« ■ダイエット猛反対・・・ | トップページ | ■バレンタインは感謝の日 »

2015年2月13日 (金)

■気づいていたんだね・・・

ここ数日

少し日中”春”を思わせるような

暖かな陽気ですね

もう2月も中旬ですから

春までもう少し



ここの所

彼は仕事がなく不安定

私は土日祝祭日は必ず仕事

もちろん平日も仕事ですが

それも夕方からの仕事ですので

会える日は少なく寂しいです




そんな時に限って

家で色んな問題が起こり

精神状態メチャクチャ・・・

何で家族にこんな思いさせられるのか

家族と言いたくないのに家族なんだ

それが辛くてね




以前にもココに書いていましたが

また実兄が暴れだしました

私たちの家を勝手に売ったくせに

自分の家を購入して裕福な生活してるのに

今度は将来住む家にしようと思っていた家を

自分の名義にすると言って聞かない

父が亡くなるのを待っていたかのように

父の兄弟たちと何やら悪さをし出した




老いた母へ電話で怒鳴り

それでも気が納まらない実兄は

私に何度も何度も電話してきては怒鳴りまくる

”YES”と返答するまで延々と怒鳴る

途中で電話切れば再び鳴りやまぬ電話

そんな日々が続いてウンザリ・・・




誰に対しても上から目線

頭を下げることも挨拶も出来ない

平気で親や私にまで暴力をふるう

何でも自分が正しいと言い

自分より出来る人間はいないと言う

逆らう者は場所も考えず怒鳴り散し

それがカッコイイと思ってる




年が離れているせいか

私が中学生頃までは凄く優しい兄で

何処にでも私を自慢しに連れて歩き

入学の時などは高いブランドのワンピースまで

買ってくれていた兄でした

そして

兄の服も一緒に買いに行き

私が全て選んでいました




高校の時私は良く学校で倒れ

兄が車で飛んで迎えに来てくれて

病院まで連れて行ってくれたり

私の手料理が大好きで毎朝作っていたり

兄が友達を連れてくると手料理を催促され

自慢げに食べさせてくれていた兄でした




しかし




何処から歯車が狂いだした

兄は毎晩飲み歩いて朝帰り

父や母への反発が酷くなり

父との乱闘が幾度もあり

母が何か言おうものなら

刃向い暴力をふるうようになり

私は何度も母をかばい

着ていた服は切り裂かれ

体中殴られ骨折を数回




その頃から以前の兄は消えていました

人を脅すのは当たり前

何処の店に行ってもクレーマー

父の跡継ぎでしたが仕事もせずフラフラ・・・

挙句の果てに父の実印を持ち出し

父の名義でサラ金から数億円の借金

両親が子供たち3人の結婚費用と貯めていた

数百万円まで手を出していた

その結果

父の経営していた会社は破産

住んでいた家までも突然奪われた




それでも実兄は謝ることもなく

知らぬ間に引っ越ししていた

そこから縁が切れたと思った

もう怒鳴られなくても

暴れられなくても良いんだと

救われた




私は姉の葬儀にも呼ばなかった

なぜなら姉が残した手紙に

”私は弟に裏切られた・・・”

そう書いてあったからだ

姉は実兄のせいでサラ金に脅され

酷い統合失調症になり

もう普通の生活が出来なくなったのだ

死を迎えるまで姉は幻聴でサラ金から

脅され続けられていた

そんなこともあり姉の葬儀に呼ぶつもりは

全くなかったのだが親戚から話が入り

実兄は出席したのだが自分の居場所がなく

そこから再び

怒鳴られ続けられる日々が始まった




実兄は人を騙すことに対して

何も感じない

彼も元彼も騙されている

誰かと仲良くなって話していくと

必ずというほど私が妹だと知ると

「あいつの妹なの?あいつに○○万騙されてる」

そんなことを聞く

幸い妹だからと言って信用されない訳ではなく

反対に苦労してると同情されることが多かった

それが私の救いでしたが

兄妹と思われたくない心でそう思っていた




そんな実兄を今さら信じられるわけもなく

頼ることもないし関わりたくもない

でも家族と言うことで避けきれないことが

嫌で嫌で仕方がない

もう怒鳴られることは嫌だ

何も悪いことをしていないのに・・・

自分の思い通りにならないと

暴れ出す人間を家族と言いたくはないのだ




そんな環境の中にいた私は怒鳴り声に

とても怯えているようで

無意識に何か失敗したりしたら

男の人は皆怒鳴るものだと思っていた

現に元旦那も元彼もそうだったから

まぁ実兄の怒鳴り暴れるよりは

酷くはありませんでしたが・・・




彼と付き合うようになった時に

良く彼に言われました

「どうしてすぐにゴメンナサイ言うの?」

その時初めて無意識に自己防衛で

ゴメンナサイを言うことに気づきました

「俺にゴメンナサイは要らないよ」

彼は優しくそう言ってくれました




でも・・・




心のどこかで男の人は怒鳴るものだと

思うのでしょうね

今日会って話をした時に言われました

最近実兄に怒鳴られているのを

話していましたから

「eipyonさ お財布を遠くに置いて来た時震えてたでしょ」

彼は気づいていたのです

私が震えながらいつ怒鳴られるかと

怯えていたことを・・・




「俺は怒鳴らないよ 怒鳴ったって解決しないもん」

確かに彼は怒るときも冷静に話します

何かあっても面倒がらず話し合います

長い間彼のそばにいますが

彼は私のことを守るためだけはきつく怒りますが

それ以外いつも冷静でいてくれていますので

私自身は怯えているつもりはないのですが

心が・・・無意識に・・・




そんな私に彼は言います

「何かあったら俺が守るからって

彼の器は大きいのです



心理学では怒鳴る男は弱く

相手より劣っていると常に怖れている場合

怒鳴ると書いてありましたが

別に私は色んなことを経験して

何ヶ月も「殺す」と脅かされ続けられた人間ですから

怖いとは思っていないのですが

しつこさに参ってしまうのです

ましてや切っても切れない縁ですから

こんな奴と一生家族でいなければならない

その恐怖の方が強いかもしれません




怒鳴る男は

ネチネチしつこいのが特徴だと思います

今まで怒鳴る人は1回怒鳴って終わりには

なった人はいません

段々エスカレートしていく人ばかり

それが1度でも好きになった人でしたら

残酷な裏切りです




要するに

私は怒鳴られることよりも

もっと恐れていることは裏切りなのだと

きっと思うのだと思います

最初だけ優しくしておいて

自分の女になった途端

別人が現れるのですから・・・







そんなこんなで

メチャクチャイラついたり

悩んでいた私を今日彼が沢山笑わせてくれた

会った途端抱きしめてくれた

お腹が痛くなるほど二人で大笑いして

「筋トレ?腹筋のかなぁ」

彼の笑い声は私を幸せにしてくれました





20150212






       この幸せが

       ずっと変わらぬまま続きますように・・・






|

« ■ダイエット猛反対・・・ | トップページ | ■バレンタインは感謝の日 »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ダイエット猛反対・・・ | トップページ | ■バレンタインは感謝の日 »