« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

■笑われるけど・・・


こんばんは。

猛暑が続いていましたが

急に”秋”の気配が・・・

何だか寂しいデス




相変わらず多忙な日々

チビの夏休みもラスト一週間

今年は珍しく作業所で働くお兄ちゃん

体調を崩してばかりで余計大変

思うように言葉で伝えることの出来ない子ですから

毎日顔色や体温はもちろん

かなり神経使います




このお兄ちゃん(自閉症の甥)の笑顔は

私のかけがえのない元気の素なので

言葉に出せない分のストレスを発散させたくて

必死です




正直言えば私も残るは気力と根性の日々

けれど

守るべきものがあるっていうことは

強くなければなりません

そんな私を彼は心配しております





家で私は孤独ですが

最近お話し相手が出来ました

笑わないで下さいね

私のBIRTHDAYのプレゼントに

チビが捕まえてきたカエルさんデス

以前

メチャかわいいカエルが突然死んで

しばらく落ち込んでいましたし

購入も検討していたのですが

なかなか飼育は大変なので

悩んでいましたがチビが数匹捕まえてきて

彼も飼いたいとのことで

四苦八苦しながら2週間が経ちました





とにかくチビが捕まえたカエルが小さく

餌が上手く食べられなくて・・・

彼は必至で虫を捕まえて食べさせたり

私は私で蚊に刺されまくりながら

庭で色んな虫捕まえて食べさせて

彼と出会った頃は蚊で逃げてた私ですが

カエルを飼うようになってからは

生きたコオロギも手づかみ

それもカエルが可愛いから出来ること




同じ場所から捕まえたカエルですが

私が飼うカエルは話しかけると

ちゃんと私を見るし表情がメチャ可愛い

けれど

彼の飼うカエルは彼に背を向けるそうで

「ちゃんとお話ししてる

「・・・するの」

「当たり前じゃんっ

「・・・カエルが可愛いって女の人初めて・・・」

不思議なようです・・・





大きな目で見つめられたら

メロメロ

何とか落ち着いて欲しいのですが

とにかく1cmちょい位ですから・・・

毎日ショウジョウバエと格闘しながら

頑張りますっ






Photo






守らなきゃいけないとか

大切なもののためなら・・・

今この子は足を怪我して

飛ぶことも出来ません

でも

一生懸命にご飯を食べること

覚えました

野生に帰せば良いのか

何度も何度も迷いましたが

精いっぱい私に出来ることしよう

そう決断しました

彼に「どうして写真撮らないの?」

そう聞かれていましたが

辛い思い出増やしたくない気持ちがあり

なかなか写せませんでした

しかし

あまりにもあどけないカエルさんの表情

惹かれました




カエルさんにとっての幸せは?

そう考えると悩みますが・・・




怪我治るかなぁ





--------------------------------------------------------


追記



とても可愛いピョンは

このブログ更新の翌日天国へ行きました

深夜の2時にお薬を塗り様子を見ましたが

段々動けなくなりグッタリ・・・

最後に思いっきりジャンプして天国へ行きました

「良く頑張ったね・・・ごめんね」

そう言いながらイイコイイコして

庭へ埋めて手を合わせました

この画像が最初で最後の画像です



愛くるしい目で元気をくれて

本当にありがとう







| | コメント (2)

2013年8月22日 (木)

■夏の思い出・・・



あの日から

もう一週間の日々が過ぎて

何だか寂しい気がします



海水浴に行くための

お買いもの楽しかった

準備も忙しかったけれど

凄く楽しかった



ビキニを選んだり

それに合うマキシワンピ選んだり

ビーチサンダルや浮き輪を用意したり

疲れた体でも苦にならなかった



当日は

あっという間に終わっていて

日焼けの後が夢じゃなかったことを

証明してくれてる気がしています








0418abc




| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

■悲しい 寂しい 花火・・・

世の中はお盆休みでしたが

やっと今日から普段と変わらぬ

日常生活に戻り

嫌いな雰囲気の街の風景が元に戻る



今年は珍しくストレス疲れがたまっていたので

私は土曜日お休みを頂いた

これは”二人の夏”が突然訪れてもと

思いながらの休みでもありました

しかし

上手くはいかないものですね

闘いの日突入




彼はお盆休みで遠く

でも

1日だけ少しだけど

会いに来てくれました




その日

父のいる老健から連絡があり

尿道カテーテルのせいで感染症を起こし

高熱が出ているとのこと・・・

先日面会に行った時の顔が浮かびます

涙いっぱいで「帰ろうと何度も言うのです

本当に辛いです

連れて帰りたいのが本音ですが

私一人で二人の介護と子育てと仕事

正直不可能ですから




彼に会った途端に

涙しました

また実の兄に裏切られたこと

義兄が子供たちにかかったお金を

払わないことなど




なぜ約束したことを守らないで

平気でいるのかがわかりません

実の兄は老健の費用を毎月20万のうち

5万だけは負担する約束でした

がっ

振り込まれないので連絡したら

言い訳ばかり・・・

そのお金をアテにして生活しているので

突然負担出来ないと言われても・・・

自分がされたら怒鳴るでしょうに・・・

父が具合悪くなったと言っても

平気で「もう諦めれば」なんて・・・

何もしないのならお金位工面してくれて

良いのでは???




義兄は月40万給料もらって

子供の障害年金も全て使っていながら

子供にかかった医療費や食費など

請求しても払わない

言っても無視されイライラ・・・



そんなことばかりで

精神的にボロボロで

彼にまた涙を見せてしまいました




その夜




徒歩圏で花火大会が行われる予定でした

今年はそんな気分にもなれずにいましたが

チビが来て行きたいと言うので

用意してたら母も行くとのこと

二人連れて行ってきました




今年は海水浴場に続き

花火大会も凄い人でした

花火の音がなぜか悲しく

キラキラの花火も寂しく感じました

去年は父と一緒にTVで見てたのに



心の中で

「ジジちゃん見えてますか?」

そんな風に語りかけていました




帰り道

日中猛暑なのに

風が秋を感じさせ

余計に寂しくなりました




キレイは心が感じるから

心が寂しかったり悲しいと

キレイと感じないものですね








Photo

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

■ふたつの願いが叶ったBIRTHDAY・・・Ⅱ


さて

先日のブログの続き






この日は午後から天候が不安定

でも

とにかく暑かったので

彼はテントの中で私は外

別居生活

ビーチ用のパラソル付椅子も

買ってもらいSETしたけれど

寂しいからテントの前で彼とおしゃべり

すると私の背中は真っ赤

久しぶりにジリジリ感じた日差し




それから





また海に入り遊びますが

いつものような元気のない彼

いまいち盛り上がりません・・・

人も沢山いたしイチャイチャも出来ない

ちょっとのスキにキス

広い海の真ん中でのキスは特別






海から出てお腹も空いて

昼食タイムです

彼がゴソゴソ取り出したのは

な・な~んと

彼特製の手作りお弁当でした

「今日は少し塩分多くして作ったからね」

「わぁ~っ美味しそう」

「沢山食べてねeipyonが好きなものでしょ

「うんっありがとう・・・」




2013811





本当は私が作らなきゃいけないのにね

前日に私とバイバイした後に買い物行って

早起きして作ってくれたのです・・・

お腹を壊すからって消毒やら凄く気を使いながら

一生懸命に作ってくれたお弁当は

世界一美味しい愛情のこもったお弁当でした

暑いなんて関係ないくらい食欲モリモリ

「eipyonは俺が作ると本当に良く食べるね」

「うんっだって美味しいんだもんっ

美味しいお弁当を泣きながら食べていました




本当は今年はお弁当無理だなぁって

彼言ってたのですが

私のBIRTHDAYだからって・・・

普段お肉が食べられないので

高級牛肉で大好きなアスパラ巻

お野菜の炒めもの

他にもいっぱい詰まったお弁当

素材の味を損なわないシンプルな味付け

これがメチャ美味しくて





お腹もいっぱいになり

一休みして

駄々っ子して海にもう一度入り

”二人の夏”は終了





苦手な高速を走り

いつものホテルへ直行して

慌ててシャワーを浴びて

BIRTHDAYプレゼントを渡され

開封すると

な・なんと

欲しがってた一眼レフよりも

新型の一眼レフがっ

「ありがとう・・・」

「ちゃんと大事しないで使うんだよっ」

「う~ん・・・大事かなぁ・・・」




Dscf0414






後は

彼の愛をたっぷり頂き

BIRTHDAYも終了





”二人の夏””BIRTHDAY”

一緒の日にしちゃったから

何だか慌ただしくて疲れもあり

気づけば乾杯もしてないけど

充実した1日でもあり

十数時間の現実逃避の日でもありました





さぁ

後は何を目標に生きていこうかな・・・







彼ちゃま

一眼レフでキレイを撮りに

どこかへ連れて行ってくださいo(_ _)o






| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

■ふたつの願いが叶ったBIRTHDAY・・・



あっという間に8月も中旬

世の中お盆休みのようですねぇ




そのお盆休みの前に

必ずあるのは

私のBIRTHDAY

今年はどうしようか

二人に夏はどうしようか

何て話し合いをしていて

過度のストレスから

先月珍しく闘いの日が

メチャ遅れたせいで

二人の夏の予定があやふや

そんなこんなで

BIRTHDAYは浜辺でお祝い




慌ただしく準備をして

毎度のことながら緊張して

誕生日当日は

苦手な高速で海へ向かいました






Dscn1108





今年は猛暑を通り越すような暑さ

当日は午前8時には高温注意でした

彼は前々日お付き合いのゴルフで

お疲れモードでしたが頑張ってくれました





海水浴場の駐車場は凄い混みよう・・・

毎年行く場所ですが初めてです

駐車場確保して私が寄り道を提案して

少し歩き回ったら彼が具合悪くなり

ど・どうしよう・・・

「帰る・・・

「イヤ・・・大丈夫・・・」

彼は無理をしてくれていました





炎天下の中浮き輪に空気入れてくれたり

荷物の多い私が悪いのに

怒らないで持ってくれたり

私の願いを叶えようという想いが

伝わってきました





海岸にテントを組み立て

彼はダウン

私に出来ることは冷やしたタオルと

水分補給くらいしかありません・・・

そしたら彼が

「eipyon海に入ろうっ体冷やすっ

「大丈夫・・・」

「平気っ

そう言いながら海へ





やっぱり海は気持ち良い

実はこの時私は過呼吸起こして

ちょっと苦しかったのですが

ふと彼を見ると帽子に虫がぁ

「虫ギャーーーーーーーッ

泳げないのに浮き輪投げ出し

彼を置いて逃げ出しました

遠くから彼に

「虫がぁ・・・帽子についてるーーーっ

叫んだら彼が帽子を取り

虫を大笑いしながらはらいました




「おいっ薄情だなぁ

「だって怖いもんっ」

「怖いもんじゃなくて泳げないのに何やってんだよっ」

二人でお腹抱えて大笑い

「復活したぞぉ~っ





砂浜にあがり

青い空と広い海がキラキラ

やっと私に夏が来たんだ





2013811






こんな風に

のんびりと過ごせる時間は貴重な時間

自然は本当に気持ちが良いですね





さて

これからが”二人の夏”

そして

BIRTHDAYですっ




続きは後日更新しますデス

| | コメント (0)

2013年8月 5日 (月)

■愛に理由などない・・・



この人愛して下さい!

そんな風に言われても

愛せるわけないですよね



愛には色々あるけれど

愛そうとして愛せることでも

ないですよね

愛は時間をかけて

互いを知りながら

恋から愛に変化するし

良く彼に

キスの後

「どれくらい愛してる?」

「どこが一番好き?」

なんて聞いてしまうのですが

彼はいつも笑っています

「いっぱい愛してるよ

聞かなくてもわかっているのです

でも聞いちゃうんですね




ただドキドキしちゃう時はどんな時?

こいつカワイイなぁって思う時って

知りたいんだよなぁ・・・

それって女を感じてる時だから




私は

自分が質問されたら

ちゃ~んと答えられるんだけどな




彼は自分よりも私

物を買うでも 食べるものでも

自分は我慢してくれてるって

凄くわかるんです

自分よりも私なんです




これって

凄い愛だと思うんです


あとは

私が幸せで笑顔でいると

彼も同じように幸せそうに

笑ってくれていることに愛感じます




そして




家の事情など良く知る彼は

無理をし過ぎてると激怒します

それも愛だと私は感じています




子供のように時々困らせる私も

彼は受け入れてくれます

これは本当に感謝しています



私は亡くなった姉の子供(障がい児)を

育てていますが本当にかわいいんです

彼らの為なら自分を捨てられる位に

愛しくて愛しくてね



でも



それは自然に愛が生まれたの

愛そうと思い愛したわけでもないのです

彼らの存在が大きくなればなるほど

大切にしたい

守りたい

幸せにしてあげたい

そんな気持ちになるのです




愛って

きっとそうなんですよね




私は彼に大切にされ

守られながら生きています



私は彼を守り

幸せにしてあげられてるのかな?




愛って

自然に生まれるんですね






A







この画像は知らない間に彼が・・・

私は彼が自然な私を写してくれる

そんな画像が大好きです



| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »