« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月27日 (月)

■これが私・・・

いやぁ~っ

毎日暑いですねぇ~っ

地球がおかしくなってるって

年々思わせられる異常気象

でも自然には逆らうことは出来ないから

自然に任せるしか方法はありませんね






ところで





先日のある日

仕事へ行く前に母の用事で銀行へ

車を走らせていました

日中で1番メチャクチャ暑い時間帯です

すると対向車の動きがおかしく

通行人は振り向いているので

ん???と思いながら運転していたら

目の前に一人のおじいちゃんが車道で倒れて

ヨロヨロ動けず自転車も車道で倒れていて

慌てて車を止めておじいちゃんに声をかけ

倒れた自転車を起こして家がそこだと

目の前を指さすので

片手におじいちゃん片手に自転車を抱え

指さす家へ向かいました





しかし 何かおかしい・・・







「自転車はココに置くんだ」と説明された場所は

アパートの裏の幅30cm位の場所で・・・

「おじいちゃんココに置けないよ~っ」

「いつも置いてるから大丈夫だよ」

とりあえず自転車を置きフラフラのおじいちゃんを支え

家に行こうとしましたが・・・

「ココ家じゃない・・・のかな???」

ヤバイ認知症だと思い警察に連絡

怪我もしてるし軽い熱中症起こしてるようと伝え

動かすのはこれ以上危険だと思い

日陰でおじいちゃんに声をかけながら

すぐ近くの販売機でお水を買い飲ませ

警察が来るのを待ちましたが来ない





おじいちゃんはお水をゴクゴクと飲み

少しづつ飲ませていたが私からペットボトルを取る

かなり喉が渇いていたらしい

ズボンは排尿で濡れて怪我で血が・・・

警察を待っている間おじいちゃんは言いました

「俺は息子と二人暮らしで誰も面倒見てくれない」

「頭がおかしくなったんだ・・・」

何だか亡くなった父と重なり

「おじいちゃん大丈夫だよっ

おじいちゃんは涙ながらに話していました

不安でいっぱいなんだろう





警察が着いたのは30分位してからで

マニュアル通りの尋問でおじいちゃんは

?????

答えられるはずありません

私が通訳替わり

カバンの中身は私にしか見せないので

身分を確認するために見せて頂きました

免許証から携帯から大事なメモ帳

お財布の中身まで見せてくれました

「おじいちゃん私よりお金持ちやん

「そうかなぁ・・・」






結局判明したおじいちゃんの家は遠く・・・

警察官は本部との連絡で怪我ないとか言うので

「ココ血が出てるし腫れてるよ

また訂正を本部へ

そんなやり取りばかりで時間ばかりかかり

おじいちゃん軽い熱中症起こしてるし

フラフラで歩ける状態ではないので

早くと怒鳴りたくなったが我慢したけれど

このまま歩いて20分近くかかる警察まで行くとのことで

ぶち切れました

「こんな状態で歩ていけると思うの?フラフラじゃない

「・・・・・」

「いいよっ私の車乗せて連れていくからっ

「それは・・・規則で・・・」


また本部と連絡してパトカー到着





おじいちゃんに向かって冷たい態度・・・

「あのね・・・こうなりたくてなってるんじゃないの手荒なことしたら許さないからね

「はい」


ともう一人の警察官が笑顔で言ってくれたので

「おじいちゃんこの車に乗ればおうち帰れるからね大丈夫だよ

パトカー乗せることもしないので頭ぶつけないよう乗せて

「おじいちゃんお水残ってるから飲んで」

「はい ありがとうございました」





こんなやり取りで1時間半以上かかり

最初に来た警察官に深々とお礼を言われ

「お仕事間に合いますか?」

きゃ~っ

「すぐ行きますっ

と仕事へ行きましたが銀行が終わってました





しかし





この暑い中人が倒れていても

誰も助けないなんて悲しいです

時間がかかるから?

関わりたくないから?





今現在徘徊した高齢者の死亡数半端ないんです

徘徊は時間問わずですから家族が24時間目を離すな

そんな感じになっていますが介護している家族は

トイレさえいけないの???

夜中も起きていなきゃいけないの???

全ての高齢者の方が訪問介護を受けられると

思っていますか?

全ての人が施設など利用できると思われていますか?





年金だけでは何も利用できないのが現実です

まだ家族が数人いて交代で介護しているなら

まだ良い方ですが現実は介護を高齢者がしてる

老老介護や頼る身内もいない一人暮らしの高齢者の方が

多分多いと思います





我が家は父の年金額がそれなりにあり

私も働いていたので苦しかったけれど

訪問介護も施設も利用できましたが

それでも徘徊は避けられませんでした

明け方乗れない自転車で出ていき血だらけで

見つかったこともありましたし

いなくなってマンションの方々や施設の方々

みんなで探して下さって見つかったこともありました

ですので可哀想ですが玄関にうち鍵を付け

寝ている間だけは使い徘徊を防ぐことにしました





介護の大変さを知っているので

私には見て見ぬふりは出来ませんでした





彼から電話があった時警察官とバタバタしていて

説明が彼に伝わっていなかったらしく

電話をもう一度くれて「どうしたっ」と言うので

話したら笑うんです・・・

「eipyonらしいわ」って





数日後少し会い話した時に

「俺は出来ないな・・・」

「何で???」

「してあげたい気持ちはあるけれど・・・」

「じゃあ何でしないの???」

「警察は呼ぶと思うけれど一緒にいてそこまでは」

「そうなの・・・私が変???」

「イヤ・・・みんなしたくても簡単に出来ることじゃないよ」





そうなのかなぁ・・・




でも

これが私だから変えられない




おじいちゃんの怪我大丈夫だったかなぁ・・・




後日に警察で来ると言っていたが

その時聞けるかなぁ






0464a_2


私は私らしく

これからも生きていきます






**********************************************************




後日

警察の方へ確認したところ

おじいちゃんは無事だということでした




あの後

ふと冷静になり”あの時”救急車の方が良かったのだろうかと

考えていましたので警察の方へ質問しました




返答は

怪我や意識の状態とのことで

声掛けして返答がなかったり

明らかに車に引かれたようでしたら救急車

頭から出血していて意識がない場合は救急車とのこと

でも警察に連絡して状況を話せば救急隊も来るとのこと





ん~ん




その判断は自分自身ってことですよね

凄く責任重大なことです




でも目の前に人が倒れていたら・・・

通り過ぎることは出来ませんよね





その時

夢中になっていて気づかないこと

彼にも言われました

ドライブレコーダーに残ってるでしょ

って言われて・・・

慌てて確認したら記録されていました




冷静にと思っていても

まだまだダメですね・・・・・








| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

■夏なのに・・・

関東梅雨明け

でも・・・

私の心は土砂降りの雨って感じ





世の中3連休らしいが

福祉のお仕事は関係ない・・・

安い時給ですから数こなさないと

とうてい生活できません

介護職で働く人はホントに好きじゃなきゃ

働けないのが事実

制度は変わり時給上がると思いきや

全く上がるどころか制度が厳しくなり

辞める人が増えていく





移動時間はお金にならないし

書類はどんどん増えていくし

仕事以外の時間が多すぎる

フルで施設で働いても夜勤あっても

サラリーマンの手取りより激安です

それで人が足りないと騒いでも

誰が働くのでしょうか???





人手不足で簡単に雇い

問題を起こされたりしちゃうのは

最初からその人が介護職に不向きで

とりあえず働きゃなきゃいけず

働いてみて大変だと気づき

虐待・・・

これから超高齢化社会になるのに

施設は足りない 人では足りないでは

一体どうなるのでしょう???





今だって人が足りずメチャクチャ

休もうったって代わる人がいない状態

私も高熱で1日だけ休みましたが

その後は何があろうと休みなし






お盆もあり大忙しでした

バカな義兄は亡き姉のお墓にも行かない

姉が可哀想で父のお墓へ行き

その後亡き従姉の家に行き

姉のお墓にお花を買い行きました

お墓をキレイに洗いながら

亡き姉に話しかけていたら

姉はどんな気持ちでいるのだろう?

何か辛かったです





口を開けば「金がない」ばかりの義兄

お兄ちゃんの障害者年金全て自分で使い

良く言うものだ・・・

そのくせお兄ちゃんに怒鳴ってばかりで

ブチ切れそうになる

重度の自閉症の子に怒鳴ってどうすんの?

一緒に何度も何度も教えながら覚えさせる

当たり前のことでしょうが・・・

帽子もかぶらせないで炎天下の中車の中放置

汗だくのまま帰宅してそのまま・・・





そんな状態ですから

親がいても目が離せないのです

その上母も認知が進み

何をするかわからない

働いて疲れて帰宅しても

全く心も体も休まらない





障がいを抱える子の母親が仕事出来ない

そんなことが問題になっていますが

本当は働ける状態ではありません

けれど子供たちの食費も出さない義兄ですから

私が働かないと・・・

だからいつもオーバーヒート状態





そんなこんなで体力戻らぬまま

フル回転しています





当然

彼とも会えません・・・

彼の誕生日のお祝いもしていません

彼も不景気で大変だし

腰もまだ治ってないみたいだしね





今年も”二人の夏”来るのかなぁ???




また今日も彼とすれ違い

私は仕事です




今の私の癒しは

お兄ちゃんのイイコイイコ

「疲れたよぉ」

と言えば自分のお布団の半分空けて

「ココおいで」

お兄ちゃんの笑顔は最高の癒し




でもね・・・




今日脇の下見たら毛がないんです

「お兄ちゃん何これ

「痒いから剃った・・・」


先週は腕の毛剃ってツルツルなんですがね

真面目に返答するので大笑いしちゃいます

でも言いますよ

「お兄ちゃん男の子は剃っちゃだめなのよ」

「はい・・・」





どんどん言葉が増え

会話が楽しくて考えると毎日会話してるの

お兄ちゃんなんだよねぇ

表情も豊かになり大きな瞳がキラキラしてて

愛しくて 愛しくて・・・





私は子供たち守るために生まれてきたんだって

思えます





親がダメだから施設へと何度も言われますが

ちゃんと”その時”が来るまで愛情たっぷりで

接したいと思います






Soraa



       台風が去った後の空はキレイでした










| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

■罰が当たった・・・



毎日 毎日 雨 雨 雨


暑くてタンクトップで走り回っていたと思えば

一気に気温が下がり長袖でも寒い日になったり

それだけでも大変なのに仕事を増やして

ギリギリの心と体なのに

予定がメチャクチャにされることばかりで

眠れないまま突っ走ってきましたが・・・





この2日間38℃~39℃の熱にうなされ

朦朧の中運転して病院へ行き

帰りにポカリなど必要なものを買って

そんな日が続きました

今は37℃代だから凄く楽になりましたが

まだ咳が酷いし食欲もなし

2日間ポカリで生きてました

このまま熱が下がれば良いのですが・・・





本当は今日

私にとって1番大切な日でした

普段休まぬ仕事も休んでいました

今日は彼の誕生日なのです

今日の日のためにプレゼントを一か月も前に買い

キレイな私でいたいからドレスも買って

この日を待っていました




しかし




私は高熱でダウンしてしまい

もう落ち込むどころじゃなく

昨夜も高熱で汗と一緒に涙が零れ落ち

悔しくて悲しくてね・・・

そんな私を知る彼は

「俺は今年誕生日違うんだよっ

なんて優しくしてくれましたが





「罰が当たったんだ・・彼ちゃまの言うこと聞かないから」

この熱が出る前にかなり疲労が顔に出ていたし

限界超えていたのを彼は激怒してたのに

私は自分の限界超えていても突っ走るしかなく

かなり無理をしていたのです




そして







昨日の朝彼から連絡があり

仕事中にぎっくり腰になって帰ると・・・

動けないらしくて

明日も仕事お休みしそうです





そんな訳で彼の誕生日は延期・・・

記念日は絶対に1日でもずれるのが嫌で

今まですべての記念日は当日二人で乾杯してた

でも今年の大切な彼の誕生日は延期





やはり健康一番

元気が一番ですよね・・・




201563



| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »