« ■たったひとつの夏の思い出 2017 | トップページ | ■秋だから寂しくて甘えたいのかな・・・ »

2017年9月 7日 (木)

■料理は愛する人のためのものなのかな・・・


何か年々忙しくなる日々

想像を超えた日々

仕事 家事 障害の子の子育て 母の介護

どこでストレス発散させれば良いのか・・・

心も体もクタクタで涙も出ない





いくら仕事しても

今月少し余裕あるかなぁ?なんて時は

寂しさで買い物に走る

女って仕事だけに生きるのは難しい

男性は仕事中心での生活が多いと思いますが

女性は仕事中心よりも恋愛が1番になってしまう

恋愛が上手くいってると仕事も頑張れたり

家事も何もかも苦にならなくなってしまうほど

パワーをもらえるものなんだよね

悔しいけれどさ・・・





仕事で疲れて帰宅したり

子供たちのことで出かけたりしても

母が帰りを待ち夕飯を準備するのを待つようになった

もともと料理は好きではあるが

急いで作らなきゃいけないとか

当たり前のように作って片づけてくれると

思われることがイヤで苦痛でならない





最近彼と会えない日々が続いているので

自分だけなら何でもよいけれど

母の食事もとなればメニューも難しい

1日家にいてTV見て寝てる母に

何で忙しなく夕飯を作らなければならない?

半年前まで煮物もちゃんと出来てたのに

母の煮物が大好きだったのに

何か悲しいのかなぁ・・・

ものすごくイライラするんだよね





母は1日3食家で食べるので食費もかかる

家計は火の車だしね

食費だけではなく生活雑貨もかかるし

バッグ壊れた 服欲しいとなれば

買ってあげないとかわいそうだし





それで「ありがとう」があれば救われるんだけど

母は絶対に言わない人だから・・・

食事も子供たちは「美味しいっ」って食べてくれるけど

母はそれも言わないのでストレスになってしまうのだ

仕事で夜10時近くまで帰らなくても待ってられると

もう もう ダメ・・・・・





料理ってすごく好きなのに

何でこんなに苦痛なんだろうって考えた

小学生から料理もお菓子作りも大好きで

結婚してた時もかなり時間かかる料理もしてた

お弁当も作ってたしね

でも苦にはならなかったのは

「美味しいっ」っておかわりしてくれる人だから

なんだよね

「またこれ食べたい」って言われたりすれば

余計嬉しくて作ることが好きになる





それに

料理って”愛”だと思うんだ

好きな人 愛する人のための料理って

絶対に苦にならない

まぁ具合悪きときは別だけどね・・・





そんなこんな色々書いちゃいましたが

だいぶ前だけど会えるかわからない状態で

彼にお弁当を作ったんです

本当は彼夕飯食べないんですが

仕事が大忙しで疲れてるから

愛を込めて・・・





何時に仕事終わるかもわからない

会えるかもわからないけれど

とにかく豪華ではないけれど

炊きこみピラフを炊いて

彼の好きな鶏料理とサラダにデザート

汗だくで作ってたら電話がぁ~っ

ちょっと待っててもらい

急いで持って車飛ばして待ち合わせ場所へ





「ごめんなさい遅くなっちゃったぁ」

「ううん 俺が早かったから」

「お弁当作ってきたよぉ~っ

「ホントにぃ~っありがとう


1259a



炊き立てのピラフに彼感動

もちろんおかずもペロリとたいらげてくれて

「美味しかった~っごちそうさまでした」



1260a






「は~い大好きなパンナコッタだよ

「マジデザートもっ

「この間作った時どんぶりで食べたいって言ってたから」

「う~んこれ大好き~っ




こんな風に愛する人のために作ること=しあわせ

なんですよね

彼は本当は和食党なんだけど

いつも残さず食べてくれるので嬉しいんです





「俺はよほどマズイもの以外は残さないから」

そう言われちゃうと・・・・・・何てこたえれば・・・

「でもね味付けとかで何かあれば言うし・・・」

そう彼は料理が得意だから

そのへん難しいと言いますか怖いんだよね




まっ

最近のお気に入りはパンナコッタらしいです

普通はカラメル入れないんだけど

私は入れるんですがね





彼は

まだまだ仕事仕事みたいだし

9月の海もこの涼しさでは無理だし

しばらくは寂しく過ごしますわぁ

|

« ■たったひとつの夏の思い出 2017 | トップページ | ■秋だから寂しくて甘えたいのかな・・・ »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■たったひとつの夏の思い出 2017 | トップページ | ■秋だから寂しくて甘えたいのかな・・・ »