




彼は1度も怒鳴らなかった

私を責めることもしなかった

それどころか

”これも思い出”と言ってくれた

こんな私に

「また行こうねって言ってくれた




本当に

本当に

ごめんなさい



そして




本当に

本当に

ありがとう





帰り道に落ち込んだ私に

彼がキレイな夜景をプレゼントしてくれた

そこは付き合い始めの頃

良く連れて行ってくれた素晴らしい夜景の場所

「もう落ち込まないよ」

そう言いながら頭ナデナデしてくれた




あの日から

もう1週間以上経ちますが

まだまだ夢心地の私がココにいて

そこに現実が入り込んで

毎日格闘の日々が続いていますが

彼への想いは上昇するばかりデス








1a 






あの日見ず知らずの私たちに

とても親切に道を誘導して下さった方へ


本当に有難う御座いました



|

« ■ルンルン♪♪♪ | トップページ | ■眠れぬ夜・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■何が起こったか・・・:

« ■ルンルン♪♪♪ | トップページ | ■眠れぬ夜・・・ »