« ■笑いたいなぁ・・・[平凡な日々が欲しい] | トップページ | ■優しい眼差しのアナタに会いたい・・・ »

2015年5月10日 (日)

■だから私は倒れない・・・


はぁ

やっと長いGWが終わったぁ




今年のGWは彼も忙しく

お互いに仕事となり

会うことは出来なかったけれど

すれ違い感も少なく

疲れ果てた彼には申し訳ないけれど

何とか無事乗り越えられた気がします





お兄ちゃんのてんかん発作後

なかなか体調が戻らず病院だったり

自分も仕事に子供たちの役所関係やら

病院やらで本当に忙しくて・・・

この数日間は過呼吸を1日数回繰り返しています

仕事中は神経張りつめているせいか

意外と起こらないのですが

一人のときに良く起こります





先日もスーパーで買い物中

メチャ苦しくなり慌てて車に戻り

薬を飲んで休みました

この過呼吸はてんかん発作と似ていて

一度起こると繰り返すことが多いのです

薬も今抗てんかん薬を寝る前に服用していますが

お兄ちゃんと同じで発作は本人の意思では止められない

発作後もグッタリしてしまうのも

同じかなぁ





睡眠も相変わらず取れていなくて

毎日夢を見ます



外が明るくなるころ眠れて

気づくと10時過ぎてて

何てだらしのない生活してるんだろう・・・

そんな風に落ち込む日々でもあります

精神科の先生は「それで良いんだよ」

そう言いますが・・・

違う病院の医師に以前言われたことがあります

「規則正しい生活とは自分の生活のリズムに合わせて

作るもの 夜勤の人は夜勤の人のリズムになるでしょ」


私はその話をされたとき救われましたが

これで本当に良いのか不安になる時があります





今現在私の仕事のシフトが夕方から夜

日中は家事や役所や病院など

仕事して帰宅して食事して家事して

落ち着くのが10時とかかなぁ

それからシャワー浴びたりしてから

仕事の書類を書いたりして・・・

早く寝ようと思い布団に入るが全く眠れず

外は明るくなって母が起きてる





もう離脱症状の苦しみは繰り返したくないから

睡眠薬は飲まないと決めたから

眠れなくても仕方ない・・・

さすがに全く寝ないとフラフラになるから

2時間でも寝ようと思いながら眠る

でもGWは子供たちがいるので

そうはいかない

そうなってくると体も心もクタクタになる

長期の休みなど必要あるのだろうか?

毎年そう思う





人ごみが苦手な子供たち

両親が揃っていてノンビリと遊びに行く

そんなニュース見せたくはない

肝心な子供たちの父親は仕事だしね・・・

子供が具合悪かろうが関係ない

医師も福祉関係の方も”虐待”と言う

だから施設に入れろと言うが

いずれ自立させなきゃいけないから

早い方が良いと簡単に言うが

なぜ障がいを抱える子だけに”自立”を求める?







仕事もしないで親の金で生活してる健常者

この世に沢山いるじゃない

その挙句に事件を起こしたりも多い

親はいつまでも生きてはいない

それは健常者も障がい者も同じ

なのに障がいを持つ子は養護学校を卒業したら

どこででも言われるのですよ

「あなた方は今日から社会人です」と・・・

いつまでも学生気分では困ると厳しく指導されます

その差はいったい何なのだろうと

私はいつも疑問に思う

お兄ちゃんの作業所では日給160円ですが

親が口出そうものなら凄い口調で言われます

「もう社会人なのですから

そして

チビの作業所の入所式でも

「社会人なので仕事を休む際も本人から連絡です

「送迎も絶対にしないで下さい社会人なのですから

確かに成長には必要なことですが

場に慣れるまで普通の子の数倍かかるのに

今まで親が送迎して養護学校言ってた子に

いきなりですよ・・・

まぁ 学校の最後の方はガイヘルさん利用して

練習とかしますがね・・・







健常者であれ障がい者であれ

自然な形で子離れ親離れの時期がくる

それはいつなのかは人それぞれ

その時がくる日まで遠くから見守り

子離れの時期が来たら

そっと背中を押してあげては

だめなのでしょうか?





私はその時まで頑張る

親の愛情知らない子に育てたくない

愛情たっぷり感じて時には反抗もして

ゆっくりの成長を積み重ね

大人になっていく姿を見たい

私が倒れたら即施設行きが決まる

だから私は倒れない




彼は一番心配している

そして

何もしてあげられないと

辛い顔をしますが

愚痴や弱音を聞いてくれる

それだけで頑張れるし

心の奥底にいる幼い私を見せ

たっぷり愛情を感じられると

その愛情を子供たちへ分けられる




昨日はお兄ちゃんと電車を見てる時に

彼が突然現れビックリ

手には大きな花束

「これお母さんに渡してくれる?」

「ありがとう」

彼は子供たちにも母にも優しくしてくれる

子供たちの食材も助けて下さる

子供たちも彼が大好きなのです





さぁ

今日も夜仕事だぁ




過呼吸に負けられないよね





Photo

      「盆と正月がいっぺんに来たみたい」

      実は今日”母の日”だけではないんです

      お誕生日でもあるのです

      私からはネックレスを奮発しました

      

|

« ■笑いたいなぁ・・・[平凡な日々が欲しい] | トップページ | ■優しい眼差しのアナタに会いたい・・・ »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■笑いたいなぁ・・・[平凡な日々が欲しい] | トップページ | ■優しい眼差しのアナタに会いたい・・・ »