« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

■つら過ぎた2012年よ さようなら・・・

2012年 大晦日

あと数時間で今年が終わります




本当に苦しかった

本当につらかった

ただ ただ 突っ走るしかなかった

たくさん泣いた

たくさん悩んだ



そんな2012年よ

さようなら・・・




つらい事も多かったけど

数少ないけれど

彼との思い出が増えたことは

本当に幸せでした




不況で出張が多く会えない日も

付き合って初めて多い年でした

会えた日も一番少なかった年でした

すれ違いが多かった年でした




そんな中でも”二人の思い出”

ひとつでも

ふたつでも

増やせたことは彼の優しさだと思います





今彼は遠くにいます

年末から仕事が忙しくなり

今年は年末年始のお休みが

いつもより少ないのが唯一の救い

疲れた体を休めたい彼には

申し訳ないけれど・・・






つらい年こそ

全て洗い流したいので

昨日から洗濯物ばかり

車も車内のものも全て洗って

キレイにしました

家の大掃除は足を痛めた母に

命令されて一人で済ませました

年末の買い物も全て一人で

発作起こしながらも済ませました





良い年を迎えたいから

アルツハイマーの父に

”お正月”を感じさせたいから

お飾りに鏡餅にお正月用のお花

家は完璧お正月感あふれています






さぁ




2013年を良い年にするために

もう少し頑張ります





皆様にとっても

良いお年になりますように





ブログをこうして続けられるのは

皆様のおかげです

読んで下さった皆様本当に有難う御座いました

これからも素直な気持ちを

ココへ更新していきますので宜しくお願い致します





Dscn0640abc




         


          今年最後につないだ手と手

         来年はもっと手をつないで歩きたいな




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

■夢だったのかな・・・



今現在

今年のイベントが全て終わり

目標にしてきたものを終えたせいか

脱力感いっぱいって感じです




彼と二人っきりの時間を過ごした

翌々日は大好きな東京タワーへ

イルミネーション見に行きました

彼は仕事の追い込みでしたが

その日は私のために一人先に仕事をあがり

急いで来てくれました





都心へ行くのも本当に久しぶりで

ルンルン

東京タワーが見えてきたら大騒ぎ

運転してる彼は大笑い

平日でしたから駐車場も良い場所

とても寒い夜でしたが元気いっぱいの私

ですが・・・

彼は腰と足を痛めていて思うように歩けない

辛そうだったので

「いいよ 座ってて」

そう言いながら私はカメラ片手に

あちこち歩きました





いつもより早く到着して時間があったのに

食事してライトアップ&ショーを見た後

お土産やら買おうと思いましたが

店がどんどん閉まり目的が達成出来ず

かなり凹んでいた私

そんな私に彼は優しくて・・・

「eipyon絶対また来ようっ

そう言いながらお土産屋さんで

色んなもの買って下さいました





今はスカイツリーが人気のようですが

私にとって東京タワーは特別な場所

命の恩人と言っても良い位に大切な場所

病に勝てない自分の弱さや

一生懸命頑張っても変わらない現状

自分の力のなさを感じていたときに

東京タワーの真下に立って思ったの

”私はこんなにちっぽけなんだ・・・弱くて良いんだ”

そんな風に思えたら何だか元気が出てね

それから遠くの仕事も行けるようになったの





その場所で愛する人とクリスマスを感じられる

そんな幸せなことはないと思いませんか?!





