« ■自由に羽ばたきたいよ・・・ | トップページ | ■離れたくない・・・ »

2012年12月17日 (月)

■ひとりクリスマスソングを聴きながら・・・


気づけば

クリスマスまで約1週間なんですね・・・




ここのところメチャ忙しく

賑わった街に出ることもないので

部屋でひとりクリスマスソングを聴いています

本当は彼とクリスマスの夜に

二人っきりの大切な時間に聴こうと思い

作ったCDだけれど無理みたいだし

彼がプレゼントしてくれた水槽用の

クリスマスのイルミネーション見ながら

眠れぬ夜を過ごす日々です




彼は急激に仕事が忙しくなり

その上風邪でダウンです

もう何日会ってないのかもわからない・・・

凄く寂しいけれど今は私が我慢してます




こんな時は

寒い中で1日中働いている彼のため

温かいものを作ったりしてあげたいけれど

私も仕事があるし

移すと大変だからっって・・・

我が家は高齢者と障がい児を抱えてるから

風邪やノロウイルスは絶対に避けなければ

危険なのです




だから




風邪気味だという時でも

キスはお預けでした

ギュッしてもらうだけで安心するのですが

最近泣いちゃうんです

仕事で帰りも段々遅くなったし

会えない日々が続くとダメなんだなぁ




最近は待つことが辛くて

私から会えないことを告げます

待っていて会えないほど

辛いことはないのでね・・・

きっと

待ってられる方も焦ったりするだろうし

今は風邪を治すことが優先だと思うからね





会えない日は仮眠時間にします

父のオムツ交換と着替えをさせてからですが

もちろん私も仕事がありますから

あるもので簡単に食事してから介護して

体を少し休めます




眠れば辛いことも悲しいことも

忘れられます

一時でも・・・

夜は果てしなく長いですから





ずいぶん彼の笑い声聞いてないな・・・

私も笑ってないな・・・




一昨日はカウンセリング中に

フラッシュバック起こして倒れちゃうし

知らなかった自分に出会ったんだ

自分でもビックリしました




私の心の傷は殆どが幼児期のもの

どれだけ幼児期が大人になった時に

大事な時期なのかを知りましたね・・・

だからこそ

子供たちが傷つかぬよう必死で今を

生きてるのかもしれない

感情のままに怒鳴ったりはしない





いつだったかな

彼が言っていました

「障がいを持った人にどう接して良いのかわからないんだ」

普通で良いんです

そのままを受け入れて

その子たちが出来ないことに対して

手を貸したり声かけしたり

障がいを持つ子の”自立”は人の手を借りて

”自立”になるのです





仕事やプライベートでも

障がいを持つ方と接することが多い私に

「何でそんなに普通に出来るのかなぁ

彼は不思議そうに言いますが

私は特別扱いもしません

いたって普通です

養護学校へ行くことも多いですが

知らない子が手をつないできたり良くあります

そんな時は手をつないでお話しします

抱きついてきた時はヨシヨシします

そんな時の子供たちの笑顔はキラキラしてます

私はそんな時間が好きです

時々蹴飛ばしてくる子もいます

その時は「ダメよ!」と足を止めさせます

悪いことは教えます




うちの子たちもそうです

自閉症の子は耳からではなく

目から情報が入りやすいので

書くことが大事

お兄ちゃんは言葉で凄くわかるようになり

ゆっくりとわかりやすく話すと理解できて

行動に移します

今日も洗濯物を洗濯物置き場に置かず

部屋に放置してあったので

これは何?着た服ですか?」

「はい」

「着た服は何処に置きますか?」

お兄ちゃんは洗濯物を置きに行きました

チビの方が難しいです

知能指数が高いので・・・

ズルさが出るのでわからないフリをします

そんな時は延々と話しますがね

後はメールだと文章なので頭に入るようです




色々悩みは尽きないし

今現在は癒される唯一の時間もないけれど

頑張るのみですかね






Dsc_0300



|

« ■自由に羽ばたきたいよ・・・ | トップページ | ■離れたくない・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ひとりクリスマスソングを聴きながら・・・:

« ■自由に羽ばたきたいよ・・・ | トップページ | ■離れたくない・・・ »