« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

■穏やかな時・・・



急に寒くなり

気持ちも滅入る・・・

暗いニュースばかりで

気が滅入る・・・





どなたが作ったのか知りませんが

今年のシルバーウィークは休みなしで仕事

唯一の休みはドタキャンした人のピンチヒッター

お彼岸もあり空き時間に別々の日にお墓参りもあり

眠らずお仕事でクタクタボロボロ

日本人が働き過ぎと言うけれど

だったら休めるようにしておくれ

介護の現場休めるわけないし

他の職種だって休めないよ・・・

休みたいって言ったって休めない仕事

多いから今回の大型連休に腹を立てる人が

とても多く感じましたね





忙しくなると思い

彼が食べたいとリクエストしてくれていた

鳥ハムを作りプレゼント

彼は大喜びで美味しそうに食べてくれました

本当は今回使った塩麹が塩分強くて

しょっぱかったんです

「しょっぱいよ・・・ごめんね」

「全然すっごく美味しい幸せ~っ」

そんな風に本当に幸せそうに食べてくれてる彼見てて

本当に優しいんだなぁって思いました





彼に何かを作って文句とか言われたことないですし

正直”無理して食べなくても・・・”と思うほどの失敗作

ありましたがそれでも残さず食べてくれる

そんな人なのです 彼は

食事制限ありの彼になってから

私も色々調べてレシピを作りました

今まで作っていたものとは全く異なるので

不安ながらもチャレンジしますが

いつも幸せそうに食べてくれるので

私も凄く嬉しくなりますし

その幸せそうな彼の顔見てると

穏やかな気持ちになります





本当は手の込んだ料理もしたいけれど

彼の仕事が終わる時間と子供たちが帰る時間が重なり

一番ドタバタな時間でなかなかできず・・・

温かいものは温かいうちに食べてもらいたいし

冷たいものは冷たいうちに食べて欲しいんだなぁ





でも





彼の方が手先器用だし料理も上手かも

私は凄く神経質だから生ものはほとんど口にしない

お肉でもお魚でも火を通し過ぎてしまう・・・

味付けも彼は薄味で私は東北育ちの母の味で濃い味

彼は和食が好きで私は洋食が好きで

人生の中で和食はあまり作らなかったので

む・むずかしい・・・

だからいつも自信がなくてドキドキ

その上急いで慌ただしく作るからあれって感じ





自分のために料理もしなくなった

誰かが食べてくれるから料理は楽しいんだなぁ

元旦那は好きなもの作ると何日でも食べたいと

休みだと朝昼晩と食べていましたね

お惣菜で育ったせいかお惣菜を嫌がり

しんどかった時もありましたが料理嫌いではないので

必ず作ってました

でもね・・・

必ずインスタントラーメンないとダメでイラッとしました

料理人でしたが私に作ってくれたのは

インスタントラーメンとオニギリだけでした

賄い出るのに食べて帰らずで夜中12時とかに

作ってたのですから今では信じられません

まぁ専業主婦の時もありましたから出来たのかなぁ





今は仕事で料理で自分で帰宅してから

夜自分一人分作ろうとは思わない・・・

食べることにも無関心状態

1日1000カロリー以下で動いた分マイナスすると

全く足りない状態で彼に怒られてます

「太るし良いじゃん

と言うと

「太ったとは言わないにのっ体重が増えただけ

どれだけ24インチのジーンズが入らなくなったとき

ショック受けたか・・・

「ガリガリでペタンコだった時より今の方が女性らしいよ」

「もっと太っても愛してるって言えるHしたくなくなるよ

「太ってないっ太らないっ太ったとしても俺は平気っ





ホントかなぁ・・・





0541a


       喜んで美味しいって食べてくれて

       ありがとう

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

■道・・・




季節はスッカリ秋

今年は辛く苦しい年

人生って何が起こるかわからない

当たり前なんてことは何一つない

そう思うようになってから

どんな時も一生懸命頑張ってきたけれど

今年ほど追い込まれた年はないかなって位

何もかも上手くいかない・・・





「いつも笑顔で元気で・・・」

「いつもカッコイイね」

何て挨拶を交わす人たちに

ニコニコとしてるけれど

心から笑ってない 笑えない

気づくと自分が笑ってるときほど

凄く苦しかったり辛かったりだと思った

私が笑ってるんじゃなくて

笑顔にさせてくれてるんだよね





そして




何より相手が笑顔でいると

なぜか元気になれる

凄く辛い時に癒されるのは笑顔

最近そう思えるのです





父が亡くなってから1年以上ですが

母の介護がすぐ始まり

目が段々見えなくなり白内障の日帰り手術と

思っていましたが黄班変性で失明寸前だと判明

大きな有名な病院でしか手術が不可能だと言われ

先日紹介状持って行ってきました

手術は10月と11月に決まりましたが

目だけではなく内科の方もとことん検査するそうで

先日も帰って来たのが夜でした





父の介護は何もできなくても母がいたけれど

これからは母を一人で介護していくんだと実感

こんなことがある度に仕事を休み

子供たちのことはどうすれば・・・

急に不安になってきました





誰もいなくて一人ではなく

兄も成人した甥も二人いる

手術の説明の日もこないと言う

結局は全て背負うのは私なんだ

手術の費用で大変なのに

私が働けない分のお金を

年金でやりくりするので援助は無理だし

手術後どうなるのかさえわからない







彼も今どん底で会えばお互いため息ばかり

このまま2015年を終わりにしたくない

そんな思いを強く感じています





今年は

迷子になったり

でこぼこ道でつまずいたり

大きな穴を見落として落ちたり

それでも何度も何度も這い上がり

前を向いて歩いてきたけれど

でこぼこ道はまだ長い





2015年のカレンダー

残り3枚だけれど

どうにか小さな幸せを積み上げ

”今年は良い年になって良かった

そう言えるように頑張らないと





人生って良いことだけじゃないけれど

あまりにも良くないことが多すぎる







何がシルバーウィークだ

働き過ぎだと祝祭日増やして

税金上げるは物価は高くなるはで

結局休める人はごく一部

働かなきゃ大変になる人も

会社が休めと言われれば休むが

生活苦で大変になってる人もたくさんいる







もちろん私も仕事です

体も心もシンドイけれど

本当は休みたいけれど

生きていくために・・・





13845a



| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

■もっと もっと・・・



愛とは

本当の愛とは無償の愛

見返りなんて求めない






その言葉を教えてくれた彼は

私を一切束縛しないし

誰と何処へ行こうと反対もしない

私に対してこうして欲しいとかもない

怒るのは私が無理しすぎてボロボロになること

それだけは怒るけれどそれ以外怒らない





以前から言いますがヤキモチも妬きません

会えない日が続いても私がないをしていたかなんて

聞くこともないのです

ただ露出があまり多い服は嫌がりますが

体の線が出たり背中の開いたワンピースなどは

彼好みなようですがそういった服を着る際事前に報告

これは絶対です

一緒に歩いていてつり合わないと・・・

それ以外本当に細かなことは一切求めてきません






でも





それが女にとって時々不安になったりします

私は彼を愛していますが会えない日が続けば

何をしているのか不安になったり

会いたい 寂しい など言いますし

どこかに行きたいとか求めてしまいます





だから





時々彼の愛が見えなくなったり

不安になったりします

”私って彼に必要なのかな?”とか

思ってしまう時もあります





最近も夏の唯一の遠出のデートが出来なくなり

二人っきりの時間がその分減ったので

何か妙に不安になったり寂しくなったりで

先日会った時に彼に突然聞きました

「あのね・・・ちょっと聞いて良い?全部とかはダメよ」

「ヤダ

「ちゃんと聞きたいの」

「何?」

「何で私と付き合ったの?どこが魅力的だったの?」

「え~っ直観みたいなもの感じたんだよね」

顔とかスタイルとかに魅力感じたとかじゃないんだ」

「もちろんそれもなくはないけど・・・一番は性格かなぁ」

「そうだよね・・・アレルギーで化粧も出来ないしね・・・」

「そうじゃないよ お互い一緒に過ごすうちに変化するし

話せば話すほどお互いを知って魅力も変わるんじゃない?」

「私必要?」

「必要だし ずっと一緒だよ」





時々不安爆発しそうになったり

自信なくなってくと彼に聞くの・・・




彼は言います

「何度も言うじゃん」

でも恋愛の形が変わり

お互いの気持ちも変化していくんだもの

爆発しそうなくらい不安になったり

自信なくしたりしたときは聞きたいんだよね

それしか安心できる方法ないんだもの

一人悩んでいてもわからないんだもの






”愛してる”の言葉

今の私にはもっともっと言って欲しいし

もっともっと一緒に過ごしたいし

もっともっと思い出作りたい





わかってるよ

今とことん不景気で先行きも見えない

彼も自分自身のことで精一杯だってことも

だから

ワガママ言わないようにしてるし

我慢もしてる

駄々っ子したい時もあるけれど

グッと寂しさこらえて笑顔でバイバイしてる

その分壊れちゃう時もある





今夜は台風

こんな夜いつも思い出す

台風の夜大雨の中

ホテルで雨音聞きながら抱かれた夜のこと

雨音で緊張がほぐれて癒されたんだ





あの日から

雨音が以前に増して好きになったんだよ





もっともっと・・・

欲張りなのかな 私・・・



0525a

      

       今年の私に誕生日に彼の手作りの

       ペアリングです





                                                    





       彼がブログを見てビックリ


      

        「指輪が違う~っ」



0528a1

      


       こちらが今年の私の誕生日に彼が作ってくれた

       ペアリングです

       ペアリング沢山でこの日マリッジリングの話してて・・・

       彼よく気づいたと感心しましたぁ

       私全く気が付かなかった

       ごめんなさいヾ(_ _*)ハンセイ・・・




    

 

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

■負けたら終わり・・・

寒いと思えば

暑いの繰り返し

季節の変わり目はイヤですね・・・





秋って何かもの凄く寂しい季節のように思います

秋の鱗雲は大好きなのですが

何か胸が締め付けられるくらいに

恐怖を感じたり 不安になったり

どうしようもないくらい寂しくなる

今年は夏が短く感じたし

思い出も作れなかったから

余計かなぁ・・・





それに





昨日少し青空久しぶりに見れたけれど

大好きな雨でもなく中途半端な曇りばかりで

そういう時って鬱っぽくなってくし

めちゃネガティブになる・・・

ストレスも増える一方だし

障がいある子供たち二人を私が養うことは

もう限界が来てしまい涙が止まらなくなった日もあり

増々眠れない日々です





実の親は子供の障害年金使っていてもお金がない

我が家の収入の倍あるのにね・・・

そんな奴が暴言吐いて偉そうにしてて

何で罰が当たらないのかな???

”普通じゃないから”と言う役所も福祉に携わる人も

それに対して何もしてくれない

冷蔵庫の中に卵さえなく戸惑うお兄ちゃんを見て

冷蔵庫のあるもので作って食べさせてる時

お兄ちゃんの顔見て涙止まらなかった・・・

その時実の親父は大口開いてイビキかいて寝てた

やるせない気持ちでいっぱいだった





今までそんな子供たちが可哀想で食材も全て買い

服も美容院代やら全て出していたけれど

もう限界・・・

4年間お兄ちゃんのお給料一切使わず貯金してたけど

悩み苦しんで引き出した

ツライ 苦しい・・・・・

もちろん少しずつ返していきますが

自分が情けなくてね






先日彼に言ったら

「それは仕方ないよ・・・」

そう言ってくれたけれど

納得いかないんだ

なぜ障害を持つ子供のために出ている年金を

親が使い子供に食べ物も衣類も買わないのかが

そのお金を貯金していたらもう数百万円あるはず

なのにお金がないからばかりだし

「俺は破けた服着てるんだから子供も良いんだ」

そんな風に平然と言う親います

あいつは子供のお金を使うことに罪の意識はないの???





でも




私は絶対に負けない

負けたら全てが終わるから

ここでもう一度立て直し

頑張って子供たちを守る





皆言うよ

「アナタが倒れたら全てが終わるから無理しないで」って

けれど

何度も言うけれど死ぬこと怖くない私は

毎日精一杯生きて精一杯頑張ってる

悔いのないように

少しずつだけど毎日子供たちに教えると

子供たちはペースは遅いけれど確実に成長して

ちゃんとこたえてくれる





だから

私は負けない



0517a



       久しぶりに見た空

       なぜか悲しい空に感じた・・・


| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »