« ■また君に救われた・・・ | トップページ | ■しあわせの時間はまだ続くのでした・・・ »

2015年12月14日 (月)

■しあわせな時間・・・



皆さま

やっとネガティブなブログ更新ではなく

幸せいっぱいのブログを更新することができます







先日願い叶わなかったデートが出来ましたっ

以前から中華街へ行きたいと言っていたのですが

なかなかタイミングが合わずでしたが

やっと行ってまいりましたぁ





昼間からのデートは何年ぶり?

今年は二人の夏の思い出も作れずでしたから

本当に久しぶりなんですよね

前夜からドキドキワクワクで余計眠れず

約束の時間前には準備OK

すでに彼が家の前で待っていました





車に乗ると久しぶりのドライブ

途中大笑いしながらの会話

天気はあまり良くはなかったけれど

寒くなかったので良かったデス





目的地の中華街は平日だというのに

人が沢山でビックリ

手をつないで歩くとデートっぽい

まずは目的のお店へ向かいました

スマホで道案内見ながらたどり着きました

このお店で思っていた以上時間がかかりましたが

人生初めての体験を二人でして

彼に予想外の高価なプレゼントを頂きました

それはブランドのバッグが買える高額なものでした

私は彼が大変な時だと知っていましたから

ビックリして恐縮してしまいましたが

彼はニコニコと私の願いが叶ったことを

自分のことのように喜んでくれて・・・

本当に嬉しかったです





それから私の大暴走が始まりました





どこのお店で何を買うかを決めていたのですが

「eipyonどこ?」

「わかんない・・・」

一軒見つけては買い

また歩くの繰り返し

「eipyonお腹空いたよぉ~っ」

「じゃあ何か食べよう」


「ココは?」

「ココはマズイよ

「・・・eipyon聞こえるよぉ」

「これ買おうかなぁ」

「やめといた方が良いよ・・・美味しくなかったよ」

「・・・・・」

結局彼は大きな豚まん 私は小籠包

めちゃ美味しかったデス





それからお店も商品名もわからないお菓子を探すが

見つからない・・・

「どんなの」

「ポキンポキン折るの」


「ポキンポキンって・・・・・」

「あ~っこっちの方が小籠包美味しそうだったぁ」

「eipyon・・・さっき食べたところ・・・」

そんなこんなでかなり歩き回り

「eipyon俺もう限界・・・腰痛いよぉ」

「じゃあ帰ろうかぁ」

彼は生まれて初めて中華街をこんなに歩いたそうです






すっかり日が暮れてで休憩して

お土産沢山買って帰るのでした

本当は赤レンガにも行くはずでしたが

夜は雨の予報でしたし彼もくたびれモードで

次回ということでね





帰り道寂しくなって

もう少し一緒にいたくて

少し寄り道して休憩して帰るつもりでしたが

ウフッ

続きは後日更新させていただきま~す





2991abca

|

« ■また君に救われた・・・ | トップページ | ■しあわせの時間はまだ続くのでした・・・ »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

☆いがぐりさんへ☆

コメントありがとうございます。

久しぶりのコメントに感激

読んで下さり思って下さる方がいらっしゃることは

本当にしあわせです。

そして

私の喜びやしあわせを共感して頂きまして

本当に嬉しくポロリ涙が出てきました

今年は本当に色々あり過ぎてしまい

ココで日記を書くように心にため込まずに更新していたら

ネガティブなブログになっていて

頑張りすぎなのかもわからないんですよね・・・自分では。

必死なんです。

優先順位なんてないに等しくて終わらせることで精一杯。

私がしあわせでいれば笑顔が増える=皆がしあわせ

しあわせを見守って下さって本当にありがとうございます

これからもどうか見守っていて下さいm(_ _)m


☆これから”しあわせ”更新予定です

投稿: ☆いがぐりさんへ☆ | 2015年12月15日 (火) 04時05分

eipyonさんがしあわせな時間を過ごせたこと、ほんとうに嬉しいです。
いつもいつもがんばりすぎてるから。
がんばりすぎなきゃみんなを支えていけないのかもしれないけども。
eipyonさんがしあわせでいることでまわりもしあわせになる!と念じてます。
続きも楽しみにしてます!

投稿: いがぐり | 2015年12月15日 (火) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■また君に救われた・・・ | トップページ | ■しあわせの時間はまだ続くのでした・・・ »