« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

■乳房がチクチク痛くて即乳がん検査・・・

腫瘍の手術まで1週間

不安や緊張に押しつぶされそう

こんな時に限って次々起こる不調・・・





1週間位前から右の乳房の中央部分が

チクチクと痛み出した

最初は何だろうなぁ?なんてのん気に

すぐ治るだろうと軽く思っていたけれど

歩くと痛み 横になるにも痛みだした

日に日に不安になり彼に伝えて

病院へ行こうかどうか迷っていた私

手術終えるまで待つか

病院行くまで悩みに悩んだ





悩んで手術後にする旨を彼に伝えましたが

やはり迷い

結局病院へ行きました

”駐車場入れなかったらやめよう

”時間間に合わなかったらやめよう

そんなことを考えながら運転して病院へ





病院の駐車場のパーキング見ると

もうここまで来たら行くしかないよね

彼にメールでコロコロ変わってごめんなさいと

連絡をしてから受付を済ませました

乳腺外来は久しぶり

行かなきゃと思いつつ前もって予約して

乳がん検診はなかなか行けなくてね





緊張する間もなく即診察室に呼ばれ

女医さんでしたが丁寧に触診されました

「乳腺炎ではないですねぇ・・・しこりがあるね」

「とにかくチクチク痛いんです触れても痛いんです」

その後痛いと言うのに触診続き

「これから乳がんの検査しましょう

「えっこれからですか

「すぐ検査しましょう」




私の予定だと乳がん検診予約していくつもりでしたが

当日出来るんですね・・・

エコー検査で30分位痛い乳房をグリグリ

上半身ベタベタ・・・

それからマンモグラフィー検査

検査用の服に着替え腫瘍摘出手術の予行練習かい

左右交互に前向いてブニューッと挟まれ

痛いよ~っ

今度は横向きブニューッと挟まれ

痛いよ~っ

前の時は全く痛くなかったのに

今回はメチャ痛かったぁ





会計終わったら彼からちょうど電話が入り

「コロコロ変わってごめんね」

「そんなこと気にしなくて良いよ」

「乳がんの検査されたよ・・・」

「そうかぁ・・・不安抱えたまま手術もイヤだしなぁ」

「うん・・・」

「結果はいつわかるの?」

「手術の日・・・手術終わってから来ようかなぁ」

「や・やめなさいっ無理だよ」

「そうだね・・・何かあったら連絡あるよね」





病院の後は通常通りお仕事して

今日もバタバタ終わっちゃいましたが

乳がん検診よりも安く出来て尚且つ1回で済んで

結果的には良かったかなって思いますし

気持ち的にも後は結果を聞きに行くだけなので

楽になりました




今度は本格的に手術に向けて

不安や緊張と格闘です

沢山食べて 寝ないとね


0019a




| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

■ひ・と・り ・・・

ここのところ不調続き

忙しすぎるから不調なのか

こんなに忙しい時に不運なのか

もうわかんないや・・・





五月病ってある位に

この時期は不調が多くなる

パニック障害になってから

不調のない日はないけれど

ここのところ体も心もボロボロだ

そんなこと言ってても仕事は休めない

離婚決めた時覚悟していたのに

弱気な私がココにいます





昨年の秋位だったかなぁ?

足の付け根に小さなおできが出来て

彼にも見せていたんだけど

みるみるうちに大きくなって

歩くと突っ張ったり

おトイレ行く度に憂鬱になり

お風呂に入ると憂鬱になり

先日病院に覚悟決めて行きました





私的にはその場で取ると思っていたのですが

そんな簡単なものじゃなかった・・・

とにかく手術するなら早くしたかったけれど

今月の仕事のシフトは変えられないし

子供たちの福祉関係の更新の会議だったり

母の介護保険の会議だったり

私の病院の予約が入っていたり(2年待ちなので)

どれもこれも”私なしでは”のことだらけで

ようやく6月の手術の予約と検査を受けに行きました




その後

結局は予定を変更されたりで

イライラが爆発

その週に手術空いてて受けられたのに・・・

そしたら今こんなに予期不安と闘わずに済んだのに





手術日決めて彼に1番に報告

その後会ったときに話したけれど

いつもと違い意外と反応なし・・・

「心配じゃないの?」

「心配してもね・・・お医者さんに任せるしかないよ」

この時思いました

彼意外と凄く簡単な手術だと思ってる???って

確かに日帰り手術だけれど

5~6cm切り腫瘍摘出するようです

今回は麻酔なしでは行えないので

主治医と色々相談したり

過呼吸とかアナフィラキシーショックのこととか

入念に話をして決めたんです






彼が見た時の大きさの3倍の大きさになったのを

彼は知りませんし

彼自身今全く仕事がなく精神的に余裕ないからかな?

いつも手術とかになると

「ごめんな・・・一緒に行けなくて」

そんな風に言ってくれるのですが

今回はなかったので少しショックでした

一緒に行くつもりはないんですがね・・・

仕事ない時で1日でも余計に働きたいと願う彼に

「休んで」なんて言う私じゃないし





手術の承諾書に緊急連絡先の欄があり

・・・・・誰の名前を???

母では対応出来ないし

実兄はうるさいばかりで来ないだろうし

義兄はアスペルガーで対応出来ないし

いないじゃん・・・

そんな時すごく孤独を感じますよね





ネガティブ思考になると

とことんネガティブになる

働かない旦那でも

DVの旦那でも

”ひとり”じゃない方が良かったのかな?とか

弱気な自分に出会うんだなぁ




まぁ

手術の日は最悪な時のこと考えて

母が亡き従姉の旦那さんに言ったみたいで

付き添って下さることになりましたし

自分で運転して行き手術後運転して帰ることも

避けられるので頼ることにしました





術後の翌日から仕事もするつもりです

傷口が開くような活動はキャンセルしましたが




傷がつくのもイヤだけれど

仕方ないやね

後は悪性か良性かの検査結果次第

もうどうにでもなれ

痛いのも 苦しいのも もういい加減イヤだ

でもさ

痛いのも 苦しいのも生きてる証

そう思いながら頑張るしかないやね~っ


147a






昨年

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

■ちいさな花束におおきな涙・・・

私には子供がいません

でも

「ママ」と呼んでくれる子供たちがいます

姉が子供たちを残し急死してから

今年13年ママと呼ばれています





姉は入退院繰り返していたので

二人とも殆ど我が家で一緒にいましたから

生まれた時から育児はしていたので

姉が亡くなった時子供たちは迷うことなく

甘えてくるのは実父ではなく母か私





上の子(お兄ちゃん)は重度の知的障がいで

下の子(チビ)は広汎性発達障害

養護学校へ通い二人とも今は社会人です

時給120円で一生懸命働いでいます

社会人になり二人とももの凄く成長しました

特にお兄ちゃんの成長ぶりはお見事

こだわりもなくなり偏食もなくなり

言葉がどんどん増えて大笑いさせられます

起点も効くし凄いなぁと感心しています

意思表示もハッキリしてきて

「これ不味いですっ

「これ甘すぎですっ

作って下さるヘルパーさんもタジタジ

慣れていないヘルパーにだと遠慮して気遣い

「お腹いっぱいです」

そう言って残すそうです




チビはお兄ちゃんとは全く違い

IQが中途半端にあるので

もの凄く子育てが難しい障がいなのですが

最近やっと少し感情のコントロールが出来てきたかな?




そんな子供たちから

先日の母の日に二人だけで買い物へ行き

カーネーションのちいさなブーケを渡されました

「ありがとう」

「あ~あ 泣かせちゃったぁ」とチビが言うと

お兄ちゃん慌ててママの頭イイコイイコにチュッ

「ママ嬉しくて泣いてるんだよぉありがとう」




そんな子供たちにどれだけ救われているか・・・

ママが頑張れるのは君たちのおかげ

今の子供たち亡き姉に見せてあげたいな・・・


1145a

       しあわせ

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

■アニサキス・・・

最近話題のアニサキス

何だか嫌な時代になりましたねぇ

これからの季節は食中毒気を付けたいのに

ノロだとかインフルもまだ流行っているし

正直何を食べて良いやら困惑します





昨日は母の誕生日

しかしながら仕事の為に

今日久しぶりに母と食事に出かけました

母からの希望で

”何もいらないからお寿司がたべたい”

そう言っていたのですが

アニサキスが

こんなに騒がれていたら考えますよね





母に言うと残念そうではありましたが

納得してくれて和食のフルコースにしました

母はマグロのお刺身が付いているものを注文

私は違うものにしました

私たちが食べている最中に次々お客さんが入ってきて

ほとんどの方が「お刺身いらないです」と・・・

やはり皆さん辛い思いはしたくはないですものね





帰りにレストラン街を歩くと

いつも並んでいるお寿司屋さんがガラガラ・・・

海鮮丼のお店もガラガラ・・・

スーパーに入ればお魚屋さんは

お刺身など山積みに残っていました

母の大好きなウニもあり眺めていましたが

本人も怖いらしくあきらめていました





元々私は生もの殆ど食べないのですが

唯一の栄養源のタラコさえも怖いらしい・・・

私は貝類も殆ど怖いので口にしませんが

アサリも今危ないらしいしから売れていない

魚屋さんやお寿司屋さんや居酒屋さんにも

かなり影響が出ると思います




以前彼とお寿司を食べに行ったときに

お店の方が「女性はサーモン注文しますが・・・」

そう言われたことがありますが

亡き父が漁師でしたのでサーモンは生では食べるな

そう言われ育ったので食べたことないんです

サバも父が口にしないものでしたから

何かあるんでしょうね・・・

我が家は月2回はお寿司屋さんへ家族で行きましたが

父はマグロの良ところを刺身にして生ビールで

お寿司は全く食べませんでした

私はトロや中トロおかわりにアワビをまるまるひとつ

お刺身で良く食べていました

お客さんが来ればお寿司でしたから

かなり頻繁にお寿司食べていましたが

1回も食中毒なんてなかったけどね・・・

あとアサリやシジミは子を持つころが危険だと

父に教わりました





騒ぎすぎと言えば騒ぎすぎかもしれませんが

弱っている高齢者の方やご病気の方は特に

避けたいことですから仕方ありません

高齢の方はお刺身が好きなんですがね・・・

誰もが危険を冒してまで食べたくはない

そう思うのが普通ですよね





アニサキスは昔からいたそうですが

気にせず食べていたらしいです

結局は人間が弱くなったのでしょうかねぇ




きっと彼に言ったら

「それじゃあ何も食べれないよ」

そう言われそうですが

おう吐恐怖症の私には耐えられないからね

子供の頃おう吐症で苦しみすぎて

トラウマになってしまったとのことですが

その頃食していたものは克服したものもあるが

今も食べたくないです

食べれない訳ではありませんが

怖いんですよね・・・




どこの食卓にも出されるお味噌汁

子供が喜ぶオムライス

好きな方が多いカレーライス

ラーメンも全く食べれなくて

社会人になってから

克服しましたが今も全くダメなのが

柑橘系ですねぇ





ノロが流行る時期は引きこもりたい位

毎日が恐怖だし

刻みのりが原因での集団ノロ以来

刻みのりはもちろんのこと

ふりかけも製造会社に確認したり

異常かもしれませんが自分を守るためです




GWが終わり金銭的に苦しい時に

車の税金がきたり市県民税が来る

出費がかさむこの時期は家計も苦しい

そんな時にアニサキス騒ぎで

不況が大不況になるような気がします





オリンピックがあると景気回復とか聞くけれど

世の中メチャ不景気だしね

どうなっちゃうんだろうか・・・




母には可哀想なアニサキス騒ぎでした




アニサキスのバカヤローーーーーーーーーーっ










| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

■GW鬱・・・


GWラスト1日かぁ

長いよ 本当に・・・

勘弁してよ

祝祭日多すぎ・・・




4月からGWを考えると

憂鬱で仕方なかった

今年は彼は不景気で見事に大型連休

私は普段より人がいないので仕事で

大きなすれ違いだった





毎日バタバタ仕事して

帰宅して買い物して夕飯作って

子供たちのところ行って

急に暑くなったので

真夜中に衣替えして

空き時間は家の掃除片づけして

それでもGWは長かった





外に一歩出ればGW

歩いてる人も多い・・・

スーパーもレジが込み合っている

パートさんとかお休みしてるのだろうね

子供が走り回って大声出して

親は知らん顔・・・





遊びに行く人がいれば

そこには休まず働く人がいるんだよね

お店でも レジャー施設でも・・・

介護の仕事も深刻な人手不足だけれど

どこも働く人がいない世の中

こういった大型連休が増えれば増えるほど

働く人は大変だと思います

まぁズラしてお休み取れるところもあるでしょうが

人手不足のところは無理でしょう





3連休も段々増えてきましたし

日給で働く人は生活にひびきますよね・・・

景気回復のためになってるのかなぁ?

そんなことを考えます




生活するには休みたくても休めない

人がいなくて休みたくても休めない

もうすぐ市県民税の支払いも始まるし

車の税金も払わないといけないし

生きるのって大変ですね





GW鬱・・・

ラスト1日




0979a

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

■ただ ただ 楽しい時間・・・


さて

前回のブログの続きを





赤レンガ倉庫から中華街へ移動したけれど

ココも修学旅行生ばかりで平日だというのに

どこ見ても どこ歩いても 人   でビックリ

でも行きたいお店があり二人マップ見ながら向かいました

が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お休み

お店の前でしゃがみ混んでしまいました

「わかったっ何とか時間作って近日中に来よう

「う・うん・・・・・・・・・・」





その後は食事

「小籠包美味しいの食べたいっ

「じゃあ俺良く行ってた店行こう」

テクテク細い路地歩いてお店探すが

「あれ?ここだったっけ?」

あちこち探し回り

「ココだよ





お店で沢山注文して

メチャ美味しくて幸せ感じてたら

「eipyon俺間違えてた・・・ココ違う店みたい」

「えっおいおい食べてから言うかぁ」

「ヘヘ・・・」

大笑いしながら

会話しながら楽しく美味しく一緒に食事出来たから

幸せだけどね





それから母や子供たちにお土産を買い

なんだかんだで時間は過ぎていて

時計見たらビックリ





残念なこともあったけれど

彼とまた一つ楽しい思い出が増え

最高に幸せでしたっ





正直

過呼吸の発作も怖かったし

不安もありましたが

彼と一緒だと何があっても”安心”なのでしょう

何事もなく楽しめたことにも感謝





パニック障害は今ではメディアで騒がれ

ある程度は知られていますが

対処法とか直面したらパニックになると思います

そしてまだまだ理解されにくい病だとも思います

けれど

ほんの少し勇気を出して仲の良い友達や家族に

自分の症状や対処法を伝えることで

少しご自分が安心すると思います

その安心感が1番大切だと思います





辛いとき我慢して一人で戦っちゃうと

良い方向へは向いていかない

時にはカミングアウトして受け入れてもらえるよう

チャレンジしてみて下さいネ

この人なら大丈夫かなぁ?って人に

その時大事なのは発作が起きた時

死なないし 発作の時は○○してとか

薬をココに入れておくからってお願いしてみるのも

ひとつの方法です




”安心”が一番大切ですからネ




0950aaa


       彼ちゃま

       本当にありがとう

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »