« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月17日 (金)

■時間・・・

毎日イライラ

仕事も上手くいかなくて

いろんなことに振り回されて

自分の時間もなくて

自分の居場所もなくて

心の居場所もなくて・・・





前回のブログを読んだ彼から

「寂しい思いをさせて悪かったね・・・」

そんな言葉を言われたとき

ハッって気づいたんだ

私は素直な気持ちをココへ書き残し

楽しかったことも

しあわせだったことも

嫌なことも素直な感情を更新してきましたが

今回の会えなかった日々の寂しさは

かなり辛くてつい・・・

でも彼に謝らせてしまったのも辛かった





仕事なのだから仕方のないことだし

会えなくても必ず電話もメールもくれる

私の体をいつも心配して

優しい言葉をくれていたのに・・・





彼は仕事を終えて私の休みの日

「少しの時間だけど会おう」

そう言ってくれました

「寂しい思いさせてごめんな」って

ほんの30分程度ですが会うことで

私は心が軽くなった





そして





予定していたデートの日あきらめていましたが

なんと彼は仕事を早退してくれて

二人の思い出の地へ行くことが出来ました





久しぶりに闇から抜け出したようでした

去年は父の看取りで行けなかったので

2年ぶりに通る道や風景が変わっていて

二人でビックリしました

「彼ちゃま ランドマークなくなったの」

「プッ・・・あるよぉ~っまだ先・・・」

コーヒーを吹きだして笑われちゃいました

「えっランドマークってMM21にあるんだっけ

久しぶりに二人で大笑いしましたが

は・はずかしい・・・





思い出の地の赤レンガ倉庫

彼はシッカリとリードして下さいました

お買い物してから

お食事は予定通り友人のお店

10年以上も会ってなくて

どこにいるのかも知らなかったのですが

ある日突然TVで友人を見て

今回再会することが出来ました






それから一眼レフ抱えて

二人別行動でカメラに夢中になって

あっという間に帰る時間・・・

仕事している時間や眠れぬ夜の時間は

凄く長く感じるのにね・・・





彼が大切な時間を私にくれた

大切な時間

私は嫌なことも忘れて

頭の中リセットできました




本当に

ありがとう





私が何よりも大切にしているものは

”時間”です

1日24時間は変えることは出来ません

その24時間しかない時間をどう使うか

決められた仕事以外の時間を何に使うか?

仕事 子育て 介護

余る時間などありませんが

ほんのわずかでも”自分”の時間がほしい

そのために毎日その日やることをして

朝を迎える日もあるのですが

次の日彼と会えるかもしれない

そう思いながら頑張る自分がいます





障がいを抱える子がいれば

てんかんの発作はいつ起こるかわからない

高齢の母を抱えれば

いつ何が起こるかわからない

仕事で神経使い家でも子供たちや母の体調見て

テキパキと行動できるよう気が抜けない私がいて

体調悪くても頼る人もいないから全て一人で抱え

時々叫びたくなるほど追いつめられる




だから




”自分”のための”時間”は貴重な大切な時間なのです

その大切な時間を愛する人と過ごせる時間は

とても幸せなのです

子供たちはもちろん愛していますが

その愛は全く別物なのですよね

ママでもなく 娘でもなく

私という人間 女としての私の時間は大切に思います




さぁ

また頑張らなきゃ






0619














| | コメント (0)

2015年4月13日 (月)

■疲れ果てた心・・・


もう寒いのはイヤだ・・・

余計に心冷え切ってしまう

大好きな雨もウキウキしない

毎日イライラ発散する場もなく

眠ることさえ出来ない





唯一私の癒される時間は消えた

いつ彼に会ったのかさえわからない

すれ違いばかり・・・

私の仕事が激減した

彼は急に休むことも出来ないほど

仕事が忙しくなった

喜ばしいことなのだが

心が空っぽになっていく





彼の仕事が入るよう毎日手を合わせ

願っていたのに身勝手な私

仕事がないと苦悩する彼を見たくなかった

仕事が入らなければ入らないで

会うことをためらう

仕事が忙しければ毎日残業や持ち帰りの仕事

当然会うことは出来ない





そんな風に過ごしてるうちに

私も仕事しないと生きてはいけないから

強引に仕事を入れる

私の仕事はシフト性一度決まったら変更出来ない

そして増々すれ違う





最近は”会える”と思わない

待つと辛くなるから・・・

仕事がなく家にいることも苦痛だし

アテにされイライラが増すばかりだから

夕暮れ時一人車を飛ばす







本当は疲れ果てて眠りたいのに

夕方からや夜の仕事が入っていれば

体が辛くなるから出来ないし

我が家は高齢者の憩いの場になっていて

一人の空間がない

静かな場所で深い眠りを体が要求しているが

そんな場所はここにはない





この気温差でお兄ちゃんはてんかん発作を起こすし

義兄は子供たちに何も食べさせない

昨日は塩さえもなく困り果てた

義兄に何言っても返事すらしない

出てくる言葉は「金がない」だけ

我が家の収入の倍以上あるのに

なぜ???







外へ一人出ると子供たちの顔が浮かぶ

牛乳もパンもない家でどう生活しろと言うのだ・・・

結局両手いっぱい買い物して子供たちに届ける

それを見て義兄は「ありがとう」もない

子供たちの障害年金もすべて使い

子供たちの支払いも滞納状態

それをワーカーさんに言えば施設へと言われる

それだけはしたくないと私は無理をする

この繰り返し





仕事がないが出費は増える

こんな状態で眠れるわけもない

毎日胃が痛い・・・





心の疲れはたまる一方

いっそ仕事も辞めて

何も見えない

聞こえない

どこか遠くへ行こうかな・・・




喜怒哀楽

今の私には”怒”しかない




こんな時は何をしても上手くいかないや・・・




0358a





| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

■愛ってこういうものなのかな・・・

桜咲いたと思ったら雨ばかり

雨は大好きでも衣替えしたいので

今は・・・なんてワガママなことですね




走り続けた障がい児ふたりの子育て

二人とも無事社会人になりました

4月1日チビの社会人第一日目

時計と睨めっこでした

泣いて電話してくるんじゃないか?

すぐに飛んで行けるようにしておりましたが

チビはニコニコと帰宅しました

心の底からホッとしましたねぇ





社会人になり数日ですが彼女が凄く大人に感じ

フォローは必要ですが数日間でこんなにも成長するの?

ってくらいに思います





子供のいない私ですが

男の子と女の子の子育てって違うように思います

男の子は甘えん坊ですし

女の子は成長と共に友達感覚になるみたいです

私が母に望んでいたお友達のような親子に近づいてきて

一緒にいると障がいなど忘れてしまいます

が・・・

そんな時突然出ちゃうのが障がいでガクン

ときてしまうのですがね





お兄ちゃんは最近チビの用意だとかで行くと

ものすごいヤキモチを妬くようになり

またそれがカワイイのなんの

私が決めていること

それは二人平等にすることなので

昨日はお兄ちゃんと電車を見に行き買い物

常に手をつなぎ声掛けしますが

とにかく素直で「はい」とお返事します

昨日は肌寒く風が冷たくて

風からお兄ちゃんを守ろうと

いつもと逆側に立ってる自分にふと気づいて

なんか笑っちゃいました

そして思いました

愛ってこういうものなのかなぁ・・・って





子供のいない私がいうことではありませんが

まず子供に見返りを求めて愛することないですよね?

これぞ究極の無償の愛だと思うんです

けれど子供は親の愛をちゃんと感じてるのだと

私は二人に教わりながら一緒に育ちました





その私を愛してくれたのは彼

いつもニコニコ元気な子に見えていたのでしょう

介護をしながら障がい児二人育てながら仕事してるなんて

きっと想像できてなかったと思います

彼はそれを知り障がいのことを学んでくれたり

子供たち二人に優しい眼差しで接してくれています

最近の二人の成長を一緒に喜んでくれています

子供たちは何の迷いもなく彼に接するのは彼の気持ちを

ちゃんと理解しているのです





そんな彼はチビの時給を聞くと

ものすごく怒りました

障がい者の働く場所は言葉では”社会人”として

厳しく訓練されますが時給は120円

それでも良い方なのです

お兄ちゃんは日給10円ほどです

手にボールペンのインクが付いて帰宅します

時にはタコつくっています

1日中黙々と作業をしているにも関わらず

お給金はほぼない状態です

本当に悲しい世の中だと思います

その現状を知っているのは障がいを抱える

お子さんのいる家庭だけでしょう





彼は初めてその話をしたとき

本当にびっくりしていました

言葉を失いました・・・

それでも「いや」と言わず毎日通うのです

二人とも逞しいです

その分家では甘えたいのです





二人とも頑張りすぎるから気を付けてください

そんな風に言われていますが

私の背中見て育ったからなぁ・・・




でも





私が頑張れているのは彼が甘えさせてくれて

沢山褒めてくれたり

時には叱ってくれたり

ホッとできる時間をくれるからなので

彼らも心のバランスを保つために

1日30分でも1時間でもホッとできる時間

私に沢山甘えてほしいと思います




お兄ちゃんの甘えは全てスキンシップです

イイコイイコやお耳掃除で寝ちゃう子です

寝顔見ると赤ちゃんの頃と変わらないんです

思わずキスしちゃいます




大人も子供も

障がいあるなし関係なく

無防備でいられる時間やスキンシップは

大切な時間だと思います





愛に制限はなく

本当の愛は見返りを求めず

とても純粋なもので

目に見えない絆




Dsc_0569a

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »