« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月25日 (土)

■街の風景が怖いほど変わっていく・・・


コロナウイルスで

不安を抱えながら頑張っている方

恐怖と戦いながら頑張っている方

たくさんいらっしゃると思います




経済的にも苦しい方がたくさんいらっしゃる

”自粛”を一生懸命守っている方の中

ごく一部の方の認識の違いなのか

長期休暇のように思っていらっしゃるのか

今も家族総出でお買い物されている姿を見ます

聞いてみたいですみたいです

「みんなで来なければならないのでしょうか?」と

”自分は良い”のは構いませんが他の人から見たら

????? ですよね・・・





結局は家族総出で買い物や公園や海などへ行き

スーパーも閉店時間早くなり

公園は閉ざされ 海は閉鎖された





私は変わらず介護の仕事ですが

お正月でも見ない光景を恐ろしく感じています

もう日の出が早くなり日が暮れるのも遅くなりましたが

夕方6時過ぎにはお店がどんどん閉まり

明るかった道が真っ暗・・・

見える空は何一つ変わらないし

道にはたくさんのハナミズキが咲いているのに





近所には大型スーパーやホームセンターも沢山あり

仕事帰りに買い物していた私は買い物すら思うように出来ない💧

こうなると夜遅くまでお店を開けて下さっていたことが

どれだけ救いだったかと感じますね





緊急事態宣言からも結局は感染者増える一方

昨日は何度かお会いして明るく元気づけて下さった

女優さんがコロナ感染で亡くなり言葉を失い

本当に他人事と思えない悲しみに襲われました

一緒に写した写真を見て泣きました・・・

ご主人もとても気さくな優しい俳優さんですから

どんなにショックだろうかと思うと切なくて切なくて・・・

ニュース速報がスマホに届いた時に

まさか?! 聞き間違えだよね?!

言葉になりませんでした

とても気さくで優しく物凄く綺麗な方でした

パニック障害で1番辛かった時に元気を下さったこと

一生忘れません

心よりご冥福をお祈り申し上げます





いつまでこんな生活が続くのだろう

1年以上と言うけれど

これじゃあ心も体も持たないよ





彼とのデートもコロナや彼の仕事の関係で

数か月自粛しています

電話で「ショックだよな・・・大丈夫?」

彼も気遣って下さいましたが明るくしていないと

心が折れてしまうから・・・




コロナウイルスが流行りだした頃は

「寂しい」「会いたいね」なんて言っていましたが

今は全く言っていません

彼を信じて また会える日まで

もう「寂しいよ」「eipyonいらないの?」などという

子供のようなことは言うのはやめました

彼も病ありますし私もありますし

お兄ちゃんや高齢の母がいるので

ここは大人の対応で日本人で”自粛”です

”我慢”しなければならない

生きていることは当たり前ではないですし

自分の”命”だけではなく知らない誰かの”命”までも

奪うということを忘れてはいけないのです







少し落ち着いたら少しだけ会えるでしょうし

その日まで必死で生きる

明日どうなるかもわからないけれど





「また来年があるさ」

そう思いながらも正直私はわかっていたの

いつ何が起こるかわからないのを

だから”今”を大切にと言い続けているのです





コロナが治まったら

二人の思い出を先延ばしにしないで

”願い”をひとつずつ叶えたいな





この戦いに

負けぬように頑張りましょう!!!





Img_3184jpg1












| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

■意味わかってない???


連日

コロナ コロナ コロナ

これだけTVでもネットでも騒がれているのに

怖くないのかな???





私は介護職ですから仕事は減ってはいますが

休める状況ではありませんし

とにかくピリピリしながら不安ながら

今まで以上に気を付けながら仕事をしています

アルコールアレルギーなのですが使わずにはいられず

手が酷い状態になっています

ビニール手袋は調理用とその他用を持ち

とにかく感染させてはならないという気持ちでいます





仕事もそうですが家でも高齢の母

障がいを持つ子たちがいるので

1日中気を抜けません

買い物を店内を小走りでサッと済ませ

とにかく移さない移らないよう気を付けています




「非常事態宣言」が出て「自粛」するよう言われている中

「不要不急の外出は控える」の意味がわかっておられないのか

悲しく 時に 腹正しい そんな光景を見ます

なぜコロナウイルスの感染者数が増加している中で

生まれたての赤ちゃんを連れて混み合うスーパーへ皆で行くのか?

子供連れの家族皆でマスクもせずウロウロしているのか?

子供守りたくないのでしょうか?

家族皆で行くのではなく家庭で一人代表で行くこと

出来ないのでしょうか?





外出できないお子さんはストレスもたまるでしょう

それは理解できますが人混みって・・・

今回のことで「自粛」や「不要不急の外出は控える」

この言葉への危機感の感じ方の差を非常に感じます

自己判断 自分で考えた行動

その考え方の差を物凄く感じます





確かに

食料品の買い物はOKです

散歩もOKです

ですがそこへ密集するのはどうかと・・・




どうか他人事と思わないで下さい

このままだと医療崩壊します

大切な人を失うかもしれないのです

東京で勤務の知人の医師は戦場だと言っています

介護の現場も緊迫しており防護服も用意されました

もう身近にコロナウイルスが蔓延していると思って下さい

一人一人の自覚で今後どうなるかが決まります





障がい者就労支援施設では三密を徹底し

仕事中一切おしゃべりが出来ず

2mの間隔を取っていますが

「誰も僕とお話ししてくれない」と泣き出す子がいます

職員さんが本当ならばギュって抱きしめたかったと思いますが

背中を離れて擦る姿があります

胸が張り裂けそうです

自宅を離れ自立するためにグループホームへ入所したばかりの子

どんなに辛いか・・・・・




皆我慢しているのです

皆ストレスたまっているのです

皆不安と戦っているのです



1日でも早く終息に向かうように

ここから願います



Img_3115jpg1




















 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »