« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

■本当は走り回りたいくらい嬉しかった・・・



毎年

彼と思い出の地へ行く季節

彼の仕事や私の仕事の予定

そして大事なお天気ですが

見事にやられました

それに私が体調最悪の状態があり

彼の現場が延期になったり

現場へ行く日が増えたりと

正直あきらめていました





最悪の場合は雨でも行く

行くことに意味があると思い覚悟を決めました

そして私の小さな夢がかなうことが出来ました

彼の仕事が不景気だったり

私の仕事の曜日が変わって夜も土日もになり

本当にお互いの予定を合わせることが

以前より数倍難しくなってることを実感しました





彼と久しぶりのデート

最近二人で遠出のデートは全くしてないので

この日をどんなに心待ちにしていたか・・・

ベランダから天気見ながら

支度をして彼を待ちました

最近またアレルギーが起こるため

化粧もしてなかったけれど

何とかアイメイクだけはしてみました





彼はこの日のために早退してくれました

少しでも早く行けるようにと

彼の車に乗った瞬間ウキウキ

彼の車を見たときキレイに洗車されてた

付き合って10年ですがこういった気遣いが嬉しい

行きの車の中からはしゃぎ過ぎて彼大笑い

だってあきらめてた夢かなうんだもんねぇ





現地到着

カメラに夢中になるから

毎回 毎回 彼から 「買い物が先ねの言葉も

私の頭から消え去り目の前のキレイしか見えてない

彼は”また始まった~っ”と思いながら見てたけど

思い出いっぱい作りたかったんだ





そして





店内でお買い物

私は秘密でこの日のために貯金してて

彼をアクセサリー店へ誘いました

そこで”いつも一緒”を初めて買ってから

何回か彼にいつも一緒を増やして頂いていました

でも彼の会社が大変になりお店へも行こうとしない彼

だからこの日のためにサプライズで

今度は私が”いつも一緒”を選んで購入して

彼へプレゼントしました






彼は申し訳なさそうにしていましたが

たまには良いんじゃない???

実はここで購入したネックレスのチェーンが切れたと

聞いていて私も気になっていたのでね

今回は指輪ではなくペアネックレスを購入致しました





それから食事したんだけど

硬くてナイフが入らないっ

「eipyonナイフ引かないで押してごらん」

「・・・切れない」

彼は笑いながら切って食べやすいようにしてくれました







食事も済んでお土産屋さんへ行きましたが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閉店

またやってしまった

私の経験上ここで怒られる?怒鳴られる?

そんな風に思う私がいるのですが

彼は文句ひとつ言わずいてくれる

慌てて空いてるお店で少しお土産買って

あっという間に全てのショップの電気が消えた





何だか

もの凄く悲しくて寂しい気持ちになった・・・





帰り道車の中でのおしゃべりも楽しいし

なかなか増えない思い出が増えた幸せを実感・・・





本当は熊本の震災の前にいくはずが

ズレにズレまくり震災後になり

正直私の頭の中には”自粛”という文字が浮かんでいました

けれど私も精神的にギリギリの状態で

どこかで発散しなければと思い実行しました







ごめんなさい





今私が頑張れてるのは

あの日があったから





今月3回目の生理(不正出血?)

毎日起き上がるのも精いっぱい

ホルモン剤しか方法がないと言われても

飲めない薬では病院行きたくない・・・

病院変えようかと思っています





そんなこんなで

彼とのラブラブデートも出来ないし

二人で過ごせる時間が減るばかり・・・

だから本当に貴重な幸せな時間でした







彼ちゃま

どうもありがとう






0671aaa


| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

■苦しいだけじゃ生きられない・・・



春になったと思えば

熊本の震災・・・

言葉にならないくらい

ショックで・・・

自分の無力さを感じます

私にできることは義援金

その義援金が早く皆さんのために

使って下さるよう願うしかありません





3.11の時本当に怖かった

私一人で高齢の親や障がいを持つ子

守れるだろうかと必死でした

計画停電や食料不足や日用品が売り場から

すべて消えた

ガソリンさえも並んでやっと入れられる状態

あの時の思いがよみがえり

ニュースを見るたびに鳥肌が立ち

涙が零れ落ちます





今精いっぱい頑張っている方へ

頑張れとは言えない・・・

ただ言えることは応援してる人が沢山いること

忘れないでほしい





3.11の時に

あちことから届けられた食料

私は一生忘れない

人は支えあうものだと思っていても

なかなか行動に移せないのが現実です

遠くで私たちを思い送って下さった思い

その思いが本当にうれしく涙しました





子供たちも良く覚えています

そして

その思いもわすれてはいません

だから

その思いを大切に何も言わず

助けることを学んでいます





ここのところ私は体調を崩してばかり

でも仕事は休めない

周りの方たちに酷い顔しているもので

心配されていますが

何とか頑張れています

それは子供たちの笑顔があるから





それに





障がいを理解して優しく接してくれる方には

涙が出ます

今日もお兄ちゃんとコンビニに行ったら

「○○くんこんにちわっ

会計も少し時間がかかりますが

嫌な顔ひとつせず

「良いよ~っ焦らないよ~っ

お兄ちゃんは超シャイなのですが

やはり本能でわかるんでしょうね

その方には笑顔でバイバイします





お兄ちゃんはコナンが大好きで

今日チョコ買うともらえるファイルがあったのですが

すべて売り切れでしたがお店の従業員の方々皆さんが

自分たちが買って貰ったファイルをあげるよって

言って下さって・・・

家に取に行ってまで今日下さいました

お兄ちゃんは大喜びで

「ありがとうございました」と言うと

{どういたしましてっ○○くん頑張ってるからだよ」

その光景が何とも言えなくて泣きながら頭を下げました

そしたらその方も一緒に泣いてて・・・

「何言っちゃってんのよっ

ってポンと肩を叩かれました





帰り道車の中でお兄ちゃんの顔見ると

ニコニコ

お兄ちゃんが嬉しいとママも嬉しいし

お兄ちゃんが幸せだとママも嬉しいんだなぁ





いつも苦しくて辛いことばかりじゃあ

頑張れないものね

お兄ちゃんはいくら言葉が増えたとはいえ

伝えられない苦しみや悲しみを背負って生きてる

それを理解してあげれるのは私

けれど私だけじゃあないんだよ

幸いなことに親には恵まれないけど

彼はもちろんですが友人たちも

みんな子供たちを可愛がって下さる

本当に感謝です




0566a









| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

■守ってあげたい・・・

桜はまだかと思っていたら

あっという間に咲き

急激な寒さや雨風で散ってしまいました

1年間寒い冬も暑い夏も

誰にも見られることない桜

あまりにも可愛そうに思えます




今年は父の三回忌

3月の末に身内だけで行いました

墓守になった兄は威張り

連日怒鳴られ用意は私・・・

お供物なんていらない

お花なんていらない

唖然とすることで怒鳴られ

ストレス溜まる溜まる・・・

あげくに前日取りに行くよう注文しておいた

お供物やお花でしたが突然夜遅くまで仕事になり

もうメチャクチャ・・・





もやもやもやした気持ちを抱えながら

父の三回忌を迎えたくなかった

そして当日そのモヤモヤやイライラが

倍増することが・・・

何と

兄貴家族が私服にサングラスで登場した

由緒ある有名なお寺の檀家の墓守として

恥そのものでした

常識外れのお坊ちゃまだと係りの方はわかっている

そして気の毒そうに私の方を見る

常識って難しいけれど大人として恥ずかしいし

父が可哀想に思えた





そんなこんなで疲れて帰宅するも

仕事に行った

帰宅してやっとホッとしたと思ったら

お兄ちゃんがてんかん発作と酷い下痢

ふらふらでトイレへ行き出てこれない

その状態を知りながら何もしない実父

様子を見ながら夜中まで付き添い

「明日病院へ連れて行ってね」と言うと

「どこの病院?」と聞くので

「○○病院」

そう伝えお兄ちゃんの症状とか

実父が伝えられないためメモ書きし

手渡しておいたので

必ず翌日連れていくと思っていたら

母が朝お兄ちゃんの家へ行ったら一人だったと・・・

足の悪い一人で歩けない母が慌ててタクシーで

病院へ連れて行きました

お兄ちゃんは身長183センチ体重100キロ

てんかん発作で倒れたら大変なことになるのに

孫が可愛いし可哀想という思いが強く

実父以外は一生懸命なのに・・・

もう私は完璧にキレました





こんなことが続けば続くほど

お兄ちゃんを守るのは私しかいないという思いが

どんどん強くなる

眠る暇なく動き回る私は彼に会う日

めまいに襲われ会えなかった

そして彼から電話でもの凄く激怒されました

言われていることは良くわかっています

ただお兄ちゃんを守れるのは私だけなのです





大切な人を守ってあげたいと思うのは

人として普通のこと

自分の命かけても守りたいと思うほど

愛しい人がいるのではないのでしょうか?

生まれてからずっと命をかけて育てたのですから・・・

私もお兄ちゃんがいなかったら今生きてないかもしれない

お兄ちゃんがいたから生きてこれたと思うのです





今のご時世

簡単に実の子を虐待して殺したり

実の親を子供が殺したり

なんかおかしいよ・・・





愛って

そんな薄っぺらじゃないよ

躾と虐待は全く別

躾とは怒ることも大事だけれど

褒めることも大事なんだよ

教えることが大事なんだと思います

どんな理由があろうと虐待だけは許せない






健常児も障がい児も

親の都合や身勝手で虐待をされ

心に深い傷を抱え施設で育つ子が

この世に沢山います

今お兄ちゃんやチビが利用している

障がい者施設の入所されている

ほとんどの子供たちがそうなのです

食事を与えてもれない

お風呂も入れてもらえない

着替えもさせてもらえない

それも家族全員での虐待で

保護され入所された子も多々います




子供には親しかいないんです

どんな親でも親なんです

殴られても 蹴られても 

大好きなんです親が・・・

甘えたいんです親に・・・

そんな気持ちがあるのはほんの一時

思春期から大人になれば

親が嫌でも子供は巣立ちます

例え障がいがあろうと時が来れば

自立して親元を離れるのです





愛を知らないまま育つと

心に大きな傷が残ります

愛は見えるものではありません

心で感じるものです

怒られても愛だと感じるんです

普段愛を知っていれば・・・





私はそんな風に思いながら

いつも子供たちに接しています

私自身が母に愛情を感じないまま

大人になり深い心の傷と闘っているので

中途半端な愛情は不要だと思うので

精いっぱい向き合い 教え 時には叱る

健常児と異なり手はかかるかもしれませんし

親ではありませんが彼らがママと呼んでくれる限りは

守っていきたいと思います




その大事な子供たちを傷つける

子供たちの実父は一生許すこともなく

子供たちだけを守っていきます

子供たちには大好きなお父さんかもしれない

けれど殺されてからでは遅いので

私は子供たちが少しでも幸せになれるよう

道を作るため闘う





虐待を知りながら動かない行政

取り返しがつかなくなってから動く行政

「申し訳ありませんでした」と頭を下げて終わりの行政

ただ面倒くさいことに関わりたくないから逃げてるだけ

きっと虐待するような親だから怒鳴られて引き返すのだろう

全てそうであるとは思いたくはありませんが・・・




日本死ね!!!

待機児童問題で騒がれたけれど

待機児童だけじゃない

待機高齢者もそうだし

児童養護施設もいっぱいですし

介護で働く人の賃金の安さに対してもです





私も福祉に関わる仕事やボラしてますが

無能な奴が働く場所だとか

底辺職だとか

学歴もなく常識もない人ばかり

などと言われていることを最近知りました

私自身父の16年間の在宅介護や障がい児の子育てで

もの凄く大変な仕事だと思いましたが

学びたいと思い資格を取得しました

資格を取得するには高額な費用と時間

そして厳しい講義が沢山ありました

途中で辞めていく人もかなりいました





そんな思いして仕事につけば

バカにされるような仕事なのですね・・・

キツイ 汚い 給料安い

だから無能な奴しかいない

なのでしょうか???

常識ない実兄にもみっともないから

早く辞めろと会うたびに言われますが

私は亡くなった従姉がヘルパーで

父の下の世話をテキパキとする姿が素晴らしく

凄いなぁと感心してこの道に進む決心をしました

確かに中には酷い人もいます

我が家にもヘルパーさん来ますし

お兄ちゃんの家でも毎日来ますから

それはわかりますが・・・





ここ数年で制度が変わり

ヘルパーになるにもかなり時間数も増え

厳しくなったようですが時間数増やした後の方が

酷いヘルパーさん多いように思えます

そしてヘルパーさんも高齢化になり動けない

ようは若い人が資格を取得しても働かないのだ

週1日1時間だけとか・・・

私に働く会社は200人以上ヘルパーさんがいる

しかし実際働いている人は1割くらい

離職ゼロになってからどこの事業所も

辞めていく人ばかりが現実です





誰でも年を取り

いつかは誰かにおむつを交換される日が来ます

年を取らなくても

突然の病で寝たきりになることもあるのです

その前に親の介護でおむつ交換する日が来るかもしれません

汚いと思いながらもしなきゃいけない日が来ます

でもね

きれいにしてあげて気持ち良さそうにする親を見て

どう思うか?!





長々と色々書きましたが

世の中の矛盾

多すぎますね・・・



0648a


       仕事帰りに見た桜

       あっという間に散って今は桜の花びらだけが

       道に沢山残っています











| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »