« ■フ・シ・ギ | トップページ | ■瞼の腫れと薬 »

2016年5月31日 (火)

■頭の中の引き出し・・・

ご無沙汰しております

本当に忙しかった5月が終わりますぅ

ずっと朝寝て昼起きて仕事して真夜中探し物

そして月末でお仕事で朝まで・・・

なんて生活してたら今夜は急に時間が空き

不安に襲われています





生きている以上はストレスは誰しもある

そのストレスを発散させる時間もないし

お金もないのが現状だ

働くために生きているのか

生きるために働いてるのか

それさえもわからなくなる

先を見れば不安だらけだし

明るい未来など見えてはこない





家族って言える人はいない

誰も助けてはくれないし

誰にも頼ることはできない

年老いた母はできないことが増え

障がいを持つ子供たちの障がい者支援の制度は

追いつかないほどコロコロ変わり

その度に契約などすべて行わなければならない

正直言えば私がすべきことではない

しかし実の親が出来なければ私がするしか

子供たちを守ることができない





そして





お兄ちゃんのてんかん発作が続き

やっとてんかん専門医の先生に診てもらえるようになり

今現在薬の調整中であるが一昨日も朝発作が起きた

なかなかうまくいかない

実の父親は家事は一切しないし子育てもしない

ですから子供たちの体調の変化も気づかず

そして子供たちも実の親なのに言えない

この悪循環が病やけがを悪化させ

私が病院へ急いで連れて行く生活





そんな中での探し物はキツイけれど

心が落ち着かない

記憶というものは本当に曖昧だと思った

思い出はしっかりと頭や心の引き出しに

大切に記憶として保管されているのに

どうして物をしまった場所や捨てたものの記憶は

その引き出しに入らないのだろうか・・・





今抱えている不安が探し物へ逃げてる

探し物が見つかったときの”安心”が心を落ち着かせる

そんなことを繰り返す日々が続いています

当てもなく探すということは頭がパニックになる

そして探し物をしている最中に探し物が増えていく

こうなったら永遠に探しもになる

疲れたし体も痛いから休みたいと脳は指令するが

心が怯えて不安になり落ち着かない

きっとこれも病なのだろうと実感する





眠らない 食べない

そんな日々を過ごしていたら

登場したのがクインケ浮腫だ

ザイザルは欠かさず飲んでいるが

見つからないストレスや疲れには勝てないのだろう

鏡を見るのが嫌になる





今日は彼と唯一会える日だった

でも会わなかった

彼も久しぶりに弱音を吐くほど仕事が忙しいし

会えても数十分だと思ったから

寂しいけれど会うのを自ら中止した

こんな顔見せても心配させるだけだしね





ポジティブなブログにしたくても

出来なくて情けないです・・・





どうなっちゃうのかな

私・・・




0529a

|

« ■フ・シ・ギ | トップページ | ■瞼の腫れと薬 »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■フ・シ・ギ | トップページ | ■瞼の腫れと薬 »