« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月18日 (木)

■時には・・・



いつの間にか梅雨入り

でも

晴れの日が多かったなぁ・・・

今夜は大雨みたいですが

この部屋では大好きな雨音は聞こえない





何だか色々あり過ぎて

彼も私も相変わらずすれ違いばかり

それでも彼は私の会える曜日を覚えてくれて

なるべく会えるようにしてくれています

私としてはスゴク嬉しいです





最近暑くなって肌を出す服着てるせいか

会うとイチャイチャ

考えてみたらいつHしたんだろう・・・

本当に神様のイタズラなのか

彼が忙しくなると私のスケジュールが空いたり

私が忙しくなると彼が暇になって週休二日になったり

ノンビリと二人で過ごせる時間がなかった

それに元々彼の仕事は日中ですし

私の仕事は殆どが夕方から夜ですし

土日も私は仕事ですしねぇ・・・





そんなわけで

先日お誘いがありまして

彼がキレイなラブホ見つけてくれて

初めて行きましたっ

ちょっと遠いし初めての場所で

少々緊張しましたがホテルの到着したら

そんなことも忘れて大はしゃぎ

彼は大爆笑してました





二人で食事してノンビリと過ごす時間大好き

でもeipyonお腹出ちゃうから少しだけ食べた

太ってから初めて見せる裸に幻滅されたら・・・





彼は太ったとは言わないのっ

今までがガリガリ過ぎだっただけっ

そう言ってくれますが女性は気にしますよね・・・

自分で自分の裸見ないし

体重計での数字でドカーンと落ち込む

けれど彼は胸が大きくなった

お尻はもっと大きくなってっ

慰めかもしれませんが言ってくれた





一緒にお風呂も大好き

バスタブでお話しながら汗かいて

いつも先に彼がギブアップ

後からバスタオル巻いて部屋に行くと

「ほらっ背中ビショビショじゃないかぁ~っ

すっかり父の顔になってます





すっかり二人くつろいでしまい

時間が・・・・・

ペタッして 愛されて

彼だけに見せるたった一人の女






また二人でお風呂に入って

はしゃいで遊んで

着替えてたら日付が変わってた





帰り道ドライブしながら

彼が昔夜景を見せてくれた道を通り

真夜中のドライブを楽しんで

あっという間に夢のような時が過ぎて

現実に戻っちゃった・・・





やっぱり時には

頑張らなくて良い私でいられる

そんな時間が必要だし

ママでもなく 娘でもなく

この世でたった一人の本当の私

女に生まれたのですから

愛されたいな





Ai1







| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

■キレイな空と笑顔



久しぶりの更新

以前のように頻繁に更新が出来ない

ココに残したいこと沢山なのに

毎日時間が足りない・・・

5月 6月は子供たちの行事が多くてね

二人とも社会人になりましたから

行事に参加して少しでも売り上げ多くなるよう

協力するのも親の役目です

安い賃金ですから10円でも20円でも

皆のお給料が増えたら良いなって思ってね





5月の最後の土曜日は障がいを持つ方の集まりで

BBQに参加しました

子供たち二人&母を連れての参加

本当は気の合う仲間だけのはずでしたが

知らぬ間に障がいを持つ主催者が友達も誘い

2日前にどんでん返しくらいまして

急遽車2台で行くはずが乗り切れないとなり

私たちの他はバス利用になり荷物を全部私の車へ





BBQ会場まで慣れない道

私にしては長距離でドキドキなのに

荷物積み込まれたら遅れることも

途中リタイアも出来ないのである






当日の朝眠れないまま出発

子供たちはルンルン

そうなんですよね

こんなに一緒に車に乗って出かけたのは

初めてですしね

ナビを使いながら行くが何か違うぞっ

そこでチビナビ登場です

チビは道を覚えるのが得意なので

ママを誘導してくれます

「ママここは左から来たから違うよ

「ここ曲がるとさっきの道出るから右

もうバターになるかと思うほどグルグルまわり

集合時間ギリギリで皆が手を振り待ってた





休む間もなくBBQの準備しながら

炎天下の中高齢者や障がいを持つ人を長時間

日陰もなしでは危険だと思いまして

彼ちゃまから二人の夏用のイス&パラソルを借りて

準備して座らせたりとバタバタ・・・

気温32℃

火を熾し座る暇なく次々焼く

暑いけど炭の方が熱い

タイミングみてお兄ちゃんのトイレ声掛け誘導

他の方の水分補給や熱中症対策etc・・・

その繰り返しで一口も私の口には入らず

水分補給だけはしてました





そんな状態になると心配して

遠くからボラで夜勤明けでご夫婦が来てくれて

一生懸命私を助けてくれました

いつも子供たちのこと考えてくれたり

助けてくれるんです

このご夫婦は亡くなった従姉の親友なのです

奥さんが従姉と大親友で従姉夫婦と

良く会って 旅行とかもしていたようなのですが

私は従姉が亡くなった日に出会いました

ご主人の方は人見知りが酷くて・・・

そう聞いていましたがすぐに意気投合して

それからご夫婦と仲良くさせていただいていますが

これも従姉が私が困らぬよう会わせてくれた縁

私はそんな気がします




BBQの片づけをしてから

海でひと遊びしました

これは私の夢でした

行こうと思えば行けるのですが

障がいを持つ子供二人を一人で見るのは

海やプールは危険なので・・・

私の夢を知る従姉の大親友のご主人が

真っ先に海に入り子供たちと遊びました

お兄ちゃんは怖々と入るので私と手をつないで

水鉄砲で遊んだりヤドカリ採りしたり

皆下着までビショビショ





やっぱ海は良いなぁ

空はキレイだし

雲もキレイだし

潮風も気持ちよいし

太陽で海がキラキラしてキレイだし

そこに子供たちの笑顔があって

本当に頑張って来て良かった






午後3時頃現地解散

行きより沢山荷物積まれましたが

子供たちはルンルン

長い長いトンネル出たら現実だけど

パワー貰った気がしました




Photo



       この日空を見て

       「eipyonちゃん雲キレイだね」

       そう言った友人に

       「あれ多分地震雲だと思うよ・・・今日気を付けないと」

       そう言っていたのですが

       やはり地震雲だったようで

       「本当に地震きたっ

       そうメールが届きました

       自然は凄いですね

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »