« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

■過呼吸多発・・・


ここのところ

ストレスが半端なく

体調も良くなくて

眠れない

寝ると起き上がれない

そんな日々の繰り返し





どんなに辛くても

養ってくれる人もいないし

自ら稼ぐしか生きる道はない

そのプレッシャーから

時に逃げ出したくなるが

私には羽ばたく翼はない





長年飲んできた睡眠導入剤を

今飲まずにいる

マイスリーは私には1番合っていたが

これを飲んでも眠れないと

翌日は起き上がっても1日眠くだるい

本当ならば離脱症状が起きる可能性があるので

医師に代替えの薬を出してもらうべきですが

アレルギー持ちの敏感な身体に合う薬が

以前もなかったから起き上がれないことを

まず仕事があるので避けたくて・・・





ストレスも半端ないから

ここのところ過呼吸が頻繁に起こる

心が呼吸できてないんだ

デパスを飲んでいますが

時間がたてばスパンと薬が切れてしまう

この時間帯がかなりキツイ

パニック障害になったころは

過呼吸起こると焦りや恐怖から余計に

過呼吸を酷くさせてしまったけれど

今は苦しいみながらも息を整えながら

ダイジョウブ ダイジョウブと自分に言い聞かせ

何かに集中するようにしている





昔は不安な夜に過呼吸が多かったので

ネイルに手間暇かけて没頭したり

日記をつけたりしていましたが

今はネイルも仕事で出来なくなって

発作も日中が多いので1口1口水分とって

とにかく呼吸を整える

1回呼吸を無理に止めたりするのも

私の方法でですがデパスを追加で飲む

薬に頼るしかありません





現実逃避したい

ここから逃げ出したい

けれど

私にはもう飛べる翼はないんだ・・・

最近良く思い悲しくなる

何でこんな病気になったんだろうって





TVでキレイな海を見れば

行きたいなぁって心底思う

バカだよねぇ

行けるわけないじゃん





この街から出るにも

彼に連れて行ってもらわないと

どこにも行くことが出来ない

情けない身体・・・





過呼吸続くのは

身体からのSOS

受け入れて

向き合うしかないのかな




1293a


| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

■秋だから寂しくて甘えたいのかな・・・


季節はすっかり秋ですねぇ

夕方の空が晴れるとキレイになってきて

日中暑くてもジメジメ感がなくなり

爽やかなように思います

日が暮れるのも早くなりましたしね





一人仕事の合間にふと空を見て

黄昏てるeipyonです

彼の仕事が大忙しでハチャメチャ

今日は会えるかなぁ???

そんな思いで夕陽を見てると

メチャ寂しくなる

会えても1時間程度ですし

とうとう先日eipyonぶっ壊れちゃったよ~っ





会える日に会えなくて

私の仕事の空き時間に少し会ったのですが

とてつもなく甘えたくて仕方なくて

「甘えたいよ~~~っと叫んだ

ずっと ずっと 叫んだ

彼ちゃまビックリ

「どうしたぁ~~~っ

「わかんないんだよぉ~っ甘えたいんだよ~っ

「う・うん・・・じゃあどうしようか・・・」

「甘えたいの~っ

「もう少しで仕事少し空くかなぁお風呂一緒にね」





お風呂も良いけれど

とにかく一緒にいられる時間がなさすぎて

たっぷりと一緒にいたいんだよぉ





久しぶりの駄々っ子eipyonにタジタジの彼ちゃま

焦りまくっておりました




そんなこと言えるの彼ちゃまだけだもんっ




0070a



       カウンセリングの後

       公園に10分だけ立ち寄ったら

       彼岸花が満開でした

       秋ですよね

       もうお彼岸・・・






| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

■料理は愛する人のためのものなのかな・・・


何か年々忙しくなる日々

想像を超えた日々

仕事 家事 障害の子の子育て 母の介護

どこでストレス発散させれば良いのか・・・

心も体もクタクタで涙も出ない





いくら仕事しても

今月少し余裕あるかなぁ?なんて時は

寂しさで買い物に走る

女って仕事だけに生きるのは難しい

男性は仕事中心での生活が多いと思いますが

女性は仕事中心よりも恋愛が1番になってしまう

恋愛が上手くいってると仕事も頑張れたり

家事も何もかも苦にならなくなってしまうほど

パワーをもらえるものなんだよね

悔しいけれどさ・・・





仕事で疲れて帰宅したり

子供たちのことで出かけたりしても

母が帰りを待ち夕飯を準備するのを待つようになった

もともと料理は好きではあるが

急いで作らなきゃいけないとか

当たり前のように作って片づけてくれると

思われることがイヤで苦痛でならない





最近彼と会えない日々が続いているので

自分だけなら何でもよいけれど

母の食事もとなればメニューも難しい

1日家にいてTV見て寝てる母に

何で忙しなく夕飯を作らなければならない?

半年前まで煮物もちゃんと出来てたのに

母の煮物が大好きだったのに

何か悲しいのかなぁ・・・

ものすごくイライラするんだよね





母は1日3食家で食べるので食費もかかる

家計は火の車だしね

食費だけではなく生活雑貨もかかるし

バッグ壊れた 服欲しいとなれば

買ってあげないとかわいそうだし





それで「ありがとう」があれば救われるんだけど

母は絶対に言わない人だから・・・

食事も子供たちは「美味しいっ」って食べてくれるけど

母はそれも言わないのでストレスになってしまうのだ

仕事で夜10時近くまで帰らなくても待ってられると

もう もう ダメ・・・・・





料理ってすごく好きなのに

何でこんなに苦痛なんだろうって考えた

小学生から料理もお菓子作りも大好きで

結婚してた時もかなり時間かかる料理もしてた

お弁当も作ってたしね

でも苦にはならなかったのは

「美味しいっ」っておかわりしてくれる人だから

なんだよね

「またこれ食べたい」って言われたりすれば

余計嬉しくて作ることが好きになる





それに

料理って”愛”だと思うんだ

好きな人 愛する人のための料理って

絶対に苦にならない

まぁ具合悪きときは別だけどね・・・





そんなこんな色々書いちゃいましたが

だいぶ前だけど会えるかわからない状態で

彼にお弁当を作ったんです

本当は彼夕飯食べないんですが

仕事が大忙しで疲れてるから

愛を込めて・・・





何時に仕事終わるかもわからない

会えるかもわからないけれど

とにかく豪華ではないけれど

炊きこみピラフを炊いて

彼の好きな鶏料理とサラダにデザート

汗だくで作ってたら電話がぁ~っ

ちょっと待っててもらい

急いで持って車飛ばして待ち合わせ場所へ





「ごめんなさい遅くなっちゃったぁ」

「ううん 俺が早かったから」

「お弁当作ってきたよぉ~っ

「ホントにぃ~っありがとう


1259a



炊き立てのピラフに彼感動

もちろんおかずもペロリとたいらげてくれて

「美味しかった~っごちそうさまでした」



1260a






「は~い大好きなパンナコッタだよ

「マジデザートもっ

「この間作った時どんぶりで食べたいって言ってたから」

「う~んこれ大好き~っ




こんな風に愛する人のために作ること=しあわせ

なんですよね

彼は本当は和食党なんだけど

いつも残さず食べてくれるので嬉しいんです





「俺はよほどマズイもの以外は残さないから」

そう言われちゃうと・・・・・・何てこたえれば・・・

「でもね味付けとかで何かあれば言うし・・・」

そう彼は料理が得意だから

そのへん難しいと言いますか怖いんだよね




まっ

最近のお気に入りはパンナコッタらしいです

普通はカラメル入れないんだけど

私は入れるんですがね





彼は

まだまだ仕事仕事みたいだし

9月の海もこの涼しさでは無理だし

しばらくは寂しく過ごしますわぁ

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »