« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

■ママで良かった・・・

急に寒くなって

離脱に加わり体調最悪・・・

それでも頑張るしかない




そんな時いつも支えられているのは

姉の残したお兄ちゃん(甥)とチビ(姪)

二人とも知的障がいを持つ子ですが

本当に人の心の中を見抜く力があり

思いやりや優しさを沢山もっています



最近は本当に二人の成長が嬉しくて

可愛くて 可愛くて 仕方ありません

正直「ママ」と呼ばれた時は戸惑いました

亡くなった姉に申し訳ない気持ちと

この子たちのママという責任が持てるか




でも




子供たちは自然に親の背中を見て育つように

ママの背中を見ていたんです

普段ママがしてることを良く見ていて

ママの断薬の説明をチビにしていたら

必死でママの代わりをチビが何も言わずに

お兄ちゃんにしてくれていたり

ママが掃除機かけている後ろを見ると

床を拭いている姿が見えた時には

もう涙が止まりませんでした




「ありがとう」

「ううん暇だったからね」

凄く照れ屋さんなんですチビ

お兄ちゃんはお風呂場の天井まで

キレイに洗ってくれて・・・

「お兄ちゃん ありがとう」

おにいちゃんはママの涙を手で拭って

うなずいてくれて




その話を彼にすると

「嬉しいね・・・今度はパンって訳にはいかないなぁ」

お兄ちゃんもチビも彼が大好き

電話で話したり 色々買って頂いていますし

チビは特に今夢中のギターを用意してくれた

大好きな人なのです





チビはアスペルガーですので

気分の浮き沈みも激しいです

どう扱って良いのか悩むことも多々ありますが

私の決めたことは真正面からぶつかっていくこと

障がいという特別な目では見ないで

良いこと 悪いこと 何度も何度も教えてきました

キレてしまうことも時々ありますが

それが障がいだからとあきらめず

何度も 何度も 自分が同じことされたら

どうするかを考えさせてきています




私の性格を良く知るチビ

昨日車の中で言ったんです

「ママ ○○先生って優しいっていうかハッキリしない言い方なんだよねぇ」

思わず笑ってしまいました

「あのねぇ この世の中にママみたいにズバッと言う人はそんなにいないと思うよ・・・」

「ふ~ん・・・」

子供たちには遠まわしに説明しても理解出来ないので

わかりやすくズバッと言うのでね




お兄ちゃんは言葉でわからない時は

絵に描いたり 紙にひらがなで書く

その上で説明です

その後に再確認で聞き直します

そして目が合うとチュッ

メチャ可愛いママだけのキス



一般的に自閉症の子は目を合わせません

しかし最近お兄ちゃんはママの話を聞くとき

真剣な目で見つめてくるので凄いなぁって思います

お兄ちゃんも社会人になり本当に成長しました

あとママを守ろうという気持ちが凄く強い子で

チビと絡まって遊んでいて「痛いなんて言った日には

チビを抱え突き飛ばして泣くんです

「ダメーーーーーーーーーーッって




二人ともメチャ甘えん坊で

会えばベッタリなのです




今日も二人ともお出かけして

ダウンして1時間半寝込んでいた時に帰宅

キッチンのテーブルにはカワイイお土産が・・・

この間も自分のお小遣いで

ママの集めているご当地キティを買ってくれて



ママ本当に幸せだぁ

子供たちの中にはママがいつもいるんだね

本当にありがとう

ママを支えてくれて

本当にありがとう





0207a




来週は養護学校の個人面談

お兄ちゃんの作業所の会議

毎日バタバタしますが子供たちのため

道標をと思っています

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

■戸惑い・・・

断薬から約1週間

朝寝て 昼起きて バタバタ・・・

仕事は殆ど夕方からだから

何とかだけれど

とにかく起き上がれない




10年以上も飲んだマイスリーというお薬

この薬の副作用で記憶が飛んだり

依存や耐性が出来て眠れなかったり

レム睡眠状態で悪夢ばかり見たし

ちょっとの物音で目が覚めたりで

他の薬に減薬しながら置き換えるとのこと

しかし私は薬に又依存して苦しむのなら

飲まないでいたいから断薬を決意




倦怠感 脱力感 頭痛 吐き気

色んな症状が起こるけれど

自分で決めたことだから・・・

頑張っておりますよ




ところで




彼ですが相変わらず忙しく

仕事が終わるのが夜遅くて

なかなか会えません

ですが

先日も食料品を買いに連れて行ってくれたり

今日も少し遅かったのですが

お洋服を買いに行きました




選んだりしている時は笑えて

メチャ楽しいのですが

それで何だか寂しさが消えて

ウキウキモードになる私

けれど

ふとした時に7年も付き合ってるのに

今までに見たことのない彼の顔が見え隠れ



正直戸惑います

今まで感情を顔に出すような彼では

なかったから・・・

怒られることも多々あるけれど

そんな時の顔とも違う

キツイ顔・・・




休みなしで残業続きで

疲れ果てているから

心にゆとりないのもわかっています

だから私も気遣いが足りないんだなって

帰り道反省が続いています




今までの私じゃ今はダメなのかな・・・

本当の私になっちゃいけないのかな・・・

大人を演じなきゃいけないのかな・・・




そんな風にね




違う考え方すれば

彼が私に本当の自分を出せるようになった

そうなのかもしれない




恋愛

色々あるよね・・・



早く落ち着きたいな

以前のようなマッタリとした

優しい時間を一緒に過ごしたい





06461

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

■ゴースト 私が消えた日・・・

三連休やっと終わりましたねぇ



世の中3連休でも彼も私も

メチャ忙しい日々

まともにジックリ会話したのは

いつだろう???

そんな状態です




ふと気づくと誰とも会話していない・・・

なんて日もあります



新しい車(中古車ですが・・・)の納車も

バタバタと終わりまして

後は支払いのことで頭いっぱい

まだまだ色んな手続きも残っていますが

とりあえずは突然車が止まってしまうような

車に乗る不安から解放されたので良し

しようと思っています




しかし




こんな時に限って薬の調整に突入で

今離脱症状と闘っています

1日寝ていたいような体調でも

働かないといけないし

家のこともママ業もしなきゃいけない




先日カウンセリングに行きましたが

かなり奥深いものでした

先日起こったフラッシュバックのことや

物を失う恐怖感のことをジックリと




カウンセラーさんは元旦那の話には

ビックリ状態でした

今までカウンセリング中元旦那の話は

離婚したこと以外話していなかった位

私の中でも消えていた記憶だったからです

目覚めた記憶をどう対処していこうか・・・

それから物を失う恐怖感についてですが

これは”人の為にしか生きられない”

”死ぬことが怖くない”私が関わっているようです




今まで

自分のことなんかどうでも良いから

周りのことばかり考えて生きてきたから

自分が消えちゃったんだそうで

一番大切な自分を失ったのが原因のようです





私が消えた???

ココにいる私は???

ゴーストになっちゃったの???





そう言えば

一番信頼していた以前の精神科医に言われたなぁ

「貴女は大変だとか辛いだとか言いながらもそれをしないと生きていけない」

そんな風にね




いつからなのかな・・・





今は唯一私が私で過ごせる彼との時間もないし

闘うのも一人

今彼には頼れないから何とか自分でしようと

頑張るけれど上手くいかなくて失敗して怒りを自分にぶつける

いつの間にか彼に凄く頼っていたんだと気づく瞬間



話したいことも 聞きたいことも

沢山 沢山あっても

缶コーヒー2口しか飲めない位の時間では

話すことも 聞くことも出来ない

それでも会いに来てくれるから救いだし




夜遅くに仕事が終わり

疲れ果てた顔しながらも

我が家の冷蔵庫が空になる頃

「買い物行こう

「いいよ・・・疲れてるでしょ

「俺も買い物あるし」

そんな彼の想いが痛いほど感じるし

幸せだと思うのですが





やっぱり寂しい・・・



私が私になりたがってる・・・



ずっと強がって無理してる・・・



弱い私になれる場所がないの・・・





早く落ち着きたいな







Dsc_0635




| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

■私の中の悪魔たち・・・


皆さん

フラッシュバックの経験おありですか?



PTSD(トラウマ)が原因で起こる

とても恐ろしいのがフラッシュバックです

その時何も感じていないのに

突然思い出し悲鳴をあげて泣き叫ぶ

ふとしたきっかけで眠っていた記憶が

スライドショーのように蘇るのです





最近少し落ち着いていたかのようでしたが

自分の中ではトラウマになっていないと思ってたのに

とんでもない形になってしまいました




私はブログの中で幼児期性的虐待や家庭環境で

元々PTSDなのですが・・・




なぜ今頃元旦那にされたことが

夢の中で元旦那が彼に姿を変えて

私を傷つける言動をするのかな




多分

先日元旦那が近所に住んでること

聞いたからなんだろうな・・・



パニック障害を再発するまで

私を追い込んだのに

何で平然と私が築いてきた

仲の良い人の所へわざわざ行くんだろう?

その無神経さ変わんないんだね




あれだけ実家で介護するからと同居を求められ

お前が行けないんだったら俺が週末行くって

行っていた場所は他の女の家

私が妊娠中でつわりが酷い中女から電話が入ると

すぐ飛んで行かれる日々




二人で買い物中も電話が鳴ると

わざわざ外に出て話して急いで帰って

また出かけて行った

携帯電話は絶対に私に見せることはなく

お風呂へも持って行ってた



仕事もしない人で家事もしない

毎日寝るかゲームかばかり

やっと仕事が見つかりホッとした矢先だった

うちの親に責められても私は責めなかったのに

私は姑や元旦那に散々子供が産めないと

ずっと責められてた

なのに妊娠したら協力できないと医師に言った

悩んで 悩んで 赤ちゃんとサヨナラしたけれど

元旦那は病院さえ付き添わず





結婚して家政婦のようだった

手作りの食事しか食べないと言い

お弁当から夜中帰宅する元旦那

専業主婦じゃないからキツかった

夫婦で眠ることもなくHも殆どなかった

それで赤ちゃん産めないと責められ

毎週末姑が我が家に来てた

断っても 断っても・・・




私はPTSDで結婚する際の約束

Hな本やビデオは家には持ち込まないこと

(これはフラッシュバックするからです)

もちろん元旦那はOKでした

しかし仕事をしだしてから約束は破られ

ヌード満載の本やら持ち帰るようになり

官能小説読んでたらしく勃起してる姿見たら

もう私はダメでした




離婚まで拒まれ年数がかかりましたが

離婚して本当に良かったと思っています

もちろん慰謝料もなしでしたが・・・




以前彼と浮気の話をしたときに

「浮気は相手にも原因があるんじゃないかな」

そう言っていましたが私もそう思います

元旦那にとって私は病になり思い通りにならなかった

抱ける女ではなかったから他に女を作った

看病出来ない程私に愛がなかっただけ




離婚した元旦那のことなど忘れていたのに

思い出したくもないのに夢の中で彼に姿を変えて

出てくるのは止めてよ・・・




昨日彼に久しぶりに会ったら

「凄い疲れ切った顔してるね・・・大丈夫?」

そんな風に言われる位に凄いフラッシュバックでした

汗だくで 悲鳴をあげて 涙でシーツが濡れて

胃が激痛で飛び起きたのです

衰弱して起き上がれなくて昼過ぎまで布団の中





私の中の悪魔たちは突然目覚めて

私を苦しめる

私の中のどこに隠れているの?

もう出てこないでよ



20131005_2







今 レイプやDVによるPTSD

幼児期虐待や震災などでPTSDの病と闘っている方

沢山いるようです

どうか良い治療法が見つかりますように・・・



| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »