« ■【続】 映画のワンシーンのような・・・ | トップページ | ■まさか・・・続きの日々 »

2014年8月25日 (月)

■最後は自分が決めること・・・

8月ももうすぐ終わりますね

私の大好きな”夏”ですが

今年は本当にキツくて・・・

チビの夏休みが始まるころ風邪をこじらせ

回復したものの次々と体に異変が起こり

夏が終わりに近づいてきた今

病院通いデス・・・









今年も猛暑でしたが湿度が高過ぎて

この湿度で体温調整出来ない体は

エアコンなしではいられませんでした

仕事は暑い中屋外だったり

エアコンなしの室内でのお仕事ですし

この時期が1年で1番忙しい時期

主婦はみなさん夏休みですからね




仕事も忙しい

チビが夏休みで忙しい

母は認知が進み目も見えない歩けないで

母のお世話や家事の負担も加わり

本当にヘトヘト




体も心も私より素直というか

正直なもので気力や根性では超えられない

先週くらいから酷い眩暈やアレルギーが酷くなり

目が腫れあがり運転も怖いほど見えにくい

仕方ないので病院行き目の下の内部に

発疹が出てるようで薬を続けるよう言われた




そして



女性ならではの出血が生理終わっても止まらず

痛みもあり婦人科へ行き検査

筋腫はもともとあるが筋腫じゃない何かが・・・

とりあえず血液検査して結果待ち

来月は痛い子宮体癌の検査だ




今月は市県民税払わないといけないから

検査出来なかったよ・・・

大して稼ぎないのに市県民税高いのなんの

毎月所得税取っておきながらなぜ

働くだけ損な国なんだねぇ




仕事の合間とか終わってから病院だし

夜中は仕事の書き物して

翌日どう動けば無駄がないかを考え

朝眠るのが私の生活




彼も仕事が忙しく

色々なことが続き精神的にもキツイ時

それでも会えば無理して私の車に色々

取りつけて下さったり相変わらず優しいです

でも・・・怒られます

あまりにも無理しすぎだと・・・

先日はお兄ちゃん久しぶりのてんかん発作で

翌日グッタリしている実の子を義兄が置いて

仕事へ行きました

もう殺そうと思った位怒り爆発

義兄を怒ったらグッタリのお兄ちゃんを怒鳴る義兄

もうそこで私のストレスは限界越え・・・




精神科の医師にも私怒られました

自分が倒れるよと・・・

同様彼にも言われています

でも・・・

お兄ちゃんには私しかいないんです

私にしか見せないあどけない笑顔

素直に純粋に甘えるお兄ちゃんは心底カワイイ

お腹を痛めて産んだ子ではないけれど

今まで一緒に障がいと闘いながら

一緒に成長してきた愛しい子なのです

私がお兄ちゃんを守っていることシッカリ理解して

言葉は少ないけれど私を必死で守ろうとする

お兄ちゃんの言動は半端ない

その子を誰が守る?

私しかいないんです




お兄ちゃんの真っ直ぐ私を見る瞳に嘘はない

汚れていない心そのものです

私はそのキレイな瞳に命を何度も救われ

今ココにいます




例えこの先私が入院しようとも

お兄ちゃんはメモを残せばその通りにするでしょう

お兄ちゃんは思っている以上に強い子ですから

責任感も強く 負けず嫌い 

甘えん坊は私にだけです

私が彼にだけ子供でいられるように




どんな病であれ

最後は自分で決める

私の心も体も限界はすでに超えている

体も心も悲鳴をあげているのもわかってる

私は死ぬことは怖くはない

それは毎日精一杯生きて

ひとつひとつを終えていき明日はないと

思いながら生きているから




「残された人はどうする

彼に怒られますが私が考えるには

どうにかなると思います

私がしてくれると思うから

ワーカーも児童相談所も動かない

義兄の代わりは本当なら

ワーカーが代わるべきことですから




私は”今”やるべきことをしてるだけ

子供たちが困らぬようにね

でも

まだまだやらなきゃいけないことがある

もう少し頑張らないと




夏の終わりに

もう一度”夏”を感じて

もうひと踏ん張りですかね





Dsc_0115abc





|

« ■【続】 映画のワンシーンのような・・・ | トップページ | ■まさか・・・続きの日々 »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■【続】 映画のワンシーンのような・・・ | トップページ | ■まさか・・・続きの日々 »