« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月25日 (月)

■私から天使を奪わないで・・・


またまた久しぶりの更新





eipyonは毎日脅迫障がいと闘っておりました

もちろん仕事や子育てや介護があるので

夜から朝まで延々ととてつもない恐怖感を抱えながら

探し物が次々頭の中に・・・

”あれ?どこに入れておいたっけ?”から始まり

それが見つからないまま

”あれ?ここにあったものがない!どこ?”

そんなことを繰り返し眠ることも出来ませんでした





私の場合は医師に

”不安を安心にする方法が探し物”だと言われ

精神的にいっぱいいっぱいの時に現れるのだと・・・

そうなんだよね

ここのところ唯一の癒しの彼にも会えず

家でも母が出来なくなってしまうことが多く負担が多くなり

自閉症のお兄ちゃんの体調が崩すことが多くなり

イライラして家から出ると連絡が入り帰るの繰り返し

不安や疲労が限界に達したのだろう・・・





ここのところインフルの流行も収まってきて

ホッとしていましたが

先週また自閉症のお兄ちゃんが心臓発作を起こし

頓服飲ませても脈拍が200以下にならない

苦しいと息づかいが荒く血圧低下に意識朦朧

1時間前まで我が家でケラケラ笑っていたのに・・・

救急車呼んでも違う病院へ運ばれてしまうため

手術を予定している病院へ電話をして夜間救急へ





実の父親は何も出来ないが父親

私では手続きが出来ないので先に連れて行くよう指示

症状やバイタルなどメモして持たせ急いで後を追い病院へ

すぐに点滴を打ちながら検査を受けていましたが

重症患者さんが多いため付き添いは1人と言われ

父親が付き添っていましたが心配なので見に行くと

お兄ちゃんは目を真っ赤にして泣くんです

甘えたい言葉が次々出てきて私もホッとしました

妹(チビ)がいないと言うので実父は外に出てもらい

チビが来たら物凄い笑顔になり兄妹愛の凄さを実感しました





幸い点滴で症状は治まりましたが

予兆がなく起こる頻脈はいつどこで起こるか

全くわかりませんし伝えられないので

毎日が不安でたまりません

そして

4月に大きな手術を控え正直怖くて仕方ありません

手術は医師を信じ任せるしかありませんが

怖くて怖くて・・・

1番怖く辛いのはお兄ちゃんなのに





姉が生きていたらどうするだろう?

姉はどう望むだろう?

お兄ちゃんを身ごもった時の姉の幸せそうな顔が浮かぶ

今ちゃんと天国から見ていてくれているのだろうか?

お姉ちゃんは物凄く優しい人でケンカしたこともない

亡き姉を思い出すのは命日だからだろうか






お願いだから

私から天使を奪わないでください

今私が生きているのはお兄ちゃんがいたから

お姉ちゃんがお兄ちゃんを生んでくれたから

お兄ちゃんが治るならば私の心臓あげても良い

私はお兄ちゃんの中で生きているのだから・・・

お兄ちゃんは一生懸命生きる力がある

私よりも強くたくましく

てんかん発作にも耐え心臓の発作にも耐え

可愛そうでならない

辛い中でも私の頬にチュッってしてくれる

そんなお兄ちゃんが生きるべき

この子はみんなを幸せにする力がある




だから

お願い

私から天使を奪わないで・・・




1824jpgabc

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

■バレンタインデー


今日はバレンタインデー

彼に久しぶりに会いましたぁ

お互いに仕事でしたし

ほんの少しだけでしたが

用意していたチョコと㊙プレゼントを

渡すことが出来ましたっ






バレンタインデーって

本命だけで良いよね

私の場合はお歳暮やお中元の代わりに

お渡しする方もいるので出費が大きいのですが

大げさにならないように”お礼”のつもりで

お渡しする方もいますが

本命は彼





昨日大きなショッピングモール行きましたが

物凄い人でした

長蛇の列があちこち出来ていました

私は仕事で行ったのですが逃げたい気持ちでしたわ







時間があった時は手作りしていましたが

もう時間はありませんしね・・・

ここのところマジに忙しすぎてバテてしまっていますし

予想していたので無理はしません

今年もチョコとプレゼント買いました





彼も仕事が一段落したので会えましたが

どうなるかと思っていましたが会えて良かった~っ





プレゼント喜んで頂きましたし

何でか一緒にチョコ食べました

幸せなひと時でした





今日まで倒れないで良かった~っ





また明日からメチャ忙しい

寒さももう少しだっ






0168jpga



       幸せな味のチョコでした





0170jpga





       中身は・・・・・

       ナイショっ





| | コメント (0)

2019年2月 1日 (金)

■インフルいらん・・・


相変わらず寒いですね・・・

って言っていましたが

私の住む町には降りませんでした

ですが物凄く冷たい風が吹いています





インフルエンザも大流行していて

毎日ビクビクしています

我が家はお正月明け早々に母が風邪を引き

いまだに回復していません

そこに子供たちも風邪を引き

その度にインフルかとビクビク・・・

この季節は本当に大嫌いです





私の仕事は介護の仕事ですが

施設とは違い訪問ヘルパーをしていますが

この時期は疑問に思うことがあるのです

我が家もヘルパーさんに助けて頂いていますが

ヘルパーがインフルだと仕事は休みますが

ご利用者様がインフルなどの時も訪問するよう

言われていますが・・・

それって移って潜伏期間の間に何件他に行くの?

それこそ高齢者の方や障がいの方たちに

移してしまうのではないかな???

家のお兄ちゃんもチビもヘルパーさんから

移される可能性も大なんですよね





今月になり次々インフルでヘルパーさん休むけれど

移ってないのかと心配になります

この制度は良くないなぁと思いますね

かと言って行かなければ何もできないご利用者様もあり

なかなか難しいところでもありますが





例えご利用者様からインフル移っても

医療費もかかりますし休まなければなりません

それっておかしくないですかね???





以前父を介護していた時に

ヘルパーさんがノロのご利用者様の後に来て

父が感染してしまい大変な目にあったこともあり

危険でしたので余計怖いです





このインフルの大流行で私は整形外科中止しました

半月板損傷で杖ついて歩く日もありますが

病院の中インフルだらけですから・・・

出来ることなら避けたい

タダの風邪で母がこんなに寝込むとは

だいぶ弱っていると実感しているからです





それでも子供たちは作業所から帰宅して

自分の家にヘルパーさんが来るまで

我が家で預かるので問題なんですよね





とにかく早く春が来て

インフルが一刻も早く終息して欲しいです




彼も今日の電話で凄い声していました

休みなしで働いているので疲れもあるので

心配です





私は

紅茶飲んだり

帰宅したら

手洗い うがい 顔洗い

着ていた服はファブリーズ

毎日ドアノブや蛇口消毒

部屋には空気清浄機に加湿器

クレベリンなどなど




それでもインフルになった時もあったので

頑張らねばっ



皆さまもお気を付けくださいね






5728jpga


| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »