« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

■体重がぁ・・・



急に暑くなり衣替えするが

いやはや参りました

ジーンズがほとんど入りませんっ

こんなこと今までなかったのにぃ~っ





食べなくても太るのは

なぜ?

なぜ?

なぜ?

頭パニック





太り始めて時期を考えると

どうも抗ヒスタミン薬を飲み始めてから・・・

パニック障害で痩せてから

身長163cmで体重が43キロを保っていましたが

昨年突然原因不明の蕁麻疹やアナフィラキシーで

抗ヒスタミン薬を飲んで1か月後には体重が45キロになり

少し太った方が良いと言われていたので

それほど気にはしておりませんでしたが

毎日体重を測る度に増加して

もう焦りまくりで落ち込んでます





薬やめたいけれど

やめたらエピペン登場になってしまうし

どうしようと考えました

夜遅くになりますがウォーキングを開始しました

ウォーキングで痩せることはないけれど

体を引き締めることと

過呼吸に良い有酸素運動なので

続けています





あとは筋トレしたりしながら

今のところ40キロ代は何とか維持していますが

洋服が着れなくなることは本当にショックでね・・・

彼に言えば

「大丈夫だってっ今まで痩せすぎなのっ

会うたびに凹む私に段々怒り出しましたぁ

それでもウォーキングの大先輩の彼は

色々指導してくれたり有難いです





私の1日の摂取カロリーは1200カロリーが平均

それで仕事と家事と子育てしていますから

少ないと思いますが体重が増えるのが不思議・・・

調べると抗ヒスタミンは太るようですね





抗ヒスタミンは視床下部にある満腹中枢への刺激が

なくなる事による食欲増進 やグレリン分泌促進による

食欲亢進、体脂肪利用抑制

ストレスを受ける事でグレリンの分泌が促進される事も

知られており過剰なストレスによる食欲増進もグレリンが

関係しているといわれています。

グレリンとはプチドホルモンで成長ホルモン分泌促進作用や

摂食に関与する複数のニューロン調節への関係や

インスリン、中性脂肪、コレステロール値等を変動する事なく

摂食量の増加と体脂肪利用を抑制する事で体重増加を

引き起こすと言われています。





ふ~む





彼に

「成長ホルモンが・・・」

「えっ今から成長するんかい


ビックリしていましたが

確かに胸は良くハリますし

ジーンズだけでなくブラも大きくなりましたから

やはり関係しているのかしら・・・





とにかく今は体重維持しなければっ





そう言えば

今日は彼から突然のプレゼントが

金属アレルギーになりチタンばかりになった私に

彼がチタンでブレスレットを作って下さいましたっ

チタンは固くて大変なのですが柄まで入れて下さって

もう感激

彼は本当に器用で何でも作ってしまうのです

ありがとう





Photo















| | コメント (0)

2015年5月21日 (木)

■優しい眼差しのアナタに会いたい・・・


ご無沙汰しております

久しぶりの更新になっちゃいました

先週はスケジュールに空きがないほど

かなり過酷な日々を送っておりました





そんな忙しい中でも

私には会いたい人がいます

どんなに疲れていても

会うだけでホッと出来る人がいます

もちろん彼です





彼は仕事が何とか一段落して

ほぼ定時に終わるようになりましたが

私は・・・

会える曜日は限られその曜日は彼に伝える

それしか会える方法はないのです






なかなか会えなくても

彼は「寂しい」とかも言いません

会えない日が続きすぎると

寂しさや不安が爆発しそうになります

あれこれと考えなくて良いことまで考え

悩んで 苦しんで・・・

確かに会えなくても心ひとつなのかもしれませんが

会うことでしか埋められない寂しさや不安があり

その思いが蓄積されればされるほど

ネガティブになっていくのですよね





私が今まで良い恋愛してこなかったから

こんな風になってしまうのかな?

彼に出会い変われると思ってた・・・

彼だけは裏切らない

彼だけは信じようって

何度も何度も話し合って始まった恋愛だけど

私が彼を必要としていても

彼は私を必要としているのかさえ不安になる夜

多々ありました





また彼は仕事がなくなり

先行き不安になって

そこに色んな事が加わり

珍しくとことんネガティブになっています

私が出来ることは一緒に笑ったり

愚痴をこぼしたりして

気持ちを楽にさせてあげることくらい

そして

優しい彼に甘え頼る人が多いから

私は頼りたいことも助けてほしいことも

彼には言わない





もともと私は何でも一人でしちゃうし

「もうだめ・・・」なんて負けるようなことはしないし

正直メチャ自分に厳しい人間だと思う

その分人にも厳しいのかもしれません

私が大嫌いなのは自分が出来ることを

努力もせず人に頼ること





もちろん私自身も頑張って努力して

それでもダメなときは誰かに教えていただくことも

ありますが最後まであきらめない

彼に助けを求めれば快く引き受けて下さるのは

わかっていますが彼が今度は限界になる

これではカワイイ女とは言えないのかもしれませんね





でも





どんな強気な私でも

心だけ甘えたい時がある

彼の優しい眼差しの中無邪気に笑いたい

そんなときもある

時間を忘れてのんびりと会話をしたり

じゃれ合ったりしながら

嫌なことも忘れられる

そんな日が欲しくなる




手をつないで街を歩いたり

アナタから突然腰に手を回されたり

首筋にキスされたりされると

自分が女だと思えるのよ

いくらキレイになりたくて

洋服たくさん買っても空しい・・・





最近太ってウォーキングを始めた

仕事が終わって食事済ませてから

夜の9時や10時に歩く私を彼は心配する

急激に始めたのでこれまた激怒されたけれど

続く過呼吸のためでもあるし

夜一人で考え込むのが辛くなったのもあるけれど

太って痩せないなら体を引き締めたかった






彼は私の裸をしばらく見ていないから

まだ痩せすぎと言うけれど・・・

男と女では違うのよ

女性は愛する人のためにキレイでいたい

そう思うものよ





でもね

効果ないのかなぁ

痩せないの




0412a





| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

■だから私は倒れない・・・


はぁ

やっと長いGWが終わったぁ




今年のGWは彼も忙しく

お互いに仕事となり

会うことは出来なかったけれど

すれ違い感も少なく

疲れ果てた彼には申し訳ないけれど

何とか無事乗り越えられた気がします





お兄ちゃんのてんかん発作後

なかなか体調が戻らず病院だったり

自分も仕事に子供たちの役所関係やら

病院やらで本当に忙しくて・・・

この数日間は過呼吸を1日数回繰り返しています

仕事中は神経張りつめているせいか

意外と起こらないのですが

一人のときに良く起こります





先日もスーパーで買い物中

メチャ苦しくなり慌てて車に戻り

薬を飲んで休みました

この過呼吸はてんかん発作と似ていて

一度起こると繰り返すことが多いのです

薬も今抗てんかん薬を寝る前に服用していますが

お兄ちゃんと同じで発作は本人の意思では止められない

発作後もグッタリしてしまうのも

同じかなぁ





睡眠も相変わらず取れていなくて

毎日夢を見ます



外が明るくなるころ眠れて

気づくと10時過ぎてて

何てだらしのない生活してるんだろう・・・

そんな風に落ち込む日々でもあります

精神科の先生は「それで良いんだよ」

そう言いますが・・・

違う病院の医師に以前言われたことがあります

「規則正しい生活とは自分の生活のリズムに合わせて

作るもの 夜勤の人は夜勤の人のリズムになるでしょ」


私はその話をされたとき救われましたが

これで本当に良いのか不安になる時があります





今現在私の仕事のシフトが夕方から夜

日中は家事や役所や病院など

仕事して帰宅して食事して家事して

落ち着くのが10時とかかなぁ

それからシャワー浴びたりしてから

仕事の書類を書いたりして・・・

早く寝ようと思い布団に入るが全く眠れず

外は明るくなって母が起きてる





もう離脱症状の苦しみは繰り返したくないから

睡眠薬は飲まないと決めたから

眠れなくても仕方ない・・・

さすがに全く寝ないとフラフラになるから

2時間でも寝ようと思いながら眠る

でもGWは子供たちがいるので

そうはいかない

そうなってくると体も心もクタクタになる

長期の休みなど必要あるのだろうか?

毎年そう思う





人ごみが苦手な子供たち

両親が揃っていてノンビリと遊びに行く

そんなニュース見せたくはない

肝心な子供たちの父親は仕事だしね・・・

子供が具合悪かろうが関係ない

医師も福祉関係の方も”虐待”と言う

だから施設に入れろと言うが

いずれ自立させなきゃいけないから

早い方が良いと簡単に言うが

なぜ障がいを抱える子だけに”自立”を求める?







仕事もしないで親の金で生活してる健常者

この世に沢山いるじゃない

その挙句に事件を起こしたりも多い

親はいつまでも生きてはいない

それは健常者も障がい者も同じ

なのに障がいを持つ子は養護学校を卒業したら

どこででも言われるのですよ

「あなた方は今日から社会人です」と・・・

いつまでも学生気分では困ると厳しく指導されます

その差はいったい何なのだろうと

私はいつも疑問に思う

お兄ちゃんの作業所では日給160円ですが

親が口出そうものなら凄い口調で言われます

「もう社会人なのですから

そして

チビの作業所の入所式でも

「社会人なので仕事を休む際も本人から連絡です

「送迎も絶対にしないで下さい社会人なのですから

確かに成長には必要なことですが

場に慣れるまで普通の子の数倍かかるのに

今まで親が送迎して養護学校言ってた子に

いきなりですよ・・・

まぁ 学校の最後の方はガイヘルさん利用して

練習とかしますがね・・・







健常者であれ障がい者であれ

自然な形で子離れ親離れの時期がくる

それはいつなのかは人それぞれ

その時がくる日まで遠くから見守り

子離れの時期が来たら

そっと背中を押してあげては

だめなのでしょうか?





私はその時まで頑張る

親の愛情知らない子に育てたくない

愛情たっぷり感じて時には反抗もして

ゆっくりの成長を積み重ね

大人になっていく姿を見たい

私が倒れたら即施設行きが決まる

だから私は倒れない




彼は一番心配している

そして

何もしてあげられないと

辛い顔をしますが

愚痴や弱音を聞いてくれる

それだけで頑張れるし

心の奥底にいる幼い私を見せ

たっぷり愛情を感じられると

その愛情を子供たちへ分けられる




昨日はお兄ちゃんと電車を見てる時に

彼が突然現れビックリ

手には大きな花束

「これお母さんに渡してくれる?」

「ありがとう」

彼は子供たちにも母にも優しくしてくれる

子供たちの食材も助けて下さる

子供たちも彼が大好きなのです





さぁ

今日も夜仕事だぁ




過呼吸に負けられないよね





Photo

      「盆と正月がいっぺんに来たみたい」

      実は今日”母の日”だけではないんです

      お誕生日でもあるのです

      私からはネックレスを奮発しました

      

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

■笑いたいなぁ・・・[平凡な日々が欲しい]

久しぶりの更新




いやぁ

毎日予定外のことが起こり

曜日の感覚もなくなって

集中力もなく怪我がするし

参りましたぁ





世の中GW気分だけど

そんなの無関係な私には憂鬱





体も心もクタクタ

気づけば必ず飲まないといけない薬がない・・・

今日慌てて病院行ったらメチャ混み

風邪流行ってるみたいですねぇ

この急な暑さで体調崩す方も多いようで

救急車の音が5分おきに聞こえるので

嫌な気分でしたが・・・





昨日(正確には一昨日)午前中に

お兄ちゃん酷いてんかん発作

てんかん発作は見守るしかないのですが

今までと違いチアノーゼ起こり

心臓病もあるのでしばらく様子見ていましたが

回復せず救急車

この季節の変わり目発作が起こりやすい上

作業所の従業員も新しく入った人もいますし

仕事内容が変わりポロポロ泣いていたこともあり

かなり精神的にきてたのもあるのでしょうが

バカなネグレクトの父親が急に遠くの田舎へ

2週連チャンで連れていき大渋滞に巻き込まれ

夜遅くに帰宅してお風呂も入れないくらい

グッタリだったので注意はしていたのですが・・・





最近私の顔見るとポロポロ泣くので

辛いのかなぁなどと思っていたら

今回は見ていられないくらいの発作で・・・

明日もう一度病院連れて行きますが

この二日間食事も食べてる時間もなかった





彼が心配してメールを頻繁にくれました

会いたい気持ちが溢れ泣きそうになりました

でも自分が幼いころのような思いを子供たちに

絶対させたくないので今は”ママ”にならなきゃって

自分の気持ちを抑えながら頑張り続けています





この間会ったとき

メチャ甘えたくてワガママ言いました

彼はお持ち帰りの仕事があることを告げず

私のワガママに付き合ってくれました

最近会えない日が多くて

時々思いっきり甘えたくなります

じゃれ合いたい時があるんです

彼は大笑いしていますが

そのままの私を受け入れてくれること

本当に幸せだなって思います





色々あり過ぎるけれど

このGWを乗り切らないと



0731



平凡な日々の中

ちいさな幸せを感じ

穏やかな気持ちで暮らせること

それが一番幸せなことですね

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »