« ■キスしたかった・・・ | トップページ | ■抱いて・・・ »

2013年3月11日 (月)

■何で こんな時に・・・



春来たと思ったら初夏のようになり

そして

また冬になるの

本当に異常気象ばかりで

地球が怒ってるように思えます






先日

楽しみにしていた彼との

ホワイトデー用のプレゼント選びショッピング

行ってきました

久しぶりにアイメイクしてソワソワしてたら

母が急に出かけるのわかっていながら

真面目な話を怒鳴り声でしてきて

バトルになり気分がドーンと凹んだ





彼は助けるかのように

早く仕事を終えてお迎えに来てくれて

目的地に向かいました

車中でバトルのこと話してしまい

自分でバカだなぁ・・・

こんな時にまで・・・

何て思いながら目的地到着






まずは彼が見たいと言っていた

万年筆の置いてあるお店へ

「どこにあるかわからない・・・」

「えっお店の名前は

「えっと・・・確か・・・」

店舗案内見て

「多分このお店っ

でも・・・

そこはアロマ商品があって

万年筆が置いてあるとは思えない

「おっ おかしいなぁ・・・」

とにかく大きなショッピングモールですから

万年筆の置いてある店を探して

ありましたっ





見ると凄い良いものばかりで

書き心地も素晴らしいし

デザインもシンプルなものから

メチャおしゃれなものまであり

お値段も良いものはけた違い

でも

見てるだけで楽しくて

二人でハシャイでいました






「eipyonホワイトデー万年筆にする?」

「イヤだよぉ~ 失くしたら困るもん・・・」

「おいおい 失くすって決めるなよぉ~」

彼はそう言いますが今の私自信ないのです

記憶障害凄いですから・・・

それからあちこち歩き回りましたが

何が欲しいと聞かれてもわからないし

本当は身に着けるものが良かったのですが

何せ大きなショッピングモールで

どこに何があるかもわからないし

暖房ガンガンだし

人はどんどん増えてきて

eipyonダウン・・・







彼は慌てず外へ連れ出してくれて

飲み物買って一応薬飲んで休憩

「大丈夫

「うん・・・」

外の空気が気持ち良かった

顔色相当悪かったようで

「eipyon ホワイトデーさぁ 少し遅れるけど○○にしようか

「・・・高いよ

「うん だから少し待ってくれる?」

「うんでも無理しなくて良いよぉ」

「どうせだったら欲しいものが良いしね

と彼の提案には少々ビックリしましたが

eipyonの夢だから凄く嬉しいです






お買いものは結局何だかんだ

しましたがホワイトデー用ではなく

普通のショッピングで終了でした






美味しいソフトクリームを彼の車で

一緒に食べて気分も良くなりましたが

何で暖房あんなに入れるのかなぁ・・・

そこに密室で人ごみですから

過呼吸になるのは仕方ないのかな・・・

でもさ

こんな時に何で起こるのさぁ





まぁ 最近メチャ体調崩してるし

忙しい日々だし

離脱症状への不安が頭から

どうしても離れなくて眠れないの

おかげでマリッジリングが指から

スルリと落ちてしまいそうなほど

痩せてる・・・
 





今週から仕事もハードになるし

ショートステイから父も帰ってくる

早よ 元気にならねば・・・





今日は震災からまる2年

思い出したくないけれど

あの日のことは一生忘れない

忘れてはいけないと思う

寒さで震えながらカセットボンベで

土鍋で炊いたご飯の温かさ

父のおむつを真夜中まで探し求めて

走り回った日々

高齢の母と子供たちを守るため

何処にでも一緒にでかけていた

数か月

体はいつも揺れていて

胃潰瘍で食事も受け付けず

それでも必死で守ろうとしてた

あの時のことは一生忘れることは

出来ないでしょう






まだ被災地では困っている方が大勢います

まだ被災地では困っていることも多いようで

心痛みます

我が国は何をしているのだろう・・・




一日でも早く普通の暮らしが出来るよう

ココから祈ることしかできませんが

お体だけは大切になさって欲しいです

心もきっと大きな傷を残したままだと

思います・・・

私もココで精いっぱい生きていきますので






Dscn9842

|

« ■キスしたかった・・・ | トップページ | ■抱いて・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■何で こんな時に・・・:

« ■キスしたかった・・・ | トップページ | ■抱いて・・・ »