素敵な時間でした





Dsc_3400a






Dscn0576a







そして






24日の二人のクリスマスは

私が格闘の日で体調が悪いため

レストランでのお食事でした

本当ならば用意していたノンアルもシャンパンで

ホテルでのんびりしたかったのですが

仕方ないです・・・

イベントは必ずと言っていいほど

格闘の日なのですから





彼は私を気遣い

無理をさせぬようにお店に頼んで

良い席を取ってくれて

食欲もないのを知っているので

コース料理ではなく

食べられそうなものを選んで

ほとんど残さず食べたら

「良く食べたねぇ」

って

まるで子供が残さず食べたときに

褒めてあげる優しい父の顔になる

私はそんな彼の言葉が凄く好き






会話も弾み楽しいお食事も終わったころ

プレゼント交換

私にとってクリスマスプレゼントは

1年分の彼への感謝を伝えたいので

11月から用意していました

彼が好きなブランドのセーター

そして

憧れのブランドのバッグをプレゼント

彼は戸惑いがあったようですが喜んでくれました

やはり生活が苦しいことも知っていますから

申し訳ないと言うのです

けれど

私にとってクリスマスだけは1年分の感謝をしたい

そう思うので自分で計画して仕事増やして・・・

でもそれは

私の目標があるからこそ頑張れるのであって

これが自分のものの為だったら頑張れない

そう思うんです





彼からのプレゼントは腕時計

これは予想もつかなかったもので

ビックリしました

「開けてみて

私の好きなブランド名の箱が出てきました

箱を開けた時にバカな私は変な顔したようで

「気に入らないの・・・」

私には似合わないと思ってしまったのです

「交換してくる・・・」

「ううん・・・ありがとう」




彼の気持ち

選んでくれた時の気持ちを考えた

けれど

バカな私は顔に出てしまっていた

「選択ミス・・・」

帰りの車の中で考え込んでいました

「ごめんなさい・・・」

「eipyonやっぱり取り替えてくるよ」

「・・・じゃあ ベルトだけ・・・」




今彼は仕事を終えて疲れた体で

ベルトが特殊なために

何度もお店に足を運んでくれています

心苦しいです

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです

彼は

「ちゃんと使ってほしいから」

そんな風に言ってくれますが・・・

バカだぁ





彼ちゃま



本当に

本当に

ごめんなさい


























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

■離れたくない・・・


格闘の日々ですが

最近はプライベートの予定が

彼の仕事の都合で超ハード

このハードスケジュールは

メチャ嬉しいので仕事も頑張れちゃいます





先日彼と久しぶりに会った時に

「eipyon明日の予定は?」

「ん???何で???」

「いや・・・一緒にお風呂入りたくてね」

「明日かぁ・・・」

「無理なら良いんだよ・・・無理だけはしないでな

「大丈夫

「本当仕事は

「何とかするから大丈夫

「これから年末までどうなるか分からない位忙しくなるから・・・」




そんな訳で

彼からの予期せぬお誘いがありまして

その夜は今年は用がないと思っていたので

新しい下着たちは引き出しの奥に・・・

慌てて出して選んでetc・・・

彼は別に良いよって言いますが

女としてはキレイに思われたいのでね

付き合って7年の月日が経ちますが

まだドキドキするし

いつまでも新鮮でいたいんです





当日彼は予定時間に仕事終われず

少し待ちましたが二人っきりに時間を

過ごすことが出来ました

長い時間二人っきりで過ごせるのは

本当に久しぶりでした

会うことさえも出来なかったのですから





簡単に食事しながら

会話してイチャイチャ

お風呂の準備していても

何だか絡まっていたくて

じゃれ合ってた

一緒にお風呂で洗いっこして

抱っこされながら体を温め

入浴剤の香りを楽しむつもりが

「目が・・・お目目が痛いよぉ~っ」

「おいおい大丈夫かぁ?また化粧品かぁ?」

「あっ今日ピンクのシャドウつけた

「何で痛くなるのわかってて・・・」

「だってキレイでいたいんだも~ん・・・」

「目を洗わないと

「イヤだっ

「何で

「目が洗える位なら海で泳げるわいっ

「・・・・・・・」




お風呂から出ても目が痛くて

涙が出る・・・

彼は困った顔・・・

外が冷え込んできて

部屋も寒いのでベッドへ・・・





彼は痛い目をペロペロ舐める

優しいんだなぁ

久々の肌と肌の温もり

気持ち良い

その後は愛し合うのみ

時に激しく愛し合うのも

幸せな時間です

求め合うのも

愛感じる時間です

頭の中の嫌なこと悲しいこと

全て消えて真っ白

感じるのは彼の愛だけ





彼は時計を気にしています

「ゆっくりするって言ったのにぃ」

「うん・・・実は明日早いんだ・・・」

そう言いながらも

お風呂で良く温めてくれて

目薬で痛い目を洗い流してくれて

本当に優しい彼で幸せだなって

実感しました





帰りの車の中で

日付が変わろうとしていました

帰り道はいつもさみしさいっぱいですが

この日は違いました

だって

翌々日には二人のイベントが





イベントは後日更新いたしますデス







0498abc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

■ひとりクリスマスソングを聴きながら・・・


気づけば

クリスマスまで約1週間なんですね・・・




ここのところメチャ忙しく

賑わった街に出ることもないので

部屋でひとりクリスマスソングを聴いています

本当は彼とクリスマスの夜に

二人っきりの大切な時間に聴こうと思い

作ったCDだけれど無理みたいだし

彼がプレゼントしてくれた水槽用の

クリスマスのイルミネーション見ながら

眠れぬ夜を過ごす日々です




彼は急激に仕事が忙しくなり

その上風邪でダウンです

もう何日会ってないのかもわからない・・・

凄く寂しいけれど今は私が我慢してます




こんな時は

寒い中で1日中働いている彼のため

温かいものを作ったりしてあげたいけれど

私も仕事があるし

移すと大変だからっって・・・

我が家は高齢者と障がい児を抱えてるから

風邪やノロウイルスは絶対に避けなければ

危険なのです




だから




風邪気味だという時でも

キスはお預けでした

ギュッしてもらうだけで安心するのですが

最近泣いちゃうんです

仕事で帰りも段々遅くなったし

会えない日々が続くとダメなんだなぁ




最近は待つことが辛くて

私から会えないことを告げます

待っていて会えないほど

辛いことはないのでね・・・

きっと

待ってられる方も焦ったりするだろうし

今は風邪を治すことが優先だと思うからね





会えない日は仮眠時間にします

父のオムツ交換と着替えをさせてからですが

もちろん私も仕事がありますから

あるもので簡単に食事してから介護して

体を少し休めます




眠れば辛いことも悲しいことも

忘れられます

一時でも・・・

夜は果てしなく長いですから





ずいぶん彼の笑い声聞いてないな・・・

私も笑ってないな・・・




一昨日はカウンセリング中に

フラッシュバック起こして倒れちゃうし

知らなかった自分に出会ったんだ

自分でもビックリしました




私の心の傷は殆どが幼児期のもの

どれだけ幼児期が大人になった時に

大事な時期なのかを知りましたね・・・

だからこそ

子供たちが傷つかぬよう必死で今を

生きてるのかもしれない

感情のままに怒鳴ったりはしない





いつだったかな

彼が言っていました

「障がいを持った人にどう接して良いのかわからないんだ」

普通で良いんです

そのままを受け入れて

その子たちが出来ないことに対して

手を貸したり声かけしたり

障がいを持つ子の”自立”は人の手を借りて

”自立”になるのです





仕事やプライベートでも

障がいを持つ方と接することが多い私に

「何でそんなに普通に出来るのかなぁ

彼は不思議そうに言いますが

私は特別扱いもしません

いたって普通です

養護学校へ行くことも多いですが

知らない子が手をつないできたり良くあります

そんな時は手をつないでお話しします

抱きついてきた時はヨシヨシします

そんな時の子供たちの笑顔はキラキラしてます

私はそんな時間が好きです

時々蹴飛ばしてくる子もいます

その時は「ダメよ!」と足を止めさせます

悪いことは教えます




うちの子たちもそうです

自閉症の子は耳からではなく

目から情報が入りやすいので

書くことが大事

お兄ちゃんは言葉で凄くわかるようになり

ゆっくりとわかりやすく話すと理解できて

行動に移します

今日も洗濯物を洗濯物置き場に置かず

部屋に放置してあったので

これは何?着た服ですか?」

「はい」

「着た服は何処に置きますか?」

お兄ちゃんは洗濯物を置きに行きました

チビの方が難しいです

知能指数が高いので・・・

ズルさが出るのでわからないフリをします

そんな時は延々と話しますがね

後はメールだと文章なので頭に入るようです




色々悩みは尽きないし

今現在は癒される唯一の時間もないけれど

頑張るのみですかね






Dsc_0300



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

■自由に羽ばたきたいよ・・・


昨夜は一睡も出来ず

朝を迎えた・・・



体も心もボロボロなのに

疲れているのに

睡眠薬飲んでも

頭の中が空っぽにならず

色々考えてしまって

眠れなくなってしまいました





今月は生活苦しくなるの覚悟で

余裕あるシフトにして

自分の時間を選んだ

だけど

子供たちが次々ダウンで

もうメチャクチャ・・・

実の親は仕事だけして

家事一切しない

父子家庭だけど全くしない

子供の看病もしない

何もしたくはないがお金は出さない

立て替えたお金さえも戻らず






子供たちはメチャクチャ可愛いよ

けれど実の親が何もせずで

何もかも甘えて当たり前の顔されて

疲れ果てたよ






おかげで

彼ともなかなか会えない・・・

会いたくても着替えることすら

疲れ果てて出来ない




こんな状態では

大切な二人っきり時間を過ごすのは無理

彼もやっと入った仕事に追われ

風邪気味の中頑張っている

1か月以上抱かれていないな・・・

そんな時

「イイコしててね・・・」って言っちゃう位

不安になる




クリスマスはイベント女の私は確実に生理

どうにか避けられると思ってたら

先月早くきちゃって・・・

彼へのプレゼントも用意して

二人っきりのクリスマスを楽しみにしてたのに




そんなこんなで元気のない私を彼が先日

急にショッピングに誘ってくれたの

超高価なスケジュール帳を

プレゼントして下さいました

大きなショッピングモールだから

歩き回って汗かいて

ちょっと外へ出てイルミネーション見てね

去年とは異なりやはり地味でしたが

一緒にまた見られたことが嬉しかったな




彼とは色んな会話するけれど

教わることも多いです

例えば会話中に”でも”って言葉

つい言ってしまうのですが

彼に言われました

「人に何かを言われで即”でも”は否定してることだよ昔のeipyonは”でも”が凄く多かった 俺はそんな時はそれ以上は言わなかったでしょ否定されたら言えないもん」

「うん・・・ごめんなさい」

「別に謝ることじゃないんだよ ただ一度受け入れてから”でも”の方が良いってこと

「はい・・・気を付けます」

「昔は義兄さんのこと色々アドバイスして その度に”でも”って言ってたけど 今は当たり前かと思うしね」






彼にも言ったけれど

元彼には「でもって言うな」って怒鳴られて

意見とかするなって感じだったから

またそんな感じで言われるのかと

凄くドキドキしたのですがね





”でも”
は理解してほしいからの”でも”ですが

やはり

相手の言葉を一度受け入れてからなんですね





大人にならなければ



そして



早く元気にならなければ





自由になりたい・・・



自由に羽ばたきたい・・・



自分だけの時間が欲しい・・・





段々痩せていく体

目の下にはクマ




私は何の為に生まれ

何の為に生きているのだろう・・・




また眠れなくなりそうだから

もう寝よう








R0014885a



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

■この現象は何???

あっという間に真冬

毎日寒すぎデス・・・



気分が憂鬱なのに

ニュースも暗いニュースばかり・・・

年の暮れになると

人身事故で電車が止まることが多くなる

これは不景気そのものを語ってる気がする

大企業が早期退職者を望んでる位

今の日本の景気は落ち込んでいる




ド派手なイルミネーションが

地味になってるのも不景気だから

街に出ても昔のような賑わいはないしね



そんな時こそ笑いたい

ホッとする時間が欲しい

ほんのひと時でもね




その時間が彼との時間

お互いに仕事を終えて

1-2時間程度ですが

会えることが今一番のホッと出来る時間

一緒に居られるだけで癒される

手をつなげば安心するし

キスを交わせば幸せ感じる




でもね・・・




以前にもココに書いたんですが

何でっ

ってビックリしちゃうんですが

彼と会うだけでオッパイがバンバンに

張るんですぅ

それもメチャクチャ痛いんですっ




「ねぇ 何か出してない

「え~~~っ出してないってぇ

一体なぜ急に彼に会うと

胸がバンバンに張るのでしょう・・・

胸が張るのは黄体ホルモンの関係

調べるとそうなるのですが

なぜ黄体ホルモンが増加しちゃうのかなぁ




私は彼の何に反応してるん




女性なら

お分かりでしょうが

生理前や排卵の時に

胸が張ることはありますよね

でも・・・

それ以外でも彼に会うと必ずなんです




彼は大笑いしていますが

本当に痛いんですよ



不思議な現象だぁ








Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

■なぜか不安になるのは・・・

寒いのは嫌い

冬は大嫌い

毎年この時期は情緒不安定・・・




カレンダーがラスト1枚になった

街にはイルミネーションがキラキラしてる

ショップに行けば年賀状やおせちの見本

何だか憂鬱な気分になる





彼も不景気の中

一生懸命に頑張っている

彼もゆとりがなくなっている

それでも

寂しがる私に会いに来てくれる



今日もお互いに仕事を終えて

会うことが出来ました

最近会える日が少なくなり

会えば「久しぶりぃって感じですが

今日は彼のお買いものに誘われ

私の物を買って頂いてしまいました

ありがとう




手をつないで歩くと幸せで

彼の笑顔が見れると幸せで

家族には見せない顔になってる私

その顔は彼しかきっと知らない




憂鬱な精神状態から

救われた時間でしたね




そんな私なのですが

些細なことで不安になったりしてしまう

その不安は自信のなさだと思う

心に傷を持ち病と格闘しながら

いつも介護や仕事や子育てに追われ

疲れた顔した私に魅力などないし

いくらキレイになろうと努力しても

心も体も疲れているのですから

輝くものがひとつもないし

変なことに敏感になったり怯えたり・・・




時間をかけてでも

自分に自信を持てるような女性になりたいな








R0010312abc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »